« 色々な意味で痛いニュース | トップページ | たらい回しは許さない ~ 救急医療再建 »

2008年12月21日 (日)

今日のぐり「焼肉レストラン鶴松 灘崎店」

最近体重計がちょいと怖いです…
この時期は色々とお誘いが多いと思いますが、気をつけないとメタボ一気の恐れが強いですからね。
皆さんも健康のため飲み過ぎ食べ過ぎにはご注意ください。

今日のぐり「焼肉レストラン鶴松 灘崎店」
岡山市街地からかなり南方、田園地帯の最中にある、一見していかにも大衆向きといった店構えの焼肉店です。
このご時世にここのお昼は各種定食系が軒並み1000円以下で御飯おかわり自由、ソフトドリンクフリー(全くのセルフサービスですが)と頑張っているようですね。
ちなみに石焼きビビンバ定食やらカルビ炒め定食(野菜炒め?)やらは理解できるんですが、鶏唐揚げ定食ともなるともう焼肉と何の関係があるのやら。
結局はモツ鍋定食\1000を注文しましたが、御飯つきはともかくうどんまで入っているとは…

ちなみにカルビ炒めや唐揚げなども目にしたのですが、どれもハンパなく量が多いんですね。
焼肉定食系ももちろん高価な肉ではないんですが、見た目のボリューム感はなかなかこだわっているようです。
肝心のモツ鍋ですが、甘味噌仕立てで少しくどいのも確かですが、これはこれで飯に合わせるには悪くはないかなと。
これに限らず甘味噌系の味にこだわりがあるのか味噌漬け肉の焼肉などもあるようなんですが、いずれの料理も韓国的辛さはいたって薄く石焼きビビンバに合わせるコチジャンすらないみたいですね(それはそれでどうかと思いますが)。

少なくともランチの時間帯は人件費を思いっきり削っているのも確かで、席に着いた後はほとんど放置状態なんですが、昼はとにかくそれなりの味で値段とボリュームを優先する路線に徹しているのかなと言う印象です。
実際にこんな辺鄙な場所にある割にそれなりに繁盛している様子で、これはこれで悪くない割り切りだと思いますね。
メニューの写真なども見る限り、通常の焼肉にはそれなりにまともな肉も使っているようですが、一度夜の部の味とサービスも試してみたいですね。

|

« 色々な意味で痛いニュース | トップページ | たらい回しは許さない ~ 救急医療再建 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ちょwwめちゃ地元すぎて笑ったw
こんな辺鄙な場所が全く反論できないのが悲しいw本屋が一軒もないんだからなあ。

ちなみにあの通りには『キング』(基本中華料理兼焼肉屋)『亀屋』と何故か焼肉屋が多いです。(しかも全部十年以上)
まあ、それぞれに客層が違うのだからやっていけるのかな?

投稿: | 2008年12月21日 (日) 23時43分

貴重な地元情報ありがとうございます(笑)。
空気も良さそうだしなにか立派なスーパーなんかもありますし、なかなか過ごしやすそうな土地じゃありませんか。

もっとはるかにど田舎にも行ったことがありますが、不思議と焼き肉屋ってのは田舎でも結構やっていけてるようですね。
飲食店が限られてるような地域では下手に普通の料理屋よりも、分かり易く万人受けしてちょっと外食っぽく豪勢な感じのする焼き肉屋なんかの方が集客力あるのかも知れません。

投稿: 管理人nobu | 2008年12月22日 (月) 10時37分

ええ、住むには悪くないですよ。一時は本屋がなかったので苦労しましたが、今はアマゾンがありますし。
……ただ、町おこし(今は合併して市になりましたが)のミスコンテストの名称が『ミスひょうたん』(一応、ひょうたんが特産です)なのはどうかと思いましたがw
なるほど、下手にするよりは焼肉など分かりやすい店が集客力があるということですか。

本編(?)である医療記事は知識がないのでコメントをしてませんが、考えながら読ませてもらっています。
マスコミの言う国民の知る権利(笑)ではなく、これからは国民が自分達の生活を守るために知る義務が必要な世になりそうですね(今までもそうだったのでしょうが)
では、失礼します。

投稿: | 2008年12月23日 (火) 10時42分

ひょうたんって今でもそんなに需要があるもんなんですか…
あ、ちなみに「ぐり研」と言うくらいで、こちらの方が本題ですので(苦笑)。

投稿: 管理人nobu | 2008年12月23日 (火) 13時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/43486710

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり「焼肉レストラン鶴松 灘崎店」 :

« 色々な意味で痛いニュース | トップページ | たらい回しは許さない ~ 救急医療再建 »