« 国籍法問題 ~ 公明党は多民族国家の夢を見るか? | トップページ | 今日のぐり「そば道場 田舎屋」 「そばの館」 »

2008年11月22日 (土)

杏仁割り箸事件刑事訴訟控訴審判決 ~ そしてその後の世界へ

この11月20日に杏林大学病院での俗に言う「杏林割り箸事件」刑事訴訟の控訴審判決がありましたことは既にご存知の方が多いと思いますが、まずは記事から紹介してみます。

割りばし事故、2審も元杏林大病院医師に無罪…東京高裁(2008年11月20日読売新聞)

 東京都三鷹市の杏林大学付属病院で1999年、保育園児杉野隼三(しゅんぞう)ちゃん(当時4歳)ののどに割りばしが突き刺さっているのを見落として必要な診療を行わず死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた元同病院医師・根本英樹被告(40)の控訴審判決が20日、東京高裁であった。
 阿部文洋裁判長は「被告の医療措置に過失はなく、救命も困難だった」と述べ、無罪とした1審・東京地裁判決を支持、検察側の控訴を棄却した。医療事故の刑事責任追及に対し、厳しい司法判断となった。

 根本被告は99年7月10日、耳鼻咽喉(いんこう)科の救急当直医として、綿あめの割りばしをくわえたまま転倒し搬送された隼三ちゃんを診察した際、必要な検査を行わず、傷口に消毒薬を塗るなどしただけで帰宅させ、翌朝、隼三ちゃんを頭蓋(ずがい)内損傷で死亡させた、として起訴された。死亡後の解剖で約7・6センチの割りばし片が脳に刺さっているのが見つかった。
 06年3月の1審判決は、診断ミスがあったことは認めたが、治療しても延命の可能性が低かったとして無罪を言い渡したため、検察側が控訴していた。

 この日の判決は事故について、特異な例で当時は診療指針が確立していなかったとしたうえ、隼三ちゃんの意識障害も強くはなかったことなどから、「割りばしによる頭蓋内損傷を疑って問診をしたり、コンピューター断層撮影法(CT)検査などを行ったりする注意義務はなかった」と、被告の過失を否定した。
 また、救命の可能性についても、仮にCT検査を行ったとしても、割りばし自体を見つけることはできなかったなどとして、「延命も確実に可能だったとはいえない」と結論づけた。

割りばし事故:医師、2審も無罪 東京高裁(2008年11月20日毎日新聞)

 東京都杉並区で99年、保育園児の杉野隼三(しゅんぞう)君(当時4歳)がのどに割りばしを刺して死亡した事故を巡り、業務上過失致死罪に問われた医師、根本英樹被告(40)の控訴審判決で、東京高裁は20日、無罪とした1審を支持し、検察側控訴を棄却した。阿部文洋裁判長は「脳の損傷を想定するのは極めて困難だった」と述べ、1審が認めた治療の落ち度を否定した。
(略)
 1審・東京地裁は「脳の損傷を想定すべきなのに軽症と診断した」と根本医師の過失を認めたが、阿部裁判長は「当時の医療水準では、脳の損傷を疑ってCT(コンピューター断層撮影)検査などをすべき注意義務があったとはいえない」と過失を否定した。
 さらに「死因は具体的に特定できない」としたうえで「仮にCT検査をしたとしても救命や延命が確実に可能だったとはいえない」と結論付け、1審と同様に治療と死亡との因果関係を否定した。
 1審が「根本医師が落ち度を自覚し、隼三君の死後にカルテに加筆した」と指摘した点については言及しなかった。【伊藤一郎】

 ▽根本医師の話 結果として患者さんに痛々しい死の結果を生じさせ、改めて哀悼の意を申し上げます。本日の判決で過失そのものも否定され、裁判所の判断に感謝します。

 ▽東京高検の鈴木和宏次席検事の話 検察側の主張が認められず遺憾。

 ◇母文栄さん「隼三の死、無駄にしないで」
 「隼三の死が無駄にならないよう、医療に携わる皆様が努力してくださることを願います」。判決後に会見した隼三君の母文栄さん(51)は風呂敷に包んだ隼三君の遺影を抱きしめ、声を絞り出すように語った。「1審は過失を認めてもらえた。今回は納得のできない結果です。一言の謝罪を求めた9年間でした。『もう少し丁寧に診察すれば良かった』と言ってもらえれば苦しい闘いはなかった」と悔しさをにじませた。
 事故以降、インターネット上には両親を中傷する書き込みもあったといい、父正雄さん(57)は「隼三に障害があると事実でないことを書かれたり、遺族はクレーマーだという書き込みもあった」と心ない言葉の暴力に怒りをあらわにした。

まずは亡くなられたお子さんのご冥福をお祈り申し上げます。

判決原文に当たっていないので報道記事からの判断ですが、1審判決とは異なり、見落としや治療の落ち度といった過失を認めず、一審判決に引き続き死因との因果関係を否定したという内容でしょうか。
今のところこの事件については民事、刑事ともいずれも被告の責任を認めずという結果が続いていますが、今回の司法判断はネット上で行われた多くの医学的検証の結果ともっとも近いものではないかと言う気がします。
こういう大きな事件ともなると近ごろでは判決前から注目を集めるわけですが、福島大野病院事件判決といい今回といい、このところかなり「医学的見地からみて妥当」と思える判決が続いているような気がするのですが、司法的見地からみるとどのような評価になるのでしょうか。
こうした現場の感覚をそれなりに尊重した(ように見える)判決がちゃんと続いていたならば、あるいは今日の医療崩壊という現象ももう少し違ったものとなっていたのかも知れませんが…

ところで、遺族にとっては今回の刑事裁判というものにはどのような意味があったのでしょうか?
民事と異なって直接的な被害の補償や救済を目的にしているわけではないのでしょうが、判決後のコメントから推察するに何も得るところがなかったと言えるのではないでしょうか。
一連の裁判を通じて医学的事実というものはある程度明らかになってきているように思えますが、遺族の求める真実というものはそれと同じではないし、また今後どれほど裁判を繰り返しても求める真実に至る可能性は極めて少ないのかなと思わざるを得ません。
少なくともこの遺族にとって法廷と言う場は何らの救済を得られるものではなかった、しかしそもそも法廷と言う場は決して真実を求める場所ではないと言うところに、医療訴訟における患者側の不幸の根があるのかも知れません。

さて話はかわって、医療と司法という観点から少し前にこんな判決が出ていたことをご存知でしょうか?
このところ医療関連の記事ではにわかに注目を集めている東洋経済から引用させていただきます。

患者の身体拘束に高裁が違法判決、医療現場に与える衝撃 -(2008年11月13日東洋経済)

 「事実認定では納得できない点もありますが、病院の対応に非があったと裁判所に認めてもらえたことは本当にうれしい」
 愛知県稲沢市に住む栗木満里子さん(66)は、名古屋高等裁判所の判決を聞いて「母親の悔しい思いを晴らすことができた」と感慨深げだ。

 名古屋高裁は9月5日、栗木さんの実母(2006年に83歳で死去)が入院先の一宮西病院(愛知県一宮市、157床、多羅尾信院長)で受けた身体拘束による心身の苦痛について、同病院を運営する医療法人に50万円の賠償を命じる判決を出した(同法人は最高裁に上告)。一審の敗訴判決からの逆転劇だった。
 「病院で受けた身体拘束に関して、患者側が訴えた裁判はおそらく全国でも初めて。身体拘束を是とする全国の病院に警鐘を鳴らす意味は大きい」と、原告を支援してきた吉岡充・上川病院院長は評価する。

おむつでの排せつを強要 睡眠剤過剰投与の疑いも

 入院患者や入所高齢者の手足を縛る行為は、病院や介護施設で広範に行われてきた。主に転倒の防止や暴力行為の予防といった医療安全や、周囲の患者に迷惑を及ぼさないためのやむをえぬ措置として容認されてきた。しかし、「身体拘束で患者は心身を傷つけられ、結局は死を早める。病院が行ってきたことの多くは、決して患者のことを考えたものではない」と吉岡院長は指摘する。
 そして吉岡氏ら医療・介護関係者による「身体拘束ゼロ」への取り組みが実を結び、00年施行の介護保険法に身体拘束禁止規定が導入。やむをえず身体拘束を行う場合には、切迫性、非代替性、一時性の3基準を満たすことが必要とされた。
 とはいえ、廃止は道半ばだ。滋賀県が介護保険事業所を対象に行った調査(07年8月)では36%の事業所で身体拘束が行われており、入所者の約5%が実際に拘束を受けていた。認知症介護研究・研修仙台センターが実施した介護保険施設への調査(05年12月)でも、拘束を受けている人は約5%に達している。そして、要介護度が高い人ほど、拘束の割合が高くなっている。

 一宮西病院が責任を問われた高裁判決は、急性期病院であっても、「介護施設と判断基準が異なると解することはできない」とし、「拘束の内容は必要最小限の範囲で許される」とした。そのうえで3条件に該当するか否かを検証したものの、切迫性などは認められないとした。
 判決は、母親の日常生活機能が低下したことや夜間せん妄状態になったのは、病院関係者の不適切な対応が一因とも指摘。おむつによる排せつの強要、睡眠導入剤の過剰投与の疑いも、高裁は判決文に明記した。
 また、母親が入院していた当時、入院患者と比べて看護師が不足していた事実もなく、身体拘束によらず、本人にきちんと付き添って安心させて眠りにつくのを待つといった対応は十分にできたとした。

 高裁判決が全国の病院関係者に及ぼした影響は小さくない。しかし、医療関係者の認識はさまざまだ。認知症高齢者が入院する東京都内の精神科病院の看護師は、「医療現場の実態を知ったうえでの判決なのか。現状の看護体制では、身体拘束の廃止は現実的でない」と疑問を投げかける。医療の信頼性を高めるためにも、議論を深めることが重要だ。

こちらも判決原文に当たらず記事だけの評価ですが、こういう判決を見ると医療現場も司法判断というものについてもっともっと勉強していかなければならないと思います。
それはともかくとして、そもそもこの国の急性期病院で(慢性期でも、ですが)、認知症患者が入眠するまで看護師が付き添って安心させるなんてことが出来る病院なんてものが果たして存在しているのかどうかなのですが…
ここでいうような患者を寝付かせる時間帯なんてどこの病院でもたいてい病棟に二人とか三人であって、それで分担して仕事をなんとか回しているのが実情で、どうしても寝てくれない時には当直医まで動員して対応するしかないような病院もけっこう多いんじゃないですかね?
一宮西病院のHPを見ると現在も看護師募集を行っているようですが、もしや看護定数を充足していることをもって看護師が不足していた事実もないと認定しているというのではないでしょうね?

ちなみに原告を支援する吉岡充氏ご自慢の上川病院とは「縛らない医療」のトップランナーとしてその筋ではちょいと有名なところです。
こういう判決を見ると多くの医療従事者が感じるのではないかと思うのですが、何か医療訴訟があるたびに「その筋の権威」と言うものが登場して「いやそれはおかしい。私ならこんなにうまくやれた」と主張する、そして医療に対する要求水準がかさ上げされていく。
確かに施設毎の医療水準が異なるのも事実であり、もっと異なった医療があり得たのも事実でしょうが、こうした訴訟の場における判断基準となるのが「一部で行われている業界トップクラスの水準」に置かれるというのでは何か釈然としない人も多いのではないでしょうか?

刑事訴訟と違って民事訴訟における判断基準とはそうしたものではなくて、あくまで当事者双方の主張のどちらが妥当であるかを判断しているだけである、故により説得力のない訴えしか出来なかったものが正しい、正しくないとに関係なく負けることになるだけなのだとも聞きます。
確かにそれは司法的には正論なのでしょうが、しかし現場でやっている者の感情はまた別問題であるのも事実だとも思うのです。
この種の少額賠償判決は見舞金のようなもので実質的な医療側勝訴だという意見もありますが、特に医療現場のように実質が崩壊しきっている場合、名分だけが唯一残る心の支えとなっていることもまた理解しておかなければならないでしょうね。
「君たちは間違った医療をしている」と宣告されてなお踏みとどまっていられるほど、現場の人間に心身のゆとりはないということです。

今の時代は医療訴訟と言うものがそれなりにニュース性を持つとマスコミにも認識されているのか、ほんとうに報道に乗る機会が多くなりました。
進んで他人を傷つける行為を常態とする、あるいは元々が放置しておけば死に至るような患者を対象とする医療という行為自体が訴訟と言う場に向かないと言う考え方もありますし、過失を裁くという概念自体がはたして妥当なのかどうかも異論のあるところだと思います。
前世紀末に患者側の医療訴訟に対する関心が高まった時期がありましたが、今の時代は医療従事者の医療訴訟に対する関心がようやく高まりを見せ始めている時期とも言えるかも知れません。

ネットという新しい媒体も発達している中でいろいろな事例が検証されるわけですが、係争の場ですから双方納得するのは無理としても、双方が納得できないという結果に終わっている場合が思いのほか多いようなのですね。
患者側の感情と、医療側の感情と、どちらにとっても満足のいくものをもたらし得ていないのだとしたら、そろそろお互いがwin-winの解決を得られる別な道を模索していくべき時期ではあるのでしょうね。

|

« 国籍法問題 ~ 公明党は多民族国家の夢を見るか? | トップページ | 今日のぐり「そば道場 田舎屋」 「そばの館」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/43189093

この記事へのトラックバック一覧です: 杏仁割り箸事件刑事訴訟控訴審判決 ~ そしてその後の世界へ :

« 国籍法問題 ~ 公明党は多民族国家の夢を見るか? | トップページ | 今日のぐり「そば道場 田舎屋」 「そばの館」 »