« マスコミは国民の代弁者にあらず | トップページ | 情報発信と交流 ~ 医療と被医療の相互理解のために »

2008年11月25日 (火)

近ごろ見かけたちょっとアレなニュース

厚労省元幹部殺害事件の容疑者が自首したそうですが、首をひねるのはその殺害に至った理由です。
次官経験者を次々襲うつもりだったと言いますから相当なものがあったと思うのですが、自供によればその昔保健所にペットを殺された腹いせだと言っているとか。
さては最近流行り?の電波系かとも思うわけですが、こういう奇妙な行動が蔓延しているのはどうやら日本に限った話でもないようなんですね。

水兵を過失致死罪で起訴=「退屈だった」と供述-ロシア原潜事故(2008年11月24日時事通信)

ロシア太平洋艦隊の原子力潜水艦で消火装置が誤作動し、乗組員ら20人が死亡した事故で、同国最高検察庁のバストルキン捜査委員長は24日、正当な理由もなく消火装置のスイッチを入れた疑いで逮捕された水兵を同艦隊軍事捜査局が過失致死罪で起訴したことを明らかにした。有罪になれば、最高で5年の禁固刑となる。
 この水兵は徴兵ではなく、軍改革の一環として導入された契約制で軍務に就いていた。消火装置を作動させた詳しい経緯や動機は明らかにされていないが、一部のロシア紙は水兵が「退屈だったから消火装置のスイッチを入れた」という趣旨の供述をしたと報じている。水兵には精神鑑定が行われる予定という。 

これは怖い…退屈だったからとうっかり押してはいけないボタンを押しちゃったりしたら、みんなで午後の恐竜ごっこをする羽目になっていたかも知れないじゃないですか。
今日はいろいろな意味でちょっと怖いと言いますか、何か外れているかなという最近の話題を取り上げてみましょう。

心臓マッサージには「ステイン・アライブ」(2008年10月17日産経ニュース)

米心臓協会(AHA)はこのほど、心肺停止時の蘇生救急としての心臓マッサージ(胸骨圧迫)を行うときのリズムとして、ビージーズの1977年の大ヒット曲「ステイン・アライブ」が最適だとの研究結果を発表した。ロイター通信が伝えた。

 同協会は、心臓マッサージを行う際のリズムとして、1分間に100回の速さを推奨している。これを実際の楽曲に当てはめてみると、「ステイン・アライブ」は1分間に103拍と、ほぼ一致しているという。

 実際に大学で行われた心臓マッサージ訓練の際にも、「ステイン・アライブ」を聞くことで、正しい速度が保たれる効果があったとの報告があったという。研究者は「この曲は心臓マッサージにぴったりの上、だれでも知っている」と効用を強調している。

ああ、その…天下のAHAもこんなこと広めちゃっていいんでしょうかね…
それはともかく日本の若年層でこの曲知っている人ってどれくらいいるものなんでしょうか?
聞けば「ああそう言えば」という人は多いのかも知れませんが、とっさの時に誰でも思い浮かぶような曲かと言われると疑問符じゃないですか。
ここは是非とも日本なりに誰でも知っている心マのテーマソングなるものを検討していただきたいですね。

「私語は授業妨害」学部長が掲示 モンスター大学生が増えた!(2008年11月14日J-CASTニュース)

 「授業中の私語による授業妨害について」。こんな掲示が関西の名門私立大学に張られていたと新聞コラムが紹介し、話題になっている。私語は、教授らが注意しても効かないほど酷いというのだ。モンスター大学生が増えているということなのか。

■関西の名門私学が教室に掲示

 名門私立大学でも、私語が酷いのか。和歌山県の地方紙、紀伊民報の2008年11月11日付コラムがネット掲示板で紹介されると、掲示板やはてなブックマークなどで、こんな共感や驚きの書き込みが相次いだ。

 このコラムでは、関西でも有数の名門私学が、私語で「授業に大きな支障が出ている」と、学生の自覚を促す学部長名の掲示が教室にあったと紹介。その掲示では、「大学生にこのようなことを伝えなければならないことは、慚愧に堪えない」とまで書かれていたというのだ。そのうえで、コラムの筆者は、教授らが学生を静かにさせられずに学部長に言いつける現状を嘆き、そんな「幼稚化」した教授らは、「さっさと教壇を去ればいい」と指弾している。

 ネット上では、この名門私学がどこかという点とともに、なぜこんなに私語が酷いのかが論議に。書き込みを読むと、小学校の学級崩壊、モンスターチルドレンの「ゆとり世代」が大学生になったという指摘が多い。大学側の理由としては、競争激化の中で、教授らが「お客さま」の学生を注意できないことを挙げる声があった。
(略)
 一方、慶大の小林節教授は、他大学への特別講義などで、次のようなケースがあったと明かす。
  「こんな学生がいたことがあります。私語を注意すると、『先生、私たちの授業料で食っているんでしょう』と。しかし、教師と学生は対等ではありません。だから、『威張るな』と言いました。講義中に帽子を被っていた学生もいました。怒ると、次の時間にはいなくなりますね」

 なぜ平気で私語をする大学生がいるのか。小林教授は、こうみる。
  「大人が子どもを叱らなくなった、世の中全体の風潮でしょう。高校や予備校で私語を許してきた。その子が大学生になっているということです」

 私語対策には、各大学も苦慮しているようだ。

 神戸山手大学では、3年前から講義系の主な科目で、座席指定を義務付けている。「仲良しで固まったり、教室の後ろで目が届きにくくなったりすると、私語が増えるんです。学生から『後ろを注意しても静かにしてくれない』と要望があったのがきっかけです」。また、大阪電気通信大学では、2年前にゲーム機「ニンテンドーDS」を授業に使い始めたところ、私語が少なくなり、それもあって拡大導入した。「学生が授業に集中できるようになり、コミュニケーションも活発になった」といい、私語防止には授業の工夫も大切なようだ。

 慶大の小林教授は、教授が教授らしくすることで私語を防いでいる。
  「授業中の私語や携帯メールなどは許していません。『それが嫌なら出て行け』と言います。つまみ出すために、大学院生のティーチングアシスタント2人を付けたほどです。教室は教授以外に管理できないのに、それができないのは、だらしがないんです。学部長が口出しできるのは、学生が焚き火をしたなど特別な場合です。もちろん、教授が予習をきちんとして、最先端のいい講義をするのが最も大切で、私も心がけていますよ」

待て、DSで授業に集中できるようになったって、それもしかして別なことに集中してないか?!(苦笑)

それはともかく、自分らの知っている時代では居眠りや授業不参加はありましたが、こういうのはあまりなかったような。
これも時代が変わったということなのかも知れませんが、根本的には教授・講師が学生の顔を把握していないとこういうことになりがちなのかも知れないですね。
その昔には最初の講義で全学生の顔写真を撮って閻魔帳に貼り付けているというオッカナイ教官がいましたが、今の時代だったら個人情報保護法がどうとか叩かれかねませんね。

電車内に幼虫200匹バラまく 「驚く女性客見たかった」 35歳男を逮捕(2008年11月24日産経ニュース)

 走行中の京阪電鉄の特急電車内にミールワームと呼ばれる昆虫の幼虫約200匹をばらまいたとして、大阪府警枚方署と鉄道警察隊は24日、威力業務妨害の現行犯で兵庫県西宮市の会社員、水田学容疑者(35)を逮捕した。水田容疑者は「驚いた乗客の女性が足をばたつかせる姿を見たかった」と供述しているという。同電鉄では今月だけで同様の被害が他に18件あり、府警で余罪を追及する。

 調べでは、水田容疑者は同日午前10時ごろ、大阪府寝屋川市内を走行中の中之島発出町柳行き臨時特急電車の2階席で、座席の下にミールワームをばらまいたところ、警戒中の鉄警隊員らが確認、逮捕された。

 ミールワームは全長約2センチ。水田容疑者がもっていたリュックサックからは他にミールワーム約3600匹が入ったケース約10個が見つかっており、府警はこれらもばらまくつもりだったとみて調べている。
 ミールワームはゴミムシダマシ科の昆虫の幼虫の総称。小鳥など小動物のエサとしてペットショップなどで市販されている。

ちなみにミールワームの写真付き解説はこちらですが、どう見ても芋虫です本当にありがとうございました。
まあこんなものばらまかれれば大概の女性は(男も?)そりゃ驚くだろうとは思いますが、驚かせようと考えてみる方法論の選択としてそれはどうなのよと。
ところで壊疽などの治療法の一環としてこのところ日本でも蛆虫が臨床応用されるようになってきていますが、ミールワームをググってみていましたらばこんな動画が出てきました。
う~む、この旺盛な食欲?を見ればそれは傷口もキレイになろうというものですよね…て言うか、これじゃ余計なところまで囓られそうですが…

【トレビアン動画】パワハラか!? 遅刻した社員に反省文を読ませYouTubeに公開!(2008年11月25日トレビアンニュース)

ある企業が遅刻した社員を駅にて大声で反省文を読ませ、その模様を撮影した動画を『YouTube』に堂々と公開するという大失態を犯してしまった。
このような大失態を犯したのは『株式会社ファーストステップ』という企業。社員の3度目になる遅刻の罰として駅で反省文を読ませるという行為に及んだ。

同社のブログには“株式会社ファーストステップ遅刻罰。 貸会議室 渋谷”というエントリー名で以下の様に書かれている。

    みなさんこんにちは。
    先日遅刻の罰則を決めたのですが。
    Nさんが3回目の遅刻をしてしまったので、
    その罰の様子を載せます。駅に一人で行き、駅員に許可を
    とって撮影してきたものになります。

このブログに対してコメント欄は大荒れし、以下の様な意見が挙げられている。

・これは前代未聞、会社の失態ですね
・取引先に見られない事を願ってます
・この社員に訴えられるかも知れませんね。 もう手遅れですけど。
・何処の掲示板行ってもあんたの会社とブログのURLだらけだよ・・・涙
・社長かなんか知らんけど人間としての質を疑うね。

と、『YouTube』に動画を公開したことに対して批判が飛び交っている。
確かに反省文を読ませる会社は世の中にいくらでもあるのだが、それを公開配信したのはこの会社が世界初なのではないだろうか?
ましてやこのような動画を公開したら企業イメージが低下することくらいは容易に分かりそうなものだが……。

この騒ぎはブログ内だけでなく、『2ちゃんねる』にも広まり騒ぎは拡大している。
現在上記の該当エントリーは消されているが、『魚拓』やキャッシュページなどにより閲覧することができる。

今はセクハラやパワハラが問題となっている社会なだけに、罰則を課すときは十分に注意が必要だろう……。
社長の謝罪も『YouTube』で!?

動画と言えば本日のメインディッシュはこちらでしょうか。
遅刻する方も遅刻する方なのは異論なきところでしょうが、これはちょっと会社としても品位なり品格なりという点でどうなのよと言いますか、やはりやりすぎでしょ。
こうして会社名を出してやっちゃうと善良な社員さんにまで多大な迷惑をかけることになりかねないですから、早まったことをやっちゃう前に踏みとどまって欲しかったところです。
しかし昔ならリアルでさらし者とかやっていたところなのかも知れませんが、ほんとに「ネットにさらすぞ」が罰になる時代なんですね。

ところで「株式会社ファーストステップ」でググると中央区にあるコンピューターソフトなどを開発している会社と、目黒区にある貸会議室の会社とが引っかかってきます。
貸会議室云々というところから後者の方が該当する会社なんだと思いますが、ここの会社ではHPにメディア掲載歴を載せてるページがあるんですね。
たぶん今までのどんな記事よりも今回の記事の方が社会的に有名になったんじゃないかと思うんですが、この記事も掲載するんでしょうか?

|

« マスコミは国民の代弁者にあらず | トップページ | 情報発信と交流 ~ 医療と被医療の相互理解のために »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

>>心臓マッサージには「ステイン・アライブ」
来年のイグノーベル賞候補ですね。 私が、研修医の時は「ミッキーマウスマーチ」のリズムで
と習いました。

投稿: 浪速の勤務医 | 2008年11月25日 (火) 15時13分

ニュースを見たとき何故か「幸せなら手をたたこう」のメロディーが思い浮かびました。

投稿: 管理人nobu | 2008年11月25日 (火) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/43220637

この記事へのトラックバック一覧です: 近ごろ見かけたちょっとアレなニュース :

« マスコミは国民の代弁者にあらず | トップページ | 情報発信と交流 ~ 医療と被医療の相互理解のために »