« 救急医療は弱肉強食の時代へ進む? | トップページ | 周産期救急の問題点 ~ マスコミもついに反省という言葉を覚えた?! »

2008年12月 7日 (日)

今日のぐり「きゃべつ畑」

最近またリアル知人と会いまして、「ぐり研見てますよ」と言われました。

やはり誰かが広げているのか?と気になりますが、とりあえず今日もぐり研活動いってみましょう。

今日のぐり「きゃべつ畑」

福山市街地から北に進み福山平成大学などの近所、最近は向かいにモールが出来たりと少しはにぎやかになってますが、基本的に市街地の外れの目立たない立地にあるお好み焼き屋です。
見た目は至って間口の狭い小さな店に見えるのですが、店内に入ってみると案外奥の方まで細長く続いていて意外に大勢が入れそうな感じ。
メニューを見て思うところはあったのですが(後述)、ここはとりあえず迷ったときのおすすめという名物焼きのそば玉シングルを注文。
豚玉を基本にもちとイカ天入りというものらしいのですが、どのあたりが名物なのかは今ひとつよく判りません(苦笑)。

焼くときに「重し」を載せて圧迫をかけるのがここの流儀なのでしょうか。
モダンの麺もよくあるような蒸し麺を使うのではなく、その場で一玉ずつ茹でた麺を使っているのはこだわりなんでしょうね。
卵はほとんど火を通さず、鉄板の上にさっと広げただけでお好み焼きを上から載せて一回し、即座にひっくり返す。
半熟トロトロの卵の上にソースを塗ると、両者が渾然一体となったうまみが広がると言うわけです。

で、結論なんですが味は良いですよ。
鉄板と皿とサーブの方法で焼き方も変えているようなんですが、これに限らず親父さんはわりあいいろいろと気がつく人という様子で好印象ですね。
寒くなるこの時期ですから、こういう鉄板の上からとにかく熱いやつを突くというのはなかなかよろしいものですね。

いくつか欠点も挙げておきますと、まず一番気になったのが妙にメニューが判りにくいことでしょうか。
豚玉を探そうと思ってたんですが、しばらく眺めて見ても結局判らなかったのは自分がトロいだけなのか、そもそもそういうものがなかったのか。
豚玉に限らず一般的なお好み焼き屋とメニューの記載パターンが違っているようで、ちょっと戸惑いますね。

あとは店名の割にキャベツはちょい控えめな感じなんですが、べつにバランスが悪いわけでもないのでこれはこれでいいかなと言うところではありました。
バーナーに近いところに座ったせいか、最後の方はさすがにちょっと火が通りすぎでコテで切り分けるのも大変だったんですが、広い鉄板は全面を調理に使っているわけでもないようなので、この辺りなにか配置転換などで一工夫できないかなとも感じましたね。

今のところ行った人間には評判の良い店というレベルにとどまっているようですが、もっと有名になってもいい店ではないかと思います。

|

« 救急医療は弱肉強食の時代へ進む? | トップページ | 周産期救急の問題点 ~ マスコミもついに反省という言葉を覚えた?! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/43347198

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり「きゃべつ畑」:

« 救急医療は弱肉強食の時代へ進む? | トップページ | 周産期救急の問題点 ~ マスコミもついに反省という言葉を覚えた?! »