« 明かされる産科医不足の実態 | トップページ | これもカルチャーギャップというもの? »

2008年11月 2日 (日)

今日のぐり「味助」

世間では連休なんだそうで、どうりであっちもこっちも道路が混んでるわけですよ。
関係ないですが高速道路というところは最低速度という規定があったように思うんですが、渋滞で最低速度以下になっちゃった場合には切符切られないんですかねえ?

今日のぐり「味助」
最近ちょっとカロリー計算がどうとか打算的なところが多かったりするぐり研究会ですが、今日は久々にがっつり高カロリーでいきますよ。

ところで福山界隈にはうまい肉を食わせる店が結構多いんですね。
個人的には「都」「一龍」そしてこの「味助」を御三家扱いしていますが、雰囲気的に(庶民には)敷居が高い「都」や、親父のキャラ的に(失礼)敷居の高い「一龍」あたりと比べると、ここは至ってのんびりと肉を食らうことに専念できるのが高ポイントなところです。
肉を食らうのに専念と言えば聞こえはいいですが、実際のところ他に飯くらいしかないものだからひたすら肉を食い続けるしかないとも言いますけどね(汗)。
何しろ以前にメニューに載っていた焼きそばを頼もうとしたところが「ん?そんなものねえよ?」とあっさり却下された時は唖然とするよりむしろ笑いましたよ(笑)。

それはともかく、神辺の町中も過ぎて井原市寄りにある店は見たところ何ともパッとしないというか、ありきたりの田舎の焼き肉屋っぽくて構えずに済むのは確かですね。
この店の場合メニューを見ながらあれもこれもと頼んでいるとたいてい「あ~お任せでやらせてくれんかね」と言ってくるので、最近はもっぱらお任せで注文することが多いのです。
ちなみにおまかせにしてもあれを食いたい、これを出せとあらかじめ頼んでおけばちゃんと出てくるのですが、良い肉が入っていない日ははっきり出せないと断られます(肉自体がないわけではないようなので、親父さんのこだわりでしょうか)。
この辺りはあらかじめ電話で予約を入れて予算や何が食いたいかなどを伝えてくれればその通りやってくれるようですので参考までに。

ちなみにお任せの内容はその日の肉と客の顔で決めているようで、女子供が多い日は少なめで食いそうな男ばかりなら多めというのが大まかな傾向のようですね。
そんなに腹が空いていない時に野郎ばっかで押しかけると時に「こんなに食えねえ!」ってくらいに出てくることもありますので、小食であるとか言う場合もあらかじめ伝えておいた方がよろしいかと。
まあそんなこんなでこの日もお任せ野郎ばっかりコースで頼んだのですが、タンだのホルモンだのヒレだのロースだのもう予想以上にたくさん出るわ出るわ…最近どうも目をつけられてんのか?と思うことなきにしもあらずなのでありました。

巡り合わせかこのところ結構無いと言われることが多かったりする牛タンがこの日はちゃんと出てきましたが、この普通よりずっと厚めに切った牛の舌はさっと焼いてレモンでいただくとなかなかよろしい。
一部メンバーから希望があって追加で(おい!)刺身なども頼んだのですが、ここの牛刺しは生肉が苦手な者にもあっさりさっぱりと美味しくいただけます。
「美味しんぼ」原作者のカリーこと雁屋哲のお陰で?ひところ「脂肪の融点が高い牛肉では、サシの多い肉は刺身に向かない」てな説が蔓延していた時期もあったようですが、まともな肉の脂はちゃんと体温で溶けますしね(トロより融点高いのは確かですけどね)。
初めて見た者はそろって「まるでステーキみたい!」なんて言うくらいの分厚い肉をじっくり焼いていくと良い塩梅で脂がしたたってきますから、こいつをタレよりも塩胡椒であっさりやっつけちゃうのが自分の好み。
良い肉には飯ももちろん合うんですが、おすすめはちょっと腹具合を残しておいてワサビ茶漬けでさらっと口に残った脂を流してしめるってパターンですか。

最近は韓国式の焼き肉屋なんかで色々と肉以外のメニューも揃っていたりするのはあれはあれで楽しくていいんですが、たまにはこういう塩梅でひたすら肉だけ腹一杯食うというのも不健康でよろしいものです。
とにかく他の何をおいてもかっつり肉を食わせろという根っからの肉好きには文句なくおすすめ出来る店ですが、ご来店の際にはくれぐれもしっかりハラをすかせておくのがよろしいようで。
さ~て、超過剰な摂取カロリー分をどうやって消費しましょうかね…

|

« 明かされる産科医不足の実態 | トップページ | これもカルチャーギャップというもの? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/42986036

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり「味助」 :

« 明かされる産科医不足の実態 | トップページ | これもカルチャーギャップというもの? »