« 生きていくことはゼロリスクではない | トップページ | 東京妊婦たらい回し事件 続報 »

2008年10月23日 (木)

またたらい回しかっ!?

東京都内で妊婦が脳出血を発症し最終的に亡くなった症例が各メディアで取り上げられています。
すでに皆さんご承知だと思いますが、ざっと各メディアから第一報の論調を中心にして見てみましょう。

7病院に受け入れ断られ、出産後死亡 (TBS)

 今月4日、東京で脳出血とみられる症状を訴えた出産間近の女性が7つの病院に受け入れを断られ、その後、死亡していたことがわかりました。
 今月4日午後7時ごろ、妊娠中で出産間近の都内の36歳の女性が頭痛や下痢・嘔吐などを訴え、江東区のかかりつけの産婦人科に救急搬送されました。
 産婦人科の医師は脳出血の疑いもあるとして、墨田区の都立墨東病院に受け入れを打診しましたが、「受け入れ態勢が整っていない」と断られました。
 その後、7つの病院に次々と断られ、およそ1時間後に再度、墨東病院に打診。結局、墨東病院は別の医師を呼び、女性を受け入れました。
 この時すでに女性の意識はなく、帝王切開で出産したのち、頭部の手術を受けましたが、3日後、脳出血のため死亡しました。
 この日は土曜日で、墨東病院は土日は当直医が1人しかおらず、緊急の手術は原則として断っていたということです。
 この問題について、22日午後、墨東病院を管轄する東京都が会見を開きました。
 「ご遺族の方々に心よりお悔やみを申し上げます。当初、下痢とおう吐が強いということで、頭痛という話もあったが、
極めて激しい頭痛で、脳内出血が疑われるような症状は産科医に伝わらなかったというふうに聞いております。したがいまして、
通常の周産期の母体の受け入れということで、他の周産期センターに依頼した方が早く対応できるという判断から、
受け入れ可能な医療機関名をお伝えした」(東京都の会見)

“産科医欠員で急患断る”(NHK)

 今月、東京で脳内出血を起こした出産間近の女性が、7つの医療機関から次々と受け入れを断られたあと死亡した問題で、最初に要請された都立病院は、緊急の治療が必要な妊娠中の女性を受け入れる医療機関に指定されていましたが、産科の医師に欠員が生じたため、ことし7月からは休日は原則として急患の受け入れを断っていたことがわかりました。
 今月4日の夜、出産を間近に控えた都内に住む36歳の女性が脳内出血を起こし、7つの医療機関から次々と受け入れを断られたあと、赤ちゃんを出産してから3日後に死亡しました。女性は、体調の不良を訴えたあと、かかりつけだった産婦人科医院に運ばれ、医師は最初に墨田区の都立墨東病院に受け入れを要請しましたが、「当直の医師が1人しかおらず手術ができない」として断られ、ほかの6つの医療機関からも拒否されたあと、最終的に墨東病院に搬送されていました。墨東病院は、緊急の治療が必要な妊娠中の女性を受け入れる医療機関として都から指定されていましたが、医師不足でことし7月からは本来は2人だった土日と祝日の産科の当直の医師を1人にしていたため、原則として急患の受け入れを断っていたことがわかりました。
当日も2回目の要請があったあとに別の医師を呼び出して対応していました。これについて東京都では「土日や祝日は手術に対応できないので、ほかの病院を紹介していた。なんとか早く改善したいと考えている」と話しています。この問題について東京都の石原知事は「あってはならないことだが、残念ながらこうした事故は都内で頻発している。せっかく東京都でER=緊急救急施設を整備したのだから、なぜそれが機能しなかったのかを調べてしっかり対処します」と話しました。

7病院拒否、妊婦死亡 都指定機関も『対応できない』 (東京新聞)

 脳内出血を起こした東京都内の妊婦(36)が、墨田区の都立墨東病院など七カ所の医療機関に受け入れを断られた後、帝王切開で出産した三日後に死亡していたことが二十二日、分かった。赤ちゃんは無事だった。都は、受け入れを断った医療機関から当時の状況を聴くなど、詳しい経緯を調べている。 

 墨東病院は、緊急対応が必要な妊婦を受け入れる「総合周産期母子医療センター」として、都の指定を受けた二十二病院の一つ。産科の当直医は通常二人だが、七人いた産科医が三人に減ったため今年七月から土・日曜と祝日には一人態勢とし、受け入れ制限を関係機関に知らせていた。妊婦が症状を訴えた今月四日も土曜だった。

 だが、その後も六カ所の医療機関に「対応できる医師がいない」などと断られたため、医院が同日午後七時四十五分ごろ、再び墨東病院に依頼。女性の容体が悪化していることもあり、墨東病院は当直以外の産科医一人を呼び出して態勢を整え、同八時二十分ごろ妊婦を受け入れた。

 女性は帝王切開で赤ちゃんを出産、脳内出血の手術も受けたが、容体が悪化。三日後の七日に死亡した。

 都によると、総合周産期母子医療センターの指定を受けている二十二医療機関は、救急搬送に対応するため、ベッドの空き状況を端末で確認できる「周産期センターネットワーク」を構成。墨東病院は当時、ネットワークを見て、ほかに受け入れ可能な病院があることを確認し「より適切に症状に対応できる」(都病院経営本部)として、ほかの病院を紹介したという。

脳出血「対応できぬ」7医療機関が拒否、妊婦死亡 (読売新聞)

 脳出血を起こして緊急搬送先を探していた東京都内の妊婦(36)が、七つの医療機関から受け入れを断られ、出産後に死亡していたことが22日、わかった。

 いったん受け入れを断り、最終的に対応した都立墨東病院(墨田区江東橋)は、緊急対応が必要な妊婦を受け入れる病院として都の指定を受けていた。都は詳しい経緯を調べている。
(略)
 墨東病院は、母体、胎児、新生児の集中治療に対応できる「総合周産期母子医療センター」として1999年6月に都が指定。

同センターに関する都の基準では、「産科医を24時間体制で2人以上確保することが望ましい」とされている。しかし、同病院では、産婦人科の常勤医が2004年に定員の9人を割ってから、慢性的に不足しており、現在は、4人にまで減っていた。

 そんな中、当直も担当していた非常勤産科医が6月末で辞め、7月以降は土日、祝日の当直医を1人に縮小しており、妊婦が搬送された4日は土曜日だった。

 都の室井豊・救急災害医療課長は「搬送までの時間と死亡との因果関係は不明だが、もう少し早ければ、命が助かった可能性も否定できない。産科の医療体制が脆弱(ぜいじゃく)だった点は問題で、早急に対策を取りたい」として、受け入れを断った他の病院についても、当時の当直体制など、詳しい事情を聞いている。

妊婦搬送7病院が拒否、出産後に死亡 東京 (朝日新聞)

 出産間近で脳内出血の症状が見られた東京都内の女性(36)が7病院から受け入れを断られ、出産後に死亡していたことがわかった。手術を受けた病院に到着するまで約1時間15分かかっており、東京都は詳しい経緯を調べている。
(略)
 都立墨東病院は、リスクが高い新生児と妊婦に24時間態勢で対応する総合周産期母子医療センターに都から指定されている。同病院の当直医は本来は2人体制だが、産科医不足で7月から土曜日と日曜日、祝日は1人になっていた。4日も土曜日で1人しかおらず、1人の時間帯は原則として急患受け入れを断っているため、最初の要請に対応できなかった。2度目の要請があった時は、当直以外の医師を呼び出して対応したという。

 

都の担当者は「改善を検討していたが、都内でも産科医不足が深刻なため、十分な体制が確保できていなかった」と話している。石原慎太郎都知事は22日、救急搬送拒否について「そういうことのないために東京ER(救急室)をつくった。調べて対処します」と述べた。

妊婦死亡:7病院に受け入れ拒否され手術3日後に 東京 (毎日新聞)

 妊娠中に脳内出血を起こした東京都内の36歳の女性が今月4日夜、都立墨東病院(墨田区)など七つの病院に受け入れを断られ、約1時間20分後、最終的に墨東病院に搬送されたものの、3日後に死亡していたことが分かった。墨東病院はリスクの高い妊婦に対応する「総合周産期母子医療センター」に指定されているが、産科医不足で休日の当直医が1人態勢となり、救急患者の受け入れを制限していた。都は一連の経緯に問題がなかったか調査している。
(略)
 墨東病院を運営する東京都は22日、及川繁巳・病院経営本部経営企画部長らが記者会見した。病院が当初受け入れを断ったことについて及川部長は「(女性の主治医から)頭痛があると聞いていたが、脳内出血が疑われるとは伝わらなかった」と釈明した。

 墨東病院は都内に9カ所ある総合周産期母子医療センターに指定されているほか、すべての救急患者を24時間受け付ける緊急救急施設「東京ER」も兼ねる都の拠点病院だった。しかし、産科は医師の退職が相次ぎ、定数9人の常勤医が4人まで減少。7月から休日当直を1人態勢とし、救急受け入れを制限していたという。

 会見で「このような問題が起きる危惧(きぐ)はなかったのか」と問われた同病院の林瑞成・周産期センター産科部長は「それはあったが、産科医を目指す人は少ない。医師を増やす努力はしてきたが、本当に残念なこと」と沈痛な表情を浮かべた。【須山勉、木村健二】

7カ所診療断られ妊婦死亡 医師不足、研修医が当直 (中国新聞)

 体調不良を訴えた東京都内の妊婦(36)が都立墨東病院(墨田区)など七カ所の医療機関に診療を断られた後、最終的に救急搬送された墨東病院で赤ちゃんを出産後、脳内出血の手術を受け、三日後に死亡していたことが二十二日、分かった。赤ちゃんは無事だった。

 墨東病院は、緊急対応を必要とする妊婦や新生児を受け入れる都が指定した医療機関。当直に当たる産科医師の一人が退職し、妊婦が搬送された今月四日の土曜日は研修医一人が当直していた。都は、指定医療機関としての態勢に不備がなかったか経緯を詳しく調べる。

 都によると、妊婦は吐き気などを訴え、江東区のかかりつけの産婦人科医院を訪れた。医院は緊急な措置が必要と判断し、墨東病院への搬送を手配。しかし墨東病院は産科の当直医が一人しかいなかったため対応できず、いったん断った。

 妊婦の診療がほかの六カ所の医療機関にも断られたため、医院が再度依頼し、約一時間後に墨東病院が受け入れを決めた。墨東病院は医師一人を呼び出して対応。妊婦は、帝王切開で赤ちゃんを出産後、脳外科で脳内出血の手術を受けた。

 墨東病院の産科医師は、七月からは常勤三人、研修医三人で当直に当たった。平日の当直は二人だったが、週末は一人で、妊婦が搬送された当日の当直は三十代の研修医一人だった。

 重大なケースになると、別の医師を呼び出していたという。

 都は「限られた人材で精いっぱい対応した。痛ましいことで救えなかったのは残念」と話している。墨東病院は、救急患者の診察や緊急手術、救命措置などに当たる「東京ER」を開設。産科は直接は対象外だが、石原慎太郎都知事は「あってはならないことで残念。経緯を調査したい」と話した。

それでも指定医療機関か 7カ所診療断られ妊婦死亡 (スポニチ)

 体調不良を訴えた東京都内の妊婦(36)が都立墨東病院(墨田区)など7カ所の医療機関に診療を断られた後、最終的に救急搬送された墨東病院で赤ちゃんを出産後、脳内出血の手術を受け、3日後に死亡していたことが22日、分かった。赤ちゃんは無事だった。

 墨東病院は、緊急の対応を必要とする妊婦や新生児を受け入れる都が指定した医療機関。産科医師は7人いたが相次いで退職し、7月からは3人になった。妊婦が搬送された今月4日は土曜日で、週末の当直医は1人だった。重大なケースになると別の医師を呼び出していたという。
(略)
 都は「限られた人材で精いっぱい対応した。痛ましいことで救えなかったのは残念」とし、経緯を詳しく調べている。

こうして並べてみると各紙の微妙な論調の違いが見え隠れして興味深いのですが、今回気付いたことに案外「たらい回し」表記が少なかったですね。
なんだかんだと言いつつひと頃盛んだった電突をはじめとする抗議行動がそれなりに効いているということなんでしょうか?

以前「たらい回し」報道全盛だったころ、某所のカキコでこんな話がありました。

タクシーを拾おうとしたところ、来るタクシー来るタクシーみな満車で乗せてくれない。
こういうのをたらい回しと言うのか?

もしかしたら「そんなに満車続きならタクシーを増車すればいいじゃないか」とタクシー会社に苦情が殺到しているかも知れません。
しかし昼夜連続、休みは無しという過酷な勤務で乗務員はさっぱり集まらず、燃料代高騰で走らせるほど赤字がかさむのにお上は運賃値上げを認めてくれないという状況だったとしたらどうでしょう?
それでも悪いのはタクシー会社ですか?

全国の病院の半数が赤字、国公立に限ればほぼ全てが赤字という現状で、それでも政府は更なる医療費抑制政策邁進中です。
既に沈みかけた船ならぬ過酷な現場から医師・スタッフが逃げ出している状態なわけですが、だからといって医療に要求される水準が切り下げられたという話は寡聞にして知りません。
であるならば、限られた医療資源でも何とか責任ある対応が出来る範囲内にまで診療体制を縮小するのが唯一の正解であって、足りぬ足りぬは何とやらでひたすら猪突猛進した挙げ句に無謀な自爆事故を引き起こすような態度こそ無責任と言うべきでしょうね。

何しろ日本の医療費は相変わらず高すぎるということになっているし、病院支払いの踏み倒しは増える一方なのが現実であるわけです。
国民の間では医療機関が困っているというコンセンサスなど存在していない以上、今の段階で医療費を値上げすることは「(財政支出増は政府が悪いんじゃないということに対する)国民の理解が得られていない」という政府の立場ももっともなことでしょう。
もっと医療機関が悲鳴を上げ、更に国民の間から「こんなに医療が受けにくくなったら困るからもう少し医療費を上げてあげたら」という声が出て初めて、政府としてはノーリスクで値上げに踏み切ることができるわけです。
ついでにその過程で政府の望む病院数削減が達成されれば言うことなしであるのは言うまでもないことですが。

さて、今回の報道を見ていて気になった点をいくつか。

妊婦死亡、当初脳内出血分からず 診療拒否めぐり都が会見

 東京都内で7カ所の病院に受け入れを断られた妊婦(36)が、いったん拒否した都立墨東病院で脳内出血の手術を受け
死亡した問題で22日、都と病院が記者会見し「当直医は当初、脳内出血だと分からなかった。分かっていれば最初から受け入れたはず」
と説明した。その上で「一連の判断は妥当」と主張し、医療過誤ではないとの認識を示した。
 一方、妊婦のかかりつけの産婦人科医院長は共同通信の取材に「吐き気や下痢もあったが、尋常じゃない頭の痛みを訴えており、
墨東病院にも伝えた」と話すなど、双方の認識に食い違いがあることが判明した。
 かかりつけの産婦人科医院の医師が、当初から脳内出血の診断を墨東病院の当直医に伝えていたのではないかとの質問に、
都の幹部は「詳しいやりとりは調査中で分からない」と答えた。
 また当直医は、受け入れ可能な周産期医療センターなど複数の医療機関を端末で検索し、かかりつけ医に教えたが、
それらの施設からも断られたことも会見で判明。断った医療機関の当直体制について、都側は「調べてみないと分からない」とした。

公立病院のくせに一応都も病院も(今のところ)当直医を擁護するような姿勢を示しているところが時代の流れなのか、たまたま食あたりでもしているのかですが(苦笑)。
初診の産科医はCTを撮ってまで頭をみたというわけではないようですから、症状からみて疑いもありというくらいに伝えたとみるべきでしょうね。
そして紹介側のそうしたニュアンスが受け入れ側に伝わっていなかったと言うのも各紙報道から確かなようです(かかりつけ医が直接電話をかけていた訳ではなく救急隊からの受け入れ要請だったという噂もありますが、実際のところはどうなんでしょう?)。
墨東病院ばかりではなく他の病院でも同様な状況であったとすれば、それが受け入れを妨げたのか、あるいは正確に伝わっていれば更に受け入れ先が限定されていたのか?
このあたりは都が調査をする意向のようですから、今後の情報を待ちたいと思います。

妊婦死亡:検索ネット機能せず 「可能」3病院も拒否

 妊娠中に脳内出血を起こした東京都内の女性(36)が都立墨東病院(墨田区)など7病院に受け入れを断られた後に死亡した問題で、
インターネットで受け入れ先が探せる都の「周産期医療情報ネットワーク」が機能していなかったことが分かった。ネットの表示では
3病院が受け入れ可能だったが、実際にはいずれも受け入れ要請を拒否していた。システムが機能していれば、
女性はより早く搬送された可能性もあり、都は詳しい経緯を調査している。
 周産期医療情報ネットワークは、リスクの高い妊婦に対応する周産期母子医療センター(都内22カ所)と都、消防をつなぐシステム。
緊急の場合に患者の受け入れが可能なセンターが一覧できるようになっている。
 都によると、死亡した女性は4日午後7時ごろ、下痢や吐き気、頭痛などを訴え、救急車で江東区のかかりつけの産婦人科医院
「五の橋産婦人科」に運ばれた。主治医が近くの墨東病院に受け入れを要請したが、産科の当直医は「土曜日のため当直が1人しかいない」
と説明。主治医から「受け入れ可能な医療機関を教えてほしい」との依頼を受けた当直医は周産期医療情報ネットワークを検索し、
受け入れ可能の表示があった▽東京慈恵会医科大病院▽慶応大病院▽日本赤十字社医療センター--の3病院を紹介したという。
 しかし、主治医がこの3病院に電話をしたところ、いずれも受け入れを「満床」などを理由に拒否。主治医はこのほか
▽東京慈恵会医科大青戸病院▽日本大板橋病院▽順天堂大医院--に電話をしたが、受け入れられなかったという。
 厚生労働省によると、コンピューターで周産期医療情報を共有化するシステムは昨年1月現在、39都道府県が導入。
しかし「(空き病床の)情報の更新が遅い」などの問題も抱え、一般救急で使われる医療情報システムでは、今年1~2月の
総務省消防庁の調査で、全国の消防本部の53%が「システムを利用していない」と答えた。
 今回の問題でも、病院が情報を更新していなかった可能性もあり、都は「調査している」と説明している。
 奈良県橿原市の妊婦死産を受け、厚労省が昨年12月に行った救急搬送の総点検でも「夜間・休日も空床状況を更新できている」
とした自治体は福島、広島県など6県しかなかった。【須山勉、清水健二、木村健二】

ま、この手のシステムについては以前から役に立たない役に立たないと言われ続けているわけですが、むしろ今回の件で当直医がシステムを活用しようとしていたという報道の方に驚きました(苦笑)。
今後予想される最悪の状況としては、「では当直医が責任を持って随時更新を行うように」と強要されるようになるというものですが、さてどうなりますことやら。
特に医療資源が限られる地方では実際にどういう症例かという情報も含めて検討しないと受け入れ出来るかどうか判らない場合がほとんどですから、むしろシステムを簡素化してせいぜい「本日の当直医の専門は○○です」くらいなところにまでシンプルにしてみてもいいのかも知れません。

妊婦死亡:拠点病院なのに… 産科医不足、また悲劇

 医師不足を背景とした同様のケースはこれまでも相次いでいる。

 奈良県大淀町立大淀病院では06年8月、分娩(ぶんべん)中に高崎実香さん(当時32歳)=奈良県五條市=が意識不明となり、19病院に受け入れを断られて緊急搬送先の病院で亡くなった。

 高崎さんの義父憲治さん(54)は「東京にはいくらでも病院がありそうなのに、このようなことが起きて驚いている」と繰り返される悲劇を憤った。そのうえで「搬送先が決まらない間、家族らはやきもきしたことだろう。救急に対応する病院は、無駄だと思わず、医者の数にゆとりを持たせるべきではないか」と指摘した。

毎日だけにやはりこちらに絡めて来ましたか…
妊婦の脳出血という点で確かに共通点は多々ありという見方も出来ますが、今回の事件と併せてみた場合の教訓としては「日本中どこであれ、医療リソースが余っている地域など存在しない」ということではないかと思いますね。
しかしお父さん、真実を知りたいと裁判を起こすことはよろしいのですが、失礼ながらこの程度の認識にとどまっているのであれば真実を追究する実をあげられるかどうか疑問と言わざるを得ませんね。

そしてもう一点、この事件に関して各報道が「産科医不足」を連呼しているという点はどうでしょうか。
実のところ首都圏こそお産難民最先進地とも言えるのですが、特に今回の舞台となった墨東病院に関しては既に昨年の時点で産科崩壊のニュースが伝えられていたわけで今さらという気もします。

そうした産科不足はともかくとして、本症例に関しては単に産科医不足のみという問題ではないこともきちんと言及しておかなければならないでしょうね。
この妊婦の場合、亡くなったのは産科的問題によるものではなく脳神経領域の問題であって、産科医が完全に充足したからと言って同様の事態が発生しなくなるわけではないでしょう。

奈良の大淀病院事件でも同じような事情であったわけですが、特に地方では妊婦でなおかつ脳出血という時点で自ずから受け入れ可能施設は極めて限定されてきます。
まして週末、時間外と言うことになれば、地方でこんな症例が出たならば送ろうにも送り先がないという地域の方が多いのではないでしょうか?
その意味ではこうした難症例がわずか一時間で受け入れできたということにむしろ意外と言いますか、やはり東京はまだまだ医療資源に恵まれているのかなと感じた人も多いのではないでしょうか。

最後に、たまたま耳にしたワイドショーのセリフ「妊婦はなぜ亡くならなければならなかったのか」についてひと言、本症例に関して言えば、どう見ても病気のせいであったのではないでしょうか。
亡くなった妊婦さんのご冥福をお祈りすると共に、胎児の命が助かった幸運を御家族と共に喜びたいと思います。

|

« 生きていくことはゼロリスクではない | トップページ | 東京妊婦たらい回し事件 続報 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

香ばしいブログ群投下。

http://blog.goo.ne.jp/kueiti/e/24100e5ca34fea3561cbd3bcd1468dfe
http://plaza.rakuten.co.jp/PredatorXharashu/diary/200810220000
http://blogs.yahoo.co.jp/jazzblogs/57069015.html
http://blogs.yahoo.co.jp/zakoba2005/55564618.html
http://plaza.rakuten.co.jp/oyajinoblog/diary/200810220000
http://yaplog.jp/r_hey18/archive/1453
http://ennzinnra-z.at.webry.info/200810/article_6.html
http://blog.goo.ne.jp/minokimi_1951/e/47bc8685ff7069fc926505d9784969a4
http://fykshi.blog59.fc2.com/?no=26
http://blog.goo.ne.jp/samura250/e/099b3227af1cd71840ad2cd2f0f545c5
http://chaknewchak.blog7.fc2.com/blog-entry-31.html
http://dieangeles.blog63.fc2.com/blog-entry-344.html
http://blog.goo.ne.jp/tochan7/e/ba1a44ed38ab2b953ace7a16c61a5002
http://blogs.yahoo.co.jp/makiyou0810/46166231.html
http://blogs.yahoo.co.jp/sa996sasasa/2365911.html
http://blog.livedoor.jp/emusan/archives/51081296.html
http://blogs.yahoo.co.jp/anpontanparents/35028523.html
http://mpi.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-4b15.html
http://blogs.yahoo.co.jp/yuichi412fa/2340052.html
http://plaza.rakuten.co.jp/utakatasunao2/diary/200810220000
http://blogs.yahoo.co.jp/kanafuukago/18965097.html
http://plaza.rakuten.co.jp/KenBlueEye/diary/200810220000
http://myhome.cururu.jp/zinsblog/blog/article/71002381750
http://plaza.rakuten.co.jp/yutan0041/diary/200810220001
http://blog.livedoor.jp/kuzisadaie/archives/50752659.html

全国のお医者さん逃げてー!!

投稿: 都筑てんが | 2008年10月23日 (木) 21時46分

踏む勇気がない~…

投稿: 管理人nobu | 2008年10月24日 (金) 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/42879100

この記事へのトラックバック一覧です: またたらい回しかっ!?:

« 生きていくことはゼロリスクではない | トップページ | 東京妊婦たらい回し事件 続報 »