« 今日のぐり「花菱」 | トップページ | 今日のぐり「あかり」 »

2009年9月21日 (月)

新型インフルエンザ 火に油を注いでどうする?

前回のインフルエンザネタの引きで、どうも一連のパニックの原因となっているのは病院に押し寄せる患者ではなく、彼らにそうし向けている職場なり学校なりなのではないかという疑問を呈しました。
様々な報道を見ても「インフルエンザでない証明をもらってこい」なんてことを強要している一部の人たちが一番の元凶なんだろうなとは明らかに思えるのですが、どうやら現場においてもその弊害がどんどん顕在化してきているようなんですね。
例えばこちらは某所の書き込みからの引用なんですが、多かれ少なかれ同様のことを言ってくる患者に遭遇した臨床家の先生方は少なくないのではないかと思います。

509 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2009/09/18(金) 11:09:56 ID:6l4hqZ6O0
学校の先生達、新型インフルの恐怖で「ちょっとでも熱が出たら、すぐ近くの
医療機関でインフルエンザ検査を」と言いまくっているみたいで、「平熱が
35℃台。今朝、熱を測ったら36.2℃。インフルエンザ検査して欲しい」なんて
小学生が続いてやってくる。
12歳の子供が亡くなったのがよっぽどこたえたのか?
今、陰性でも熱が上がったり咳が出てきた時に検査したら陽性になることも
ある。インフルエンザではない、と言い切れるわけではない、と説明すると
「じゃあ誤診だった、ということですか?」とか、
「藪医者ということを自ら認めるわけですね」とか、平気で親は言う。
何という時代だ。

今こそ政府やマスコミが戦闘に立ってこうした誤解を一掃しなければ、今後更なる流行のまん延に伴ってトンデモない大騒ぎになってくるんじゃないかと思うのですが、どうも誤解を解くどころか更なる助長を図っているかにも見えるような話題が相次いでいるのでは?とこのところ気になるところです。
その一例を示す上でこんな記事を取り上げてみますが、新型インフルエンザ絡みの死者報道は今や決して珍しいものではなくなった感がありますけれども、一つの症例がかなり大きな波紋を広げているようです。

12歳男児が死亡 新型インフル ぜんそく持病(2009年9月18日東京新聞)

 横浜市は十七日、新型インフルエンザに感染し、重症となっていた同市都筑区の小学六年男児(12)が死亡したと発表した。男児には気管支ぜんそくの基礎疾患(持病)があった。

 厚生労働省によると、国内の死者は感染の疑い例を含め十五人で、この男児が最年少。

 市によると、男児は二日午前、発熱し嘔吐(おうと)とぜんそくの症状を訴えて、病院で受診。いったん帰宅したが、熱が下がらず意識がもうろうとしたため、翌日入院。三度の簡易検査は陰性だったが、血液検査で十日にA型インフルエンザの可能性が高いと診断され、十四日に横浜市衛生研究所の検査で新型インフルエンザと確認された。

 集中治療室(ICU)で治療を受けていたが、十七日夕、頭蓋(ずがい)内出血で死亡した。心臓の筋肉に炎症が発生したため、この治療を続けていた。タミフルなどインフルエンザ治療薬は服用しなかった。同市健康安全課は「炎症の治療を優先させたのは適切だったと思われる」としている。

何にしろ新型に対する迅速キットの感度は低いとは以前から言われていたことを再確認させられたような症例であり、その症例がこうした重篤な経過を辿って不幸な結果となったことは残念なことだと思いますね。
ところでこの症例ではなかなか診断がつかなかったこともあって結局抗ウイルス薬は使用されなかったようなのですが、この症例が表に出てくるのと相前後してこういう報道が出てくるわけなのですね。

検査無しでもタミフル投与可能 厚労省が注意喚起(2009年9月18日朝日新聞)

 新型インフルの治療について、厚生労働省は18日、簡易検査やウイルスの詳しい遺伝子検査をしなくても、医師の判断でタミフルなどの抗インフル治療薬を使えるなどとする事務連絡を都道府県や保健所を持つ自治体に出した。

 抗インフル薬の投与は、政府の基本的対処方針などに「医師の判断で可能」と位置づけられている。17日に横浜市で男児が死亡した例で、簡易検査で陰性が続き、抗インフル薬が使われなかったことから、改めて周知した。併せて、簡易検査なしでの投与を診療報酬上も認めていることを知らせた

まあ厚労省がいくら診療報酬上認めていようが別に支払いを義務づけているわけでもなし、実際に支払いするかどうかを決めているのは「切れば切るほどボーナスが増える」という保険の査定をする方々ですからねえ(苦笑)。
しかし本症例の場合は抗ウイルス薬投与がされなかったということをもって批判のネタになり得ると考えている方は案外多いようで、しかも厚労省がわざわざこうしたコメントを出してきたということもあってネット上ではかなりな騒ぎになってきています。
一見すると「患者思い」の通達に見えるこの話なんですが、現場では明らかに診断確定も抗ウイルス薬も必要ではなさそうな人々が「もっと検査を!もっと薬を!」と日々大量に押し寄せてきている状況でお上からこういうコメントが出てくれば、どういうことになるかは火を見るよりも明らかではないかと思うのですがねえ…

209 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2009/09/18(金) 16:29:41 ID:zAVLmxMD0
治療法に質問集中、新型インフルで県内初の死者/神奈川
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivsep0909502/

 新型インフルエンザの感染が確認され、横浜市内の病院の集中治療室(ICU)で治療を受けていた
同市都筑区の小学6年生の男児(12)が17日夕、亡くなった。県内初、しかも、感染者の死亡例としては
国内最年少の事例だけに、同日午後9時すぎから市役所で行われた市の緊急会見も、終始重苦しい雰囲気に包まれた。
 会見した岩田真美新型インフルエンザ対策担当部長によると、気管支ぜんそくの既往症のある男児の直接の死因は、
頭蓋(ずがい)内血管腫からの出血。男児が3日未明に緊急入院した病院では、ウイルスが感染して心臓の筋肉に炎症が起こる
「心筋炎」と診断され、人工呼吸器を付けたまま、意識不明の状態が続いていたという。
 会見では、男児が受けた治療が適切だったかどうかについて、報道陣の質問が集中した。
 岩田部長は、心筋炎発症の原因が新型インフルエンザに起因するものかは「分からない」。同席した修理淳医務担当部長は
「心筋炎で体全体の状態が悪くなり、腫瘍(しゅよう)からの出血を招いたのかもしれない」と推測した。
 男児は最初に体調の不良を訴えた近所の診療機関、亡くなった病院のいずれでも、タミフルなどの投与は受けていなかった。
岩田部長らは、「タミフルは発症から48時間以内に投与される。簡易検査の結果が陰性だったため、
投与が行われなかったのではないか」「治療が適切だったかどうかは市の立場ではコメントできない」と繰り返した。

 林文子市長は男児の死亡を受け、「亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。ご家族の方に対してお悔やみを申し上げます。
今後とも感染拡大防止と重症化への対応に努める」との談話を出した。

212 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2009/09/18(金) 17:10:38 ID:dd9PbfVh0
>>209
初診医が訴えられる悪寒。

213 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2009/09/18(金) 19:33:16 ID:wAHM8KfwO
致死的急速進行例はsuper-antigen diseaseじゃないか?
サイトカイン・ストームになってんだろ。
ステロイドパルスが効くかもな。

214 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2009/09/18(金) 23:03:16 ID:JKCpImWe0
なんか「感染疑い例でもタミフル投与」と厚労省から通達が出たとのことだけど、
これって風邪症状が出た全員に投与しておかないと、もしもの時に責任を問われるってことですよね?
すごいことだと思うんだけど・・・・

215 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2009/09/18(金) 23:07:13 ID:g9Guuc2Z0
ところで「インフルエンザの疑い」でタミフル投与はレセ的にOKなのか?

216 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2009/09/18(金) 23:08:02 ID:nTUynpac0

 簡易検査は体内のウイルス量が少ないと感染していても陰性となり、見逃される可能性がある。
東京慈恵医大感染対策室の中沢靖室長も「新型に感染していても約3割が陰性反応だ。なぜ、
もっと早い段階でPCR検査を実施しなかったのか」と疑問を呈する。

お前の発言に疑問を呈する。

>209 危うい流れだな。熱出たって患者にタミフル出さなかったら訴えられるよ。

217 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2009/09/18(金) 23:16:43 ID:be/vvdzr0
>なぜ、もっと早い段階でPCR検査を実施しなかったのか」と疑問を呈する。

はあああああああああああああああ????????

224 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2009/09/19(土) 00:23:19 ID:NI4uKpI2O
もう、キットいらねってことね!
ああ、臨床的にインフルエンザです
タミフルだしとくから、はい次ぃ

225 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2009/09/19(土) 00:27:14 ID:9Dwpyw280
もう駅の自動販売機でタミフル売れよ

226 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2009/09/19(土) 00:31:18 ID:s8k50I0n0
>>225
ワロタ それいいかも

227 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2009/09/19(土) 01:07:07 ID:ZbJankgU0
>>225
そんなことしたらトラブル時に医者に責任がいかなくなって
厚労省やメーカーに責任が及んでしまうじゃないか。

229 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2009/09/19(土) 01:39:50 ID:LkKAuxiq0
死んだ方には気の毒だが、死んだ症例の経緯を読むと、
たいていのケースで、なぜ死亡に至ったのかが理解できる。
(例えば心筋炎など、心筋炎になるのは運が悪いが、なってしまえば死亡は当たり前)
>>209 などは、会見する方も、報道する方も、それを分かっているのかねえ。

それにしても、検査陰性でもタミフル・リレンザ推奨ですか。そうですか。
検査キットは今後必要ないと言うことですね?
微熱でもインフル陽性があり得るから、今後は微熱=感染の疑いあり=タミフル・リレンザ ですね

頭、全く使わないで済みます。

232 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2009/09/19(土) 07:41:42 ID:rQkQDD/v0
簡易検査陰性でもインフルって診断するのは、いいと思うんだよ。 
そもそも100%じゃないし。それで、疑わしい症例は、陰性でもインフルって診断してタミフルってのもわかる。
が、ちょっと熱があるって程度の人をどう扱うかだな。
風邪ですね、はいさようなら→数日後あぼん、は危険すぎる。しょうがないから、「熱が続くならまた来い」になるから、
外来が、発熱患者であふれるぞ。始めから、どんな症例にでもタミフル処方しまくるしかないな。
そうなると、タミフル無くなるんだろ?どうしろと

233 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2009/09/19(土) 07:51:01 ID:aYzea16W0
>>232
>そうなると、タミフル無くなるんだろ?どうしろと
日本感染症学会の提言によると、タミフルは十分あるらしい。
検査陰性でもじゃんじゃん処方し、それでも余れば途上国に援助物資として送れと申されている。
......

251 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2009/09/19(土) 19:15:45 ID:TeKd8U6A0

856 :卵の名無しさん:2009/09/19(土) 12:52:23 ID:I3seU5Fx0
>>847
東京だが査定されることはありえない。
医師が臨床症状や所見からインフルエンザと診断できないなんて
あり得ないだろ。
検査はあくまで補助手段。
別に今年に限ったことではないよ。

857 :卵の名無しさん:2009/09/19(土) 12:53:18 ID:+TGxACzF0
神奈川社保は「検査しないと切りますよ~ん」と審査員が言ってた

で、この報道。  信じられませ~ん。

さらに混乱に追い打ちをかけるように、今度はこういう通知が出てきているようです。
これがまたなかなかに突っ込み所のありそうな話ではあるんですけれども、まずは黙って記事を引用してみましょう。

電話診察でタミフル処方OK 厚労省、現場に周知徹底へ(2009年9月20日47ニュース)

 新型インフルエンザ感染者の急増による医療機関の混乱を防ごうと、厚生労働省は「再診に限り、電話による診察のみで抗ウイルス薬の処方を認める」との新対策を、先月まで2度にわたって都道府県に伝えた。しかし、現場に行き届いていないことが20日までの同省の調査で判明、あらためて周知徹底を図る

 対象となる患者は、慢性疾患があり定期的にかかりつけ医の診断を受けている人と、過去に発熱などの症状があり、同じ医師の診察を受けたことがある人。いずれも医師が薬の投与に問題がないと判断することが条件。

 処方せんは患者が希望する薬局に医師からファクスなどで送られる。患者には外出自粛を求め、家族らがタミフルなどの薬を受け取る。患者本人は医療機関に足を運ぶ必要がなくなる。

 医師法20条は、医師が薬剤を処方する際、原則として患者に直接会って診察しなければならないと定めているが、厚労省は「過去に直接診察を受けた患者に限っての措置なので、この規定には該当しない」と判断。5月と8月にそれぞれ、この方式を認める通知を都道府県に出した。

いやこれはね、一見すると患者の利便性と医療機関の感染防御を両立させているように思わせる通達ではあるのですが、いかにも「にわかかかりつけ患者」がの無診療投薬希望が殺到しそうな御反ですよね。
しかし無診療投薬を厚労省自らが推奨しますか…この内容を「周知徹底」などと、この一件でここまでの言質を取られてしまう通達とはまたずいぶんと思い切ったなという印象なんですが、案の定これも騒ぎになってきています。

260 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2009/09/20(日) 19:14:58 ID:dbVANSXN0

「再診察であれば対面診察後ではなくとも医師法にいう無診察処方には該当しない」

こりゃぁ便利な言質がとれましたわな
医師法を根拠に薬だけは不可とした過去の経緯はどうなるんだか

263 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2009/09/20(日) 20:30:57 ID:GDh/qoTb0
>>259
ネタかと思ったがきちんとソースはあるようで・・・
しっかし、患者の顔も見ずにタミフル処方などできるわけないだろ、
現場をなめんな、厚生省はあほか、
そんなら発熱患者には保健所でタミフル配給するようにしろ!!!

この理論が通用するなら、一見さん以外の無診察投薬解禁なわけで、
天動説→地動説にかわったくらいの衝撃を感じるのはおいらだけか?

264 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2009/09/20(日) 20:37:53 ID:tUhiN/+w0
こりゃ完全に薬だけ処方容認時代の幕開けだな
>  医師法20条は、医師が薬剤を処方する際、原則として患者に直接会って診察しなければならないと定めているが、
> 厚労省は「過去に直接診察を受けた患者に限っての措置なので、この規定には該当しない」

この報道がどういう形で一般に広められていくのか判りませんけれども、ひとたびこういう話が公の通達として出てしまうとワイドショーあたりで妙な「誤解」をした人たちが病院に殺到してきそうですよね。
誰でも思いつく疑問として「診察も検査もしなくて薬を出せと言うなら、どの人にでも求められれば薬を出せってこと?」ということになりますが、今後各地の病院は「俺は絶対インフルエンザのはずだ!テレビで聞いたぞ!さっさと薬を出せ!」なんて殺到する電話対応で謀殺されそうな悪寒ですよね。
…と、思っていましたらすでに、そういう実害が出ているのだそうで、これは今後とんでもない混乱を巻き起こすような話になってきそうではありますけれども、もちろん厚労省は責任を取るつもりなんてないんでしょうね?

501 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2009/09/17(木) 11:57:39 ID:a/p8nrL/0
電話で具合が悪いから、薬を出してくれ、と言う、初診の男性。年齢不詳。
初診なので診察してお薬出しますので、来院して下さい、と言ったところが、
「あんたね、インフルエンザが流行っているのに、病院なんか行けるか。
テレビでも薬だけ貰える、と言っていた。それとも何か、てめえのところは
インフルエンザうつしてがっぽり儲けようという魂胆か? 俺はマスコミとは
ちょっとツーカーなんだよ。おぼえてろよ」
あんたが、てめえになり、何をおぼえていたら良いのか、どういった症状が
あって、何の薬をもらいたいのか、さっぱりわからず。
対応するのも、ほんと、疲れる。
(最初変換したら「憑かれる」と出てしまった。何か取り憑いているのかな?)

|

« 今日のぐり「花菱」 | トップページ | 今日のぐり「あかり」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/46270749

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザ 火に油を注いでどうする?:

« 今日のぐり「花菱」 | トップページ | 今日のぐり「あかり」 »