« 医療業界も不景気の嵐吹き荒れ | トップページ | 医療行政の主導権争い?最初から勝負はついているような… »

2009年6月 4日 (木)

「お前が言うな!」大賞文句なし!

社会的対応という面で医療業界というところはどうも常識に欠けると言いますか、ちょっと世間並みの対応が出来ていない部分というのが多々あるように感じている人は多いようです。
しばしばスタッフの接遇面なども問題になるところですが、最近では色々な部分で他業界のノウハウを導入しようという動きが盛んになってきているようで、他業界並みの水準というものを目ざして意識改革の真っ最中といったところでしょうか。
先日もお伝えしましたような債権回収業務などもそうなのですが、当然ながらあまり楽しからざる領域でも色々な部分で世間並みを目指さなければならないわけで、古い業界体質に見られるように「黙々と医療さえやっていればいいのだ」などという世間からズレたことを言っていては時代に取り残されてしまうのはやむなしでしょう。
そんな中で最近はこうした記事が時折見られるようになったあたり、地道な意識改革は徐々に進んできているのかなという気がしないでもないところです。

月刊誌訴えられる…病院買収記事が「名誉棄損」(2009年06月01日スポニチ)

 北海道の月刊誌「クォリティ」が掲載した病院買収をめぐる記事で名誉を棄損されたとして、道内で複数の病院を運営する札幌市の社会医療法人カレスサッポロが、発行元の「太陽」(同市)に約1100万円の損害賠償などを求める訴訟を1日、札幌地裁に起こした。

 訴えによると、クォリティは6月号で「東京・板橋中央病院『カレス』買収の噂」との見出しで記事を掲載、医師移籍をめぐりトラブルがあったなどと報じた。カレスは「裏付け取材もなく、うわさをつなげた記事。買収されるほど財務状態が悪いという印象を読者に与え、社会的評価を低下させた」としている。

 太陽は「訴状が来ておらずコメントできない」としている。

少し前には東京女子医大の医療事故絡みで、毎日新聞の捏造報道によって名誉を傷つけられたという医師の訴えが認められ賠償金支払いが命じられたという判決もありましたが、医療に限らず報道被害に遭っている人々は当然間違いは間違いであると主張していかなければ悪質なミスを繰り返すリピーターマスコミを野放しにすることになり、彼ら報道業界自身のためにもならないという考え方もあります。
さて、ちょうどこうした社会情勢の変化に対応するかのように出ている非常に興味深い話があるのですが、まずは黙ってこちら毎日新聞の記事をご覧ください。

週刊誌報道:名誉棄損で雑誌へ高額賠償命令 原告に立証責任求める声(2009年6月1日毎日新聞)

 メディアに対する名誉棄損訴訟で、報道の真実性の証明責任を報道側に課す日本の裁判の仕組みに対し「バランスを欠く」として、見直しを求める声が識者らから上がっている。背景には、今年に入り、週刊誌報道に対して高額賠償を命じる判決が相次いだことがある。【臺宏士】

 ■「現状、萎縮招く」

 元週刊現代編集長らが呼びかけたシンポジウム「闘論!週刊誌がこのままなくなってしまっていいのか」が先月15日、上智大学(東京都千代田区)で開かれた。

 「最近はいきなり訴状が来る。名誉棄損と言っても、回復を目的とせず黙らせるために訴えてくる。取材源を秘匿しなければならないからハンディがあるが、出版社側が勝ってもおカネはくれない。こんな不公平なことはない。カネを取ろうとしている側が立証するのは当然だ」。山口一臣・週刊朝日編集長はそう訴えた。

 シンポには山口さんのほか、「週刊現代」「フラッシュ」など経験者を含む10誌の編集長がパネリストとして出席。苦境に立つ週刊誌への関心の高さもあって約400人が耳を傾けた。

 週刊誌報道に関する厳しい司法判断が続いている。東京地裁が01年に「女性自身」発行元の光文社に500万円の支払いを命じたころから始まった高額賠償化。今年に入ってからは、1000万円を超す判決が相次いだ。社長個人に対する賠償責任を認めたり、記事の取り消しや謝罪広告の掲載を認めるなど内容も厳しさを増している。

 清水英夫・青山学院大名誉教授は「立証責任の転換を行いバランスを取らないと、いたずらに萎縮(いしゅく)を招く。言論の自由は、ある程度間違いを犯す自由を認めるところに成り立っている。懲罰的に封じ込めることは、憲法の精神に著しく反する」と、先月18日、東京都内で開かれた研究会で訴えた。この研究会は「名誉棄損裁判での損害賠償の高額化と雑誌ジャーナリズムの危機」をテーマに新聞、放送、出版各社でつくる団体が開いた。

 名誉棄損訴訟で報道側が勝訴するためには、記事が公共の利害に関することで公益を図る目的であるほか、真実の相当性を報道側が立証する必要がある。裁判所が求める裏付け取材のハードルは年々高くなっていると言われている。

 清水氏は日米の名誉棄損裁判を比較し、日本の報道機関が置かれる不利な状況について解説した。「米国では、公人の名誉棄損において(虚偽と知りつつ報じるなどの)現実の悪意の証明は、原告に挙証責任がある。この原則は、80年代半ば以後、公人のみならず、公共性のある出来事にも適用されるようになった」と言う。さらに「日本は米国では機能していない刑事罰の名誉棄損罪もあるうえ、損害賠償額も高くなり二重の危険にさらされている」と主張する。

 今年、高額賠償が命じられた週刊現代の大相撲八百長報道に触れ「大相撲は公共性のある出来事。米国だったら原告は負けていた。八百長がなかったことを相撲協会が立証する方が合理的だ」と述べた。

 ■「権力犯罪暴けない」

 メディア問題に詳しい日隅一雄弁護士も政治家や高級官僚ら公人の公的活動に関する報道の立証責任は原告側が負うべきだと考えている。

 音楽ヒットチャートのオリコンが、月刊誌「サイゾー」にチャートの集計手法を疑問視するコメントを寄せたジャーナリストの烏賀陽(うがや)弘道さんに対し、「名誉を傷付けられた」として、損害賠償などを求めた訴訟で、東京地裁は昨年4月、名誉棄損を認め、烏賀陽さんに100万円の支払いを命じた。控訴審で代理人を務める日隅弁護士は、東京高裁に対して「高度な公共性に関する記事だ。真実性・相当性の立証責任を転換してほしい」との書面を提出したという。

 「国家権力のチェックが報道機関の役割。取材源を証人として出すわけにはいかない中で、真実性を立証する負担は重すぎる」と日隅弁護士が指摘するのは、今年4月に札幌地裁(竹田光広裁判長)が出した北海道新聞記者敗訴の判決だ。

 北海道警の不正経理を巡る書籍で名誉を棄損されたとして、元道警総務部長が北海道新聞社と記者2人、出版元の旬報社、講談社を相手に損害賠償などを求めた。当時の道警本部長が元総務部長に対して「下手をうってくれたな」と叱責(しっせき)したとある書籍の表現など3カ所が名誉棄損に当たるとして、被告らに計72万円の支払いを命じた。

 判決は「元部長や総務、警務課の幹部、職員の全員が否定している。(記者が)約20人という多数から裏付けを取ったという点はやや不自然」と記者側の主張を退けた。日隅弁護士は「記者が虚偽と分かって書いたなどの悪意を原告側が証明するのであれば勝てたケースだ。こんな判決が出ては権力犯罪を暴く調査報道は難しくなる」と危惧(きぐ)する。

 ■雑誌側も対応へ

 一連の高額賠償などの判決について、日本雑誌協会(上野徹理事長)は4月に「今まで経験したことのない異様ともいえる判決が続出し、雑誌ジャーナリズム全体を揺るがせかねない事態を招いている」と懸念を示す見解を発表した。

 新潮社は2年に1回だった週刊新潮編集部に対する法務研修を半年に1回程度に増やすほか、他の部署にも広げる検討を始めた。同誌編集部と総務部、法務対策室の3者が、訴訟対策に重点を置いた連携体制を整えるという。

 ◇大相撲八百長疑惑、過去最高の賠償額4290万円

 東京地裁(松本光一郎裁判長)は今年2月、大相撲元横綱の貴乃花親方と妻景子さんが、父親の故・二子山親方の財産を無断で処分しようとしたなどと報じた週刊新潮の記事で新潮社側に375万円の支払いと謝罪広告の掲載を命じた。社長にも「法的知識や裏付け取材の在り方の意識が不十分で、名誉棄損を引き起こしたのは社内に有効な対策がないことに原因がある」として、責任を認める異例の判断を示した。

 同じ東京地裁(浜秀樹裁判長)は3月、大相撲の八百長疑惑を報じた週刊現代の記事による日本相撲協会と元横綱北の湖前理事長に対する名誉棄損を認め、講談社や執筆した武田頼政氏らに1540万円の支払いと記事を取り消す広告の掲載を命じた。

 また、同誌を巡る八百長疑惑報道に対しては、東京地裁(中村也寸志裁判長)は同月、横綱朝青龍関ら力士30人と日本相撲協会の訴えを認め、メディアを対象とした訴訟では過去最高額とみられる総額4290万円の支払いと記事の取り消し広告の掲載を命じた。

 ◇出版界に第三者機関を--元週刊現代編集長・元木昌彦氏

 日本も米国型の訴訟社会になり、弁護士も増える中で名誉棄損訴訟が増加していくのは間違いない。ある死刑囚から報道の18年後に訴訟を起こされた。匿名の人物による私事のコメントが問題となったが、今さらどこにいるのかも分からず「法廷に連れてくるのは無理だ」と証言した。

 取材源を連れてこないと勝訴する見込みがないという訴訟の仕組みは変えてほしいと思う。もちろん、だからと言って何を書いても良いというわけではない。報道被害に対する雑誌側の取り組みは、新聞や放送など他のメディアに比べて遅れている。日本雑誌協会も苦情の受付窓口として「雑誌人権ボックス」を設けているが、救済という観点から言えば十分機能しているとは言えない。もう一歩進んで、ジャーナリズム系の週刊誌を発行している出版社の共同出資による横断的な第三者機関を早急に設立すべきだと思う。

 週刊現代編集長だった1994年、松本サリン事件で河野義行さん犯人説を報じた。読者に雑誌界への不信感が高まったが、いまだに払しょくには至っていない。読者に目に見える形でアピールしていかないと、自業自得だとして支持を得られなくなってしまう。

 週刊新潮による朝日新聞襲撃事件の誤報問題もなぜ記事が掲載されたのか不明なままだ。例えば、新潮社から多数の作品を刊行しながら厳しく批判してきたノンフィクション作家の佐野眞一さんに検証記事を書いてもらったらどうだろうか。

 各週刊誌の関係者が集まって問題を考えることがなかったことも圧力が増した一因だと思う。現役と経験者の週刊誌編集長に呼びかけた先月15日のシンポジウムではそうした危機感を共有できたのではないか。(談)

==============

 ■高額賠償が命じられた主な名誉棄損訴訟の判決■

<判決>   <原告>         <被告>    <賠償額>  <裁判所>

01年 3月 清原和博選手       小学館     1000万円 東京地裁

03年10月 熊本市の医療法人など   新潮社など   1980万円 東京高裁

07年 6月 杉田かおるさんの元夫   小学館      800万円 東京地裁

08年 2月 日本音楽著作権協会    ダイヤモンド社  550万円 東京地裁

09年 1月 三木谷浩史楽天社長ら   新潮社など    990万円 東京地裁

    3月 元横綱北の湖氏ら     講談社など   1540万円 東京地裁

    3月 朝青龍関ら力士30人など 講談社     4290万円 東京地裁

どうした毎日、ついに皆が長年言い続けたことに目覚めたかと思わされるような話ですが、さんざん無視してきた挙げ句に自分たちの尻に火が付いたとたんに世間が悪い、法律が間違っているですか(苦笑)。
そもそも自らが今までさんざん他業界批判を繰り返し萎縮を招くとともに自らの売り上げを追求してきた天下の毎日新聞さんに今さらそんなこと言われてもね…ヤバイ、なにか笑えすぎてマジで腹痛くなってきましたですわ…
と言いますかね、「八百長がなかったことを証明せよ」って、まさか他人の粗探しにかけては暗い情熱と知性あふれるこの方たちが「悪魔の証明」という社会常識レベルの話を今さらご存じないとも思えませんから、これは何かしらの意図があって発せられた言葉であると理解しておくべきなのでしょうね。

しかし今ごろになってのこの必死ぶりはホントに笑えるところなんですが、毎日新聞さんには自らお書きのこんな記事をお贈りしておきましょう。
今回の記事を書いた臺宏士さんは、涙まで流したという勝村久司さんに対してどう答えるつもりなんでしょうかね?

医療事故の被害者や遺族らを中傷するインターネット上の書き込みが横行している コラム憂楽帳(2008年8月11日)

 医療事故の被害者や遺族らを中傷するインターネット上の書き込みが横行している。

 長女を医療事故で亡くし、医療情報の公開を求める運動に取り組んできた京都府の高校教諭、勝村久司さんは、訴訟継続中の遺族から相談を受けて思わず涙が出たという。
 遺族が手にしていたのは、厚さ15センチほどのファイル。医療関係者らしき人物らがネットに書き込んだ遺族への中傷文書が多数とじてあり、遺族は一つ一つに手書きで「事実はこうだ」と反論を書き込んでいたという。
 中傷する側は「医療崩壊と呼ばれる状況を生んだ一因は、結果が悪ければすぐ訴える患者の存在」との論法を展開する。だが、患者が医療側の説明に納得できない場合、最終的には訴訟しか真相究明の手段がないのが現状だ。

 医療死亡事故の死因を究明する「医療安全調査委員会」設置の議論が進んでいる。勝村さんは「調査委によって事故の情報公開が進めば、訴訟は激減するはずだ」と期待する。医療側と患者側が対立する不幸な構図が一日も早く終わることを願う。【鯨岡秀紀】

そこで提案なんですが、毎日新聞さんは自ら書籍を発行してまで他業界の問題点を探り出すことに熱心なんですから、いっそその情熱の何十分の一かでも割いて自らの問題点を探り出し「捏造報道が止まらない リピーターマスコミの問題点」なんて書籍でも出版してみることで今後の改善の一助にするというのはどうでしょう?
反論も出来ない紙面上で一方的な中傷を行うよりはよほど建設的かつ万人にとって納得のいく結論なんじゃないかと思いますし、それこそブリタニカ並みの分量になりそうですから厳しさを増す御社の経営上にもあるいは多少の貢献が出来るかも知れませんよ(苦笑)。

|

« 医療業界も不景気の嵐吹き荒れ | トップページ | 医療行政の主導権争い?最初から勝負はついているような… »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

タブロイドのダブルスタンダードぶりにはあきれるのを通り越し、もうどうでも良いという感じです。
一日も早くタブロイドが無くなり、他社が他山の石として更生してくれればと思います。(新聞自体無くなるメディアの一つである可能性が高いとは思いますが。)

投稿: 放置医 | 2009年6月 4日 (木) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/45229344

この記事へのトラックバック一覧です: 「お前が言うな!」大賞文句なし!:

« 医療業界も不景気の嵐吹き荒れ | トップページ | 医療行政の主導権争い?最初から勝負はついているような… »