2019年7月17日 (水)

どこかで見たようなコメントが、全く畑違いの業界から

このところ反社会的勢力との関係など何かと話題になる事の多い某芸能関連大手の運営の在り方に関して、先日こんなニュースが話題になっていました。 闇営業、契約書なし、安いギャラ、宮迫の今後…吉本・大﨑会長が答えた60分(2019年7月13日BUSINESS INSIDER JAPAN) 振り込め詐欺グループの宴会に参加して金を受け取ったとして、「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんや「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんらが謹慎処分を受けた「闇営業」をめぐる問題。吉本興業ホールディングスの大﨑洋会長が、Business Insider Japanの取材に応じた。(略)BI:闇営業の背景には、芸人たちの報酬が安いことがあるのではと指摘されています。大﨑:ギャラが安いことと、犯罪を起こすことはなんの関係もない。お金持ちは、犯罪を犯さないのかというとそんなことはない。吉本としては基本、ギャラはちゃんと払っているつもりです。 「最初のギャラが250円だった」と芸人がテレビで発言してますよね。イベントをすれば場所代、賃料のほか大道具さん、衣装さんの経費も必要。黒字が出るときも、赤字のときもある。赤字だったとしても、プロとして吉本の舞台に立ったのだから、ギャラは払ってあげないといけない。10組の漫才師が出て、上の3組の名前で800人がいっぱいになったとする。若い子の名前でイベントに来た客はいなくても、プロとして舞台に立ったんだから、1円でも払ってあげようという意味での250円。250円もらえてよかったなと、ぼくは思う。その状況がきちんと理解できていなかったり、テレビで話を振られた時に笑いを取ろうとして、「250円」と言ってしまったのかもしれません。交通費が500円かかって、250円では赤字だったとしても、800人の前で自分たちの漫才を3分できれば、たとえ1回も笑いが取れなくても今後の芸の役には立つでしょう。 芸は、人生をかけて何十年も積み重ねて完成するもの。修行時代に、先輩のおかげで舞台に立つ経験をしてもらう。ギャラの額の問題ではないと思ってます。歌手でもカメラマンでもライターでも、売れないころ若いころは食べられません。だから芸人は居酒屋でバイトをし、いつの日か芸を磨いてスターになって、世の中の人を感動させたい、喜んでもらいたいと下積みをする。吉本の芸人としてデビューしたんだから、だれも...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

最近目についた興味深いニュース三題

先日こんなニュースが話題になっていました。 北大が名和学長の解任申し出へ。職員へのパワハラ認定、国立大では全国初になる見通し(2019年7月5日ハフポスト) 北海道大学の名和豊春学長(総長)について、同大が解任の申し入れをする方針であることが7月5日、関係者への取材で分かった。名和学長は北大職員に対するパワーハラスメントをしていた疑いがあるとして、学長選考会議2018年11月から調査をしていた。学長選公会議は学長のパワハラを認定。学長を続けることは不適切であるとして近く文部科学相へ解任の申し出をするという。名和学長は、2018年12月10日から体調不良を訴え休職しており、2019年3月の卒業式や、4月の入学式も欠席した。現在は笠原正典副学長が職務代理を務めている。北大広報課は「現時点ではコメントを差し控えたい」としているが、この問題について「世間的に大きな注目を集めているので、解任の申し出などがある場合はしかるべきタイミングで公表する」と説明した。(略)国立大学の学長任命手続きをする文部科学省人事課によると、2004年に国立大学が法人化してから、学長が解任された例は今までにないという。国立大学法人法によると、国立大学の学長の任命や解任の手続きは、学内外のメンバーで構成する選考会議の申し出を受けた後、内容を精査して文部科学相が可否を決定する。担当者は「正式な申し出は現時点では来ていない。このような例は過去にないため、一般的にどう対応するかということについても説明しにくい」と話している。 未だ事実関係が争われている中ですから断定できるものではないものの、近頃ではアカハラと言う言葉もあるくらいで、学閥内のヒエラルキーに基づくハラスメント自体はどこの大学でも全く珍しくはないでしょう。ただ今回国立大学のトップである学長が、いわば部下からの謀反によって職を追われると言う前代未聞の事態であることが珍しく、こういうことが可能であると言うことを世に知らしめる意味でも重要な事例になりそうです。今後はこれならうちの教授も…と全国各地で内部告発が続くことになるのかどうかですが、学問的業績だけではなく人並みの常識を持ち合わせているかどうか、教授選考の過程から問われる時代になるのでしょうか。続いてこちらも言われてみればありそうな話でもあるのですが、先日出ていた珍しいニュースを紹介してみまし...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

今日のぐり:「天下一品 総本店」

近年ハンターの減少もあってか野生のクマ被害が目立つようですが、そんな中で先日多くの人々を驚かせたのがこちらのニュースです。 「何を信用したら?」市の要請でクマを駆除したのに銃所持許可が取消に(2019年6月13日北海道文化放送)  2018年、砂川市で市や警察の立会いのもと要請に応じてクマを駆除したハンターが、鳥獣保護法違反の疑いで書類送検され、その後不起訴になったものの、銃の所持許可が取り消されるというトラブルがありました。 住民の命を守るためのハンターの行動がなぜ問題視されてしまったのでしょうか。  田中うた乃記者:「このあたりには果樹園も多くあり、たびたびクマが目撃されていました。男性は市の要請を受け警察立会いのもと10数メートル先にいた子グマを駆除しました」 北海道猟友会 池上治男砂川支部長:「ハンターに頼んでいると片方で言っておきながら撃ったらダメみたいなことを言ったら、何を信用してやればいいのか。おかしいんですよ」 こう話すのは、北海道猟友会砂川支部長の池上治男さん。池上さんは2018年8月、砂川市からの連絡を受け砂川市宮城の沢のクマの出没現場に出動し、1頭のクマを駆除しました。  池上さんによりますと、市の担当者や警察官が周辺住民に注意を促し、現場で安全を確認した後、市が依頼する形で駆除したということです。 しかし、池上さんはその後、公安委員会の許可なしに発砲したなどとして、鳥獣保護法違反の疑いで書類送検されました。 不起訴にはなりましたが建物の近くで発砲したことが問題視されライフル銃の所持許可が取り消されてしまいました。  北海道猟友会 池上治男支部長:「何がなんだかわからない、市の要請で駆け付け駆除するだけの話しですから、じゃあクマが出たら、人を襲うまで対応できないのか。私たちは、市民のためにクマを駆除して警察官もよかったよかったと言っていた」 今回の件について警察は、現場で発砲を同意した事実はないとコメントしています。(略) 当事者ならずとも誰しも思うところはあるだろうと言うニュースなのですが、しかし市当局や警察も今後ハンターとの関係をどうしていきたいのでしょうかね。本日は妙なトラブルに巻き込まれたハンター男性にご同情申し上げるとともに、世界から動物にまつわるちょっと予想外のニュースを紹介してみましょう。 猫用AIドア。死んだ獲物をくわえて帰...

» 続きを読む

| | コメント (2)

2019年7月 8日 (月)

医師の労働時間に関する厚労省の通達が興味深い内容

本日まずはこちらのニュースから紹介してみましょう。 長時間労働で院長ら不起訴 新潟市民病院、遺族が告発(2019年7月3日共同通信)https://www.m3.com/news/general/685956 新潟市民病院が2017年1~6月、延べ90人の医師に労使協定違反の長時間労働をさせたとして、過労自殺した女性研修医=当時(37)=の遺族が労働基準法違反の疑いで告発した問題で、新潟地検が片柳憲雄(かたやなぎ・のりお)院長らを不起訴処分としていたことが2日、地検などへの取材で分かった。処分は4月8日付。  遺族代理人の斎藤裕(さいとう・ゆたか)弁護士によると、片柳院長は起訴猶予、新潟市と篠田昭(しのだ・あきら)前市長は嫌疑不十分だったという。斎藤弁護士は「起訴猶予は犯罪行為が認められたことになり、病院には対応してもらいたい」としている。  同院の女性研修医が16年1月に過労自殺。遺族らが長時間労働の改善を市に申し入れたが、十分な対策が取られていないとして、17年10月に告発、新潟労働基準監督署が19年2月に書類送検していた。 この新潟市民病院に関しては史上初めて医療機関でブラック企業大賞にノミネートされましたが、過労死まで出すような職場環境に関して当時病院当局が「事態改善は難しい」と開き直っていたのが印象的でした。http://gurikenblog.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-95c7.htmlhttp://gurikenblog.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-4df0.html労働者としての医療関係者が病院当局を訴えると言う事例も時折報じられていますが、今の時代ブラック企業対策はどこの業界でも重要であり、必要であれば訴訟沙汰も辞さない労働者も増えているようです。https://www.sankei.com/affairs/news/190617/afr1906170045-n1.html明確な法令違反の行為などは論外ですが、医療業界の場合そもそも関連法規を無視した、あるいは全く知らずに運用されている事例も未だに多く、労基署などからもたびたび突っ込まれる所以ではありますね。長く続いている医師の働き方改革を巡る議論でも、労働時間の把握など基本的な部分の徹底が再確認されたそうです...

» 続きを読む

| | コメント (3)

2019年7月 6日 (土)

今日のぐり:「蕎麦屋 じん六」

先日のG20では各国首脳を集めた夕食会が開催されましたが、それに関連してちょっとした話題になっていたのがこちらのニュースです。 プーチン氏、G20夕食会にマイカップ持参 「被害妄想?」臆測飛び交う(2019年6月29日AFP) 【6月29日 AFP】大阪で行われた20か国・地域(G20)首脳会議(サミット)の夕食会の映像で、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領が自分専用のマグカップを持参して飲み物を飲んでいる姿が確認され、ソーシャルメディア上では、20年近く政権を握っているプーチン大統領が被害妄想にとらわれているのではないかとのジョークや臆測が飛び交っている。  映像には、他国の首脳が一般的なワイングラスで飲み物を口にする中、プーチン氏が魔法瓶タイプの白いマグカップで何かを飲む姿が映っている。 ドミトリー・ペスコフ(Dmitry Peskov)大統領報道官は国営ロシア通信(RIA Novosti)に対し、「プーチン氏は、常にあのマグカップで紅茶を飲んでいる」と説明している。 プーチン氏は自分のマグカップで、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領と乾杯。一方のトランプ氏がワイングラスから飲んでいたのは、コーラ飲料と思われる暗褐色の液体だ。  G20のような国際会議にマイカップを持参したプーチン氏をめぐり、インターネット上では同氏が誰も信用していないのではないかとの臆測が飛び交った。  プーチン氏のパロディーアカウント「@DarthPutinKGB」はツイッター(Twitter)に、「私がこれまで目にしてきたものを目撃すれば、あなたもマイカップを持参するようになるだろう」と投稿している。 確かに他の首脳とは違うカップを使用されていますが、世界最強の国家元首とも言われる男だけに色々と思うところもあったのでしょうかね。本日はプーチン氏の目撃してきたものに興味を抱いただろう方々に、世界中から食に関わるひとかたならぬこだわりを感じさせるニュースを紹介してみましょう。 ”食事とは大便を買うこと”効率と結果を追い求め、食べることをやめたサラリーマンを支える「完全食」とは(2019年6月29日アベマタイムズ)  私たちが生きる上で欠かせない食。美味しいもののためならお金を惜しまない人もいるが、食料自給率の低下やフードロスも叫ばれる...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月 3日 (水)

彼らは給与を辞退しているのだと思っていたそうです

今さらながら話題に上ることが増えている無給医問題について、各地でその実態が明らかになりつつありますが、先日もこんな記事が出ていました。 休み月3日うつ状態に 道内「無給医」実態証言 「文句言えばつぶされる」(2019年7月1日北海道新聞)  労働実態がありながら適正な給与が払われない「無給医」が、道内にも多くいることが文部科学省の調査で初めて明らかになった。道内大学病院の現場では、若手医師の医療行為を「自己研さん」などと扱い、労働とみなさない過酷な環境や慣習があり、無給や安い給与でアルバイトに追われる医師も多い。疲弊する医師からは「やっと問題が取り上げられた」との声も聞こえる。専門家は「(無給医は)長年の慣習の結果だが、今回の調査を機に改善するべきだ」と指摘している。  「『無給医』は医療界の常識で、誰も声も上げてこなかった」。道北の公立病院で勤務する50代の男性医師は漏らした。「今回判明したのも、氷山の一角だ」 医師免許取得後、旭川医大大学院に進学。同大病院で1年ほど無給で働いた。研究医の肩書だが、他の医師と同様に午前8時から午後8時ごろまで診察し、当直もこなした。だが「ただ働き」。生活のため、休日にほかの病院で時間外診療のアルバイトをして稼いだ。休みは月3日ほど。激務の末、うつ状態になった。 今回の調査結果を受け、国は適切な労務管理をするよう大学病院に通知した。だが、男性医師は「バイトせざるを得ない無給医が地方の病院に出張することで、地域の医療体制を支えている面もある」と打ち明ける。 今さら北海道でも大勢いたも何もないもので、むしろ無給医が存在しない施設の方が報道価値があると思いますが、専門資格を持つプロフェッショナルがタダで働いてくれるのですから雇う側の旨味は多いですよね。しかし田舎病院を支えるために無給医が必要とはさすがに飛躍した論理だと思いますが、人間精神的に追い詰められるとこういう考え方で自分自身の中での合理化を図ろうとしてしまうものなのでしょう。いずれにしても自ら進んで無給で働かせてくれと言う人間は限りなく例外的だろうし、特に若手の立場の弱い先生方に有形無形の圧力をかけて無給の立場に追い込んでいるだろうとは容易に想像出来るところです。厚労相も無給医は労働法違反であると断言し雇用者側の責任を問うていますが、そんな中で今さらそれはどうよ?と思わされる弁...

» 続きを読む

| | コメント (2)

2019年7月 1日 (月)

自治体毎に異なった医療体制が当たり前になれば医療現場はどうなるか

医療行政については厚労省が所轄官庁とは言え、財務省も大きな関与を為していることは周知の通りですが、先日財務省筋でこんな議論があったと報じられています。 「社会保障、このままでは持続可能とは言えず」財政審建議(2019年6月19日医療維新)  財政制度等審議会(会長:榊原定征・東レ特別顧問)は6月19日、「令和時代の財政のあり方に関する建議」をまとめ、麻生太郎財務大臣に手渡した。社会保障について「このままでは制度が持続可能とは言えない。着実かつ迅速に改革を実施していく以外に途がない状況にある」などと厳しく指摘する内容で、榊原会長は記者会見で「令和は受益と負担の乖離、将来世代へのツケ回しに歯止めをかける時代にしなければならない」などと語った。  建議では、まず今後の社会保障改革の考え方を提示。65歳以上人口が2040年頃にピークを迎えて社会保障費の伸びが落ち着く可能性があるとの指摘について、さらなる医療の高度化や、75歳以上人口は2040年以降も増加する見込みであることから、「伸びが自動的に抑制されると仮定することは適当ではない」と主張。制度の支え手である65歳未満人口は減少を続けることから、「社会保障改革の手綱を緩めてはならない」と強調した。 社会保障費の伸びの抑制については、「新経済・財政再生計画」に盛り込まれた「実質的な増加を、高齢化という人口動態による増加分に相当する伸びに収める」との方針を「引き続き達成する必要がある」と指摘。2018年秋の建議で示した(1)保険給付範囲のあり方の見直し、(2)保険給付の効率的な提供、(3)高齢化・人口減少下での負担の公平化――という3つの視点で取り組んでいくこととした。 建議の医療についての概要は、以下の通り。 (1)保険給付範囲の在り方の見直し 「大きなリスクは共助、小さなリスクは自助」との考え方の下、高額医薬品や医療技術を引き続き保険収載していく場合には、小さなリスクについて、薬剤自己負担の引き上げや、少額受診等に一定程度の追加負担を求めることなどが必要である。 (2)-1 保険給付の効率的な提供(国保のさらなる改革) 今後、保険給付に応じた保険料負担を求める本来の仕組みとするとともに、地域差の是正など医療費の適正化に向けたインセンティブを強化する観点から、さらなる改革を続けていく必要がある。 (2)-2 保険給付の効率...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

今日のぐり:「ヴェルデュ都」

多くの人々が経験的に感じていることかも知れませんが、先日こんな面白い記事が出ていました。 巧みに人を操る「子犬の目」の進化、オオカミにはできない表情 研究(2019年6月18日AFP)  【6月18日 AFP】犬が人間を自分の意思に従わせるために「子犬のような目」を使うのを、どうやって身に付けたか考えたことがあるだろうか。 17日の米科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された最新の研究論文によると、飼い犬は人間に似た眉の筋肉を進化させており、それによって人の心をとろけさせるあの悲しげな顔の表情を作れることが明らかになったという。  今回の研究では、死んだ飼い犬を解剖し、飼い犬の祖先である野生のオオカミと比較した。飼い犬とオオカミは約3万3000年前に分岐した。 今回の研究の別のパートでは、犬と見知らぬ人間との2分間の交流の様子を録画し、眉頭を上げる、目の周りの特定の筋肉がどれくらい使われているかを詳細に記録した。さらにオオカミでも同じ実験を行った。 その結果、飼い犬の場合は目の周囲に二つの筋肉が必ず存在し、十分に形成されているが、オオカミではそうではないことが判明した。また、人をじっと見詰めている間に眉を激しく動かすのも犬だけであることが分かった。  論文の共同執筆者の一人で、米デュケイン大学(Duquesne University)のアン・バロウズ(Anne Burrows)教授は、AFPの取材に「これによって目がより大きく見えるようになり、人間の幼児に似た状態になる」「それにより、世話をしたいという気持ちが引き起こされる」と説明した。 さらに、眉の筋肉は犬では力強いがオオカミではそうではないため、「眉の筋肉とその機能が自然選択されていることが分かる」と、バロウズ教授は指摘した。(略) 興味深いことに、今回解剖された犬の中のシベリアンハスキーは、他の犬種には二つある筋肉のうちの一つで、まぶたの角を耳の方に引っ張る筋肉がなかった。 その理由は、ハスキーが古い犬種であり、犬とオオカミとの関連性がどのようなものだった可能性があるかを最もよく表す現存種だからかもしれない。  バロウズ教授は「ハスキーで今回確認された興味深い変化についてさらに掘り下げる予定だ」として「マラミュートやサモエドなどのさらなる古代犬種を調査し、その結果をチワワやヨークシャーテリアなどの小型犬種と...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

インドで大々的な医師のストライキ発生

日本とは医療体制も違う異国での話ですが、先日こういう興味深い事件が報じられていました。 インドで医師数十万人スト=患者家族の襲撃に抗議(2019年6月17日時事通信)  【ニューデリー時事】インド全土で17日、医師数十万人がストライキを決行した。 死亡した患者の家族に医師が襲撃された事件を受け、職場での安全確保を求めている。在留邦人にも、治療や検査を受けられないといった影響が及んだ。  発端は10日、東部の西ベンガル州の病院に運び込まれた重体患者が死亡し、医療ミスがあったとして家族が病院内で複数の医師を暴行し、重傷を負わせた事件。地元医師組織が州に処遇改善を呼び掛けたが、事態が好転しなかったため、ストを決めた。医師30万人以上が加盟する全国組織も連帯を呼び掛けた。 スト参加者は18日早朝(日本時間同日午前)まで手術を含め、不急の治療は行わないという。  インドで17日に医療従事者の全国スト、患者遺族からの暴行事件受け(2019年6月15日AFP) 【6月15日 AFP】インド東部・西ベンガル(West Bengal)州の病院で、治療中に死亡した患者の遺族が、適切な治療を怠ったとして医師3人に暴行を加える事件が起きたことを受け、インドの医療従事者は来週17日に全国でストライキを実施する予定だ。関係者が14日、明らかにした。 インド医師会(Indian Medical Association)によると、適切な治療を怠ったとして患者の家族から頻繁に暴行を受けている医療従事者への法的な保護を求めるため、数万人の医療従事者が17日にストライキを行う予定だという。  インド医師会の事務局長はAFPに対し、同会の会員30万人以上が14日から3日間の抗議行動をしていると明らかにした。一部の州では、職場でいかに危険な目に遭っているかをアピールするため医師らがヘルメットをかぶったという。事務局長は、17日のストライキで救急医療に影響が出ることはないとしている。 西ベンガル州の州都コルカタ(Kolkata)の医療従事者らは、すでに10日からストライキを実施している。同州の州立病院で、治療中に死亡した患者の遺族が医師3人に暴行を加え、うち2人が重傷を負う事件が起きていた。警察はこの事件で4人を逮捕し、捜査を進めている。  インドの医療費は国内総生産(GDP)の2%未満で世界的に見ても...

» 続きを読む

| | コメント (3)

2019年6月24日 (月)

働きにくい職場の原因はやはり○○だった

医師の働き方改革を巡っては今後5年間で多くの市中病院で「月100時間未満・年960時間以下」の基準達成が求められることになり、2035年には全ての病院でこの水準が適用される予定です。全国救急医療機関への調査では5-7割の施設が今後5年間でこの基準を達成出来る見込みと答えたものの、3割程度の施設では部分的にしか達成出来ない見込みだそうで、さて5年後にはどうなるのかです。おそらく喫緊の課題となっているのがワークシェア、業務分担と言うことだと思うのですが、興味深いのは働き方改革達成が求められているのは医療以外の全職場での話であり、他業界でも四苦八苦している点です。 特に社畜的感覚の薄い若い世代の業務分担が問題で、下手に仕事を押しつければ辞められるだけでなく労基署に告発ともなりかねませんから、その上の中堅世代の負担が増すことが予想されているそうですね。この辺りは新臨床研修制度開始に伴い研修医がお客サマ扱いされることが増え、結果としてその上のレジデント、平医員クラスの負担が増加した医療業界の過去の事例ともかぶっているようで興味深い話です。逆に言えば働き方改革を巡る諸議論は医療業界内部の特殊事情と考えるべきではなく、他業界の事例も参考にすべき点が多々ありそうですが、先日産業医の立場からこんな記事が出ていました。 ◆「うつ病」社員が頻発する会社の共通点は?産業医から見た実態(2019年6月6日ダイヤモンドオンライン) (略) 数年前の電通の若い社員の自殺事件や4月からの働き方改革で、労働(残業)時間や違法残業という言葉に、社会的な注目が集まっています。 しかし私はそれよりも、この疲労を生み出している労働環境こそ、就職転職の際にぜひ注目していただきたい点だと思っています。 私は、働き方とは、やりがいと裁量権(コントロール度)に左右されるものと考えます。 この2つの要素の大きさ重さにより、具体的な労働時間や勤務方法による疲労度は個々人でだいぶ変わってきます。  1つめの要素である「やりがい」とは、個々の社員が仕事における自己成長を感じることができているか、職場からの評価を感じているか、そして時にはどうして自分がその職場で働いているのか、その意味意義を認識しているかということです。 私の見る限り、新人や転職して間もない人たちは、新しい仕事における自分の成長を実感できている間は、同じ時...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«今日のぐり:「香川製麺てまり」