« 邦人記者暴行事件 | トップページ | 毎日新聞捏造記事事件~続報その二 »

2008年8月 7日 (木)

毎日新聞捏造記事事件~続報その一

前回テキサス親父のコメントを紹介しましたが、その後も毎日新聞の捏造記事問題は相変わらず騒動が続いています。
彼ら毎日側の読みではネット上の騒動などすぐに沈静化すると見ていたのでしょうが、むしろ逆に実社会に延焼しつつある真っ最中とか。
そんな実社会における影響の一例としてこんな話が出てくるわけです、が…

「変態ニュース」で毎日新聞ユニセフに謝罪 募金停止で「実害」

 毎日新聞の英語版ニュースサイト「Mainichi Daily News」で過去に「不適切」な記事を配信していた問題で、毎日新聞社が日本ユニセフ協会に「募金活動が停止するなど多大な実害が生じた」として謝罪していたことがわかった。

   この問題は、毎日新聞の英語版ニュースサイト「Mainichi Daily News」にあるコーナー「WaiWai」で長年にわたって、「ファストフードで女子高生が性的狂乱状態」と題された記事など「不適切」な記事を配信して いたというもの。「低俗すぎる」との批判が相次ぎ、毎日新聞社はこれらの記事を書いた外国人記者を3か月の懲戒休職、当時常務デジタルメディア担当だった 朝比奈豊社長を役員報酬10%(1か月)返上とするなどの処分を下し、7月20日付の同紙で検証記事を掲載している。

   この騒動をめぐっては、少女売春を助長させるような記事を配信していたとして、日本ユニセフが毎日新聞社に抗議するよう促す書き込みもインターネット上でなされていた。

 世界の子ども支援の上で実害すら生ずる事態

   日本ユニセフは2008年8月6日までに、同協会のホームページに毎日新聞社への抗議文と同社からの回答を公開。それによれば、日本ユニセフは7月22日付で

「今回貴社で起きた問題は、単に日本の品位を傷つけるのみならず、弊協会が長年に亘って児童の保護を訴え続け、その実績が認められつつある状況に冷や水をかけるもの」
「このような中で、弊協会に対しても『貴社に対する対応が手ぬるい』等のご批判が支援者から寄せられ、多くの方が抗議の一環として募金を停止するなどの行動に出られる等、世界の子ども支援の上で実害すら生ずる事態となっております」

と述べ、同社に謝罪を求める抗議文を赤松良子会長名で送付した。

   毎日新聞社からは、朝比奈豊社長名で08年8月5日付で回答があり、「抗議を重く受け止める」とした上で、

「日本の品位、名誉を傷つけただけでなく、貴協会が長年に亘って築いて来られた全世界の児童を保護する取り組みに対しても、その名誉と信頼を棄損したことについて、お詫びします」

と述べ、募金活動に実害が生じたとする点についても日本ユニセフに謝罪している。

まあこの記事自体、さらっと読み流していれば「また毎日か!」で終わる話なんですが、問題はこの日本ユニセフなる組織。
実はこの組織が国連児童基金(UNICEF)の日本支部などではないという事実は意外と知られていません。
このあたりはwikipediaにも結構詳しく記述してあるのですが、今回はこちらのサイトから紹介してみます。

日本ユニセフ協会の謎(抜粋)
 先日、選挙に行こうのリンクを辿っているうちに、日本ユニセフ協会の悪評があった。要点は以下の通り。

 ・ユニセフから直接委任を受けてできた団体ではない.
 ・25億円を使って品川に豪華ビルを建設.
 ・国連ユニセフ親善大使の黒柳徹子氏が困惑している.

 なんだこれは?。ユニセフ(国際連合児童基金)が何かはだいたいわかっていたつもりだが、ユニセフ≠日本ユニセフ協会なのか?と言われると自信がない。ということで、今回は日本ユニセフ協会を調べてみることにした。

具体的にどういうことなんだ?と当然ながら気になるわけですが、

 まず、ユニセフと直接関係あるかだが、ユニセフの組織図を 見ると、ユニセフ本部と直接関係ないのが分かる。組織図の線も点線だし。実線で繋がっているのは「ユニセフ駐日事務所」だ。日本ユニセフ協会ではない。日 本ユニセフ協会は、世界37カ国にあるユニセフ国内委員会の一つに過ぎず、どうもフライチャンズのような立場らしい。これは、ユニセフ募金-革新的募金キャンペーンの推進日本ユニセフ協会の経費財源(募金経費)からもわかる。


 ユニセフ国内委員会は、ユニセフとの「協力協定」に基づき、募金活動のための費用や運営のための費用、アドボカシー(政策提言)その他の各種支援活動をまかなうための資金として、国内委員会の募金およびグリーティングカード・プロダクツの収入の25%以内、および日本ユニセフ協会会員の会費・補助金・雑収入を協会の活動経費として留保することが認められています。


 ようは、ユニセフとの協定の元、募金の 25%以内はピンハネ(着服)必要経費として自由に使っていい組織のようだ。

おいおいおい!ですよ。
ま、実際のところ日本ユニセフに集まった寄付金の8割は本物のUNICEF(あ~ややこしい)に寄付されているわけですが、年100億以上集まる寄付金のうち10数%は実際には世界の児童のためなどには使われていないわけです。
ではその金がどこに使われているのか、と言う話になるわけですが、

  

日本ユニセフ協会の状況(事業計画/組織図/統括計算書類等)
  ディスクロージャー

 案の定、役員がずらずら (´Д`)
 一応、「日本ユニセフ協会の役員にはいわゆる「天下り」はいるのですか」に対し、「当協会には天下りは一人もおりません。理事、評議員の中に官庁出身者がおりますが、民間出身で常勤の専務理事を除き、会長以下すべて無給のボランティアとして協力しています」と回答している。
 しかし、専務理事の給与はもとより、人件費に幾らかかってるかは公開されていない。なお、無償の役員がいっぱいいるのは、みんな慈善事業の肩書きを欲しいだけなのか?と思ってしまう。偉い人なんてそんなものだろうし。

2004年度の収支報告を見ると、寄付金・募金が 156億円、事業費を差し引いたグリーティングカード募金が 9億円強。そこからユニセフ本部への送られたのが 149億円(うち、活動資金136億円)なのがわかる。ピンハネ率必要経費は約10%。上限に比べれば低いが、金額にすると 16億円とかなりでかい。

ん~なんだかねえ…
さらにこの手の怪しい団体(失礼)にはお約束とも言える「豪華ビル建設疑惑」もあります(苦笑)。
なんと日本ユニセフさん、寄付金のうちから25億も使って豪華ビルまで建てちゃったと言うんですね!

 次に豪華ビルだが、2001年7月に東京都港区高輪にオープンしたユニセフハウスのことだろう。サイトを見ると、1F~2Fを疑似体験できる(要Flash)。
  この建設費の情報は2001年5月に週刊新潮(5月24日号)がスッパぬいたようだが、元記事は検索できなかった。かいま見る情報からは、担当者が「毎年 賃貸で6,000万円くらい出すよりは長期的に見ていい、今まで事務経費を節約してきたからこれくらい建てても良い」といってたらしい。( ゚Д゚)ハァ?
 担当者は募金の意味をわかっているのだろうか。それ以前に毎月500万円もかかる事務所を借りて、経費削減を豪語。完全に意識がおかしい。設立当初のボランティア精神はどこへ行ったのやら。
 少しでも子ども達を救おうという意志があるのなら、事務所を家賃が高い東京の一等地に置く必要などない。まして、どんな屁理屈をつけようと募金でビルを建てるのは絶対間違っている気がする。

ん~家賃6000万のかわりにと25億のビル建てて元を取ろうとすれば築後何十年使うつもりなのかは知りませんが…ちょっと言い訳にしても無理がないかオイ?

そしてもう一つの問題がかの御高名なる国連UNICEF大使(こちらは本物です!)黒柳徹子さんの件。

 日本ユニセフ協会が「地球の歩き方」を出版している会社から37万人分の氏名・住所のデータを受け取り、寄付集めのダイレクトメールを送ったところ、黒柳氏に寄付した人が「なんでまた寄付を依頼するんだ?」と問い合わせが来たそうだ。
 この記事によると、日本ユニセフ協会は黒柳氏に対し「うちを通して募金をユニセフ本部に納めて欲しい」に対し、「頂いた募金は一円も無駄にしないで現地に届けたい」という理由で断ったエピソードがあった。
 そう考えると、1984年以降、国連ユニセフ親善大使を務めている黒柳氏から見れば、日本ユニセフ協会のやり方は許せないのだろうか?とも思ってしまう。わざわざユニセフ用の口座を開いていることからもそれは伺える。
 逆に日本ユニセフ協会は国連ユニセフ親善大使の黒柳徹子氏を広告塔として使えないから、アクネスチャンを日本ユニセフ協会大使に立ててるのだと思う(個人的にはこの人選は納得できないのだが)。なんか、両者が犬猿の仲に見えるのが興味深い。

て言うかね、名簿入手して片っ端からDM送りつけるって個人情報保護法上どうなのよ?>日本ユニセフ
そんな人たちが児童ポルノ撲滅!なんて言ったところで何か裏でもあるんじゃないの?!と勘ぐられるのがオチだと思うんですけど。

まあその件はともかくとしても、幾つかの情報を総合したところでも、黒柳氏が日本ユニセフなる団体とは距離を置いているというのは事実らしいですね。
黒柳氏と言えば自分の番組を通して実際に世界中あちこちの国に出向くことで寄付金活動を行っているわけですが、

「番組の放映ごとに視聴者の方への募金もお願いしていて、25年間に44億円以上が集まりました。そのお金は銀行から直接、全額UNICEFに送られています。番組を見て、募金をしてくださるのだから、私が訪れた国へ届くようにUNICEFにお願いしています。現地に行って手渡すことが大事であり、UNICEFは地を這うようにして、それを実践していることを、自分の目で見ているので大丈夫だと思いました。私の事務所の人間もボランティアでやってくれていて、全額寄付しています」

と言っているくらいで、寄付金というものに対してかなりのこだわりをもっていることが判ります。
寄付金と言えば近ごろでは移植医療がらみの寄付金集めが随分と香ばしいことになっているようで、これもいずれまた取り上げたいと思っていますけどね。

結局のところ寄付なんて行為は行う側の満足があればそれでよいという見方も出来るかも知れません。
それでもせっかくの寄付金が何かしら怪しげな目的外転用されているかも知れないとなれば、あまり面白くないと感じてしまうのが人情と言うもの。
と言うわけで、最後に日本で唯一のUNICEF(しつこいですがこちらは本物です!)親善大使黒柳徹子さんに関しての記事を紹介して終わりたいと思います。

等身大の国際貢献(番外編)

|

« 邦人記者暴行事件 | トップページ | 毎日新聞捏造記事事件~続報その二 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/42094038

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞捏造記事事件~続報その一:

« 邦人記者暴行事件 | トップページ | 毎日新聞捏造記事事件~続報その二 »