« 今日のぐり「うどん宥紀屋」 | トップページ | 改善すべきシステムの問題とは何か? »

2008年10月27日 (月)

東京妊婦たらい回し事件 またまたその後

一昨日にて打ち止めにしようと思っていたのですが、週末の新聞、テレビでもまだやってましたねえ。
色々と調べて検証してくださるのはいいんですが、調べれば調べるほど産科も小児科も絶望的に足りないことが明らかになるばかりでマスコミさんも振り上げた拳のおろし先に困っているような気配もちらほら。

受け入れ拒否、妊婦死亡 『みんなギリギリ』墨東病院 産科医不足浮き彫り

 脳内出血を起こした出産間近の妊婦(36)が七つの医療機関に受け入れを断られ、その後に死亡した問題は、産科医不足にさらされる医療現場の危うい実態も浮き彫りにした。地元医院からの最初の要請を断った墨田区の都立墨東病院は「複数の当直医をどうしても手当てできず、原則として救急搬送は断っていた。みんなギリギリのところでやっている」と訴えた。 (石川修巳)

 都によると、墨東病院は妊産婦の救命救急に二十四時間対応する「総合周産期母子医療センター」として都の指定を受けており、周産期医療を支える中核病院の一つ。都の基準では「複数の医師の確保が望ましい」とされるが、医師の退職で二人の当直体制が維持できず、七月から休日には一人体制としていた。

同病院の常勤産科医は現在、四人。都が提示する定数の九人を大きく下回っている。

 同病院周産期センターの林瑞成産科部長は「産科医を簡単に増やせる状況ではなく、産科救急を目指す人はもっと少ない。その中で、どうしたら安全が維持できるか、関係機関と話し合っている」と話す。医師確保のため大学医局への働きかけや待遇改善、女性医師の短時間雇用など「打てる手は打っている」(病院経営本部)という。

 都内の産科医は一九九六年の千五百七十三人から、二〇〇六年には千四百十一人に減少している。

受け入れ拒否、新生児治療室不足が一因 妊婦死亡問題

 脳出血をおこし、8病院に受け入れを断られた東京都内の妊婦が死亡した問題で、病院側が転院搬送の受け入れを断った理由として最も多かったのが、新生児集中治療管理室(NICU)の不足だった。同様の事態は全国で頻繁に起きている。産科医がいたとしても、小児科の施設が確保できない関係で急患が受け入れられない実態が改めて浮き彫りになった。
(略)
 東京都内では年間10万人の新生児が誕生するため、都は200床を目標に整備を進めてきた。その数字は達成されたものの、早産が増えるとされる高齢出産の増加があり、「都内では300床は必要」と指摘する専門家もいる。

 都内の総合周産期母子医療センター9病院のNICUは現在、計105床。増設計画があるのは昭和大学病院(品川区)と東京女子医科大学病院(新宿区)だけで、今年度から来年度にかけて計6床しか増えない見通しだ。

 なかなかベッド数が増えない背景の一つには、専門医の問題がある。杏林大学病院産婦人科の谷垣伸治講師は「NICUの担当は、小児科医の中でも新生児を診られる医師に限られる。その医師が少ない」という。

 さらに、愛育病院の大西三善・事務部長は「NICUを増やすと、看護師がたくさん必要になる」と話した。保険診療上の施設基準では、3床に看護師1人を配置することなどが求められている。このため看護師増員という問題にも直面する。

しかしまあ、医師確保のために打てる手は打っていると言いますがどうなんですかねえ?
医師確保のため本年度の人事院勧告では11%という割合大きな公立病院医師給与引き上げが求められましたが、実のところこれさえも以前から問題視されていた民間との大きな給与格差を埋めるだけの最低限の引き上げでしかないのですね。
ところが何を隠そう、この最低限の待遇改善すらやらないと言ったのが今話題の東京都なんですが、その理由が「それなりの給与改善をしてきているから」なんだそうで。
そうまで言うのならさぞや東京の医師給与は高いんだろうと誰でも思うでしょうが、なんと笑えることに!これが堂々の全国最下位なんですね(注:決してネタではありません)
石原さんもでかいこと言う前にこういうところをきっちりしないとねえ(苦笑)。

別に東京に限らない話ですが、待遇の悪い公立病院の中でも墨東病院のような基幹施設の労働環境と言えばそれはもう、まさしくここはラーゲリか?と思うような素敵な状況にあるわけです。
都は今回の事態を受けて「週末に産科医一人じゃやっぱり駄目だ!全力で二人確保するようにします!」なんてぶち上げちゃったそうですが、いやこれ当直が一人とか二人とかいう問題じゃないでしょ?

以前から「看板下ろしたい」=減員で総合センター維持厳しく-妊婦死亡の墨東病院

 東京都内で8つの病院に救急搬送を断られた妊婦(36)が脳内出血で死亡した問題で、最初に断った都立墨東病院(墨田区)は、以前から高度産科医療を提供する総合周産期母子医療センターの「看板を下ろしたい」と、都に窮状を訴えていた。医師が減り、体制維持が厳しくなっていたが、地域の拠点施設をなくすわけにいかず、踏みとどまっている形だ。
 墨東病院の常勤産科医の定数は9人だが、2006年4月には6人に減少し、同年11月からは新規の外来患者の受け付けを中止した。その後も減り続け、今年4月には3人に。10月から1人増えたものの、定数の半分に満たない
 都病院経営本部の谷田治課長によると、7月に週末当直が1人体制となる以前から、同病院の医師から「看板を下ろしたい」「きつくて対応できない」という話を常に聞いていたという。

ヤバイ。都立病院マジヤバイ。まさに月月火水木金金。
現場は「もうこれ以上勘弁してくれ!」と泣いて頼んでんのに都立病院は全然平気。もっとがんばれ。超がんばれですよ。
そりゃ幾ら世間知らずでお馬鹿な公立病院の医者でも逃げだしますって。

一応東京都と石原知事の名誉のために言っておきますが、別にこういうことは東京だけの話ではなくて全国どこでも同じなんですね。
兵庫県というところは割合都市圏であるにも関わらず早くから救急危機が叫ばれていたことでちょっとした聖地扱いなんですが、いよいよ最終段階に入ったようです。

2病院が輪番撤退 姫路市の夜間・休日救急

 姫路市の夜間・休日の救急医療を支える「後送輪番制度」について、内科、外科の計二病院が十月から医師不足を理由に撤退していたことが二十三日、分かった。うち一病院は「救急指定病院」の看板も下ろしており、関係者は「残りの病院の負担が重くなる」と懸念している。

 同制度は、市休日・夜間急病センター(西今宿)に開業医が交代で詰めて外来の急患を診察。入院が必要と判断すれば、空きベッドと当直医を確保している輪番の病院が受け入れる仕組み。市は一診療科当たり最大一日六万二千円の待機料を支払っている。ピーク時には内科十四院、外科十六院が参加して効果的に機能していたが、最近は医師不足で病院数が激減。今年四月からは外科が四院、内科が五院の体制だったが、二病院が撤退した十月以降は外科が二院、内科は四院になった。

 二病院のうち、市内中心部にある病院は、輪番撤退と同時に、県知事に指定を受けていた「救急告示医療機関(救急指定病院)」の指定を取り下げ、時間外の急患受け入れを休止したという。
(略)
 市医師会の清水一太理事は「輪番病院に勤務することは医師の負荷が大きく、大学病院が医師を派遣しようとしない。何とか医師の確保に努めたいが、難しい」と説明している。

いや、大学病院が派遣しようとするとかしないとかじゃなくて、単に労働基準法無視で働く奴隷が確保できなかっただけでしょうがよ(笑)。
で、当然のように御当地でもこういうことが起こっているわけですが、もはや稀少価値もなさすぎな話ですかね。
しかし「今回のようなケース」って、妊娠しているのにかかりつけも持たない俗に言う何とか妊婦のことなんでしょうか…?

姫路でも妊婦14院拒否 救急搬送 腹痛収容まで1時間

 姫路市で先月25日未明、腹痛を訴えた同市飾磨区の妊婦(20)が14病院に受け入れを拒否され、15番目の病院に収容されるまで1時間かかっていたことがわかった。妊婦、胎児とも無事だったという。救急関係者は「医師不足で、夜間は特に搬送先を見つけるのが難しくなっている」と説明し、対応に頭を悩ませている。

 市消防局によると、同日午前3時頃、この妊婦が腹痛を訴えて119番。駆けつけた救急隊員は周辺の病院に順次、受け入れを打診したが、「医師が不在」「ベッドがない」「治療中」などと相次いで断られた。

 このあと、隣接する高砂市や加古川市の病院にも要請したが同様に拒否され、一度あきらめた姫路市の病院に改めて要請して搬送した。病院到着は、午前4時頃だった。

 市によると、日曜や祝日の日中は12病院の産婦人科が交代(輪番)で診療に当たっているが、夜間は平日、休日とも担当する病院がないため、今回のようなケースがあると近くの医療機関へ要請し、受け入れを求めているという。

それでも搬送先を選ぶほどの選択枝があるところはまだ良い方なので、ほんとの田舎になってくると選びようがないというのも実情であるわけです。
今のところ何とか現場が踏ん張って受け入れをこなしていますが、こういう状況を見るとどう見てもこれが永続できる体制とは思えないんですよねえ…

妊産婦100%受け入れ…和歌山・橋本市民病院、24時間体制で

1日平均28人誕生 昨年度2倍に 県立医科大など協力

 和歌山県橋本市立橋本市民病院の産婦人科で、2007年度の一日平均の出産数が28人と、06年度(15人)の2倍近くになった。24時間の診療体制で、妊産婦の100%受け入れを維持。周辺の病院で産婦人科がなくなるなか、橋本・伊都地方だけでなく、奈良県南部からの利用も相次いでいる

 同病院は2004年12月、現在の橋本市小峰台に移転してから、患者数が年々増加。05年度、産婦人科の患者は、外来6884人、入院4920人だったが、07年度には、外来は1・82倍の1万2563人、入院は1・36倍の6724人となった。そうしたなか、外来患者は、100%の受け入れを続ける。

産婦人科医は、県立医科大の協力で常勤2人、非常勤2人を確保。副院長でもある古川健一医師ら常勤医は、月に7~8度の宿直をこなし、非常勤の派遣医も3日に1度は宿直勤務をする。今年7月からは、産婦人科の経験がある乳腺外科医が外来診療に協力し、24時間体制を維持している。

 京奈和自動車道の整備が進んで便利になったことで、奈良県南部の妊婦が受診するケースも増加。ナースステーションの前には、生後2時間以内に撮影した赤ちゃんの写真がずらりと張り出され、見舞いに来た家族らの笑顔が絶えない。

 搬送先を探していた東京都内の妊婦が8か所の病院で受け入れを拒否され、出産後に死亡するなど、産科医療の充実が課題となるなか、石井敏明・同市民病院管理者は「受け皿としての期待を感じる。県立医科大の協力と医師らの頑張りのお陰です」といい、山本勝廣院長は「紀北の拠点病院として安心して出産できる現体制を維持したい」と話している。

奈良県南部からの利用も相次ぐって(苦笑)。
ここの外来表を見ても確かに産科医は四人しか名前が挙がっていないんですが、常勤二人と非常勤二人で一日28人のお産…??外科医まで動員…???(注:くどいようですが、決してネタではありません)
こういう綱渡りな状況を和歌山界隈では「安心できる体制」と言うのですか???

人間なんでもそうですが、ある程度の期間であれば死ぬ気でやれば結構何とかなるものです。
しかしそれがいつまでも続くかと言えば気力も体力もいずれ限界に達する、まして緊張感というものはそんなに永続するものではない。
そしてぷっつり切れた頃に限って何かしら大きな事故が起こってくるものなのです。
そうなってしまってから「俺はこんなに頑張ってたんだ!」なんて叫んでみたところでどうなるでしょう?
いやそれ以前に、仮に自分が患者や家族の立場だったとしたら、過労死寸前のフラフラの医者に命を預けたいと思うでしょうか?

医療に限らず何の仕事であれ、責任を持って扱える限度というものはあるのです。
間違った責任感の発露は結局のところ、本人にとっても周囲にとっても不幸を招くことにしかならないのではないでしょうか?
近年の国民ニーズの変化を思うとき、医療現場の抜本的な意識改革が必要な時期になっているのかなと考えさせられます。

|

« 今日のぐり「うどん宥紀屋」 | トップページ | 改善すべきシステムの問題とは何か? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/42919488

この記事へのトラックバック一覧です: 東京妊婦たらい回し事件 またまたその後 :

« 今日のぐり「うどん宥紀屋」 | トップページ | 改善すべきシステムの問題とは何か? »