2020年3月30日 (月)

自粛すれば確実にあるデメリット、それを上回るメリットとは?

世の中何でも自粛自粛と言うご時世の中で、先日プロ格闘技団体が大規模会場での試合を予定通り開催したことが各方面から(主に批判的に)報じられています。ただ格闘技関係者が口をそろえて証言するように、開催をしないと直ちに潰れてしまうほど金銭的に逼迫した業界事情もあるようで、難しい問題提起となっています。 格闘技K-1が政府と埼玉県の自粛要請を拒否してイベント決行 専門家は「感染が全国に広がる」と批判するが...(2020年3月23日J-CASTニュース) きのう22日(2020年3月)、さいたまスーパーアリーナで格闘技K-1のイベントが埼玉県と政府の数回にわたる自粛要請を振り切って開かれ、6500人がつめかけた。大野元裕知事も「心配だから」と会場に駆けつけたが、それを拒否する形で開催が強行された。主催者は、入場時にマスクを配布、万一に備えて入場者全員にチケット半券の裏に氏名や連絡先を記入してもらった。当初は1万5000人の観客を見込んだが、間隔をあけるため客席を9000人分に減らした。 しかし、順天堂大学大学院の堀賢教授は「マスクがあれば十分というわけではない。大規模なイベントには全国から人が来るので、ウイルスを持ち帰り、感染が地方に飛び火する恐れがある。大きなイベントはそれだけでリスクと考えた方がいい。専門家会議の緊張感が伝わっていない。けっして楽観できない」と警告する。橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「6500人はいくらなんでもリスクが大きい。一方で開催しないと倒産するイベントもあるから自粛要請を受けた当事者は大変だ」安倍晋三首相は20日「イベントは主催者がリスクを判断して慎重に」と求めたが、中止しても何かしら補償するわけではない。(略) 風邪でもひいたと言えば未だに何か罹患した人間が悪いと言う風潮があるように、日本社会では未だに感染症も自己責任であると言う考え方が少なからずあるようです。個人としての罹患リスクを受け入れるかどうかはある程度自己責任の側面もあるかも知れませんし、実際今回の試合を観戦した人々の多くもそう言っているようです。ただ他人にもうつす可能性のある感染症は生活習慣病などとは異なり、自分だけではなく周囲の人間に対しても一定の責任を負っていることは忘れてはならないでしょう。ほぼ完全確実な予防策があるならともかく、現状でそれがない以上は自己責任と言うだけ...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2020年3月28日 (土)

今日のぐり:「リヨン」

せっかくの新説があまりにも瞬殺過ぎだと話題になっていたのがこちらのニュースです。 2次元でも生命は存在できる! 物理学者が新説を発表(2019年6月28日space) Point■私たちの宇宙は3次元(空間)+1次元(時間)で構成されているが、たとえば2次元+1次元でも生命は存在可能なのだろうか?■基本的な議論では、2次元という制約下では神経ネットワークなど複雑な3次元のシステムを再現できないため不可能とされている■そんな物理学の常識に対して、生命に必要な複雑な構造が2次元上でも構成可能だとする論文が発表された え? 物理学者ってまだその段階なの? 俺(私)の彼女(彼氏)は10年前から2次元生命ですけど?そんな未来に生きる人たちにとっては常識でいまさらな議論が、論文発表され、『MIT Technology Review』に掲載された。(略) まさに冒頭で瞬殺ですが、理論自体はそれなりに興味深いものではあるのでしょうけれどもね。本日は出落ちと言うべきでしょうか、あまりに早すぎる決着が話題となった最近のニュースを紹介してみましょう。 “ハトのエサやり男”執行猶予期間中にまた暴行…懲役1年2カ月の実刑判決(2020年3月28日メーテレ)  名古屋市内の公園でのハトの餌やりを巡ってトラブルになった男性を暴行してけがをさせた男に懲役1年2カ月の実刑判決が言い渡されました。  判決などによりますと、名古屋市南区の無職、村永義雄被告(64)は去年11月、南区の公園でハトの餌やりを巡ってトラブルになった男性2人に暴行を加えて鼻の骨を折るなどのけがさせました。 27日の判決で名古屋地裁は「地域住民は村永被告がまいた餌の片づけに苦慮していたが、一方的に怒りを募らせた身勝手な犯行」と指摘しました。 また、村永被告は3年前にもハトの餌やりを巡る傷害事件を起こしていて、犯行はその執行猶予期間中のものだったとした上で「被害者らに責任転嫁するかのような供述に終始し、自身の問題性に十分に向き合えているとはいえない」として懲役1年2カ月の実刑判決を言い渡しました。  弁護側は控訴について「被告と相談して決める」としています。 まだ控訴する気があるのであれば、その前にもう少し改めるべき点もあるのではないかと思うのですがどうでしょうね。こちらも昨今何かとトラブルが報じられることの多い行政絡みの話...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

なくなることで不要であることがはっきりするもの

このところのコロナ騒動の影響は全世界的に広がっていますが、先日イタリアでは医師国試を省略し医学生全員を半年以上前倒しで現場に投入すると言う「学徒動員」の方針が報じられ話題になっていました。引退した医師にも復帰を呼びかけているそうで、それだけ根こそぎ動員が必要な情勢だと言うことですが、振り返って我が国では国試合格率が過去10年で最高であったと報じられていたのも出来すぎた偶然でしょうか。転売禁止など世間を賑わせているマスク不足もますます深刻化し、神戸大では大学病院のマスクが枯渇し各人3日に1枚だけ配給されている状況だそうで、消毒薬不足なども含めて早く解消を願いたいものです。そんな中で今回のコロナ騒動が思わぬ方向に影響していると言う事例があちこちで見られていますが、中にはむしろ歓迎すべき変化ではないかと言う話もあるようです。 ファイザー日本法人、MRら2000人が病院訪問自粛(2020年2月28日日本経済新聞) 米製薬大手ファイザーの日本法人は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぎ社員の安全を確保するため、医薬情報担当者(MR)を含む全ての外勤社員約2000人が医療機関への訪問を自粛し、原則、在宅勤務に移行すると発表した。 ファイザー日本法人は肺炎球菌ワクチンや疼痛(とうつう)治療薬などを販売。外勤社員のうちMRは1971人と外資系製薬の中では大所帯だ。これまでは医師らに対面して医薬品情報を提供してきた。今後はメールやウェブ会議システムを活用して対応していく。外勤社員以外にも内勤社員も含めた全社員(4513人)が基本的に在宅勤務に移行するといい、全社的な対応となる。期間は3月13日までの2週間だが、場合によっては延期も検討する。ただし医療機関から要請を受けた場合や緊急性がある場合には訪問する。 新型コロナの感染拡大は製薬大手にとって、製造や臨床試験などへのマイナス要因となり得る。今後の製薬事業への影響が不透明な中で、MRによる営業への制限を強いられている状況だ。米アッヴィの日本法人も一部地域で在宅勤務を実施。米メルクの日本法人であるMSDも医療機関から訪問自粛の要請があれば従うとしており、柔軟に対応する。国内製薬企業では、武田薬品工業が約2100人いるMRに対して在宅勤務を推奨。医療機関や特約店への訪問を控えるように呼びかけている。 製薬会社側が自粛すると言うケー...

» 続きを読む

| | コメント (3)

2020年3月21日 (土)

今日のぐり:「割烹バル 京ひろ」

このところのコロナウイルス騒動が各方面に波及する中で、思いがけない話題となっているのがこちらのニュースです。 疫病の流行防ぐ?妖怪「アマビエ」 「守って」…ツイッターで話題に(2020年3月12日西日本新聞)  新型コロナウイルスの感染が拡大する中、熊本ゆかりの妖怪「アマビエ」がツイッターで話題だ。姿を描いたイラストの投稿が相次ぎ、関連するツイートは10日間で200倍超に膨らんだ。アマビエって何者?(略) アマビエは、江戸末期の弘化3(1846)年、肥後(現在の熊本県)に現れたとされる妖怪。京都大所蔵の江戸時代の瓦版によると、同年4月中旬、肥後の海中に光るものが毎晩のように出現。役人が向かうとアマビエがおり、今後6年の豊穣(ほうじょう)を予言し、「もし疫病が流行したら、私の絵を描いて皆に見せよ」と言い残したという。瓦版に描かれた姿は、地面に着くほどの長髪で、体は人魚のようにうろこで覆われ、くちばしがあり、足は3本ある。  同大付属図書館が6日、瓦版の画像を添付してツイートしたところ、瞬く間に拡散。「コピーがほしい」という問い合わせが相次いだほか、「私も描いてみた」「グッズを作った」「アマビエちゃん、疫病から守って」などのツイートが急増した。 同館は現在、新型コロナの感染予防のため、学外からの利用を制限している。司書の梶山暢子さんは「暗いニュースが多い中、少しでもみなさんに楽しんでもらえればと思いツイートした。ここまでの反響は予想外」と話した。 (長田健吾) その正体は謎に満ちているこのアマビエなる妖怪ですが、ひとまずは流行収束を祈念して不肖当「ぐり研」でもその絵姿を拝借させていただきました。本日はアマビエの働きにお願いかたがた、世界中から思わず拝みたくなるような称讚すべき行為と話題になっていた人々のニュースを紹介してみましょう。 「ぬいぐるみがケガを」6歳女児の緊急通報に警察が神対応(2020年3月3日日刊ゲンダイ)  6歳の女の子からかかってきた緊急通報に対する警察の対応が大絶賛されている。  米FOX系の地方テレビ局KDVR(2月26日付電子版)などによると、コロラド州フォートコリンズで、小さな女の子から911番緊急通報があった。しかし、女の子は、緊急車両の派遣担当者と話す前に電話を切ってしまった。 フォートコリンズ市警は電話の発信元がブリタニー・コールタ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

グルメサイト、公取委からイエローカード

以前から問題視されていた問題で、先日公取委がこんな報告書を公表したと報じられていました。 公取委、グルメサイトの実態調査報告書 11%が一方的な契約変更を経験(2020年3月18日産経新聞)  公正取引委員会は18日、消費者がインターネット上で飲食店の情報を検索したり、感想や口コミを投稿できる「グルメサイト」の実態調査報告書を公表した。加盟する11・4%の飲食店が、グルメサイトから一方的な契約内容の変更を受けた経験があると回答。このうち68・8%が変更で不利益益を被ったとした。公取委は「独占禁止法に違反する行為には、厳正・的確に対処する」としている。 変更の中身次第では、飲食店の収益に打撃を与えかねない。公取委は、グルメサイトが飲食店との協議を重ねずに一方的に契約内容を変更し飲食店に不当に不利益を与えれば、独禁法上の「優越的地位の乱用」にあたる恐れがあると指摘。変更の根拠を示しつつ、期間を十分にとるなどの対応が望ましいと提言した。 また、検索時の表示順位をめぐっては、自店の情報が消費者の目につきやすくなるとして、92%の飲食店が表示順位を上げたいと回答。だが、31・5%の飲食店は表示順位などに不満や疑問を感じたとした。公取委は、グルメサイトは表示順位に関する重要な要素を可能な限り明らかにするとともに、飲食店間で公平に扱うなどの対応も必要とした。点数や星の数など飲食店の評点も同様とした。  グルメサイトに書き込まれる飲食店の情報や口コミは、90・1%の消費者が店を選ぶ上で参考になっているとしたが、29・2%の飲食店が不利益を被ったことがあると回答。このうち53・6%がグルメサイトに削除や修正を求めたとした。 公取委は、グルメサイトは客観的に情報が不正確と判断できる場合は削除や修正に応じるなど、掲載情報の正確性を高めていくことが望ましいとした。 実態調査は昨年4月から今年3月にかけてアンケートと聞き取りで実施し、グルメサイトや飲食店、消費者などが任意で応じた。 公取委の担当者は「独禁法違反の未然防止を目的としており、競争政策上の望ましい対応を示すことで事業者の自主的な改善を促していきたい」と話した。 グルメサイト、点数操作は独禁法違反 公取委が調査(2020年3月18日日本経済新聞) 公正取引委員会は18日、17社の飲食店予約サイトの実態を調査した結果を発表した。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月16日 (月)

疲れていればミスも増える、何の不思議もない話です

極めて当たり前と言えば当たり前の話なのですが、先日こんなレポートが出ていたことを紹介してみましょう。 研修1年目の勤務時間制限で医師の安全性を改善(2020年3月13日専門誌ピックアップ)  米国で2002-07年または2014-17年の1年目研修医1万5276人を対象に、研修1年目の連続勤務時間を16時間に制限する2011年米国卒後医学教育認定評議会(ACGME)勤務時間規定による医師の安全性向上効果を前向きコホート研究で検討した。  その結果、規定施行後に1カ月当たり24時間以上のシフト勤務の平均回数は施行前の3.9回から0.2回に低下した。自動車事故リスクは24%(相対リスク0.76)、経皮的損傷リスクは40%(同0.54)、注意力散漫の発生率は18%(発生率比 0.82)低下した。シフト勤務時間延長および週当たりの勤務時間延長は、2002-07年群と2014-17年群ともに有害安全性リスクと関連を示した。 どのような職業であれ16時間以上の連続勤務を強いられれば集中力も落ち、ミスも頻発するだろうとは容易に想像出来ますが、医師の場合その結果が問題です。患者とすれば疲れ果ててふらふらの医師に自分の命を預けたくないだろうし、ましてミスが増えると判っていればなおさらで、頼むからしっかり休んでくれでしょう。無論ごく一部のモンスターと言われる患者や家族のように、24時間365日いつでも医師は働いていて当たり前と言う心得違いをしている方々もいないではありません。ただ特に日本の場合、ともすれば同業の先輩であるベテラン医師を中心に、若いうちは疲れ果てるほど働いて当然と言う考えが未だに蔓延して見えるのが問題です。 例えばスポーツの世界では、かつてはスポ根と言う言葉もあったように、ひたすら厳しいトレーニングを精神力でこなすことが良い成績をあげる道だと信じられていました。無論スポーツも科学的に解析された結果、間違った方法や過度に過酷なトレーニングは成績を引き上げるどころか成長を阻害し、故障のリスクを高めるだけと判っています。今時試合に負けたらウサギ跳びでグラウンド10周などと言うコーチもいないでしょうし、仮にいたとしても誰の支持も得らず指導者を続けられないだろうと思います。ところが医療業界ではそれに類することを、未だに医療は特殊だから、自分たちがそうだったからと、後進に強いよ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

今日のぐり:「百万両」

先日話題になっていたのがこちらのニュースです。 「ママ、意味が分からない…」 小2の息子が持ってきた問題に7万人の大人が『?』(2020年1月31日grape) 子供が成長すると日常生活の中で不思議と思う出来事から、学校の宿題まで知らない知識や分からないものを親に尋ねてくることがあるでしょう。柑橘系生卵(@syina_namamono)さんも、ドリルの問題を解いていた小学2年生の息子さんから「ママ、意味が分からないから教えて!」と声をかけられたそうです。その時のエピソードをTwitterに投稿すると、ネット上ではたくさんの大人が頭を悩ませる事態となりました。 投稿者さんの息子さんが「教えてほしい」と持ってきたのは、算数の文章題。問題の文章を読んでみると…。(略)小学2年生の質問に多くの大人が頭を悩ませ、投稿には大喜利のようなコメントがたくさん寄せられていました。(略) どのような問題だったのかは元記事を参照いただきたいところですが、これは確かに二度見しても判りませんね。今日は息子さんを慰労する意味で、世界中からなるほどそう来たかと想定の斜め上を逝く着想を紹介してみましょう。 外国人観光客が激減している京都の開き直りポスターがたくましすぎると話題に(2020年2月23日秒刊SUNDAY) 恐ろしい速さで拡大する新型コロナウイルスの影響で日本全体の観光地が閑散としており、どこもかしこも大打撃を喰らっています。どうしたものか...と頭を悩ませる人達が沢山いる中、開き直りともとれるたくましい(?)宣伝ポスターがSNSで話題になっておりました。 それぞれ、モンキーパークのサルが入ったポスターは「人間よりサルの方が多いとか久しぶり」。2018年台風で一部損壊し、復旧した渡月橋のポスターには「すいすい渡れてなんか、、、すいません。。。」いつも混んでいる保津川の川下りのポスターでは「今なら待ち時間なしで下り放題」という自虐的ボディコピーが何故か逆に清々しいというか、何だか痛快です。こちらの投稿者さんは職場の方に京都旅行を進言した結果、同僚の方は本当にその気になっていたそう。すいているという事は、旅行費用も安くなっているので本当に今がチャンスなのかもしれません。 たしかに、行ってあげたくなる気持ちはかなりかき立てられます。実際ゆっくりとまわれる分いつもより楽しめてしまうかもしれ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月 9日 (月)

コロナウイルス、自ら拡散する人が話題に

コロナ騒動の最中、先日から主に否定的な意味で大いに話題になっているのがこちらのニュースです。 自宅待機を要請されたのに…「陽性」判明の男性、外出し飲食店へ(2020年3月6日読売新聞)  愛知県蒲郡市は5日、県が4日に新型コロナウイルス感染を発表した三河地方の50歳代男性が市内在住で、検査の結果、陽性と判明し、自宅待機を要請されたにもかかわらず、飲食店に出かけていたと明らかにした。  発表によると県が3~4日に三河地方の男女として発表した4人の感染者は市内在住の同居の家族で、50歳代男性と、その両親の80歳代男性と70歳代女性、息子の30歳代男性。80歳代男性に呼吸困難の症状があるが、他の3人は軽症。 50歳代男性は、発熱などの症状はなかったが、先に陽性と判明した両親の濃厚接触者として、4日に医療機関を受診。同日夕に検査結果を伝えられ、自宅待機を求められていた。飲食店について同市は「様々な影響を考慮した」として店名を発表していない。(略) 「ウイルスばらまいてやる」新型コロナ“陽性”知りながら居酒屋・パブに…男性の法的責任は?(2020年3月6日FNN) 各地で新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、陽性と確認された男性が自宅待機の要請を無視して外出したことが波紋を呼んでいる。 「ウイルスをばらまいてやる」感染確認後に家族そう言い残して自宅を出たのは愛知・蒲郡市(がまごおりし)内に住む50代の男性。男性は3月4日に感染が確認され、受け入れ先の医療機関が見つかるまで自宅に待機するよう要請を受けたが…(略)市の関係者によると、男性はタクシーで自宅を出た後市内の居酒屋へ。さらにその後歩いて女性が接待するパブへ。その店内では、「自分は陽性だ」と話したという。 この驚きの告白を受け、店に防護服を着た警察官が駆けつける騒ぎになったが、警察官が到着したのは男性がタクシーで帰宅した後だった。地元保健所は男性が立ち寄った飲食店の消毒をするとともに営業の自粛を要請、また店内で男性と濃厚接触した店員と客には自宅待機を求めている。(略)自分の感染を知りながら飲食店に行く行為の法的責任について専門家は…山田・尾﨑法律事務所 今井靖博弁護士:「ばらまいてやるぜ」という宣言自体が故意があるだろうというところになってくるので、お店の人やお客さんが実際に咳などを浴びて新型コロナウイルスに感...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

今日のぐり:「博多金龍 倉敷店」

先日惜しまれつつ亡くなったのがこちらの方ですが、名前は知らずとも業績は誰しも知っているのではないでしょうか。 「コピー&ペースト」を生み出したコンピューター科学者のラリー・テスラー氏死去(2020年2月20日GigaZiNE) 1980年から1997年にかけてAppleに勤め、今やコンピューター上で当たり前に行われている、データをクリップボードへいったん保存して別の場所に貼り付ける「カット」「コピー」「ペースト」を生み出したラリー・テスラー氏が2020年2月17日(月)に亡くなりました。74歳でした。 テスラー氏は1945年、ニューヨーク生まれ。スタンフォード大学でコンピューター科学を学び、卒業後はスタンフォード人工知能研究所を経て、1973年からはゼロックスのパロアルト研究所に勤務しました。テスラー氏が取り組んだのは、とにかくコンピューターを使いやすいユーザーフレンドリーなものにするということ。パロアルト研究所時代には、アラン・ケイらとともに「GUI」を生み出しました。また「モードレスデザイン」の実現にも熱心に取り組みました。「モード」とは、たとえばワープロソフトの「挿入」モードと「上書き」モードのようなものを指します。モードが異なるとユーザーの操作に対するソフトウェアの反応は異なりますが、テスラー氏は「ユーザーのアクションは一貫した効果を割り当てられるべき」と考え、「モードをなくす」ことを目指しました。この流れで生み出されたのが、モードを変更することなくテキストを挿入・上書きするための機能である「カット」「コピー」「ペースト」でした。 現代のコンピューターで、多くのソフトウェアや機能が「同じような操作をすると同じ反応をする」のは、テスラー氏の取り組みのおかげだといえます。テスラー氏の「モードレス」へのこだわりは、自分の車のナンバースレートを「NOMODES」にしたり、自分のウェブサイトのドメインを「nomodes.com」にしたり、Twitterのアカウント名をnomodesにしていたところからもうかがえます。1979年にテスラー氏は、パロアルト研究所を見学に来たスティーブ・ジョブズと出会い、その頭の中にあるアイデアの数々に感銘を受けました。翌1980年、テスラー氏はゼロックスを辞め、まだスタートアップの段階だったAppleに入社。Apple製品として初めてマ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

新型コロナウイルスの影響で早くも医療現場が破綻?

このところの新型コロナ騒動で各方面に影響が出ていて、先日の国からの学校休業要請で医療現場にも思いがけず間接的な影響が広がっていると報じられていました。 休校で看護師出勤できず 北海道帯広、外来診療縮小(2020年2月28日共同通信)  北海道帯広市の帯広厚生病院は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために北海道内の小中学校で始まった臨時休校の影響で、自宅にいる子どもの世話などで看護師の一部が出勤できず、予約がない外来診療を取りやめた。当面の間、外来診療の縮小を続けるとしている。  病院によると、看護師約750人のうち約170人が出勤できなくなった。外来の縮小は、限られた人手を他の診療に再配分するための措置。病院では1日に1600人前後が外来診療を受け、そのうち約200人が予約外の患者という。  3月1日からは患者を空いている病床に移して集約し、入院病棟の一部の使用を取りやめるほか、症状が軽い患者に入院の延期を依頼する。また感染拡大防止のため、28日から見舞いなどの面会を全病棟で原則禁止とした。  担当者は「外来の規模を縮小しないと十分な医療を継続できないと判断した」としている。 「学校休みで医療法、施設基準守れなくなる」日病協(2020年2月28日医療維新)  日本病院団体協議会議長の長瀬輝諠氏(日本精神科病院協会副会長)は2月28日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染症対策として政府が全国の小学校、中学校、高校などに3月2日から春休みまで臨時休校とするよう要請したことについて「看護師が子どもの世話などのために休まなければいけなくなり、たちまち(診療報酬の)施設基準や医療法(の人員配置基準)も守れなくなる。大変なことだ」と述べた。同日の代表者会議でその旨の意見が一致し、厚生労働省には何らかの対応を求めたいとの考えを示した(『全国の小・中・高・特別支援学校に3月休校要請』を参照)。 (略)  休校に関し相澤氏は、これまでにも病院を感染者が受診した場合には濃厚接触者となった職員や、また感染が確認されていなくても発熱が続いているなどの職員を自宅待機としており人繰りに苦労していると説明。さらに学校が休みになると、15~20%程度の職員が出勤できなくなると推定しているとし、「病院は通常業務ができず、制限をかけないといけない事態が起こる。さまざまな施設基準が...

» 続きを読む

| | コメント (1)

«今日のぐり:「そば商店 大隈」