« それはこういうことをやっていれば当然に | トップページ | 新型インフルエンザ、一向に終息するどころか… »

2009年8月 9日 (日)

今日のぐり「讃岐うどん なか浦」

世の中には「いったいこれは何の役に立つんだ?」と思えるものは数限りなくあるわけですが、時折見かける意味不明の調査というものの存在意義がどこにあるのかまさに意味不明ですよね。
何かしらああしたものの結果によって世の中に変化でもあるのかとも思えず、そもそも何を期待して調査しているのかもはっきりしません。
今日はそうした「だから何?」としか言いようがない調査報告の数々を紹介してみましょう。

スライムとクリボーはどっちが強いのか!? ついに判明!(2990年4月24日ガジェット通信)

『ドラゴンクエスト』シリーズの代表的なモンスターといえば、最弱の強さを誇るスライムだ。そして、『スーパマリオ』シリーズの最弱モンスターといえば、ただ歩いているだけのクリボー。どちらも人気のあるモンスターキャラクターだが、もし戦ったとしたらどっちが強いの?

どちらも違うメーカーから発売されているのでバトルの実現は難しいかもしれないが、世間の人たちはどっちが強いと思っているのだろうか? ということで、「スライムとクリボーはどっちが強いと思いますか?」というアンケートを2000人に実施! ついに強者が決定した! その結果は以下の通り。

1位 スライムが強い 459票 (45.9%)
2位 クリボーが強い 378票 (37.8%)
3位 どっちも同レベルの強さ 163票 (16.3%)

ななな、ななんと! 世間の人たちはクリボーよりも、スライムが強いと思っているようだ。確かに、クリボーは踏まれると一瞬でやられてしまうが、スライムはダメージを与えても何度も攻撃をしかけてくる。では、アンケートに答えてくれた皆さんのコメントをいくつかご紹介しよう。

・クリボーはマリオを一撃で倒せる
・横方向からの防御力を考慮してクリボーに入れた
・接触しただけで死んでしまう印象が強いので、クリボーかな
・スライムはLV99まで上がればしゃくねつのほのおを使えるぞ
・ジャンプ着地点の5mm前にいるクリボーは鬼畜
・スライムに負けたことはあまりないがクリボーにはしょっちゅうやられてる
・クリボーをバカにするやつはクリボーに泣くって田舎のばあちゃんに聞いた
・横からならクリボーが強い。上からならクリボーは弱い

ほかにも「クリボーは一撃でマリオを倒せるが、自身も一撃で倒されることを忘れちゃいけない。つまりドラクエ基準に直すとHP1。……しまった、するとマリオはHP2ということか」や「重要なことに気付いた。最近のドラクエを見ると、スライムはジャンプして攻撃をしている。つまりクリボーにとってスライムは天敵」、「クリボーをバカにするやつはクリボーに泣くって田舎のばあちゃんに聞いた」などのコメントがあった。

ま、まあ…個人的な見解として、そうまで弱小を誇るクリボーに文字通り鎧袖一触でやられてしまう主役の髭親父というのもどうなのよ?と思えてしまうところではあるんですが…
このあたりは別にどちらが最弱であろうがどうでもいいような話とも言えますが、時にどうでもよさそうなランキングが恐ろしい結果を招いてしまうこともあるわけですよね。
下手をすると全国の御当地自慢さんに喧嘩を売るようなことにもなりかねない恐ろしい調査結果がこちらです。

あまり気にかけたことのない都道府県はどこ? 3000人アンケート結果 (2009年5月21日ガジェット通信)

3000人のインターネットユーザーを対象に、「自分とは無縁だと思う都道府県はどこ?」というアンケートを実施! つまり、「自分とは無縁で、たぶん一生用事がないと思う都道府県、興味のない都道府県、どうでもいい都道府県、気にかけたこともない都道府県」を教えていただきました。

確かに、日常生活をするうえで、あまり注目しなかったり、会話に出てこなかったり、特に気にかけない都道府県ってありますよね。その結果は以下の通りです(多くの人が気にかけていない都道府県ほど上位になります)。

47位 神奈川県
46位 静岡県
45位 奈良県

15位 岐阜県
14位 群馬県
13位 石川県
12位 岩手県
11位 宮崎県
10位 山形県
9位 福島県
8位 鳥取県
7位 山口県
6位 大分県
5位 栃木県
4位 徳島県

3位 佐賀県
2位 福井県
1位 島根県

自分とは無縁だと思う都道府県、堂々の1位は島根県という結果に! 確かに、島根県といわれて思い浮かぶものがないです……(失礼)。いろいろと調べてみると、世界遺産の石見銀山遺跡があったり、けっこうすごい県のようです。しかし、島根県庁は「日本一どこにあるか知られていない県」であることを自覚しているようで、『リメンバーしまね』プロジェクトを開催しています。アンケート参加者の声は以下の通り。

・福島はマジで用事がない。島根は出雲大社と石見銀山くらいか
・山口県の位置が思い出せなくて、すみません一票入れてしまいました
・本当にどうでも良い県は多分アンケートですら答えてもらえない気がする
・栃木って一体何があるんだろう
・親戚も居ないし、転勤もないんで多分九州には一生縁がないと思う
・鳥取は良いところです。おばあちゃんの故郷です
・ほとんど印象がない石川県にいれた
・島根県に何があるか知りたい
・石川県は松井秀喜の出身地だぞ!
・正直、名前だけ知っててどこにあるのかわからない県がけっこうある
・西日本出身だから秋田や山形は縁がなさそうだ

ほかにも「大分ごめ~ん。いままで大分のこと何にも考えてこなかったぁ……。今『信長の野望』やってるんだけど、今すぐ大分と同盟むすぶよ。絶対に攻めないよ。一緒に天下とろうね!」「『桃太郎電鉄』が好きだったからどの県もなんとなくイメージできるが目的地駅にならない県は印象が薄いな」「ご多分にもれず、島根と福井で迷ったが、地味すぎて逆に存在感を感じ始め、ギリギリで和歌山にした。実際考えても、和歌山に対して全く何ひとつ浮かばないなぁ~。在住の人、ごめんね」などの意見がありました。

関東で唯一トップ10にランクインしたのは栃木県です。東京都と同じ関東でありながら、ひっそりと自分自身をアピールすることなく存在している栃木県。天皇家がゆっくりとしたいときに行くのが栃木県・那須の御用邸。確かに、栃木県の奥地ならばゆっくりできそうですね。知事として有名な東国原英夫(元・そのまんま東)氏がアピールしている宮崎県が上位にあったのは驚きでした。

う~む、さすがに上位県ともなりますといずれも丙丁つけがたいものがありますが…
最近は何でも戦国ブームなんだそうですが、ああいうもので御当地の名将なんてものが有名になりますとつられて土地も有名になるということがあるんでしょうね。
しかし島根と言えば最近では考古学的な発見も相次いでいて日本文化発祥の地の一つとも言えるようなところですが、そういえば古代日本史上重要な佐賀や宮崎といったあたりも結構上位に出てきていますね。
やはりこれも学校での歴史教育があまりうまく行っていないということの証拠ということになるのでしょうか?

お次はいささか何と評価するべきかよく判らない話です。

<パソコン>危険度は「バックアップとらずにPC作業」>「小学生を自宅に1人で放置」(2009年6月30日毎日新聞)

 ネットユーザーは「バックアップをとらないままパソコン(PC)作業をする」ことは「小学生を1人で自宅に放置
する」ことよりも危険だと考えていることがセキュリティー大手シマンテックの調査で分かった。データを損失した経
験者のうち、4割は全く復元できなかったといい、その痛い経験がもとになっているようだ。

 調査は5月、パソコンを私的に使っている10~60代の男女1000人を対象にウェブで実施した。パソコンを
1日に2時間以上使う人が8割を占めている。

 「小学生を1人で~」「シートベルトをしないで運転」など日常の危険な行動と、PC操作での危険度合いをそれ
ぞれ最高7点で採点した平均は、「シートベルト~」が5.89点で、「誰か分からないメールを開封」(5.87点)
と同レベル。また、「バックアップをとらずに作業」は4.95点で、「保険に入らずに海外旅行に行く」(5.29点)
より低かったが、「小学生を1人で自宅に放置」(4.88点)より高い結果だった。
(略)

ど田舎の僻地に行きますと、結構小学生の子供が牛や猫と留守番をしていると言う光景に遭遇することがありますから、微妙にどの程度の危険性なのか判りにくいところがありますが…
しかしこのあたりの話であれば「あ~あるある」ですむような話なんですが、こちらくらいになりますとあまりあって欲しくないような背景事情が読み取れてくるのが嫌ですよね。

売春婦は政府役人より信頼できる、中国アンケート調査 (2009年08月05日AFP)

中国では、売春婦は政府役人や科学者よりも「信頼できる」と考えられている。同国の雑誌「インサイト・チャイナ(Insight China)」(電子版)が4日、こうした調査結果を発表した。

 この調査は、同誌が6月と7月、オンライン・アンケートを実施し、さまざまな職業について「信頼できるか」を答えてもらったもの。3376人の回答者のうち、「売春婦」が信頼できると回答した人は7.9%で、農民、宗教関係者に次ぐ第3位にランクインした。

 4位は兵士、5位は学生で、科学者や教師、政府役人は下位にランクイン。最下位は不動産業者、秘書、芸能人、映画監督などの顔ぶれとなった。

 この調査結果について、4日の国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)は社説で、「国家のエリートたちも絡んだ数々のスキャンダルが連日報道されていることを考えれば、この結果はまだましだ。少なくとも(政府役人や科学者は)最下位には入らなかった」と述べている。

う~む、あまり日本では売春婦の信用度ということが問われることもないので今ひとつピンと来ないところがありますが、色々と汚職の話は漏れ聞こえてくるところからも信用はないということなんでしょうかね。
しかし科学者なるものが低位なのもアレなんですが、世間的に科学者なるものがそうまでイメージが悪いのか、たまたま彼の国でのイメージが悪いということなのか、果たしてどっちなんでしょうね?
そして最下位に秘書などが入ってくるというのもお国柄なのでしょうか?なんともまあ、これじゃまともに商売も出来そうにないんですが…

今日のぐり「讃岐うどん なか浦」

その方面に少しでも興味がある人間なら「知らなきゃもぐり」とまでいう店であれば、まずは一定の水準には達しているんだろうとお墨付きを得たように思えるのは自然ですよね。
倉敷市外から南に進んだ水島工業地帯の近く、有名な老舗ラーメン屋「百万両」と同じ通りに面した老舗のうどん屋がこちら「なか浦」です。
ちなみにここで修行した方々があちこちでうどん屋を開いていたりもするそうで、以前にも御邪魔した「天の」なんかもそのうちの一つなんだとか。
また伝え聞くところによると「岡山県内で一番沢山のうどん玉が出る店」なんだそうですが、うどん屋ってそういう統計を公表してるものなんですかね…?

ちなみにここ、そこそこ広めの駐車場ながら狭い&始終満車状態で非常に駐車はしにくいです(店舗横の駐車場以外にも停めるところはあるとも聞きますが…)。
この日は夕方近い時間帯でそろそろ客足も引いてきている頃のはずなんですが、結構店内はいい感じでお客が入っているようですからさすが伝説的な大人気店というところでしょうか。
それはともかくこの店、見たところ看板にもどこにも店の名前が書いてないんですね…店名については漢字で「中浦」と表示してあるサイトもあるんですが、今回は一番多い表記で「なか浦」としてみました。

メニューは至ってシンプルでぶっかけも釜上げもありませんが、ちなみにちゃんと”湯だめ”と表示してあるのはこういう店では良心的だと思いますね。
そして目につくのが値段が安いこと!ベーシックなメニューは軒並み200円台からとなっていて、なるほどこの価格帯は確かに「讃岐」っぽさがムンムンしてきてます。
とりあえずこの日はシンプルに「ざる」を注文してみたのですが、右手で注文を取ると左手で渡すという感じで一瞬で出てきたのにはちょっとびっくりしましたね。

当然ながら茹で置きなんですが、見た目はややくたびれ気味かな?という印象は隠せないものの、それなりに丁寧に扱っている肌合いの艶やかなうどんという感じでしょうか。
「天の」もかなり柔らかめなうどんの店でしたが、師匠筋というこちらはそれに輪をかけたかというくらいに柔らかめなうどんで、噛んでいくと感じられるコシも「しこしこ」というより「ぷりぷり」という感じで、ちょっと出来の良いワンタンなどにも通じるような独特の食感です。
やわらかいということで有名な伊勢うどんなどは茹で時間の長さでああいうことになるという話ですが、ここいらあたりの流派では標準状態から柔らかめだがコシはあるという感じで、これはこれで店の個性だと思いますね。

このうどんに合わせるダシはかなり甘めなんですが、これも途中から付け合わせの薬味などを加えていくとなかなか良い感じで麺との相性も悪くないというところですかね。
一枚の分量が少なめなのも「らしい」ところで、これはやはり好みのうどんを二つ三つと食べ比べてみるというのが正しい楽しみ方なのでしょう(ちなみに湯だめの方はもっと量が多いということですが)。
今回に関していえば時間帯が悪かったのかやはり茹で置きの影響は隠せないかなというところがあって、おそらく開店直後の時間帯に訪れてみるとずいぶんと印象が違うのではないかなとも思わされるところですかね。

何にしろこの界隈は前述の「百万両」や「喜楽園」などのような安くて有名なラーメン屋の激戦地帯という印象があったのですが、こういう店を見るとうどん屋においてもなかなか侮れないものがありそうですよね。
硬めのうどんが好きという向きには正直おすすめできませんが、単純に値段だけを考えてみても下手なセルフの店などで腹をふくらませるよりはこっちの方がよほどいいのかな、と言う勘定もできそうです。
もっとも、昼飯時にはとても混雑するようですから、行列覚悟ということになりそうですけれども。

|

« それはこういうことをやっていれば当然に | トップページ | 新型インフルエンザ、一向に終息するどころか… »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/45879149

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり「讃岐うどん なか浦」:

« それはこういうことをやっていれば当然に | トップページ | 新型インフルエンザ、一向に終息するどころか… »