« 医師不足時代の医師集め | トップページ | 「マスゴミ」と呼ばれ続けているのはそれだけの理由が…? »

2008年9月 1日 (月)

毎日新聞がまたまた謝罪

毎日問題はつい先日「まだだ!まだ終わらんよ!」とばかりに取り上げた気がするのですが、またネタを提供していただきました。
本日9月1日、何故か?唐突に?今頃になって?毎日新聞が改めて捏造記事問題の謝罪文を発表したということです。
う~む、よほど多くの「ご批判、お叱り」が殺到してるんでしょうかねえ(苦笑)。

 「毎日デイリーニューズ」刷新 改めておわびと決意

 毎日新聞社は9月1日、英文サイト「毎日デイリーニューズ」(http://mdn.mainichi.jp/)を刷新し、再出発しました。

 皆様からいただいた多くのご指摘、ご意見を踏まえ、ニュース、解説、評論に重点を置いてサイトの内容を整理し、毎日新聞の紙面に掲載された社説やコラム、識者による評論「時代の風」などを翻訳します。題字などデザインも一新しました。

事実の裏付けのない不適切なコラムを国内外に発信してしまった反省から、編集体制を立て直し、記事や企画の選択などのチェック機能を強化します。元カナダ大使の沼田貞昭氏、東京経済大学客員教授のアンドリュー・ホルバート氏、フリーライターのスーザン・ミリントン氏によるアドバイザリーグループも発足させ、定期的に意見をうかがい、サイト上で紹介するとともに運営に生かします。

 日本のニュースを世界に発信する国際メディアとしての役割を果たすべく、全力を尽くします。
◇信頼回復を目指して

 毎日新聞社は1日、毎日デイリーニューズの編集体制を改め、再出発しました。出直しにあたり、1989年10月から英字紙に、01年4月からウェブサイト上に掲載していたコラム「WaiWai」について改めておわびします。

今年6月21日(日本時間)、このコラムのコーナーを閉鎖し、過去のものにもアクセスできない措置を取りました。コラムを転載しているウェブサイトやブログなどへの削除要請も続けています。その理由は掲載したコラムの多くが著しく節度を欠き、国内外に発信するにはふさわしくない内容と判断したからです。

 「WaiWai」は、国内で出版されていた雑誌などを了解を得ずに利用していました。明らかに事実とは思えない情報を英訳、転載し、一部については不適切な加筆もしていました。日本および日本人や特定の国、職業などについて誤解を生じさせる情報を長期間にわたって流し続けました。

 報道機関としてあってはならない読者の信頼を裏切る行為であり、多くの方々にご迷惑をおかけしたことをあらためて、心よりおわびします。誠に申し訳ありませんでした。

 7月20日朝刊と毎日新聞のホームページ、毎日デイリーニューズにおわび、検証記事を掲載しましたが、その後も多くの方からご批判、お叱りをいただいています。みなさまからの声を重く受け止め、今後、こうした事態を二度と引き起こすことのないよう、全力を尽くします。

毎日新聞社

何かしら肝心の「どこがどう問題なのか」をこうも徹底して隠蔽されると思わず「何の話をしてるのですか?」と突っ込みを入れたくなりますが、こうやって謝罪を小出しにしていくことこそ最悪の謝罪の仕方なのだと誰かに教わらなかったのでしょうか?
すでにあちこちのサイトで検証が進みきってしまっている現在に至ってようやくこういうことを言ってきたところで、「また適当に言いつくろって裏で舌出してるな」と受け取られてしまうだけでしょうに。

伝え聞くところでは毎日新聞社内では今回の一件に関して「不当なバッシング」という声も大きいようですが、気がついているのでしょうか?
今まで毎日新聞をはじめとしたマスメディアが行ってきた「重箱の隅も穴が空くまで徹底的に突く」という方法論がそのまま自分に返ってきているだけの話なんですよ。
今どき他人に向かっては「風の息づかいを感じていれば、事前に気配があったはずだ」なんて非科学的妄言まで使っても批判し放題で、自分だけ安全な場所にいられると思っているのなら脇が甘すぎると言うものでしょう。
毎日新聞には「うまくいって当たり前でひとつ間違えば叩かれる。これを理不尽に思ってはいけないと思うのです。それはどんな職業でも当然のことなのです」という言葉をよく噛みしめてもらいたいですね。

さて、話は変わりますがこういうものがあるようです。

検定!毎日新聞

変態記事問題で揺れる毎日新聞について、あなたはどれだけ知っているか?
合格率:    44.2%
受験者数:    1917名
合格者数:    847名
問題数:    10問
判定基準:    7問以上の正解

ためしにやってみましたが、結果は正答率40%であっさり不合格…
修行が足りなかったと言うべきなのかどうか微妙ですが、毎日の場合ですとまだまだ幾らでも書き足したい項目は思い浮かびますよねえ。
ネタ新聞といえば昔から某社が有名でしたが、近ごろでは毎日のほうが一枚上手と言えるかも知れません。

んん…?もしやこうして集蛾灯に群がる羽虫の如く毎日新聞に釣られているのでは…

|

« 医師不足時代の医師集め | トップページ | 「マスゴミ」と呼ばれ続けているのはそれだけの理由が…? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/42345367

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞がまたまた謝罪:

« 医師不足時代の医師集め | トップページ | 「マスゴミ」と呼ばれ続けているのはそれだけの理由が…? »