« 新聞週間に寄せて マスメディアに求められる資質 | トップページ | 社会的責務として求められる医療従事者の労働環境整備 »

2009年4月12日 (日)

今日のぐり「うなぎ なか勝」

一見すると似たような結末を辿ったちょっとした事件であっても、それなりに個性というものが現れる場合もあるのでしょう。
こちらのニュースもいずれも「女には勝てぬ」と言う結論になるのでしょうが、その内容を見てみるとずいぶんと違った状況のようです。
言葉や料理の味ばかりでなく、こういうところにも関東と関西の地域性ということもあるのでしょうかねえ?

女性店員の涙に退散…無職男を強盗未遂で逮捕/東京(2009年4月6日産経新聞)

 6日午後6時20分ごろ、東京都江戸川区中葛西のコンビニエンスストア「SKM葛西駅西口店」で、男がレジカウンター越しにアルバイトの女性店員(17)にカッターナイフを突きつけ、「金を出せ」と脅した。女性店員がその場で泣き崩れ、男は何も盗まずに逃走。警視庁葛西署員が東京メトロ葛西駅の構内で男を見つけ、強盗未遂の現行犯で逮捕した。店員にけがはなかった。

 同署の調べによると、逮捕されたのは住所不定、無職、大室文男容疑者(38)。大室容疑者は「仕事がなく、金が欲しかった。(店員が泣き崩れ)ダメだと思ってあきらめた」と供述しているという。

食堂でたらふく食ってから店員に「金を出せ」/大阪(2009年4月6日朝日新聞)

 食堂で飲食した後、代金を踏み倒したうえに店員から金を奪おうとしたとして、大阪府警は5日、大阪市西成区山王3丁目の無職、山田友貞容疑者(42)を強盗容疑で緊急逮捕したと発表した。

 西成署によると、山田容疑者は5日午前9時半ごろから1時間にわたり、西成区山王2丁目の食堂で、ビール2本とカツカレー、鳥鍋、酢だこ、イカの塩辛、肉いためを飲食した。同10時半ごろ、代金の支払いを求めた女性店員(59)にナイフを突きつけ、「金を出せ」と要求。女性に「何を言うとんのや」と一喝されると逃げ、代金3450円を踏み倒した疑いが持たれている。

 事件から10分後、自ら「金がなくて強盗した」と110番通報し、自宅に駆けつけた同署員に逮捕されたという。

今日のぐり「うなぎ なか勝」

東京の住人がたまには関西風の鰻を食いたいというので、久しぶりにこちらへ。
昼下がりで半分程度の席の埋まりと、意外に空いていたのは季節柄なのでしょうか?
しかし鰻屋という商売も商品の旬を外した時期が商売のピークというのも扱う側の気持ちとしてどうなんでしょうかね。
まあ今は養殖が主体でしょうから昔ほどの季節変動は気にせずともいいのかも知れませんが…

以前にも何度か来ていますが、久しぶりに来てみて前回感じた不満がかなり解消されていました。
例によってメインには上ひつまぶしを頼み、うざくなど適当につつきながら出来上がりを気長に待ちます。
前回なかった白長焼きが復活していましたのでこちらも頼ませていただきましたが、きちんと脂も乗っていながらあっさりさっぱりと食べられるのは良いものです。
鰻の味を楽しむのに白焼きがないとはどうなのよと個人的に思う方ですから、やはり長焼きだけでは物足りないとここに改めて声を大にして主張しておくものであります。
しかし長焼きが復活したのは良いとして、今度はう巻きがないというのは卵好きな人間としては結構不満ですかね(わがままが多いですが)。

今回は特に何も言わずに頼んだのですが、ひつまぶしの明らかに判る違いとしてタレが減ったようですね。
そのかわりに「お好みでうなぎのタレをお使い下さい」とテーブルにタレの容器が置かれるようになったようです。
ここの場合特に上(鰻1.5倍)にするとタレの味がきつくなりすぎて、来るたびタレ少なめでオーダーしていたんですが、あるいは同様な感想を抱いたお客が多かったということでしょうかね?
さっくりと焼き上がったこの鰻にはこれくらいの控えめな味がちょうど塩梅がいいかなと思うのですが、顧客の皆さんの評判はどうなのでしょうか。
ついでにもう一つ贅沢を言うなら、ひつまぶしには茶漬け用に急須でお茶がついてくるんですが、個人的には茶よりもダシをかけて食うのが好きなんですよね。

あとこれは本当にどうでもいいことですが、個人的に下品にもおひつの中で軽くさっとひと混ぜしてから食べるのが好きなんですが、ここの場合おひつの口いっぱいまで盛ってある上に口が絞っているものですから混ぜるのは難しいですね。
ちなみに発祥の地と言われる名古屋ではまず一膳目はまずそのまま茶碗に取って普通の鰻丼的に食べる方がメジャーな食べ方なんだそうですが、いいじゃないですか、あの鰻の食感が変わっていく感じが好きなんですから。
あとは鰻屋と言えば伝統的に新香に気を使うんだそうですが、ここの漬け物はまあ良く言えば素材の味が存分に味わえると言いますか、あまり漬け物という味じゃないですね。
最近は減塩の風潮などもあってこういう生っぽい漬け方が増えているのかも知れませんが、これだったら別に付け合わせとして漬け物でなくても良いような気がします。

以前にもここのフロア係は客あしらいが下手だなと感じていたところですが、今回は修羅場っていなかったせいかそう気になるほどのことはなかったです。
もっとも相変わらず言葉の選び方一つとってもそれはちょっとどうよと感じさせられる危うい局面も散見されてはいるのですが…ま、それも店の個性の一つになりつつあるのかも知れません。
もともと味はしっかりしている店という印象でしたが、やや食事時を外している時間帯にも関わらず食べている間に結構席は埋まってしまいましたから、それなりに地域の定評を得ているということなのでしょうかね。

|

« 新聞週間に寄せて マスメディアに求められる資質 | トップページ | 社会的責務として求められる医療従事者の労働環境整備 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

いや、大阪市西成区の食堂なんて、強盗や食い逃げを一喝して退散させるくらいでないと営業できません。そーゆー地域です。大阪一般がこうではありませんので、誤解なさらないでくださいませ。

投稿: | 2009年4月13日 (月) 10時02分

ああ、いや、お気になさらず。
ひと頃大阪で暮らしていた時代に暇に任せて見知らぬ路線に乗って見知らぬ駅で降りては周囲を散策するという行為を繰り返していた時期があって、なるほどこれが地域性というものかと実感したことがあります。
大阪と言うところはそれだけ住民バリエーションも豊富でおもしろいところだと思いますよ。

投稿: 管理人nobu | 2009年4月13日 (月) 13時23分

一つ目の米、名前を忘れてました。すいません。

いやいや、大阪は面白いところですよ、というツッコミのつもりでコメントさせていただきました。
まー、食い終わってから強盗に変身するあたりは大阪かなぁ、と私でも思いますもので(笑)

投稿: Seisan | 2009年4月13日 (月) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/44647438

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり「うなぎ なか勝」:

« 新聞週間に寄せて マスメディアに求められる資質 | トップページ | 社会的責務として求められる医療従事者の労働環境整備 »