2017年2月22日 (水)

日産婦がついに態度を軟化?

アメリカはさすが進んでいるなと感じさせるのが、先日報じられたこちらのニュースです。 ゲノム編集で将来子どもも 米学術機関、条件付き容認(2017年2月15日共同通信)  【ワシントン共同】生物のゲノム(全遺伝情報)を自由に改変できる「ゲノム編集」の技術を使って子どもをもうけることについて、米科学アカデミーは14日、将来技術的な課題が解決されれば、遺伝性の深刻な病気を防ぐ目的に限り、条件付きで容認できるとする報告書をまとめた。  人の精子や卵子、受精卵の遺伝子にゲノム編集で改変を加える。子どもをもうけると、影響が子孫へと受け継がれるため否定的な意見も強い。遺伝子の間違った場所を改変するミスもまだ多く技術的課題が山積みだが、アカデミーは「技術の進歩は速い」として、世界で初めて実施に向けた道筋を示した。ただ子どもの身体能力や知能を増強させる試みには不快感を示す人が多く「許されない」とした。  報告書の作成メンバーは「生殖にかかわるゲノム編集には慎重になるべきだが、禁止するということではない」とした。  報告書によると、受精卵などのゲノム編集は、遺伝性の病気を防ぐため、他に手段がない場合にのみ適切な規制や監視の下で実施できる。改変する遺伝子がその病気に関連していることや、改変後の遺伝子の塩基配列が未知のものではないこと、体への悪影響がないことを確認する必要がある。数世代にわたる追跡調査や可能な限りの情報公開も求めた。  「人の尊厳に反する」と倫理的な問題を指摘する声もあるため、実施の際は一般の意見も反映させたルールを作る。  アカデミーは政府や議会から独立して科学技術政策を助言する機関。2015年末の国際会議では、病気の予防目的であっても「無責任だ」との声明を出したが、今回の報告書は容認へ一歩踏み込んだ。米政府は現在、人の受精卵へのゲノム編集に公的研究費を投じることを禁じている。  ※ゲノム編集  生物の遺伝情報を担うDNAを狙い通りに改変できる技術。農産物の品種改良や、遺伝子の異常で起きる病気の治療を目指した研究への利用が広がっている。複数の手法があるが、2013年ごろに開発された「CRISPR/Cas9」は扱いやすく精度も向上したため、研究者の間で普及した。動物の受精卵など、まだ細胞の数が少ない段階で遺伝子を改変すれば、全細胞に望む改変を加えることも理論的に可能だが、成...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

専門医制度、ひとまず5都府県で総数規制を導入

2018年度からも始まると言う噂の新専門医制度について、先日こんなニュースが出ていました。 専攻医数の上限設定は5都府県、京都は除外へ(2017年2月17日医療維新)  日本専門医機構は2月17日の理事会で、2018年度から開始予定の新専門医制度において、都市部への専攻医の集中を防ぐため、東京、神奈川、愛知、大阪、福岡の5都府県において、専攻医の募集定員の上限を設定する方針を固めた。「専攻医採用実績の過去3年間の平均値」が上限になる見通し。1月の理事会では、6都府県で検討していたが、京都府が除外された(『6都府県、専攻医の募集上限設定、都市部集中防ぐ』を参照)。ただし、5都府県においても、外科、産婦人科、病理、臨床検査については上限を設定しない。  新専門医制度では、大学病院への専攻医の集中を問題視する声も根強い。過去5年間の専攻医採用実績が平均350人以上の基本領域学会については、「基幹病院は、大学病院のみ」という体制にならないよう、各都道府県に基幹施設の複数設置を原則とする。現時点で想定されているのは、内科、小児科、精神科、外科、整形外科、産婦人科、麻酔科、救急科の8領域。  これらを盛り込んだ「専門医制度新整備指針」の運用細則は、次回3月の日本専門医機構理事会に諮る。同機構理事長の吉村博邦氏は、理事会後の記者会見で「大枠はかなり煮詰まったが、まだ詰めるべき事項があり、次回理事会で正式決定したい」と説明した。募集定員の上限設定や基幹病院の在り方は、重要かつ地域医療への影響が大きい問題だ。「(各基本領域の学会が集まる)基本領域連携委員会を近く開催し、さらに調整を重ねた上で、最終案としたい」(吉村理事長)。 (略)  5都府県、「4以上の医学部・医科大学あり」  都市部への専攻医の集中を防ぐため、募集定員の上限を設定する5都府県は、「医籍登録後3~5年」の全医師のうち、5%以上の医師が勤務しているという基準で選んだ(2014年「医師・歯科医師・薬剤師調査」の特別調査による)。5都府県とも、4以上の医学部・医科大学を有する。  外科など4基本領域を除外するのは、「医師・歯科医師・薬剤師調査」において、2014年の医師数が、1994年と比較して減少しているため(外科は89%、産婦人科は97%など)。  日本専門医機構副理事長の山下英俊氏は、都市部での専攻医の上限設定は、...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

今日のぐり:「中華そば奥屋 藍住店」

「orz」と言う有名なアスキーアートがありますが、大勢の参加者が思わずorzしてしまっただろう事件が報じられていました。 マラソン大会262人失格 「最後尾」児童が優勝した全事情(2017年2月15日J-CASTニュース)    岡山県笠岡市で行われたマラソン大会の小学生の部で、参加者263人のうち、262人がコースを間違い、結果として正確なコースを走り、先行集団から大きく離されてゴールした最後尾の生徒が優勝する、という珍事が起きた。    市の教育委員会によると、案内板が分かりにくかったため生徒はコースを間違い、最後尾の児童には自転車に乗ったレースを監視する係員がいたことで正確に誘導できたのだという。    珍事が起きたのは2017年2月5日に開催された笠岡市主催の「第20回 べいふぁーむ笠岡マラソン」。笠岡陸上競技場をスタートし戻ってくるコースが設定されていて、子供からお年寄りまで参加でき、「ハーフマラソン:女子(50歳以上)」「ハーフマラソン:男子【陸連登録者】」「10km:女子 高校生」など30近い種目がある。    その中で、中学生、小学生3~6年の3キロレースが一緒に行われた。まず中学生からスタートし、5分後に小学生が走った。従来ならば中学生の後を小学生が追うことでコースを間違えることはないが、今回に限り中学生の参加は40人と少なく、しかも早かったため小学生の先頭集団は中学生を見失ってしまった。沿道の誘導表示はあったが「分かりにくく」、ボランティアのスタッフは沿道にいたものの、ランナーの安全確保をメインに活動していたため、小学生たちが違うコースに入って行くのが分からなかった。    結果的に中学生は全員正規の3キロコースを走れたが、違うコースを走った262人の小学生は1.8キロ程度でゴールすることになった。あまりにも早い到着に驚いた係員が確認したところ、コースを間違えていたことが分かった。走り直しをするわけにもいかず、「頑張ったから」という理由で「参考記録」として1位から6位を表彰した。J-CASTニュースが市の教育委員会 スポーツ推進課に17年2月15日に取材したところ、「事件」のあらましはこんな具合だった。    ところが後になって...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

千葉市がインフルエンザ迅速検査を中止へ

ちょうどインフルエンザの患者が非常に多いと話題になっている時期ですが、臨床現場で常に医師の頭を悩ませてきたあの問題について、千葉市が公的な指針を公表したと話題になっています。 流行期のインフル迅速検査中止 千葉市が休日夜間診療所の対応を発表(2017年2月9日臨床ニュース)  「急病で(休日夜間診療所に)来られた救急患者さんへの診療をすみやかに行うため、インフルエンザ簡易迅速検査は原則行いません 」。2月8日、千葉市が公式サイト上で市民向けに通知を発表した。インフルエンザ流行期に迅速検査を行わないとの立場を公式サイトで広報する自治体はあまり例がないようだ。  同市保健福祉局健康部健康企画課の担当者によると、休日夜間診療所で流行期にインフルエンザ迅速検査の実施を中止すると決めたのは、最近ではなく、2009年のA/H1N1pdmによる流行発生の翌年。千葉市と同市医師会で独自のガイドラインを作成し、2010年以降、このガイドラインに沿ってインフルエンザ流行が注意報レベルを超えた際に、外来患者の増加に伴う診療の効率化や迅速検査の限界等を考慮し、休日夜間診療所でのインフルエンザ迅速検査の中止を発表しているとのことだ。  なお、流行期の迅速検査は原則行わないが、重症例など医師の判断で例外もあることや、迅速検査を実施しなくても「医師の診察でインフルエンザと診断された場合には、抗ウイルス薬の処方が行われる」との但し書きも付けられている。  インフルエンザ流行時の迅速検査の意義については、陽性の場合の診断確定には有用だが、陰性であった場合、インフルエンザの診断を除外できるわけではないとの限界が指摘されている(Ann Intern Med 2012; 156: 500-511)。また、インフルエンザが地域内で流行している間には、発症48時間以内の咳や熱といったインフルエンザ様症状がある場合はインフルエンザの可能性が高いとも報告されている(Arch Intern Med. 2000; 160: 3243-3247)。  2009年のインフルエンザ流行時には、厚生労働省が「無症状者のインフルエンザ陰性を証明するために医療機関を受診させ、簡易迅速検査などを行う意義はない」ことの周知を求める通知を出している。また、「臨床所見や地域の流行状況などから医師が総合的に判断し、薬物療法が必要と判断した...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

これは命の差別と言うのかですが

あまり大きく報じられているようでもないのですが、このところ密かに注目しているのがこちらの裁判です。 「命の差別があってはならない」 事故死した重度知的障害少年の両親、施設側を提訴 逸失利益焦点に(2017年2月14日産経新聞)  重度の知的障害を持つ松沢和真さん=当時(15)=が平成27年、東京都八王子市の福祉施設から抜け出し、約2カ月後に山林で遺体となって発見された事故で、両親は14日、福祉施設を運営する「藤倉学園」(東京)に約8800万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。請求には松沢さんが生存していれば将来見込まれた利益(逸失利益)として、平均賃金から算定した約5千万円を盛り込んだ。重度知的障害者の逸失利益算定が争点になる見通し。  提訴後に会見した松沢さんの父、正美さん(60)は「重度の知的障害があったとしても、和真は施設側の不備で将来の全てを奪われた。所得格差による命の差別があってはならない」と話した。  訴状などによると、松沢さんは職員が目を離した隙に施設から1人で外出。藤倉学園は過失を認め、慰謝料2千万円を提示したが、松沢さんに重度の知的障害があったため逸失利益はゼロと算定した。「知的障害があることを理由に損害賠償額を低く認定することは差別に当たる。松沢さんには将来の可能性があった。障害のない少年の死亡事故と同じ基準で損害賠償額を算定すべきだ」などとしている。  藤倉学園は「訴状を見た上で今後の対応を考えたい。現時点ではコメントは控える」とした。 障害者の逸失利益で両親提訴へ(2017年2月10日NHK) 重い知的障害のある少年が入所先の施設を出て死亡した事故の賠償をめぐり、少年の両親が「将来働いて得たと予想される『逸失利益』を施設側がゼロとしたのは障害者差別だ」として、国内の平均賃金を基準に逸失利益を認めるよう求める訴えを近く、東京地方裁判所に起こす方針を決めました。 弁護団は障害の有無で逸失利益が決まることが妥当かどうか、問いたいとしています。 東京都内の障害者施設に入所していた松澤和真さん(当時15)はおととし9月、鍵が開いていた扉から外に出て行方が分からなくなり、2か月後、山の中で遺体で見つかりました。 施設側は賠償交渉の中で、安全管理の過失を認め、慰謝料として2000万円を示しましたが、和真さんが将来働いて得たと予想される「逸失利益」...

» 続きを読む

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

女医の引っかかった結婚詐欺が話題に

大変に下世話なニュースなのですが、先日話題になっていたのがこちらの事件です。 4千万円の結婚詐欺疑い 女性医師2人に、男女逮捕(2017年2月8日共同通信)  医師に成り済まし、交際相手の20?30代の女性医師2人に結婚をにおわせて計約4千万円をだまし取るなどしたとして、大阪府警泉大津署は7日までに、詐欺や窃盗などの疑いで、住所不定の自動車販売業石田恭介(いしだ・きょうすけ)容疑者(32)と、大阪市中央区のラウンジ従業員行岡雅美(ゆきおか・まさみ)容疑者(27)を逮捕した。  同署によると、石田容疑者は医師免許証を偽造し「府内の病院に勤務する精神科医」と偽り、出会い系サイトで知り合った女性医師2人と交際。「金は返すつもりだった」などと容疑を否認している。  逮捕容疑は昨年5月?今年1月、共謀して大阪市内の金融機関で20代の女性医師名義のキャッシュカードを作り、カードローンで引き出した約500万円を盗んだ疑い。  また石田容疑者は、同居していた30代の女性医師の自宅金庫から約1500万円を盗んだり、同医師に「夫婦の収益物件としてマンションを買いたい」とうそを言い、2千万円を石田容疑者が管理する口座に振り込ませたりした疑い。  石田容疑者は、行岡容疑者が以前に働いていたキャバクラの客だったという。 医師装い女医2人から4000万円 32歳男を逮捕(2017年2月8日毎日放送)  インターネットの会員制「合コン」サイトで知り合った女性医師2人に対し、医師を装い結婚話を持ちかけ、現金約4000万円を騙し取ったなどとして、32歳の自動車販売業の男が逮捕されていたことがわかりました。  不敵な笑みを浮かべ車に乗り込む男をMBSのカメラが捉えました。詐欺や窃盗などの疑いで逮捕された、住所不定の自動車販売業・石田恭介容疑者(32)です。石田容疑者は去年5月、20代の女性医師の医師免許証のコピーなどを使ってキャッシュカードを作成し、現金約500万円を引き出した疑いがもたれています。  この女性医師だけではなく、別の30代の女性医師からもマンションの購入資金として2000万円を騙し取った容疑と、自宅から1500万円を盗んだ容疑で逮捕されていた石田容疑者。なぜ、女性医師2人は騙されたのでしょうか?  「大阪府内の病院に勤務する精神科医です」  石田容疑者は女性医師2人と、インターネットの...

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

今日のぐり:「きっちょう 光南店」

先日ちょっとした話題になっていたのがこちらの動画です。 「ウサギVSハヤブサ」の動画がまさかの名勝負 ジャンプしてパンチを繰り出すウサギさんにシビれる(2017年2月7日ねとらば)  ロシア南部の草原で撮影された、ウサギとハヤブサが戦う動画がYouTubeで公開されています。このウサギさん、強い……!  空から獲物を探すハヤブサが、ぴょんぴょんと移動するウサギさんを発見。こっそりと見えない位置から急降下で攻撃を仕掛けますが、寸前で気づいたウサギさんが果敢にもジャンプしてそのまま両前足で攻撃。するとその攻撃にびっくりしたのか、ひるんだのか、攻撃が止まりいったん空へ逃げるハヤブサ。ウサギさんかっこいい。  それからハヤブサがまた空から降下して攻撃を仕掛けるものの、同じように威嚇されて近づけない状態になってしまっています。ハヤブサの方がビビっているだと?  それでも諦めのつかないハヤブサは、周囲を飛んでは急降下で攻撃することを繰り返し、ウサギさんもそれに負けじと逆に追うように近づき、ジャンプしてパンチを繰り出していきます。ぶつかって危ない場面も見られますがどちらも戦うことをやめず、動画がカットを挟みながらも戦いの途中で終わっていることから、かなり長い間続けられたことが推測できます。本気の野生の戦いはやっぱりすごかった……。 ちなみにウサギの戦闘力をゼロにする簡単な方法があるのだそうですが、それはともかくそもそもウサギが戦闘しているシーンもあまり見ないですよね。 本日は実に予想外だったと言う声が多かったこのウサギの奮闘に敬意を表して、世界中からちょっとそれは考えていなかったと言う意外性あるニュースを紹介してみましょう。 「線路に布団が吹っ飛んできた」異例のアナウンス 湘南新宿ライン、支障物の影響で一時遅れ発生(2017年2月7日ねとらば)  7日9時55分ごろにJR東日本・湘南新宿ラインの大宮駅~浦和駅間で、線路内にマットレスのようなものが落ちてくる事象が発生しました。10時30分ごろには駅員が撤去しましたが、13時ごろまで一部列車に30分前後の遅れが生じるなど運転に影響を及ぼしました。  JR東日本・大宮支社広報部は、線路内にマットレスが入ってきた理由は強風で吹き飛ばされたのではないかと推測。発生元についても特に分かっていません。Twitterでは湘南新宿ラインで「線路内...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

あなたは狙われている、わけではないらしい

日本では一般にチップの習慣がないだけに海外旅行となるとつい迷うところがありますが、ことアメリカにおいては従業員にとっての労働の対価の一部であり、サービスが悪かったからとチップを減らすのはよろしくない、その場合はマネージャーに文句を言うべきだと言う声もあります。 一方で現実問題として従業員の人種や性別などサービス以外の要因でチップの額に差が付くと言う生々しい傾向もあるのだそうですが、そんなアメリカで先日大いに話題になっていたのがこちらのニュースです。 「ゲイにチップはあげない」女性客がウエイターにメッセージを残す(米)(2017年01月31日テックインサイト) 「『ゲイだから差別をされても当たり前』という社会になってほしくはない」そう訴えるのはつい先日、自身が辛い差別行為を受けたカイル・グリフィスさんだ。1月17日、カイルさんはいつものようにウエイターの仕事に従事していたが、2人の女性客に残酷な差別発言が書かれたレシートを残されたという。米メディア『WDRB.com』が伝えている。 17日、米ケンタッキー州ルイビルのウエスト・ポートにある「Buffalo Wild Wings(バッファロー・ワイルドウイングス)」というレストランで、カイルさんは若い女性2人の接客をした。 会計時になり、カイルさんは残り物を箱に詰め請求金額20.13ドル(約2,300円)が書かれたレシートとともに女性客のテーブル席へ持って行った。ところが最後まで丁寧な接客をしたカイルさんに、その女性2人はチップを渡すどころか心無いメモ書きをレシートに残したのだ。 「悪いけど、ゲイにはチップは払わない。神の救いが必要なんじゃないの。」 乱雑な字で書かれたそのメッセージを見た時、カイルさんは激しいショックを受けたという。「僕は家賃や水道光熱費、食費など生活費全般をチップに頼っているんです」とカイルさんが言うように、アメリカでは客からの日々のチップが生活費になっているという人は決して少なくない。カイルさんはこのメッセージを書いた女性客の名前は伏せ、この出来事を写真に撮ったレシートと共にFacebookに投稿した。 翌日、思ってもいなかった反響が寄せられていることに気付いたカイルさんは、たくさんの人がシェアしてくれたことに喜びを感じながら『WDRB.com』のインタビューでこのように話した。 「僕はこの出来事が...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

旧帝大歯学部でも留年続出…は決して珍しい話ではないのだそうで

少し前から密やかに出回っていたのだそうですが、先日ついに表立って登場したのがこちらのニュースです。 東北大歯学部、留年が突如1割超 卒業試験で不合格続出(2017年2月7日朝日新聞)  東北大学歯学部が6年生を対象に実施した2016年度の「卒業試験」で、これまでほとんどゼロだった留年生が突如、1割以上生まれた。約50人のうち留年したのは6人で、1割を超える「留年率」は国公立大学としては異例の高さ。東北大は「たまたま水準に達しない学生が多かったため」と説明している。  歯学部によると、実際に患者を診ながら知識や技術を習得する必修科目「臨床実習」の試験は、事実上の卒業試験とされる。昨年10月中旬に実施され、約半数にあたる二十数人が不合格となった。11月中旬の追試験を経て、最終的に6人が不合格となった。  歯学部は16年度から、それまでの卒業試験の出題形式を一変させた。以前は13の診療科ごとに口頭試問も交えて合否を決めていた。これを国家試験と同様に、全診療科分の選択式問題をまとめて解答させる形式に変更。国家試験を強く意識したものとなった。  さらに以前の再試験は不合格科目だけを受け直せば良かったが、16年度からは合格した科目でも一律に受け直す形に変更。学生によると、こうした変更は試験直前に伝えられ、対応が難しかったという。 数年前に広大医学部の神経解剖学で本試験で6人しか合格出来ず、追試験を受けた120人全員が不合格になると言うニュースが出て話題になりましたが、広大のケースでは例年本試験と追試験で同様の問題が出ていたためほとんどの学生が追試験合格を目指していたのに対して、突然全く違う問題が出るようになったため対応出来なかったと言います。 この種の試験と言えばおよそ試験対策を行ってから受験するのが普通でしょうから、いきなり出題形式ががらりと変われば合格率も落ちるだろうとは予想出来るところですが、注目されるのがその内容が国家試験形式になったと言うことで、国立大の卒業試験も国試対策と位置づけられるようになったのかと言うことですよね。 東北大医学部では2015年に全国国公立歯学部で最低クラスの国試合格率を記録しているのだそうで、持ち直したとは言え昨年も必ずしも高い数字ではなかったと言うことですから、学内でも相当な危機感があったのかも知れませんが、この程度の留年率は国公立大学におい...

» 続きを読む

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

白玉団子を喉に詰めるなら白玉団子を食べさせなければいい、は確かに正論ですが

司法判断として妥当なのかどうかは意見が分かれるところだと思いますが、先日こんな判決が出ていました。 給食の白玉で窒息「予見できず」(2017年2月2日共同通信)  栃木県真岡市の市立小の当時1年だった飯沼晃太君が給食の白玉団子を喉に詰まらせ、死亡したのは市が安全管理を怠ったことなどが原因として、両親が市に損害賠償を求めた訴訟で、請求を棄却した2日の宇都宮地裁判決は「誤嚥する危険性は予見できなかった」と認定した。  吉田尚弘裁判長は判決理由で「当時7歳の健康な児童に対し、直径約2センチの白玉団子がほかの食品と比べて誤嚥する危険性が高いというのは困難で、半分ないし3分の1にして提供する義務があったとはいえない」と指摘。  救護措置については「速やかに救急通報しており、救命するため行うべき処置をした」とした。 児童だんご窒息 過失認めず(2017年2月2日NHK) 7年前、真岡市の小学校で1年生の男の子が給食で出た白玉だんごを喉に詰まらせて、その後死亡し、遺族が真岡市に損害賠償を求めていた裁判で、宇都宮地方裁判所は「小学校や給食センタ-に過失があるとは言えない」として遺族の訴えを退ける判決を言い渡しました。 平成22年2月、真岡市の亀山小学校で当時小学1年生の飯沼晃太君が給食の白玉だんごを喉に詰まらせて重体となり、その後死亡しました。 裁判は、晃太くんの両親が真岡市に管理上の責任があったとして慰謝料や介護の費用などおよそ8400万円の損害賠償を求めたもので、真岡市は市に明らかな過失はなかったとして争う姿勢を示していました。 (略) 判決のあと父親の健一さんは県庁で弁護士とともに会見を開き「判決は非常に残念で、このままだと晃太が亡くなったことが無駄になってしまうという思いです。行政にはきちんと対応してもらいたかった」と話し、近く控訴するとしています。 事故を受けて、真岡市は5年前から年に1回、全教員を対象に3時間をかけて心肺蘇生法やAEDの使い方、気道に異物が詰まった時に除去する方法を学ぶ講習会を始めました。 教員は少なくとも3年に1回講習を受けるよう義務づけられています。 また真岡市の給食センターでは白玉だんごの他、同じような形状のうずらの卵やミニトマトなどを直径おおむね1センチ以上の食材を給食に出すことを中止しました。 それ以外でも、形が大きい具材は小さく切るなど、事故...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

«今日のぐり:「ビストロボントレ」