« 毎日新聞の深慮遠謀? | トップページ | 医療の行く末は真っ暗闇? »

2009年1月25日 (日)

今日のぐり「そば処甚五呂」

バッシングされようが追い詰められようが体調が悪かろうが、それでも頑張った朝青龍は大変なものです。
ま、次の場所以降はまた例によって「横審が自分で選んだ横綱を一生懸命辞めさせようと努力する」なんて奇妙な光景が復活するんでしょうけどね(苦笑)。

今日のぐり「そば処甚五呂」
何の気なしに通りがかって、石臼挽きそばなんてのぼりが見えたので慌てて車を止めたという店です。
しかし幹線道路沿いで間口も駐車場も狭いんですが、中に入れば今風に小綺麗に整えられた店で雰囲気はちょっとした料理屋風。
間口から想像する以上に妙に広そうな店内だと思って後でネットを見ましたらば、単純な蕎麦だけじゃなくコース料理なんかもやっているようで納得です。
高いというわけでもありませんが、メニューの価格帯からしても安くはないというところですかね。

冬限定の十割そばがあるというので注文しました。
ところで見た目からの素朴な疑問なんですが、なんで二段重ねの小さな蒸籠に乗せられてるんでしょうかね?
出雲の割子蕎麦なら三段が基本だし(そもそも出雲らしいところは皆無ですが)、そうでなくとも多段重ねは時々あっても二段重ねと言うのはあまり見かけないんですが。
単なるざる蕎麦ですから一段ごとに薬味が違うなんてこともないわけですし、強いて必然性を探すなら半分ほどは薬味でふさがれたトレイの上に普通の大きさの蒸籠じゃ収まらなかったのかなと言うことだけでしょうか。

蕎麦自体は細打ちでしゃっきりとした仕上がり、十割としては舌触りもよく程よい甘みも感じられ、出汁つゆとの相性も悪くないんですが、やや引っかかったのは茹で加減でしょうかね。
最近のラーメンなんかでも顕著ですが、とにかく固茹でこそ通の食い方みたいな風潮があるのはいただけません。
麺の茹で方と言うのは極めて狭いスイートスポットがあって、茹で過ぎも論外ですが茹でたりないのもいけないはずなんですが、どうも最善への見極めが甘い店が多いんじゃないかと思いますね。
イタリア人なんてさすが砂漠で戦争している真っ最中でもパスタ茹でていたというだけあって、単なる食感だけでなくどのタイミングであげると一番ソースと絡むかなんてところまで追求していて感心させられるんですが、それに比べると日本人はまだまだかなと感じます。

もう一点目に付いたのが、わさびにネギという至ってシンプルな組み合わせながら妙に存在感を主張している薬味の存在です。
まあ別に薬味全否定論者じゃありませんが、ラーメンと言えば多様なスープの旨みがあり、うどんと言えば比類ない腰の強さと食感がある中で、蕎麦の一番のアドバンテージと言えば何より小麦麺にない蕎麦自体の香り、風味だと思うのです。
特に冬の寒い季節に蕎麦を食いに来る客なんてのは「いいから黙ってうまい蕎麦をもってこい」ってなタイプの人間が多いと思うんですが、そこで肝心の蕎麦より薬味の方が目立ってしまってるとどうも萎えるもんだなとこの時感じました。

このわさびも本わさびに鮫皮おろしとこだわってるのは判りますが、でんと一本丸ごと鎮座されてるのを拝見しますと妙なプレッシャーすら感じます(苦笑)。
後でネットで調べたところではこのわさびも「最後まで食べ飽きないように」とのこだわりがあってのことらしいんですが、こちとら「鮨と蕎麦で腹を膨らませちゃならねえ」ってんでハナから食い飽きるほど食っちゃいねえんでね(笑)。
まあ何にせよこだわり自体は歓迎なんですが、ではそうまで薬味にこだわりがあるのかと思えば、刻みネギの方はいつ切ったのか知りませんが瑞々しいをいささか過ぎてパサパサであったりする。
また茶は味自体もさることながら入れ方がどうよと思いますし、何より後口が悪くて蕎麦と一緒に口にするのが損した気になるんですよね。
蕎麦自体は結構気合い入れて打ってるんでしょうが、どうも全体にバラバラと言うかちぐはぐな感じなんですよね。

新しいラーメン屋なんかで時に見るパターンですけど、今どきのトレンドをいろいろと勉強して情報も沢山知っているらしくて、店の内装も味の組み立ても調度品も全てきちんと計算してやってて確かにそれなりに頑張ってるのは判る。
ところが何故かテーブルに置かれた灰皿だけが昭和風な安っぽいアルミ製で、おいおいそりゃなんだよみたいなちぐはぐな雰囲気の店に近い感じと言いますかね(注:別に実在する特定の店について言及しているわけではありませんが)。
比較的最近移転して大きな店構えになっているようなので、あるいは親父さんの蕎麦打ち以外のオペレーションの部分に何かしら問題があるのかも知れません。
蕎麦自体はそれなりに及第だけに、また何年かしてもう一度来てみると良い方にこなれて変わってくれていたらいいのかなという感じですか。

|

« 毎日新聞の深慮遠謀? | トップページ | 医療の行く末は真っ暗闇? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/43852680

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり「そば処甚五呂」 :

« 毎日新聞の深慮遠謀? | トップページ | 医療の行く末は真っ暗闇? »