« 「ポスト大野時代」を見据えて その一 | トップページ | 大野事件判決続報 »

2008年8月20日 (水)

大野病院事件は無罪判決(本日随時更新中)

帝王切開死亡事故 大野病院産婦人科医に無罪判決 福島

2008.8.20 10:22

 福島県大熊町の県立大野病院で平成16年、帝王切開手術を受けた女性=当時(29)=が死亡した事件で、業務上過失 致死と医師法(異状死の届け出義務)違反の罪に問われた産婦人科医、加藤克彦被告(40)の判決公判が20日、福島地裁で行われ、鈴木信行裁判長は無罪 (求刑禁固1年、罰金10万円)を言い渡した。判決言い渡しは午後3時ごろまでに終わる見込み。

無罪判決に産科医、身じろぎせず 遺族は涙

2008.8.20 11:35

 手術中の判断をめぐり、執刀医の刑事責任が問われた福島県大熊町の県立大野病院で発生した妊婦死亡事件。病院の調査 委員会が報告書を作成し調査を終えた後の逮捕・起訴に医療界からは「通常の医療行為で逮捕されれば現場が萎縮(いしゅく)する」などと強い反発の声があ がっていた。全国で産科医の不足や過酷な労働状況が指摘される中、福島地裁が下したのは、医師の裁量を認めた「無罪」判決。法廷内ではさまざまな感情が渦 巻いた。

 午前10時過ぎにダークグレーのスーツを着て入廷した加藤被告。裁判官に向かって一礼をした後、傍聴席の被害者家族が座っている方向に向け、深く頭を下げた。

 鈴木信行裁判長に名前などを確認されている間は、緊張からか、せわしなく両手を動かしていたが、「無罪」の主文が言い渡されると、身じろぎせず聞き入った。

 加藤被告は女性が死亡した後も大野病院ただ一人の産婦人科医として勤務し、平成18年2月18日の逮捕時にも、約10人の入院患者と20~30人の外来患者を抱えていた。妻も第一子の出産間近で、加藤被告は自分で子供を取り上げる予定だったという。

 しかし逮捕で状況は一変。妻の出産に立ち会えず、患者のケアも不可能になった。保釈後も現場に復帰せず、休職を続けていた。

 主任弁護人の平岩敬一弁護士は加藤被告の近況について「謹慎に近い状態で、医学博士の学位を取るために自宅で研究を続けていた」と話す。

 今年5月に開かれた最終弁論では、加藤被告は「もし再び医師として働けるなら、もう一度地域医療の一端を担いたい」と希望を述べていた。

 一方、被害者女性の家族もまた、「無罪」を言い渡した裁判官を見据えながら判決に聞き入った。女性の父親は、祈るような形で手を組み合わせたまま、唇をかみしめ、判決理由に耳を傾けた。

 女性の父親や夫は1月の意見陳述で「この事件で、閉鎖的だった医療界が国民の関心の的になった。事件が開かれた医療のあり方や臨床の実態を考えるきっかけになることを願う」と希望した。

 同時に、「幼くして母を失った子供を見るとふびんになる」「夜中、突然目が覚めるという状態が続いている」「わが家の生活から笑顔が事件以来、無くなってしまった」などと、事件後に家族の生活が様変わりした苦しみを吐露し、加藤被告に対して厳罰を望んでいた。

 判決の朗読が始まって5分ほど経った後、うつむいた父親が突然涙をこぼし始めた。感情を抑えられない様子で、ハンカチを取り出しては、涙を何度もぬぐっていた。

微動だにしない加藤医師 落胆隠せぬ遺族
2008/08/20 11:59

 「被告人は無罪」-。被告のK医師(40)は微動だにしないで判決に聞き入り、女性の遺族はがっくりと肩を落とした。
20日に言い渡された福島県立大野病院事件の福島地裁判決。言い渡しの瞬間、廷内は関係者が沈痛な表情を浮かべ、
重苦しい雰囲気に包まれた。
 スーツを着たK医師は遺族に頭を下げて入廷。緊張した様子で立ち、無罪判決にも前を見据えたまま。
着席後は手を固く結び、判決を聞いた。
 「言い訳しないでミスを受け止めて」と傍聴を続けてきた遺族。女性の父はがっくりと肩を落とし、
何度かハンカチで目元をぬぐった。女性の夫はにらむような鋭い視線を前方に向けた。女性の母は目を閉じたまま
小さな体を折り曲げ、裁判長の言葉を聞き取ろうしていた。

大野病院医療事件:帝王切開の医師に無罪判決 福島地裁

 福島県大熊町の県立大野病院で04年、帝王切開手術中に患者の女性(当時29歳)が死亡した医療事件で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われ た同病院の産婦人科医(休職中)、加藤克彦被告(40)に対し、福島地裁の鈴木信行裁判長は20日、無罪(求刑・禁固1年、罰金10万円)を言い渡した。 手術中の医師の判断が問われたが、判決は医師の裁量の範囲と認めたとみられる。

(中略)

 福島県警は被害女性が死亡した翌年に同県の事故調査委の発表で事態を知り、発生から約1年2カ月後の06年2月に加藤医師を逮捕するという異例の 経過をたどった。日本医学会や日本産科婦人科学会など全国の医療団体が「結果責任だけで犯罪行為とし、医療に介入している」と抗議声明を出すなど、論議を 呼んだ。公判では、検察、被告側双方の鑑定医や手術に立ち会った同病院の医師、看護師ら計11人が証言に立っていた。【松本惇】

(中略)

 ◇「県警としては捜査を尽くした」

 福島県警刑事総務課の佐々木賢課長の話 県警としては捜査を尽くしたが、コメントは差し控えたい。細かい争点については(裁判所の判断が)まだ分からないので何とも言えない。県警は医師に注意義務があるとして検察へ送ったが裁判所はそう認定しなかった。

帝王切開死で産科医に無罪 大野病院事件で福島地裁

 公判では、子宮に胎盤が強く癒着した極めて珍しい症例をめぐり、胎盤をはがす「はく離」を被告が続けた判断の是非が最大の争点となった。

 鈴木裁判長は女性の死因についてはく離継続で出血が増えたことによる失血死と判断。癒着の程度や位置関係をめぐる検察側証人の鑑定結果について「相当疑問がある」と信用性を否定した。


福島県立大野病院事件の福島地裁判決理由要旨

 福島県立大野病院で帝王切開手術を受けた女性患者が死亡した事件で、福島地裁が言い渡した無罪判決の理由の要旨は次の通り。

 【業務上過失致死】

 ●死因と行為との因果関係など

 鑑定などによると、患者の死因は失血死で、被告の胎盤剥離(はくり)行為と死亡の間には因果関係が認められる。癒着胎盤を無理に剥(は)がすことが、大 量出血を引き起こし、母胎死亡の原因となり得ることは、被告が所持していたものを含めた医学書に記載されており、剥離を継続すれば患者の生命に危機が及ぶ おそれがあったことを予見する可能性はあった。胎盤剥離を中止して子宮摘出手術などに移行した場合に予想される出血量は、胎盤剥離を継続した場合と比較す れば相当少ないということは可能だから、結果回避可能性があったと理解するのが相当だ。

 ●医学的準則と胎盤剥離中止義務について

 本件では、癒着胎盤の剥離を中止し、子宮摘出手術などに移行した具体的な臨床症例は検察官、被告側のいずれからも提示されず、法廷で証言した各医師も言及していない。

 証言した医師のうち、C医師のみが検察官の主張と同趣旨の見解を述べている。だが、同医師は腫瘍(しゅよう)が専門で癒着胎盤の治療経験に乏しい こと、鑑定や証言は自分の直接の臨床経験に基づくものではなく、主として医学書などの文献に頼ったものであることからすれば、鑑定結果と証言内容を癒着胎 盤に関する標準的な医療措置と理解することは相当でない。

 他方、D医師、E医師の産科の臨床経験の豊富さ、専門知識の確かさは、その経歴のみならず、証言内容からもくみとることができ、少なくとも癒着胎盤に関する標準的な医療措置に関する証言は医療現場の実際をそのまま表現していると認められる。

 そうすると、本件ではD、E両医師の証言などから「剥離を開始した後は、出血をしていても胎盤剥離を完了させ、子宮の収縮を期待するとともに止血 操作を行い、それでもコントロールできない大量出血をする場合には子宮を摘出する」ということが、臨床上の標準的な医療措置と理解するのが相当だ。

 検察官は癒着胎盤と認識した以上、直ちに胎盤剥離を中止して子宮摘出手術などに移行することが医学的準則であり、被告には剥離を中止する義務があったと主張する。これは医学書の一部の見解に依拠したと評価することができるが、採用できない。

 医師に医療措置上の行為義務を負わせ、その義務に反した者には刑罰を科する基準となり得る医学的準則は、臨床に携わる医師がその場面に直面した場合、ほ とんどの者がその基準に従った医療措置を講じているといえる程度の一般性、通有性がなければならない。なぜなら、このように理解しなければ、医療措置と一 部の医学書に記載されている内容に齟齬(そご)があるような場合に、医師は容易、迅速に治療法の選択ができなくなり、医療現場に混乱をもたらすことにな り、刑罰が科される基準が不明確となるからだ。

 この点について、検察官は一部の医学書やC医師の鑑定に依拠した準則を主張しているが、これが医師らに広く認識され、その準則に則した臨床例が多く存在するといった点に関する立証はされていない。

 また、医療行為が患者の生命や身体に対する危険性があることは自明だし、そもそも医療行為の結果を正確に予測することは困難だ。医療行為を中止す る義務があるとするためには、検察官が、当該行為が危険があるということだけでなく、当該行為を中止しない場合の危険性を具体的に明らかにしたうえで、よ り適切な方法が他にあることを立証しなければならず、このような立証を具体的に行うためには少なくとも相当数の根拠となる臨床症例の提示が必要不可欠だと いえる。

 しかし、検察官は主張を根拠づける臨床症例を何ら提示していない。被告が胎盤剥離を中止しなかった場合の具体的な危険性が証明されているとはいえない。

 本件では、検察官が主張するような内容が医学的準則だったと認めることはできないし、具体的な危険性などを根拠に、胎盤剥離を中止すべき義務があったと認めることもできず、被告が従うべき注意義務の証明がない。

 【医師法違反】

 本件患者の死亡という結果は、癒着胎盤という疾病を原因とする、過失なき診療行為をもってしても避けられなかった結果といわざるを得ないから、医師法にいう異状がある場合に該当するということはできない。その余について検討するまでもなく、医師法違反の罪は成立しない。

 
「なぜ事故が」…帝王切開死、専門的議論に遺族置き去り

 一方、亡くなった女性の父親、渡辺好男さん(58)は、最前列で傍聴した。主文読み上げの瞬間、驚いたような表情で鈴木信行裁判長を見上げた後、厳しい視線を加藤医師に投げかけた。

 加藤医師は、約2時間20分にわたった言い渡しの後、傍聴席の遺族の方を向き、深々と頭を下げた。

 渡辺さんは判決前、「なぜ事故が起きたのか、なぜ防げなかったのか。公判でも結局、何が真実かはわからないままだ」と話した。

(中略)

 「警察に動いてほしかった」と思っていた時、加藤医師が逮捕された。

 「何が起きたのかを知りたい」という思いで、2007年1月から08年5月まで14回の公判を欠かさず傍聴した。証人として法廷にも立ち、「とに かく真実を知りたい」と訴えた。「大野病院でなければ、亡くさずにすんだ命」と思える。公判は医療を巡る専門的な議論が中心で、遺族が置き去りにされたよ うな思いがある。

妊婦失血死事件無罪判決 捜査幹部、逮捕妥当性を強調

 「われわれは患者の目線で捜査しているんだ」。現役の医師が逮捕、起訴された県立大野病院事件。医療関係者の間で広がった批判に、当時の捜査幹部は語気を強めた。福島県警 や福島地検は捜査の妥当性を繰り返し強調した。

 福島県は平成17年3月、県立大野病院の女性死亡が医療ミスだったと公表した。これを端緒に県警は捜査に着手。「事故を警察に届けておらず、証拠隠滅の恐れがある」として翌年、異例の逮捕に踏み切った。

 過去にも医療事故で医師が逮捕されたことはあるが、無謀な手術など悪質さが際立つケースがほとんど。地検は逮捕の理由について「遺体もなく、身柄を確保した上で関係者の話を聞く必要があった」とした。

 一方で医療界からの激しい反発には「想定外だった」と戸惑いも。公判にかかわった検察関係者は「捜査当局と医療側の対立という、招くべきではない事態を招いた」と当時の判断に疑問も示した。

(管理人注) 医師逮捕事件 富岡署を表彰(朝日新聞、福島、2006年4月16日) 

 県警は14日、今春の人事異動後初の警察署長会議を開いた。県内全28署の署長や県警本部の幹部ら80人が参加。重大事件を解決した警察署などへの表彰があり、 富岡署が県立大野病院の医師を逮捕した事件で、県警本部長賞を受賞した。

「逮捕は正当」県警と地検がコメント 大野病院事件

 福島県立大野病院事件で無罪判決が言い渡された20日、捜査に当たった福島県警と福島地検は重苦しい空気に包まれた。

 県警の佐々木賢刑事総務課長は「県警として捜査を尽くした。判決についてはコメントできる立場にない」と言及を避けた。また、加藤医師を逮捕したことについても「法律と証拠に基づいて必要性を慎重に検討し、正当な手続きを経て逮捕した」と話すにとどめた。

 一方、福島地検の村上満男次席検事は「当方の主張が認められず残念。今後は判決内容を精査し、上級庁と協議の上、適切に対処したい」とする談話を発表した。

 県警の捜査に対しては、「証拠隠滅や逃亡の恐れはなく、逮捕は不当だった」と、医療界が強く反発。また、捜査に当たった富岡署に県警本部長賞が贈られ、「有罪が確定していないのにおかしい」などという声を上がっていた。

 ある捜査幹部は「この事件で、医師の注意義務や説明責任を喚起できたことは無駄ではなかったと思う。しかしその代償はあまりにも大きすぎた。医師の責任を問うことの難しさを痛感した」と振り返った。

控訴しないことを強く要請 産科婦人科学会

 福島県立大野病院事件の無罪判決を受け、日本産科婦人科学会(吉村泰典理事長)は8月20日、「本件判決に控訴しないことを強く要請する」などとする声明を発表した。
  声明ではまず、亡くなった女性患者と遺族に対し哀悼の意を表した。続いて被告医師が行った医療について「当時、被告人が産婦人科専門医として行った医療の 水準は高く、全く医療過誤と言うべきものではありません。癒着胎盤は極めてまれな疾患であり、診断も難しく、最善の治療がいかなるものであるかについての 学術的議論は現在も学会で続けられております」とした。
 判決については、「重篤な疾患を扱う実地医療の困難さとそのリスクに理解を示した妥当な判決であり、これにより産科をはじめ多くの領域における昨今の委縮医療の進行に歯止めの掛かることが期待される」と高く評価した。
 最後に、「今回の裁判による医療現場の混乱を一日も早く収束するよう、検察庁が本件判決に控訴しないことを強く要請する」と訴えている。

無罪判決「残念な結果」=今後の医療界に不安-帝王切開事故遺族の渡辺さん

 福島県立大野病院の帝王切開死判決で、死亡した女性の遺族らは20日午後、福島県庁記者クラブで記者会見を開き、「残念な結果として受け止めるとともに、今後の医療界に不安を感じざるをえない」と顔を曇らせた。
 加藤克彦医師(40)の帝王切開手術を受け、亡くなった女性=当時(29)=の実父渡辺好男さん(58)は「病院側に真実を知らせてほしいと思っていたが、裁判になって強いることができたと思う」と語った。
 一方では「裁判を聞き、娘が手術中はまだ生きていたという思いだった」とうつむいた。
 加藤医師には「病院で何があったのかを十分に説明してもらいたい」と改めて不満をあらわに。「(大きな病院へ移すなど)周囲からのアドバイスがあったのに、どうして耳を傾けなかったのか。病院からの説明もほとんどなく、悔しい思いだ」と苦渋をにじませた。

死亡助成の父親が会見「非常に残念」大野病院事件

 死亡した女性の父親、渡辺好男さん(58)も20日の判決後、福島県庁内で記者会見に臨み、「非常に残念。今後の医療界に対して不安を感じざるをえない」と無念の表情をみせた。

  終始固い表情の渡辺さんは「私が本当に知りたいのは、手術中の詳細なやりとりではなく、(加藤医師が)どうして態勢の整った病院に娘を移さなかったのかと いうことだった。裁判では明らかにされず悔しい。命を預かっている以上、すべての不安を取り除いて臨んでほしかった」と、不満をあらわにした。

  渡辺さんはこれまで、匿名で取材に応じてきたが、この日は実名を公表。「実名で声明を発表することで、多くの人に医療事故をより身近に感じてもらえると 思った。これを機に、医療も良い方に変わってもらえたら」と理由を説明。また、国が進めている“医療版事故調”設置については「真実を説明してもらえる機 関になってもらいたい」と要望した。

 一方、捜査機関に対しては「自分1人ではここまでこられなかった。裁判になったおかげで分かったことがたくさんあった」と感謝の気持ちを口にした。

無罪の加藤医師が会見「ほっとした」大野病院事件

 無罪判決を受けた加藤克彦医師(40)は20日午後、福島市内で記者会見し、「ほっとした」と胸の内を率直に語り、「今後は、地域医療の現場で患者にできることを精いっぱいやっていきたい」と、現場復帰の意思を明らかにした。

 加藤医師は会見の冒頭、涙を浮かべながら、死亡した女性に「信頼して受診してもらったのに、亡くなるという最悪の結果になり、申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 加藤医師は逮捕からの月日を「何もしたくないという日々。長く嫌な2年6カ月だった」と振り返った。無罪判決については「裁判所にしっかりした判断をしていただいた」と少し表情を緩ませ、「今後は僕のような人が出ないことを祈りたい」と語った。

 さらに、「子供をあやす顔が忘れられない」「きちんとした罰を受けてほしい」と公判で意見陳述した遺族の言葉にも触れ、「グサッときた。生涯忘れられない言葉」と神妙な面持ちで話した。

 主任弁護人の平岩敬一弁護士は判決を評価するとともに、「医師に不安が広まったことや、産科医の減少といった悪影響がなくなればいい」と話した。

帝王切開で死亡 医師無罪判決

判決を受けて、亡くなった女性の父親の渡辺好男さんは「真実を知りたくて、病院で何が起こったのかを追及してきました。娘が戻ってくるわけではありません が、判決のとおり大量出血のおそれがあることを予測できた可能性があるのならば、これからの医療界で生かし、再発防止に努めてもらいたいです」と話しまし た。また、加藤医師に対しては「病院で何があったのか十分に説明してほしい」と話しています。

一方、判決のあと記者会見した加藤医師は、「亡くなった女性 に信頼していただいていたのに申し訳なく思っています。ご家族に対しては大変つらい思いをさせてしまい、申し訳ございませんでした。裁判所には、きちんと した判断をしていただき、深く感謝しています」と述べて一礼しました。そのうえで「突然の逮捕から2年6か月、何もできない、何もしたくない、もんもんと した日々でした。判決はたくさんの人に支えられたおかげだと思います。今後は地域医療に貢献できるよう、また医師として精いっぱい働きたい」と話しまし た。

判決を受けて、舛添厚生労働大臣は記者団に対し「行政の長として、個々の司法判断にコメントはできないが、厚生労働省としては今回の判決も参考にした うえで、医師の声や真実を知りたいと願う家族の声のバランスを取りながら、今後の事故調査のあり方を検討してきたい」と述べました。
そのうえで舛添大臣 は、医療事故が起きた場合に死因や診療内容などを調査する権限を持つ第三者機関の設置について「よい形で事故の原因究明ができる委員会を作るために、党派 を超えて国会で議論し案をまとめていきたい」と述べ、法案化を目指す考えを示しました。

<大野病院事件>医師無罪で双方会見 被害女性の父「残念」

◇「適切医療と言えず」
 産科医療裁判の経験がある中央社会保険医療協議会の勝村久司委員の話 加藤医師は減給1カ月の処分も受けており、刑事責任は別にしても医療行為が適切 だったとは言えない。県が事故調査報告を作成する際に遺族から聞き取りをしないなど、遺族対応も不十分だった。今回の事故を全面的に正当化してしまうと、 重大な事故隠しなどにつながりかねず、関係者は反省すべき点は反省してほしい。



|

« 「ポスト大野時代」を見据えて その一 | トップページ | 大野事件判決続報 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

私なら先生ではなく、Aさんの遺族を責めますね。責めはしなくとも、彼らに先生を責める資格はないかと思います。
彼らの対応は第三者の目には責任転嫁にしか見えません。
自分たちの判断の誤りを、どうしようもない怒りを先生に無理やり押し付けているようです。
遠いから小さな病院で、なんていう考えを持っていたこと自体、出産に対する理解不足としか思えません。
素人云々関係なく、自分たちの命を預けるのだから普通は自分の身に起きていることを最低限調べますよね。なのに医師から聞かされた情報だけを頼りに出産はやはりこの病院で、なんて浅はかな決断と言いますか。
先生ももう少し強く大学病院を勧めるべきだったのだと思います。
情報からは患者家族が前置胎盤に関して認識ぐ甘すぎることだけはありありと伝わってきました。
どちらにしても自分の病院で産むと言う患者を拒むことは医師として出来ないでしょうから結果だけを見て失敗したら訴訟され、本当にお気の毒な職柄だと思いました
ご遺族の気持ちも分からなくもないですが。
病気でもない家族が死ぬなんて想定しないでしょうし、死んだらミスではって疑ってしまいますよね。
でも状況を見る限り、ミスとは言えないので理解するしかないのでは…
前置胎盤と分かった時に死ぬ可能性についてもきちんと話しておけばここまでの事件にならなかったんじゃないかな。

投稿: ぽよ | 2013年11月17日 (日) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/42219966

この記事へのトラックバック一覧です: 大野病院事件は無罪判決(本日随時更新中):

« 「ポスト大野時代」を見据えて その一 | トップページ | 大野事件判決続報 »