« 医療崩壊の嘘!? その二 | トップページ | 医療崩壊の嘘!? その三 »

2008年7月26日 (土)

今日のぐり ラーメン「あかり」

ここいらで少しぐり研究会の本分に立ち返ってみましょう。

今日のぐり ラーメン「あかり」

前回は濃厚とんこつの「山下商店」にお邪魔しましたので、今回は同じくとんこつ系の「あかり」を選んでみました。
元々ここは本場でみっちり修行したという先代店主さんが本場そのままの長浜ラーメンを出すということで人気になった店です。
ところが前回訪問してみると全く違う濃厚スープに変わっていてびっくりと言うところまでは以前のぐりで紹介した通り。
そこで今回は山下商店を対照に濃厚とんこつ同士で比較してみるつもりだったのですが、これが思わぬ事態に…

前回の山下商店との比較の意味で同じネギラーメンを頼んだのですが、結果としてこれが失敗でした。
運ばれてきたドンブリを見て「あれ?薄い…?」どう見ても前回の時のスープとは別物です。
前回はどろりと濃いスープに変貌していて驚いたのですが、今回は以前のように薄くなっていて再び驚きました。
あれはあれで悪くないかなと思っていたのですが、やはり固定客も多い人気店だけに変えるに変えられなかったのか…?
まあもともとが長浜ラーメンの看板を掲げる店ですし元通りになっただけとも言えますが、こう毎回違っているのでは何が何やら混乱気味。

薄くなったスープをドンブリからすすると、浮いた油の味と相まって前回のスープよりも散漫な味に感じます。
これにたっぷりのネギが入ると風味負けしてしまっている感じで、どうもこれはネギラーメンは失敗したかなと。
ただそれでもタレの味をきつくしてと言う方向でのバランス取りに走っていない点は評価したいと思いますね。
たぶん替え玉をするお客はもっとタレをきつくしてくれないと、なんて不満を感じてるんでしょうけど…

相変わらずの極細麺は茹で方を指定しない「普通」のはずですが、麺の味を最優先するならもう僅かに茹でた方がよさそうに感じました。
一部老舗の茹ですぎな麺は論外ですが、最近どうも何でもかんでも固茹でにしとけばいいやみたいな風潮があるのは気になりますね。
デフォルトの茹で加減は味と食感が最もバランスしたところを見極めてもらいたいと思うのです。
あと、トッピングのもやしはどうなのと…ま、これはこれでこだわりなのかも知れませんがちょっと、ねえ。

話は変わりますが、入店後まずあれっ?と思ったのが何か妙に店員が増えていることです。と言うよりも目立つんですね。
もともと時間帯によっては多かったのかも知れませんが、以前この時間帯で来た時にはこんなにはいなかったような…?
多いのが悪いわけではもちろんないのですが、さほど広くもない店内で半ダースからの店員が突っ立って暇そうにおしゃべりしているという光景は正直、客商売としてちょっとどうなのと言う感じです。
店内をざっと見回し客の会話に耳を澄ますだけでもいろいろとやるべきことはありそうに思えたんですがねえ…

全体として意外性が先に立ってしまってどうも辛口評価になってしまいましたが、長浜ラーメンとして見ると十分合格点は出せるかなと。
しかし店主さんが変わって以来どうも迷いがあるんでしょうか?少し味の継続性、安定性と言う点で不安を感じているのも確かでした。
またしばらくしてから再訪してみますかねえ…

|

« 医療崩壊の嘘!? その二 | トップページ | 医療崩壊の嘘!? その三 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/41975552

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり ラーメン「あかり」:

« 医療崩壊の嘘!? その二 | トップページ | 医療崩壊の嘘!? その三 »