« 新型インフルエンザ 次第に斜め上方向に逸脱気味? | トップページ | ほぼ確実となった医師数増加、しかし歓迎する声ばかりでもなく »

2009年5月29日 (金)

それでも決してお約束を外さない人たち

世の中には時々「えっ?!あの人が?!」と思うような意外なニュースが出てくることがあります。
最近の意外なニュースの一つといえば、毎日新聞で掲載されたこれら一連の記事でしょうか。

救急センター調査:実態合わぬ「宿直」 5割違法の恐れ(2009年5月24日毎日新聞)

 心肺停止など命にかかわる重症患者にとって「最後のとりで」である全国の救命救急センターで、睡眠が十分取れないまま患者に対応する救急医の泊まり勤務を「宿直」として扱う施設が5割を超すことが、毎日新聞の全国調査で分かった。労働基準法が認める「宿直」は、ほとんど労働する必要のない勤務とされ、これらの施設の勤務実態は違法である可能性が高い。

 調査は全国の救命救急センター218施設を対象に4~5月に実施し、116施設から回答を得た(回答率53.2%)。

 労基法は労働時間を原則週40時間と定め、時間外労働も労使間で協定を結んだ場合、1カ月45時間まで認められる。一方、宿直については「巡回や電話番など軽度な勤務」「十分な睡眠が取れる」などを条件に労働時間とは別枠で、労働基準監督署長の許可で例外的に認められてきた。

 調査の結果、救急医の泊まり勤務を宿直扱いとする施設が61%あった。また、時間外労働として扱う施設は19%、残りは交代制などだった。宿直のうち9割(全体の55%)は十分な睡眠が取れていなかった。労基法では、連続して睡眠を取れる時間が確保されておらず、急患に追われる勤務が日常の場合は、宿直として認められないとしている。

 1カ月間の泊まりの回数は平均4.23~4.85回で、最大13回の施設があった。労基法を守るには「医師が足りない」と答えた施設は8割を超えた

 医師の泊まり勤務を巡っては、4月に奈良地裁で県立奈良病院の宿直勤務などが時間外労働にあたるとの判決が言い渡されるなど、劣悪な労働環境の改善が求められている。

 厚生労働省労働基準局監督課は「個々のケースによって判断は異なるが、労基法の趣旨から外れる勤務実態は違法の恐れがあり、好ましくない」と話す。【永山悦子、河内敏康】
(略)

◇アンケートに寄せられた主な意見◇

◆疲労困憊(こんぱい)

▽大都会よりはるかに激務。燃え尽きる医師が続出(北日本)

▽24時間勤務が常態化。丸1日休めるのは月2~3日(北日本)

▽月10回以上の当直に加え、待機でいつ呼ばれるか分からない(関東)

▽週80~110時間労働(関西)

▽過酷な勤務や専門外の診療が原因で医師が退職し、さらに過酷な勤務になる悪循環(四国)

▽泊まりの日は実労働25時間。仮眠室すらない(九州)

◆ミスの誘発

▽精神的な余裕がない。軽症患者への接遇悪化、睡眠不足から診療の質の低下や医療過誤の発生が懸念される(北日本)

▽過労で注意散漫、集中力低下。チームワークの維持が困難(関東)

▽当直明けの勤務はケアレスミスが多くなる(中部)

▽慢性疲労状態。判断ミスにつながる(関西)

◆解決策や要望

▽医師の絶対数が不足。医師のやる気に頼るのは限界(北日本)

▽高い賃金が出せないと人員確保はできない(関東)

▽常勤救急医の増員、診療報酬の増額がない限り、勤務状況は改善できない(関東)

▽診療報酬の改善や、不要不急の受診の抑制などの対策が必要。医師の絶対数が不足している現状では、結論として救急を中止せざるを得ない(関西)

救急センター調査:救命存続へ 抜本的改善が急務(2009年5月24日毎日新聞)

 毎日新聞の調査で、全国の救命救急センターの医師たちの過酷な泊まり勤務の実態が明らかになった。搬送患者が増える一方、医師不足や病院の厳しい経営実態を理由にこれまで問題は放置されてきた。現場では過労による判断ミスを懸念する声も目立つ。患者と医師双方の命を守るため、抜本的な改善が求められている。【河内敏康、永山悦子】

 ◇搬送1年で3倍

 総務省消防庁によると、08年の救急搬送の総数は前年比で5%減った一方、センターへの搬送者は約54万人で、前年の3倍以上に増えた。

 日本の救急医療体制は、▽入院の必要がない患者を外来診療する1次医療機関▽入院が必要な患者に対応する2次医療機関▽交通事故や脳卒中など命にかかわる患者を治療する3次医療機関(救命救急センター)--の順で対応する仕組みになっている。

 救命救急センターは重篤な救急患者の搬送依頼を原則としてすべて受諾することになっている。センター以外の病院が人手不足などを理由に入院が必要な患者の受け入れを断るケースが増えているため、最終的にセンターに搬送が集中しているとみられる。その結果、今年3月には、鳥取大病院でセンターの常勤医全員が過酷な泊まり勤務を理由に辞職するなど、センター自体の存続が危ぶまれるようになっている。

 瀬戸際の救急体制を維持する処方せんとして、東京大病院救急部での勤務経験がある中島勧・東大政策ビジョン研究センター准教授(医療政策)は「現在、急患を積極的に受け入れている施設に、限られた人や金を集約させる施策が必要」と提案する。

 ◇人材と予算手当を

 厚生労働省は02年、医療機関の夜間勤務が労働基準法に沿うよう全国の労働局に通知したが、改善は進んでいない。深刻な医師不足に加え、「診療報酬の増額などがない限り、人を増やせない」(関東の病院)と、厳しい経営状況が対策を遅らせている側面もある。

 医師の泊まり勤務を巡っては、東京都の総合周産期母子医療センターの指定を受ける愛育病院が、泊まり勤務で労基法を守るには常勤医が足りないなどとして、指定の返上を検討していることが3月下旬に発覚した。結局、外部の医師の応援を受けることで決着したが、人手をやりくりするのは容易ではない。

 また、産婦人科医の勤務をめぐり、奈良地裁は4月、県立奈良病院での夜間の勤務を宿直ではなく時間外労働と認定し、割り増し賃金などの支払いを命じる判決を出した。

 過労死弁護団全国連絡会議の須田洋平弁護士は「医師の夜間勤務は、労基法の例外措置として、超過労働を宿直という形で許可している。だが実態はほとんど眠れず、急患に追われる。例外というより法の『逸脱』だ」と指摘する。

 最高裁の判例では、仮眠中も警報や電話対応が義務付けられているビルの守衛について、宿直ではなく正規の労働時間と認定されたケースがある。須田弁護士は「医療は人命にかかわり、よりストレスが大きい。医師は法律で患者を拒否できないが、医師の倫理観や職業意識だけに頼るのはおかしい。交代勤務などを実現する人材と予算が必要」と語る。

 医師の過酷な勤務は、治療の質にも直結する。東京大政策ビジョン研究センターの中島勧准教授は「医師は一般に、日中の通常勤務をしたうえで宿直に入るため、24時間を超える連続勤務になる。医師が人間らしい生活をすることは、患者のメリットでもあるはずだ」と指摘する。

「奈良」だの「仮眠」だのときわどいキーワードが並んでいたりして、どうした毎日?!前非を悔いでもしたのか?!と思うような記事ですが、更にこんな潜入ルポまがいの記事まで出てきているようなんですね。
しかし毎日新聞記者を院内に入れるというのも病院のリスク管理上どうなんだという気がしないでもないわけですが、件の救命救急センターではその後お変わりなく過ごされているのかと心配になってきます。

救急センター:「今夜で7連泊」…過酷な泊まり勤務の実態(2009年5月24日毎日新聞)

 全国の救命救急センターの多くで、医師が労働基準法からかけ離れた過酷な泊まり勤務を強いられている。「宿直」扱いで泊まり勤務を行う地方と都市部の病院で、厳しい実態を目の当たりにした。

 「人手がない中、なんとかやってきたが、心が折れそうだ」と、東日本の地方病院の救命救急センター長はつぶやいた。

 病院には常勤の救急医がいない。約90人の医師全員が交代で1晩3人程度、泊まり勤務に入る。この病院の泊まり勤務は、手術などの労働がほぼないことが前提の「宿直扱い」。だが、患者の搬送受け入れは年5000件以上で、受け入れ率は97%に上る。泊まりの医師の手におえなくなると、各科の医師が呼び出されるのが日常だ。

 4月下旬の夜。「じんましんが出た」「血圧が高い」--。一般市民からの相談電話が鳴った。低血糖で意識障害を起こした糖尿病患者が救急車で運ばれてくると、糖尿病専門医を呼び出した。この夜、救急搬送だけで10回を超えた。

 毎日新聞の調査で、センターの常勤医が2人以下の施設が17カ所あった。日本救急医学会認定の専門医は2850人(09年1月現在)いるが、都市部に集中している。調査にも「常勤の専門医がいる都市部はまし。地方は崩壊寸前」との悲鳴が寄せられた。

 一方、都市部が「恵まれている」わけでもない。関西の大学病院救命救急センターには、専門医を含め10人の医師が所属する。だが、泊まりの翌日も休みではなく、連続40時間近い勤務になることもある。このセンターも宿直扱いで夜間の急患に対応する。労基法で認められる宿直は週1回までだが、月平均7回もある。

 今月中旬、午前3時過ぎに救急隊から連絡が入った。患者は錯乱状態で暴れる18歳の女性。恋人から暴力をふるわれパニック状態だった。「(高度医療を担う)センターが担当すべき患者ではないが、『暴れている』と聞くと他の病院は尻込みする。我々が受けるしかない」と50代の教授。同じころ、救急科病棟で、高齢の男性入院患者の容体が悪化した。肋骨(ろっこつ)を折り、自力呼吸が危うくなっていた。担当医(28)は「気になって離れられない」と、この日で7連泊目。教授は「熱意だけで続けられる仕事じゃない。ただ、そういう働き方を戦力として数えているのが現状」と語った。【河内敏康、奥野敦史】

こうして見ると記事の内容自体は「今どきこんなことを記事にしてもらっても…」と思うような今さらな内容ですが、毎日新聞的にはこうして医療現場に実際に足を運んで取材したということ自体が一大ニュースだったのかも知れませんね。
あるいは河内敏康記者の個人的興味の発露というだけのことなのかも知れませんが、せっかく毎日新聞にも出入りを許してくれる病院が見つかったわけですから、この道の先達として評価の高い高知新聞の特集「医師が危ない」なども参考にして更なる精進を重ねてみてはどうでしょうか。
ちなみにこの河内記者は普段科学畑の記事などを扱っているようなんですが、期待に違わず毎日新聞記者を名乗るにふさわしい仕事ぶりを発揮してくださっているようで今後が期待されるところでもあるのですが、このあたりが会社の伝統あるいはDNAとでも評すべきところなんでしょうかね?

いずれにしても毎日新聞もこうしてネタを拾ってきたことがさぞ嬉しかったのでしょうか、さっそくこの件に関して舛添大臣のコメントまで載せてくれています。
しかし勇躍記事にした河内記者はおそらく何とも思わずに文字起こしをしているのでしょうが、実はこの舛添大臣のコメントというのは結構大きなポイントなんですよね。

舛添厚労相:救急センターの勤務改善に言及(2009年5月26日毎日新聞)

 全国の救命救急センターで労働基準法違反の可能性の高い救急医の泊まり勤務をしている施設が5割を超えていた問題に対し、舛添要一厚生労働相は26日の閣議後会見で「よく認識している。(改善に向け)努力していきたい」と述べた。

 重症患者にとり「最後のとりで」になる全国の救命救急センターの55%で、睡眠が十分取れないまま患者に対応する救急医の泊まり勤務を、ほとんど労働する必要のない勤務とされる「宿直」として扱っていた実態が、毎日新聞の全国調査で明らかになった。舛添厚労相は「勤務条件をよくする努力や勤務医への直接的な支援をする一方、労働条件の改善もやっていく」と語った。【河内敏康】

前掲の記事中にもあります通り、先日の奈良の産科医賃金未払い訴訟では「宿直ではなく実態は夜間労働である」という判断が示されてしまい、これに対して訴えられた県側は知事自ら「いやありえねえし」と控訴を決めたことは記憶に新しいところです。
しかし過日の愛育病院の件などを振り返ってみても、実際問題として労基法を遵守した勤務体系が組める施設などそう滅多にないわけですから、舛添大臣の言うところの「改善に向け努力」という言葉がどのような行動を示すのかが注目されるわけです。
まさか「労基法上認められた分以上は患者が来ても診療するな」などと言うわけにもいかないでしょうし、もちろんどこからか急に大量の医者が涌いて出るはずもない以上、一体どんな素晴らしい対策が飛び出してくるのか今から楽しみで仕方がないですよね。

ところで、これではまるで毎日新聞が医療問題の真実に目覚めたかのように誤解を受けかねないなと気になってみてみましたら、最近の報道だけで他にもいろいろと医療崩壊関連の記事が出ているようなんですよね。

深谷赤十字病院:医師不足で危機 救急患者受け入れ減 支援態勢求め意見交換 /埼玉(2009年5月22日毎日新聞)

加古川市民病院:内科医不足、病棟閉鎖危惧の声も--市議会福祉厚生委 /兵庫(2009年5月22日毎日新聞)

こんなどこの新聞社でも書けるような当たり前の記事ばかり載せているようでは毎日新聞も本気で存在意義が問われかねないんじゃないかと心配していたのですが、探してみましたらちゃんと「毎日らしい記事」もありました。
やはり毎日新聞と言えばこうでなくてはならないという同社固有のアイデンティティーが、何やら香ばしいものとともに行間から匂い立つような素晴らしさですよね。
この求職難の時代にこれで給料もらえるというのもあまりに素晴らしすぎてねたましいほどなのですが、この際ですからあと少しなどと小さいことを言わず、いっそ未来永劫書くことを我慢してみれば資源節約の上でもずいぶんと社会貢献できるのではないかなと愚考いたしますが。

うちわ話:禁酒している… /香川(2009年5月16日毎日新聞)

 禁酒している。「春の健康診断」が21日に迫っているからだ。4年前から健康診断には1~2週間酒を断って臨む。今回は11日からノンアルコール生活だ
▼私の場合、その効果はてきめん。あらゆる数値が正常に戻る。以前、医師に「そんなのは付け焼き刃。意味ない」と冷ややかに言われ、かっとなって「一定期間節制して正常ならばそれはそれで健康ではないでしょうか」と口角あわを飛ばして反論したら、血圧が上がった。そのため「要治療」とされたことはあったが……
▼このところ真夏のように暑い日もあり、風呂上がりの冷たいビールをこらえるのに必死だ。禁酒明けには焼き肉店で生ビールをたらふく飲む。あと少しのがまん、がまん。【松田学】

今日の結論:やはり毎日新聞は毎日新聞以外の何ものでもありませんでした。

|

« 新型インフルエンザ 次第に斜め上方向に逸脱気味? | トップページ | ほぼ確実となった医師数増加、しかし歓迎する声ばかりでもなく »

心と体」カテゴリの記事

コメント

おもしろすぎますね。病気にならず元気に生きていくために健康診断をうけるんじゃないんだ・・・・

まあ、本人がよければそれでいいと考えることもできるんですが。
(MOTTAINAIけど)

テストの成績がよければいいから過去問をコピーして丸暗記、理解も応用力も必要ないってか?
GNPが増えさえすれば失業率があがろうが倒産件数が増えようが自殺者が増えようがいいじゃないか?

投稿: | 2009年5月29日 (金) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/45163980

この記事へのトラックバック一覧です: それでも決してお約束を外さない人たち:

« 新型インフルエンザ 次第に斜め上方向に逸脱気味? | トップページ | ほぼ確実となった医師数増加、しかし歓迎する声ばかりでもなく »