« 大野事件検察控訴を断念?>無罪確定しました | トップページ | 毎日新聞はなお我が道を逝く »

2008年8月29日 (金)

今日のぐり「大学うどん」

内山監督はついに解任だそうです。
いずれにしても勝たないことには何ともしがたい状況ですから、シーズン残りに何とか勝ち点をとりに行くしかないんでしょうかねえ。
う~む、個々の選手をみれば結構いいもの持ってると思うんですが…勝つ勝たないという以前にいいサッカーをしてもらいたいですホント。

今日のぐり「大学うどん」
古城池トンネルから笹沖方面に降りていくと下りきる手前にある「創業五十年」をうたううどん屋。
なぜうどん屋なのに大学?と以前から前を通るたびに気になっていた店ではあります。
となりに焼き肉屋だの日本食屋だのがありますが、急な下り坂で顧客心理上少しばかり立ち寄りにくい場所の割にはそこそこ客が入ってるなと言う印象ですね。

意外と広い店内は中央にカウンター席、周囲がテーブル席と言う構造。
メニューを見るとうどん各種が並んでいるのと別項目でぶっかけ各種もあり、さらに別紙で細麺なるものも同じくらいありと随分と種類があります。
別にこの店に限ったことではないんですが、うどん屋のメニューってこうまで複雑にする必要があるんだろうかとは以前からの個人的疑問なんですが…

看板にもちらっと出ていたぶっかけうどんがどうも主力メニューのようなので、それを注文。
運ばれてきたうどんの見た目は某ぶっかけ元祖をうたうチェーン店とそっくりですが、そう言えば値段もほぼ同じような?
もしや意識しているんでしょうか?

うどんは一見しての表面の光沢も舌触りのなめらかさもまずまず、やや柔らかめの仕上がりですが噛みしめると腰もあります。
好みから言えばもっと腰がしっかり感じられる方が好きなのですが、ごつい腰と称して単なるガチガチの硬いうどんを出す店が多いことを思えばこちらの方が百倍マシでしょう。

魚の風味ががっちり効いたダシは少し酸味も感じられるさっぱり目の味ですが、ネギやあげ玉と混ぜながら食べるとうどんとの相性も悪くありません。
一つ残念なのは味の方向性は良いのですが、ぶっかけうどんとしてはわずかにうどんに対してダシが弱い印象なのですね。
このあたりは別メニューにある細麺であれば相性ばっちりだったんじゃないかなと言う気もしますが、この店に限らず沢山のメニューを揃えるのであれば細かい相性のセッティングにも気を使ってもらえるとありがたいですね。

全体としてうどん屋を名乗るに水準はクリアしている味で、名店とは言わないものの値段的に考えてもまずまず妥当というところでしょうか。
店員の接客も格別気が利くというものでもありませんが、誠実な態度でわりあい好感がもてました。
このうどん単体では少し押しが弱いのも確かなんですが、このあたり評判がいいらしい天ぷら系のメニューで客単価を稼いでいるんでしょうかね?天ぷら定食系はけっこういい値段してるようですし。
近ごろではわりあい近いところにチェーン系のうどん屋も増えていますし、そう遠くない場所に天のもありますから、今後どうなっていくのか気になるところではあります。



|

« 大野事件検察控訴を断念?>無罪確定しました | トップページ | 毎日新聞はなお我が道を逝く »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/42317473

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり「大学うどん」:

« 大野事件検察控訴を断念?>無罪確定しました | トップページ | 毎日新聞はなお我が道を逝く »