« 誰も大きな声では言わないけれど | トップページ | 今日のぐり「うどん処あまからさん」 »

2009年7月 4日 (土)

いつまで黙っているつもりか、そちらの方が面白かったり

今日は最近密かに話題のあの件について少しばかり取り上げてみようかと思います。
まずは既報から関連するあたりを抜き出してみましょう。

鳩山代表に「故人」献金? 少なくとも5人、120万円(2009年6月16日朝日新聞)

 民主党の鳩山由紀夫代表の政治資金管理団体「友愛政経懇話会」の政治資金収支報告書に、すでに亡くなった人が個人献金者として記載されていることが分かった。朝日新聞が03~07年分の報告書を調べたところ、少なくとも5人の故人が延べ10回、120万円分を献金したことになっていた。遺族のうち、1人は「よく分からない」と答えたが、4人は「死亡後に献金した事実はない」としている。

 05年3月に亡くなった東京都内の旅行会社元社長は、生前から献金があり98~00年に年1万円、03年は25万円、04年は24万円が記載されていた。ところが死亡後もそれが24万円(05年)、10万円(06年)、15万円(07年)と続いている。
 元社長の妻は05年以降の個人献金を否定したうえで「なぜそんなことになっているのか。死亡後の献金なんて不愉快」。旅行会社側も「経理担当者が確認したが、会社がかかわった献金はなかった」と困惑気味に語った。
(略)
 鳩山氏は5月の代表就任会見で企業・団体献金の3年以内の禁止を打ち出した。さらに今春に配信した自身のメールマガジンでは、個人献金に対する税の優遇措置の拡大を訴えており、「企業献金から個人献金へ」の流れを唱える代表的存在だ。

 鳩山事務所は朝日新聞の取材に「誤記載だとは思うが、全体を調べてみたいと思う。事実とすれば本人や遺族に申し訳なく、誠心誠意対応したい」としている。

鳩山代表の団体へ「寄付否定」新たに13人(2009年6月30読売新聞)

 民主党の鳩山由紀夫代表の資金管理団体「友愛政経懇話会」が故人5人から寄付を受けたことが明らかになった問題で、実際に寄付をしていないのに「寄付者」として政治資金収支報告書に記載された疑いがあるケースが、新たに13人いることが読売新聞の調査でわかった。
 2003~07年分の収支報告書の記載内容を検証したもので、問題ある寄付の総額はすでに判明した分も含め、18人で計659万円に上った。

 調査対象は、03~07年の5年間に寄付者として記載された個人147人のうち、鳩山代表とその親族、秘書などを除く142人。88人から回答を得た。
 この結果、「記載通りに寄付した」というのは65人。本人や家族が「寄付した事実はない」と否定したのは、故人と判明していた5人も含め、東京、北海道、千葉、愛知、兵庫の計18人。うち故人だったケースは1人増え、6人になった。「はっきりと覚えていない」などとしたのは5人。
(略)
 政治資金規正法は、個人や企業・団体から年間5万円を超える寄付を受けた場合は、氏名や住所などを収支報告書に記載するよう義務付けている。

鳩山氏、虚偽記載は2177万円  原資はすべて本人資金(2009年6月30日共同通信)

 民主党の鳩山由紀夫代表は30日夕、国会内で記者会見し、政治資金収支報告書に記載の個人献金者が献金を否定したり、故人が含まれていた問題について、虚偽記載は2005~08年の4年間で約90人で193件、総額2177万8千円に上ると明らかにした。原資はすべて鳩山氏本人の資金で、不正なものは含まれていないと説明。「誠に申し訳ない。国民に深くおわびする」と陳謝した。

 問題となったのは、鳩山氏の資金管理団体「友愛政経懇話会」。鳩山氏は経理を担当していた公設秘書を解雇。収支報告書は鳩山氏からの貸付金として修正した。会計責任者の政策担当秘書については「しかるべき処分をしたい」と述べた。
 虚偽記載の理由に関し「経理担当者が私への個人献金があまりに少ないので『大変だ』と思ったようだ」と述べた。

 鳩山氏の依頼でこの問題を調査した弁護士は、報告書で「事実は鳩山氏にも、会計責任者にも打ち明けられてない」と経理担当者の独断との見解を提示。記者会見では、政治資金規正法違反容疑での告発も検討していることを明らかにした。
(略)

鳩山代表の収支報告書訂正、寄付者の8割・70人分削除(2009年7月2日読売新聞)

 民主党の鳩山由紀夫代表の資金管理団体「友愛政経懇話会」による政治資金収支報告書の虚偽記載問題で、鳩山代表側が訂正した報告書の内容が1日、わかった。

 総務省で閲覧できる2005~07年の同団体の報告書には、3年間に個人寄付として記載された88人のうち、約8割に上る70人の寄付(計1771万円分)がそっくり削除された。
 収支報告書によると、各年とも、掲載された個人寄付の金額の訂正は1件もなく、70人の寄付そのものがなかったとした。05年には、2回にわたり虚偽記載された人もいた。報告書に記載された寄付者は、05年で69人から18人、06年で51人から13人、07年で64人から16人と大幅に減った。
 この結果、個人寄付の総額が減ったため、報告書への記載が義務付けられていない5万円未満の「匿名寄付」の割合が増大。3年間で総額1億6755万円の個人寄付のうち、匿名の寄付は計1億430万円に上り、その割合も訂正前の56%から62%に拡大した。

 今回の訂正では、削除された個人寄付計1771万円分が、鳩山代表の「貸し付け」として処理され、07年段階で同団体への貸付総額は9771万円になった。
 同団体を巡っては、鳩山代表側の調査で、08年までの4年間で約90人が行った193件、計2177万円分の個人寄付が虚偽記載だったことが判明している。

匿名献金が突出 鳩山代表、5年で2億3千万円(2009年7月1日朝日新聞)

 民主党の鳩山由紀夫代表の政治資金管理団体「友愛政経懇話会」の政治資金収支報告書で、5万円以下などの条件を満たす匿名の個人献金の総額が、03~07年の5年間で計2億3千万円に上り、国会議員のなかで突出して多いことがわかった。
 匿名の個人献金の処理についても、「故人献金」で今回問題になった公設秘書が担当したという。謝罪会見で記者が「5万円以下の匿名献金も一定額ある」と指摘すると、調査にあたった弁護士は「その部分は終わっていない。調査を続ける」と説明した。

 政治資金規正法は、政治家の活動資金に透明性を持たせる観点から、献金者の氏名と献金額を収支報告書に記載することを義務づけている。ただし年間5万円以下、税の控除を受けないなどの条件を満たす小口の個人献金者は氏名や住所を記す必要がなく、「その他献金」として合計のみを記載すればよいとしている。
 修正前の03~07年の収支報告書によると、鳩山氏が集める個人献金は年間約5千万~1億1千万円で、与野党の代表クラスの政治家の資金管理団体と比較しても抜きんでている。ここ5代の自民、民主党の総裁、代表経験者と比較しても(表参照)、総額で突出している。

 さらに、鳩山氏の個人献金のうち、匿名の小口献金である「その他献金」は03年が約8千万円、04年約4600万円、05年約4千万円、06年約3700万円、07年約2800万円となっている。年平均で約4600万円は、他の総裁、代表経験者の平均約140万円を大きく上回る。03年は少なくとも1500人以上の匿名者からの小口献金があったことになる。
(略)

議員献金も個人資産? 鳩山代表あて 法令違反の疑い(2009年7月2日産経新聞)

 民主党の鳩山由紀夫代表が支部代表を務める「民主党北海道第9区総支部」に、平成15年から19年までの5年間、選挙区内の道市町議会議員42人(元職を含む)から、総額約1650万円の個人献金があったことが1日、鳩山氏の献金問題を追及する与党プロジェクトチーム(PT)の調査で分かった。
 献金はすべて毎年12月25日にそろって行われており、金額もほぼ同額で計画的に行われた可能性がある。PTでは「献金は鳩山氏個人の資産を原資とした可能性があり、政治資金規正法違反や詐欺の疑いもある」(自民党幹部)とみている。

 PTの調べによると、問題の個人献金は、鳩山氏を支援する北海道内の道議会議員4人や16市町の議員38人が行った。苫小牧市議は26万4000円▽登別市議は16万8000円-などと金額がほぼ横並びとなっているのが特徴だ。1回で64万円を献金した道議も1人いた。
 鳩山氏は、6月30日の記者会見で、自身の資金管理団体「友愛政経懇話会」の政治資金収支報告書に、故人からの献金が記載されていた問題に絡み、虚偽記載の献金の原資が鳩山氏本人の資金だったと釈明している。
 このためPTでは、地方議員からの個人献金の原資も「鳩山氏の資金だった可能性が高い」と指摘した。

 政治資金規正法の規定では、政党支部への個人献金は年間1000万円に制限されている。このため、与党側は、鳩山氏が地方議員らに資金を渡し、個人献金させることで実態を隠した疑いが強いとみている。
(略)

民主・鳩山氏、虚偽記載「疑念に答えた」=共産、社民は説明要求(2009年7月2日時事通信)

 民主党の鳩山由紀夫代表は2日夕、国会内で記者団に対し、自身の政治資金収支報告書の虚偽記載問題をめぐり、与野党から説明が不十分だとする声が上がっていることについて「(6月30日の)記者会見で国民が知りたがっている疑念や質問にすべてきちんと答えたつもりだ。わたしなりに説明は行ったと思っている」と語った。
(略)

鳩山代表らを告発=献金虚偽記載容疑で東京地検に(2009年7月3日時事通信)

 民主党の鳩山由紀夫代表が政治資金収支報告書に故人の名前などを記載していた問題で、「鳩山由紀夫を告発する会」を名乗る団体が3日、政治資金規正法違反容疑で、鳩山氏と会計責任者の秘書らの告発状を東京地検に提出した。
 告発状によると、鳩山氏の資金管理団体「友愛政経懇話会」の会計責任者と事務担当者は、2004~07年の政治資金収支報告書に、死亡した人物が寄付をしたとの虚偽の記載をしたとされる。また鳩山氏は資金管理団体の代表者として、06年と07年分の収支報告書の会計責任者を選任、監督するに当たり、注意を怠ったとされる。 

これだけずらずら並べますとずいぶんとすごい報道合戦のようにも思えますが、日付を見ていただいて判るとおり各紙ほとんどがぽつりぽつりという程度で、紙面の印象からはこの問題に関してほとんどスルーしているのかと感じられるくらいです。
この手の話に首を突っ込むことは当「ぐり研」の本意でもないのですが、外野から見ていても「え?疑念に答えた?そうなの?」と疑問符ありまくりの話にも関わらず、政治問題好きなマスコミがほとんど突っ込まないというのはどうしたものかと言う感じですね。
各紙の報道を集めまくってやっとこれだけですから、日常的に新聞とテレビしか見ていない多くの国民にとってはそんな話があったことすら知らないことなのかも知れません。
今ごろになって新聞紙上ではこんなことを書いていますが、問題発覚後半月以上もたった今ごろになってこういうことを言われてもどうなのよそれはと言いたくなるような話ではありますよね。

7月2日付 編集手帳(2009年7月2日読売新聞)

 老中松平定信は「寛政の改革」で文武に精を出すよう促し、これまでに学んだ師匠の名前を書き出せ、と旗本衆に命じた。遊び暮らす連中は困ったらしい◆弓は誰、馬は誰、学問は誰と、故人の名前ばかりを挙げ、「只今(ただいま)は皆、死去つかまつり候」と書く者が続出したと森銑三「古人往来」(中公文庫)にある◆「うそも大概にせよ、貴殿のことなど存じ申さぬ」とあの世から苦情が届くわけでもなし、書類のでっち上げに故人の名前が借用されるのは、今も昔もあまり変わらないようである◆鳩山由紀夫・民主党代表の資金管理団体が故人などを「寄付者」と偽り、政治資金収支報告書に記載していた。架空の献金は約90人分、4年間で総額2177万円にのぼる。違法献金事件で辞任した小沢一郎前代表のあとを受けて「党の顔」になった人に、この不祥事は情けない◆責任逃れの魔法の言葉「秘書が」にも懲り懲りだが、たかだか千万円単位の“はした金 ”にまで目が届かなくて――とでも言いたげな反省の弁の軽さ、金銭に対する感度の鈍さについていけない。永田町には寛政ならぬ「感性の改革」が要る。

【社説】鳩山氏虚偽献金―ああ、なんといい加減な(2009年7月2日朝日新聞)

 民主党の鳩山代表が虚偽献金の事実を認め、陳謝した。すでに死亡した人や、一度も献金したことがない人の名前を、個人献金者として政治資金収支報告書に載せていたという。
 なぜ、そんなことをしたのか。なお納得できない点は少なくない。

 鳩山氏は4人の弁護士に調査をゆだね、疑惑発覚から2週間で判明した経緯を説明した。それによると、架空の献金額は資料が保存されている05年以降で2100万円を超え、名前が使われた人は約90人に及ぶ。
 経理を担当する公設秘書が、個人献金を集める仕事を怠っていたのを隠すため、普段から預かっている鳩山氏個人の金を流用し、架空の献金をでっちあげていたという。
 二十数年つとめてきた秘書が独断でやり、鳩山氏自身は知らなかったと述べた。だとしても、報告書への虚偽記載は明白だ。政治資金規正法の違反である。鳩山氏の責任は重い。

 流用された金額は年に400万~700万円にのぼる。資産家として知られる鳩山氏だが、一昨日公表された年間所得は3千万円弱である。
 普段から1千万円を超える金を秘書に預け、鳩山氏の私的な支出にあてさせていたというが、本当に鳩山氏個人の金だけだったのか。出所を明かせない裏献金は入っていなかったか。他にも疑問はいくつもある。
 個人の金と政治資金が長年にわたってごちゃ混ぜにされていたのに、どのように使われたか、鳩山氏本人は関知していなかったことになる。なんとも釈然としない人は多かろう。

 小沢一郎前代表の公設秘書が逮捕された違法献金事件の反省から、民主党は3年後に企業献金を全廃し、個人献金を拡充する政策を総選挙マニフェストの柱の一つに掲げる方針だ。だが、その旗をふる立場の代表自身の個人献金がこの体たらくでは説得力を欠く。
(略)

特に面白いなと思うのが、総理がどこの店で飲み食いしたといったネタまで漁らなければならないほどネタに飢えていたはずのテレビが、ことこの件に関しては全くといっていいほど言及しないことです。
しかしさすがにこの段階にまで至ると誰でも不自然すぎるなと感じるところですが、当の本人達はこのまま黙っていればよいと思っているのでしょうかね?
そんな中でとうとう内部からもこんな声が上がるようになってきているようなんですが、今後どこまで彼らが沈黙を守り続けるのか、そしてそれを破る時になってどういう言い訳を持ち出すつもりなのかに要注目でしょうか。

【椿事件】辛坊「メディア全体が政権交代を視野に入れ、鳩山代表の献金問題について消極的な報道を行っている」(2009年7月2日ブログ記事)より抜粋

38 名前:名無しさん@十周年 投稿日:2009/07/01(水) 20:38:19 ID:/o/TgSGu0
これの録画持ってる人いないのか?

55 名前: 名無しさん@十周年: 投稿日: 2009/07/01(水) 17:50:07 ID: 724U2PRv0
今朝ズームインで辛抱が
メディアは民主の問題はスルーすることにしてるって暴露してたぞ
これは大問題だよォ

268 名前:名無しさん@十周年 投稿日:2009/07/01(水) 20:51:38 ID:KTaW5I2t0
>>38
実況の魚拓
ttp://s01.megalodon.jp/2009-0701-0657-56/live23.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1246390496/

944 :名無しさんにズームイン!:2009/07/01(水) 05:53:47.96 ID:vwYWKQJw
>>875
辛坊発言 記事読みながら問題点色々指摘してから>
「ただ今回は、もういわゆるメディアも全体が、ある種の政権交替というのを視野に入れて今もういっぺん民主党の代表をそんなに叩くのはという思いもあるんでしょう。
特に、毎日新聞なんかほとんど扱ってないんですが、ただ、これは・・(鳩山の新聞記事刺して)ちょっと内容としてはかなり悪いかなっていう感じが、私の感覚だとするんですが、さぁどうなんでありましょう」

(略)
865 :名無しさんにズームイン!:2009/07/01(水) 05:41:11.41 ID:uKcL+0/0
さすが辛抱さん
テレビメディアが鳩ぽっぽ問題を
スルーしてることをコメントしたわ

875 :名無しさんにズームイン!:2009/07/01(水) 05:43:16.00 ID:48XAsCqW
>>865
コメントっていうか、政権交代を視野に入れてマスコミはあまり追求しませんよ宣言みたいだったけど?

877 :名無しさんにズームイン!:2009/07/01(水) 05:44:29.13 ID:f39SY9pA
>>875
すごく恐ろしいことを堂々をいってたな
マスコミは政権への影響を考えて仕事してますって

891 :名無しさんにズームイン!:2009/07/01(水) 05:46:51.30 ID:1TG14nnv
>>875
実は恐ろしい発言だな。マスコミ全力で政権交代しようと動いてると言ったようなもの

899 :名無しさんにズームイン!:2009/07/01(水) 05:47:38.98 ID:5g2ISdJR
日本のテレビマスゴミって諸悪の根源だよなぁ

放送法なんて全然機能してないし。

923 :名無しさんにズームイン!:2009/07/01(水) 05:50:24.61 ID:OMbm4d1X
椿事件って言ったて
ホント?

943 :名無しさんにズームイン!:2009/07/01(水) 05:53:41.55 ID:a7WCNbfA
辛抱は充分言ったと思うよ
かなり悪い、とも表現したじゃないか
椿事件状態だって認識はあるんだろう

上記の引用の中にも出てくる「椿事件」とは、マスコミが意図的に政治に介入することを公言した事例として今も語り継がれる事件です。

    椿事件 - wikipedia
    1993年9月21日 、民間放送連盟の「放送番組調査会」の会合の中で、
    テレビ朝日 報道局長の椿貞良が、 総選挙時の局の報道姿勢 に関して

        「 小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。
        今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、
        なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしようではないか 」

    との方針で局内をまとめたという趣旨の発言を行う。
    日本の放送史上で初めて、放送法違反による放送免許取消し処分が本格的に検討された事件である。
    <ソース>
    平成5年10月25日 第128回国会 政治改革に関する調査特別委員会 第8号 (国立国会図書館 公式サイト)

マスコミ、特にテレビメディアが今回の件についてどういう思惑でやっているのかは判りませんが、これだけ歩調を揃えての行動となると何かしら背後関係があるのかと疑わしいところではありますよね。
単なる反政権活動ということで野党第一党に肩入れしているのかも知れませんが、マスコミの中でも特にテレビ絡みで民主党に肩入れしたくなる事情というとこんなものも見つかってくるのですが、さて…

原口一博「民主党が政権とれば電波料をおもいっきり下げる」(2009年5月3日記事)より抜粋

・質問
民主党政権になればテレビは明るくなる?

民主党・原口一博氏(『次の内閣』総務大臣)
「明るくなりますよ~。だって今、電波料いくらとられてます?
一生懸命稼いでるのがですよ。天下りとか色んなのに遣われてるじゃないですか。
それ(電波料)をおもいっきり下げますから。
それと規制が多すぎるでしょ。放送法の中の規制、これも余分なものをとりたいですね。頑張ります。
(つまりテレビの未来は?)明るい。(以下略)」

★ソース
たかじんのそこまで言って委員会4月19日放送「テレビ界の未来」
http://www.youtube.com/watch?v=k-wqJ1lucJY(new window) (動画の4分過ぎから5分頃まで)
(略)

☆麻生JAPANアンドねら~完全勝利宣言☆
726. Posted by 2009年02月15日 22:23
ちなみに民主党某議員のお話によるとマスメディアは赤字続きで
6月の決算時期にM社が破綻することがほぼ確定するそうだ。
それに引き続いて、業界全体が打撃を受ける可能性が高いため
u氏とw氏が各政党に政権交代後、
各メディア社に公的資金(千億円規模)を投入するように打診したらしい。
もちろん自民党は拒否。
しかし民主党はその条件を飲み、代わりに政党の宣伝と、
現内閣のネガティブキャンペーンを締結した。との話。
だからあたり前なんだよ。
どっちにせよ解散総選挙は2ヶ月掛かるため
6月までにマスコミは何としても解散総選挙に持ち込みたいのよ。

ま、ネットの落書きにどこまでの信憑性があるのかははっきりしたものではありませんが、確かに民主党議員先生方のメディア露出は結構目立つのかなという印象は個人的にも受けているところではありますけれどね。
別にメディアに限ったことでもなく、人間のやることである限り文字通りの意味で絶対的に公正中立ということはあり得ませんから、報道が偏っているということ自体は殊更に非難することではないかも知れません。
しかし表向き公正中立をうたっておいて実際は偏向しているとすれば、これは何より視聴者に対する裏切り行為以外の何ものでもありません。

実のところこうしたメディアの偏向問題は別に日本に限った話でもなく、御存知テキサス親父もこのように憤慨しているようです。

テキサス親父 ニュースメディアの偏向(動画)

別に誰かの肩を持ちたいと言うことであればそれ自体は恥ずべき事でもなんでもないのですが、何らかの意図を隠して視聴者を騙すということであればこれは道義的にも許される話ではありません。
他人を騙すことに罪悪感を持たないメディアによって踊らされる国民こそ悲劇というものですが、今の時代にあってはこれも各人なりの自衛策で対応していくしかないということなのでしょうか。

|

« 誰も大きな声では言わないけれど | トップページ | 今日のぐり「うどん処あまからさん」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

鼓腹撃壌の国、日本。恵まれた経済環境、医療環境(患者にとって)等々に感謝をしない日本人。政権交代→米帝日米安保破棄→日本経済破綻→中国に併合日本人奴隷化→流浪の民。細川~村山政権でオームサリン事件、米帝は反米日本の資金と技術を中共らに使わせない。その前にすべて収奪し、残った領土と奴隷を中共に渡す。妄想であって欲しい。しかし、恵まれている事柄に感謝する気持ちを失ったものの末路は如何に。

投稿: | 2009年7月 4日 (土) 13時53分

ご無沙汰ですnobuさん、久々のコメントになります。 元気ですか。
最近の我が国のマスコミによる変則報道というか、政治的な報道姿勢というものには憤りを感じますよね。

マスコミは周知の通り公選で選ばれる種類の機関ではありません。

なのに彼等は利権がらみなのか極めて特定の団体や主義、主張のみを「弱者の声だから」という衣を纏わせて報道します。 本当に彼等が「弱者」であるのか…おいらは懐疑的なんです。 拉致問題はどこへ消えたのでしょうか。 チベットやウイグル問題はどうなってるのでしょうか。 などなどが巧みに話題から消え去ってゆく。

マスコミは現在の大本営(どこの国の大本営かってのも問題ですよね)で、社会の木鐸を名乗るどこかの国の耕作機関に成り下がってるのではないかと常々思い、憂慮する次第です。

投稿: ポン太 | 2009年7月13日 (月) 12時57分

お久しゅうございます。そういえばそろそろ当ぐり研ブログも一周年ですね。
この一年間で世の中良くなったのか悪くなったのか、こうも混沌とした世相では何とも判断し難いところではありますけれど。

投稿: 管理人nobu | 2009年7月14日 (火) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/45533230

この記事へのトラックバック一覧です: いつまで黙っているつもりか、そちらの方が面白かったり:

« 誰も大きな声では言わないけれど | トップページ | 今日のぐり「うどん処あまからさん」 »