« 信友浩一先生への大いなる反響、そして意外なオチが? | トップページ | 再び岩手県と関連する話で »

2009年1月18日 (日)

今日のぐり「ぼっこうそば 水仙亭本店」

「ししゃも」は今まで何度かオスを食べたきりだったのですが、たまたま今回オスとメスを同時に食べ比べてみました。
メスの方が抱卵ではなかったので旨い不味いの評価は別として、確かに黙って食べれば同じ魚とは思えないほど味が違うんですね。
余談はともかく、本日のぐり研いってみましょう。

今日のぐり「ぼっこうそば 水仙亭本店」
岡山市街地から北へ進んで岡山インターの近くの旧国道沿いにある、見た目からしていかにもな造りの蕎麦屋です。
もちろん味覚なんて純然たる味以外の要素に大きく左右されますから、こういう演出もありだとは思うんですよ。
ただ問題はこの店の立地条件で、写真では全然判らないと思いますが、ゴミゴミした旧街道沿いの町並みの中の狭苦しい敷地にこれが立っているわけです。
少し離れた場所から見ると無茶苦茶浮いてると言いますか、もし写真で気に入って来店したなら札幌時計台並みのがっかりぶり請け合いです。
もっとも、もともとは静かな場所に建っていた店の周囲が後からこうなってしまったと言うのであれば、笑い話どころではなく極めて同情に値することだと思いますけどね。

突っ込む気になれば突っ込み所は多々あって、この店は多数の蕎麦メニューに加えて何やら怪しげなサイドメニューも沢山あるんですね。
ところがメニュー自体はテーブルにはなくて、壁沿いに貼った紙を見るしかないらしいんです。
これがまたそれほど読みやすいフォントでもない上に、あちらにもこちらにも半ば無秩序に張り巡らされているものですからまあ大変。
客層を考えれば目のいい人ばかりでもないでしょうに、これはちょっときついという以前に不親切かなという感じです。
て言いますか、ここまで民芸調に徹していながら蕎麦ソフトクリームって蕎麦屋で出すにはどうなのよと(苦笑)。

まあそれはともかく、ざる蕎麦を注文して蕎麦茶を飲みながら待っていますと、ちょうど程よい時間を経た頃に(これ重要!)出てきました。
ここの蕎麦はすっきりした細打ちにしゃっきりした茹で上がりで、この時期にしてはやや香りに乏しい気もしますが見た目も味もなかなかよろしい。
個人的にはもう少し下品に蕎麦臭い方が好きなんですが、辛めのつゆも程よく合って、たまたま立ち寄った蕎麦好きからもまあ文句は出ないだろう仕上がりではないでしょうか。
いやあ、怪しげな見た目だけの店だったらどうしようかと心配していましたが、良い意味で期待?を裏切られたまともな店で良かったですよ。

ところでここの蕎麦湯はこれで茹でているんだとしたらちょっとどうよと思うようなどろどろのものなのですが(粉でも溶いてあるのか?)、味は悪くないです。
壁のメニューの張り方から想像するに何かもうやけになってメニューのバリエーション増やしてるんじゃないかと言う感じでちょっと閉口気味なところもあるのですが、見たところ新興住宅街的な要素も大きい地域のようですからこういうのも仕方ないんですかね?
あとこれも全く味とは関係ないですが、今どき外税なのでやたらとおつりがジャラジャラするのは良い悪いは別として何と言いますか…

ま、ファミレス的なそつのない店より、こういう突っ込み所満載の店の方が色々な意味で楽しめて好きなんですけどね。
妙な野次馬根性で話のネタ半分に寄ってみる分にも、純粋に蕎麦を食いに立ち寄る分にもそれなりに悪くない店なのかなと思いますよ。

|

« 信友浩一先生への大いなる反響、そして意外なオチが? | トップページ | 再び岩手県と関連する話で »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/43780250

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり「ぼっこうそば 水仙亭本店」:

« 信友浩一先生への大いなる反響、そして意外なオチが? | トップページ | 再び岩手県と関連する話で »