2019年5月20日 (月)

医療費は思ったほど増えないと言う意見が次第に優勢に

国として医療のどこにどの程度のお金を投じるかは永遠の課題で、国が豊かになるほど医療費も増える傾向があるとも言いますが、日本でもこんな議論が出ているそうです。 財政審、増加医療費の半分「政策的に対応可能」保険給付範囲の見直し、医療体制改革案におおむね同意(2019年4月24日医療維新)  財政制度等審議会(会長:榊原定征・経団連元会長、東レ相談役)は4月23日、分科会で社会保障改革について議論し、財政審が近く取りまとめる建議(意見書)の方向性に関して委員からおおむね賛同を得た(資料は、財務省ホームぺ―ジ)。医療分野では、高額医療に対する保険給付範囲の見直しや、地域医療構想の推進に伴う医療提供体制の適正化などが重点項目に掲げられた。  同省が提出した資料では、現在の社会保障制度に対して「給付と負担のバランスが不均衡の状態に陥っており、制度の持続性を確保するための改革が急務」と警鐘を鳴らした。医療費に関しては、「高齢化と高度化等で国庫負担が急増」し、「医療費・介護費の伸びを放置すれば、雇用者の実質賃金の伸びは抑制される」と指摘している。 医療費の増加の理由として同省は、高齢化の影響は「半分程度」だと説明。残り半分の要因としては、「新規医薬品等の保険収載」、「医師数、医療機関数の増加」、「診療報酬改定」、「高額な医療へのシフト」──などが考えられ、「政策的に対応できる余地がある」として、要検討を求めた。  財政審は、今後の医療改革の方針として(1)保険給付範囲の在り方の見直し、(2)保険給付の効率的な提供、(3)高齢化・人口減少下での負担の公平化──の3つの視点で進める方針を打ち出した。 (1)では、「大きなリスクは共助、小さなリスクは自助」の原則を徹底し、有用性の低い医薬品の自己負担率の引き上げや受診時定額負担の導入、高額な医療や医薬品への公的保険の在り方の検討などを盛り込んだ。 (2)では、地域医療構想を巡って、病床数の再検討や、同構想の実現と診療報酬の適正化に向けた「都道府県に転換命令などの実効的な手段・権限を付与」、「結果に応じた強力なインセンティブ」などを示した他、薬価制度や調剤報酬の抜本改革を求めている。 (3)では、75歳以上の高齢者に対して負担能力に応じた窓口負担の引き上げ実施などを掲げた。(2019年4月23日「財政制度審議会財政制度分科会」資料) 委員...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

今日のぐり:「ラーメン大和」

先日世の中の一部方面で話題になっていたのがこちらの一件です。 悪意を感じる漢字ドリルが話題、出版社は「意図したものではない」(2019年4月27日Jタウンネット) 子供の漢字ドリル、漢字の並び方に悪意を感じる――。そんなツイートが2019年4月24日に投稿され、話題となっている。 まずは下の画像をご覧いただきたい。こちらはツイッターユーザーのひらり(@umeko_tuda3535)さんのツイート。小学校低学年の頃によくやった漢字ドリル、一瞬懐かしい思いになるが、紹介されている漢字の並びに注目してもらいたい。(略)これ、絶対に狙ったでしょ――。そう思ったJタウンネット記者が、出版元に取材すると...。話題の漢字ドリルは、光村教育図書の「あかねこ漢字スキル」(光村教育図書)。Jタウンネット編集部が26日、同社編集部の担当者に話を聞くと、 「(あかねこ漢字スキルは)東京書籍さんの教科書に掲載されている説明文『たんぽぽ』で習う漢字の順番で掲載しているため、意図したものではございません」 との回答が。ネットで話題になっていることについて、感想を求めたが、「ノーコメント」とのことだった。「たんぽぽ」は東京書籍の小学校2年生用の国語教科書に掲載されている説明文。たんぽぽの生態をわた「毛」を飛ばすなどの過程でわかりやすく説明している。偶然にしては、悲しすぎる。誰か、お父さんをはげましてあげて欲しい。 どのように狙ったものなのか、元記事の画像を参照いただきたいのですが、世のお父さん方にはあんまりだと言う話ですよね。本日は思わぬところでディスられることになったお父さんたちをはげます意味で、世界中から狙ってやっているのならいささかどうよ?と思うニュースの数々を紹介してみましょう。 電車で電磁波チェッカーを取り出し「放射能が出てる」と叫ぶおばさん 駅員に宥められる(2019年4月19日ゴゴ通信) 電車内で電磁波チェッカーなるものを取り出し向かいの人をチェックし「放射する電磁波が~」と騒ぎ出す女性の動画がTwitterに投稿され話題になっている。 動画は駅員と女性が話ししている場面から始まり「こちらのお客様が放射しているとか本当失礼なのでやめた方が……」と女性を宥めると「失礼って現実に放射メーター出てますよ」と強気な女性。最後にもう1人の駅員が帽子を取り撮影者の方に来て謝罪する瞬間で映...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

男女に差をつけるのはケシカランと言われがちな時代ですが

先日の連休中、こんな奇妙な事件が発生していたと報じられています。 トイレが「男性→赤」「女性→青」に 意図めぐり推理合戦、その真意を探ると...(2019年5月10日J-CASTニュース) トイレ表示の色が逆――。男性用は青、女性用は赤に塗り分けられるのが一般的だが、その逆のトイレが見つかった。SNS上で拡散され、さまざまな憶測が飛び交っているがその理由は?設置してある大学に聞くと...。 トイレは、九州産業大(福岡市)の芸術学部生らが利用する棟に設置されていた。なぜか男女の表示板とピクトグラム(絵文字)の色が通常と逆で、男性用は赤、女性用は青になっている。一般のツイッターユーザーが2019年5月7日、困惑の声とともに写真を投稿すると、3700以上(10日現在)拡散され、驚きの声が相次いだ。推理合戦も過熱する。 「社会実験?」「『先入観は危険!』の周知キャンペーンかな?」「まさか、『赤が女性を表すなどという偏見を排除』なんて理由じゃないでしょうね」「現代アート的なやつ?」 この中に答えはあるか。九産大の総合企画部広報課は10日、J-CASTニュースの取材に、「誰かが無断で塗り替えたものであり目的は不明です」と明かした。ゴールデンウィーク(GW)中に被害があり、大学側は連休明けに発見した。現在は貼り紙を貼って間違いが起きないよう対応しており、5月中には原状回復する予定だ。なお広報課によると、警察への被害届提出や、大学による調査は考えていないという。 元記事の画像を見ても判る通り相当な完成度で気合いの入った仕事ぶりですが、記号ではなく赤青の色の違いでトイレの男女別を認識していた方々なら間違っても全く不思議ではないですよね。そもそも男が青で女が赤と決まったルールはなく、子供のランドセルの色など様々な方面で進歩的な方々を中心に従来の固定観念を打破すべきだと言う運動が繰り広げられてきた経緯があります。従来暗黙の了解的に男女それぞれに割り振られてきた色や記号なども言い出せば切りがないのですが、このところその男女差と言うことを巡って大きな話題になっているのがこちらのニュースです。 女性だとAEDが使われない? 救命処置の男女差(2019年5月8日NHK) 心停止となった人の心臓の動きを正常に戻す医療機器AED。しかし、倒れた人が女性だと、男性よりAEDが使われにくい。そんな...

» 続きを読む

| | コメント (4)

2019年5月11日 (土)

今日のぐり:「元祖瓦そば たかせ本館」

ちょうど年号の変わり目で平成最後だとか令和最初のと言ったフレーズが目立ちますが、こちら令和最初の事例を伝えるニュースです。 令和の性犯罪第1号は女湯のぞき?5メートルから転落で自業自得の腰椎骨折(2019年05月04日東スポ)  令和になってもスケベ心から起こる犯罪はなくならない。千葉県警船橋東署は、建造物侵入の疑いで佐倉市の自称内装業金子賢克容疑者(54)を1日、現行犯逮捕した。容疑は同日午後8時5分ごろ、船橋市のスーパー銭湯「みどりの湯 田喜野井店」敷地内に正当な理由なく侵入した疑い。  2階にある女性用露天風呂をのぞくため、施設裏手の外階段の手すりに立てかけた脚立を足場として、壁から頭を出していた。気づいた女性客が従業員に報告。従業員から声をかけられ、慌てて階段の手すりを飛び越えたが、約5メートルの高さから地面に転落した。 それでも歩きだしたため、駆けつけた従業員が「なんで逃げるんですか。のぞいてましたよね」と取り押さえた。ダメージは隠しきれず、担ぎ込まれた病院で腰椎破裂骨折と診断された。釈放の上、入院している。  調べに対し「トイレに行きたくなって、外階段でおしっこしていた」と話しているという。 ケガは全治約1~2か月。すでに大きなバチが当たったが、同署では「もしかしたら令和元年の性犯罪事件の第1号ではないか。こんなことをして情けない…」とあきれている。回復を待って事情を聴く方針で、余罪も含めて捜査する。(略) 何とも情けない顛末と言うしかないのですが、金子何某容疑者もまさかこんなことで自分が歴史に名を残すことになるとは思わなかったでしょうね。本日は金子容疑者の更生を願って、世界中から当人としても思いがけず大事になってしまっただろうニュースの数々を紹介してみましょう。 地下鉄内でトラブルの男 「一杯おごったる」とたしなめ、立ち去ろうとした男性殴り逮捕(2019年3月24日神戸新聞) 地下鉄車内のトラブルから男性を殴ったとして、兵庫県警兵庫署は24日、傷害容疑で、神戸市須磨区のアルバイトの男(24)を現行犯逮捕した。署の調べに、容疑を認めているという。逮捕容疑は、24日午前0時半ごろ、同市兵庫区の市営地下鉄湊川公園駅近くの路上で、30代の男性会社員の顔を殴るなどして軽傷を負わせた疑い。 署の調べに、殴られた会社員は「地下鉄の車内で男が別の乗客にからんでい...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

確実で失敗がないと言うことは一般には良いこととされています

10連休中は大きなトラブルがなかったのか、医療関連ではさほどに目立ったニュースはなかったようですが、本日まずは先日目にしたこんな記事を紹介してみましょう。 畳めなかったエアリズム 全自動折り畳み機、事業解散へ(2019年4月25日日経ビジネス)  世界初の全自動衣類折り畳み機「ランドロイド」の事業化を目指してきたセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ(東京・港)が23日、東京地裁に自己破産を申請し、破産手続き開始決定を受けた。開発が難航し、資金繰りが行き詰まった。子会社と合わせ、負債総額は約31億8000万円に上る。同社の阪根信一社長はテック系ベンチャーの旗手と目されていただけに、衝撃が広がっている。  ランドロイドは、AI(人工知能)や画像認識、ロボットアームの技術を駆使し、洗濯後の衣類を1枚ずつ「つかむ」「広げる」「折り畳む」「仕分ける」「収納する」といった工程を経て整理する機械だ。大型冷蔵庫ほどのサイズで、1台200万円ほどの価格を想定していた。 以前は17年度中の発売を目指してきたが開発が難航し延期。続いて、18年度中の発売を目指してきたものの、それもかなわなかった。 同社はこれまで、海外の投資家も含めて105億円余りの資金を調達しており、パナソニックと大和ハウス工業も出資してきた。阪根社長は両社に追加出資を要請してきたが、発売目標の期日を再三守れない状況下では追加出資を受けられず、ついに資金が底をついた。(略) では、開発を難航させたものは何だったのか。 「私はひとまず発売すればいいと思うんですが……」。1年余り前、阪根社長は日経ビジネスの取材に応じ、そう漏らした。ロボットアームの開発に苦戦しているという。アームは様々な種類の布を持ち上げられるが、どうしてもつかめない素材があるとのことだった。 それが、カジュアル衣料品店「ユニクロ」の人気商品「AIRism(エアリズム)」だった。シルクのような肌触りが特徴だが、それだけにロボットアームが扱うのが難しかった。完全な製品を世に出したいと考えるパナソニックは、この点を重く受け止め、発売に難色を示したという。破産手続きの開始を受けて、「ランドロイドの事業は解散する」(セブン・ドリーマーズ広報)。 新市場の創造に挑んだ著名なベンチャー起業家が倒産に追い込まれたことで、成長の可能性があるベンチャーに「リスクマネーを投じ...

» 続きを読む

| | コメント (2)

2019年4月29日 (月)

今日のぐり:「たくみや」

今年の入試シーズンにちょっとした話題になっていたのがこちらのニュースです。 名門麻布が"コーヒーの淹れ方"を問う理由(2019年4月10日プレジデントオンライン) 東京・広尾の名門校、麻布中学校が理科の入試問題で「エスプレッソの作り方」を出した。問題文には「みなさんも大人の味覚がわかるようになったら、楽しんでみてください」というメッセージまであった。学校や塾では絶対に教えないことを問題にする狙いとは――。(略)麻布の理科入試は、毎年、目新しいテーマが出題されることで有名だ。今年はなんと「エスプレッソの作り方」が出題されたのだ。問題文はコーヒーの豆の話から始まり、焙煎機の使い方、コーヒーミルの使い方、お湯の注ぎ方と濃さの関係、エスプレッソの豆の挽き方、エスプレッソを入れる器具の扱い方などを問う問題が続く。苦味や酸味といった成分の特徴や濃度を求める問題は、化学分野とも言えるが、はたしてこれが中学受験の理科入試と言えるのだろうか。こんな知識は、学校はもちろん、塾のテキストにも載っていない。それこそが麻布の理科なのだ。麻布の理科入試は、中学受験で求められる一般的な知識はさほど求めていない。知りたいのは、「知識の有無」ではなく、「好奇心の有無」だからだ。 麻布の理科は、とにかく問題文が長い。たった40分の制限時間内にB5中とじ10ページ分の文章を読み進めていかなければならない。大人でもひるむ文字量だ。しかも、問題文の素材は、学校や塾では触れることのない内容ばかり。2017年度は巨大昆虫と恐竜を素材にした「進化」の話、2018年にはヤンバルクイナの生態や探査機カッシーニの活躍が取り上げられた。そして、今年は「エスプレッソの作り方」である。しかし、文章こそ長いものの、言葉使いや説明は丁寧でやさしく、12歳の男の子が読める内容になっている。文字量の多さや初見の問題を前に、「こんな長い文章はとても読めないよ……」「あれ? 塾でやっていない問題が出ている」と逃げ腰になってしまう子は、とても太刀打ちできない。一方、「どれどれ、何について書かれているのだろう?」「なんだか面白そうだな」と好奇心を持って読み進めていける子なら、麻布の素質は十分にある。 「難問」と言われる麻布の理科入試だが、作問者は意地悪でこんな問題を出しているわけではない。むしろ、受験勉強を通じて学んできたであろう「12歳...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

働き方改革、素直に改革を進めた場合と進めない場合の格差

先日は医師の働き方改革に関する最終報告書が公表されましたが、改革を強いられる雇用者側の立場からは未だに不平不満の声が山積しているようです。医師の労働時間短縮と地域医療維持は両立するか(2019年4月15日日経メディカル)  3月28日、厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」が最終報告書を取りまとめた。これを受け、医療界は残業時間の削減など、働き方の改革にようやく動き出すことになる。医師の過重労働解消の一方で、地域医療の崩壊を懸念する声も根強い。(略) 1年8カ月の議論を経て、2019年3月28日に取りまとめられた報告書では、原則として勤務医の時間外労働の上限時間を年間960時間・月100時間(休日労働含む)とした。遵守できない場合は雇用する医療機関に対して6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられることになる。ここまでは一般の会社員の時間外労働の規定と同等だ。 ただし医師には一部例外が認められた。例外は(ⅰ)から(ⅲ)の3種類。(ⅰ)地域医療に影響があると認められる場合、(ⅱ)初期・後期研修中や(ⅲ)6年目以降の医師で高度技能習得など技能向上のための診療が必要な場合─については特例として、年間の時間外労働を1860時間(月155時間)以下と基準を緩めた。また、罰則を伴う働き方改革法案は、大企業では2019年4月から、中小企業では2020年4月から施行されるが、医師は2024年4月。医師だけが4~5年遅れで改革が進むことになる。(略) 今回の報告書に対して、現場の医師の反応はどうか。一部の例外の扱いとはいえ、労災認定される過労死ラインである「月80時間(複数月平均)」を大きく上回る「月155時間」が示されたことで、若手産婦人科医師を中心とした「医師の働き方を考える会」などが反対の署名活動を実施した。一方で、現場の医師からは「アルバイトの時間を入れると妥当な時間」「今よりは労働環境が間違いなく改善する」「今まで支払われていなかった残業代が支払われる」と好意的に捉える向きもある。 (略) 医療提供体制への影響も懸念される。時間外労働時間を960時間以内に抑えるために、夜間の救急対応を中止する病院が出てくると、「それだけで地域医療が崩壊する可能性がある」と相澤病院最高経営責任者で日本病院会会長の相澤孝夫氏は懸念を示す。救急対応を中止することで、特定の病院に...

» 続きを読む

| | コメント (6)

2019年4月22日 (月)

新しいことの導入はたいていがすぐには進まないものですが

胃癌発生に大きく関わるヘリコバクター・ピロリの除菌治療に関して、今年の初めに北海道医療大学学長の浅香正博先生がこんな興味深いコメントをしていました。 H. pyloriで消化性潰瘍制圧、胃癌も(2019年1月9日平成の医療史30年) (略)――除菌療法の普及にも尽力されてきました。  米国では1994年に国立衛生研究所(NIH)から、消化性潰瘍は初発でも再発でもH2ブロッカーなどの酸分泌抑制薬に加えてH. pylori除菌療法を行うよう勧告が出て、これに世界中が応じました。ところが日本で保険適用されたのは2000年。世界に遅れること約6年でした。日本では、製薬企業が臨床試験を行い、そのデータを提出してから保険の審査が始まるためです。 遅れた理由はそれだけではありません。1990年代後半にようやく、PPIとアモキシシリン、クラリスロマイシンによる大規模臨床試験が始まり、私は治験総括医師を務めました。ところが、結果を提出しても厚生労働省はなかなか許可してくれません。そのとき、厚労省の役人が「先生、(H. pylori除菌療法保険適用の話が進まないよう)圧力をかけているのはどこの団体だと思いますか? 日本内科学会でも、日本消化器病学会でも、全国医学部長病院長会議でもありません。日本医師会なのです。われわれ厚労官僚に圧力がかけられるのは自民党だけで、その自民党に圧力をかけられる医学団体はたった一つ、日本医師会しかありません。その日本医師会が今回の保険適用に賛成していないのです」と話してきました。 当時の日医では、H. pyloriの診断や除菌療法は専門的な難しい処置が必要なため、潰瘍患者の多くが大病院に流れてしまうのではないかと誤解していたのです。(略) ところが、保険適用後にもさらなる問題が発生しました。除菌療法の件数が伸びないのです。よくよく調べてみると、一部の開業医は自分と家族は除菌したものの、再発が減ると自分の患者が減ってしまうと考えたのか、患者には除菌療法を施していませんでした。そんな中で、沖縄県のある開業医が、除菌療法を積極的に行ったところ消化性潰瘍の再発がなくなり、消化性潰瘍患者の受診は減ったものの、「すごい名医がいる」と評判になって患者が大幅に増加したと専門誌に報告しました。このようなことにより、開業医の間でも不安なく除菌療法が普及していきました。 除菌療...

» 続きを読む

| | コメント (4)

2019年4月20日 (土)

今日のぐり:「コリアンダイニング凛 倉敷本店」

悲しいときと語り出すネタが流行ったことがありますが、これはちょっと悲しいと言うニュースが報じられていました。 涙なしには見られない コンビニの“悲し過ぎる忘れ物”に全目撃者が悲しみを抱く(2019年03月19日ねとらば)  コンビニで見つかったある忘れ物が、目撃者たちに深い悲しみを与えています。その忘れ物とは、カップラーメンの粉末スープと液体スープの袋。お湯だけ……お湯だけ入れて退店してしまった……持って帰ったのただのお湯と麺……。  この忘れ物を発見したのは、Six_Espressoさん(@2m4h8)。「なんつー忘れ物してるんだ。見たこっちがとても悲しい気持ちになる」というコメントともにTwitterに写真を投稿したところ、1万5000回以上のリツイートと3万回以上の「いいね」を集める人気となっています。 この写真にリプライ欄などでは、「やらかした経験者です」「味の無い麺を食べたんだなぁって…」「私も見たことあります」「かわいそうに。きっと近くの会社の方ですね」「忘れてはいけないものを忘れてる」「健康志向の意識高い系の人かな?」「あぁ……」と諸行無常あふれるコメントが寄せられていました。店内でお湯を入れて持って帰る際は、ご注意を……。 その状況は元記事の画像を参照いただきたいですが、これは確かに悲しい、見ているだけでこちらも悲しい気持ちになるような写真ですよね。本日はその3分後に何がどうなったのかに思いをはせながら、世界中からこれは悲しいとしか言いようが無い最近の悲劇的ニュースを取り上げてみましょう。 生配信で喉に赤飯詰まらせたYouTuber死去(2019年4月11日ナリナリドットコム) 生配信中に赤飯のおにぎりを喉に詰まらせ、救急搬送された女性YouTuberが、亡くなったことがわかった。   この一件は4月8日、女性YouTuberが自身のチャンネルで生配信中に、赤飯のおにぎりを一気に食べたところ、喉に詰まらせ昏倒。体が痙攣する様子や意識を失っている様子などがそのまま配信され、数十分後に視聴者が呼んだと思われる救急隊員が到着、配信は終了となった。その後、安否については情報がなく、ネットでは女性YouTuberを心配する声も多く上がっていたが、4月11日にTwitterを息子が代理更新し、「平成31年4月10日午後6時20分に病院で息を引き取りました。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

アメリカでは歯科医は高収入だそうです

他人の懐具合が気になる人も少なくないようですが、先日こんな記事が出ていました。 医師の年収、最も高いのは何科?(2019年4月9日ビジネスインサイダー) 医師は高収入。実際、診療科によって、どれくらい違うのだろうか。アメリカ合衆国労働省労働統計局の職業雇用統計(Occupational Employment Statistics)は、約800もの職業の給与と雇用数の年間指標を公表している。そのデータを使い、11の診療科の医師の平均年収を比較してみた。ランキングで見てみよう。平均年収と雇用数は2018年5月現在の最新データによる。 11位 足治療医、14万8220ドル(約1630万円)雇用数:950010位 歯科医、17万5840 ドル(約1934万円)雇用数:11万30009位 小児科医、18万3240ドル(約2016万円)雇用数:2万84908位 内科医、19万6490 ドル(約2161万円)雇用数:3万78207位 その他の専門医、20万3880 ドル(約2243万円)雇用数:38万9180※免疫科医、神経科医、病理医、放射線科医など。6位 家庭医・一般開業医、21万1780 ドル(約2330万円)雇用数:11万41305位 精神科医、22万380ドル(約2424万円)雇用数:2万56304位 産科医・婦人科医、23万8320ドル(約2622万円)雇用数:1万85903位 口腔顎顔面外科医、24万2370ドル(約2660万円)雇用数:48302位 外科医、25万5110ドル(約2806万円)雇用数:3万43901位 麻酔科医、26万7020ドル(約2937万円)雇用数: 3万1060 収入額を見るだけでも日本とはずいぶんと状況が違うのだろうなと思わせる数字なのですが、アメリカの場合ここから数千、数万ドル単位の保険料を差し引かれていると考えると、まあこんなものなのでしょうか。ドクターフィーのあるアメリカの場合、収入の多寡は需要と供給の関係に左右される部分が大きそうですが、その点で現時点でのトップが麻酔科医であると言うのは納得出来るものがあります。ただここで注目いただきたいのは、数としては相当に多い歯科医が高収入であることで、口腔外科も含めてランキング上位に顔を出している点が興味深いところですね。ひるがえって日本の場合、すでに歯科クリニックがコンビニよりも多いと...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«医療とネットに関わる最近のニュース2題