2020年1月27日 (月)

無断キャンセル問題がますます広がっている理由

正月早々に話題になっていたのがこちらの事件ですが、記事から紹介してみましょう。 正月の宿泊無断キャンセル、業界悩ます「ノーショー」(2020年1月21日朝日新聞)  栃木県那須塩原市や日光市などの温泉地で、正月に宿泊予約の無断キャンセルが相次いだ。少なくとも7施設で計約250万円の被害が出ていることが20日、宿泊業者への取材でわかった。県は春の観光シーズンに向けて観光関係者と防止策を協議する考えだ。 関係者によると、いずれも同一とみられる人物から那須塩原市、日光市、那須町の宿泊施設8カ所に電話で1月2日の宿泊申し込みがあり、うち1カ所にのみ泊まったとみられるという。被害に遭った施設は県警に対応を相談し、この人物を特定して損害賠償を求めることも検討している。県観光交流課の担当者は「あってはならない行為。宿泊業者や関係団体と対策を話し合いたい」と話す。  那須塩原市の旅館「湯守田中屋」では昨年8月末、男性の声で電話があり、男女10人で泊まるとして「露天風呂付きの最高の部屋」を指定されたという。住所、氏名、電話番号などを聞き、翌日には要望に応じてパンフレット10部も宅配便で送った。しかし、宿泊予定日の約2週間前に電話をした際は不通で、当日、客は現れなかった。連絡先とされた千葉県の住所に宿泊費約36万円の請求書を送ったところ、転居先不明で戻って来たという。 日光市鬼怒川温泉のホテルでは、1月2日からの予約申し込みがあったものの、満室で、3日から1泊で男女計10人の予約を受け付けた。求めに応じてパンフレットも送ったが、客は来なかったという。被害額は約26万円だった。  一般社団法人「那須塩原市観光局」の小林紀明・事業部長(51)によると、予約をした人がキャンセルの連絡もなく現れないことを業界では「ノーショー」と呼び、近年増えている。「被害が少額の場合は大半の宿泊施設が泣き寝入りしている」という。 今回のキャンセルの理由は不明で、予約の手段も異なるが、無断キャンセルが起きる原因の一つに、インターネット予約サイトの普及があるとされる。サイトで空室確認をして複数に予約を入れた後、実際に泊まる施設を決めたにもかかわらず、ほかの施設の予約を取り消さないケースが散見されるという。 施設側は「無断キャンセル」とみなし、予約者に代金を請求するが「キャンセル電話をしたはずだ」「何回もしつこい...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年1月25日 (土)

今日のぐり:「十割そば処 松吟庵(しょうぎんあん)」

かねがね幽霊や怪奇現象の類いに一度くらいは遭遇してみたいものだと思っているところですが、こちらリアル怪奇現象と話題になった事件の顛末です。 403万回も再生された「散らかっていた机の上が毎晩勝手に整理される怪現象」の正体を捉えたムービー(2019年12月07日GigaZiNE) 「前日には散らかっていたはずの机の上が一晩経つときれいに片付けられている」という怪現象に悩まされた元電気技師の男性が監視カメラを設置してみたところ、意外な犯人の姿が捉えられていたと話題になっています。 イギリス南西部に住む72歳のスティーブン・マッカーズ氏は、電気技師の仕事を引退してからも自宅の離れに作業机を置いて、機械いじりやDIYを日課にしていました。しかし、マッカーズ氏はある時、前の日の晩には机の上に散らかっていたはずのネジや機械の部品が、次の日には部品整理に使っていたアイスクリームの空き箱の中にしまわれていることに気がつきます。同居している子どもに聞いてみても心当たりがないといわれたため、マッカーズ氏はついに自分がもうろくして、無意識のうちに机を片付けたのかと思いました。 怪現象は1カ月以上も続き、家族が幽霊ではないかと怖がったので、マッカーズ氏は隣人で長年の友人でもあるロドニー・ホルブルック氏に依頼して動体センサー付きのトレイルカメラを設置したとのこと。その結果、毎晩机を片付けていた犯人の正体をムービーに収めることに成功しました。 毎晩マッカーズ氏の机の上を片付けていた犯人のムービーは、以下から見ることができます。 House-proud mouse caught on camera tidying garden shed | SWNS TV - YouTube(略) その正体は各自動画を参照いただきたいところですが、いやはやびっくりと言うしかありませんね。本日はマッカーズ氏のびっくり体験に敬意を表して、世界中から生き物に絡んだびっくりニュースを紹介してみましょう。 クリスマスツリーの中にフクロウ、購入時から潜伏か 米ジョージア州(2019年12月19日CNN) アトランタ(CNN) 米ジョージア州に住む家族が先週、自宅のクリスマスツリーの中にフクロウが隠れているのを見つけた。 ケイティー・マクブライド・ニューマンさん一家がフクロウを発見したのは12日夕、夕食を終えた時のこと...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年1月20日 (月)

病院もキャッシュレス化のすすめ

今年はオリンピック開催もあって海外からの訪日客増加が見込まれていますが、それに伴いいくつか不具合もありそうだと懸念されているようです。 訪日客トラブルに保険続々 病院不払いやSNS炎上(2020年1月14日共同通信)  訪日観光客の急増を受け、受け入れに関わる国内事業者と旅行者のトラブルに備えた保険商品が多様になっている。外国人の医療費不払いに見舞われる病院や、会員制交流サイト(SNS)が悪評で染まる「炎上」に悩む飲食業などの需要が拡大しているためだ。東京五輪・パラリンピックで訪日客がさらに伸びると騒動も増えかねず、損害保険大手による商品開発競争は加速しそうだ。  観光庁の2018年度の調査では、滞在中のけがなどに備える海外旅行保険に加入済みの訪日客は7割程度。日本でのトラブル防止へ官民で加入を呼び掛けた結果、損害保険ジャパン日本興亜がインターネットで扱う旅行保険は18年度の加入者数が前年度の1・8倍に伸びたものの、客の急増に追い付いていない。  「ノーマネー」。厚生労働省によると、急病で診療を受けても支払いを拒んで帰国する客が後を絶たない。そこで、あいおいニッセイ同和損害保険は外国人患者に特化した「医業未収金補償保険」を昨年、医療機関向けに発売した。一定額まで不払いを補い、治療費回収は同社が代行する。東南アジアからの訪日客の入院治療費が1千万円を超えた例もあり、反響は大きいという。  三井住友海上火災保険は中国の保険会社と提携し、日本での医療費をキャッシュレスでカバーする保険を中国で発売。取り扱いを伸ばしている。(略) この医療機関での未収金問題、以前から当「ぐり研」でも何度か取り上げてきたところですが、特に無保険者が多い外国人の未払いを2割の病院が経験していると言います。日本の医療機関はある時払いの性善説に立つ施設が多く、未収金に対しても強く支払いを迫ってこなかった経緯もありますが、そうであるなら対策を講じるべきでしょう。この点でかねてクレジットカードをもっとうまく活用できないかと思っているのですが、特に無保険外国人の場合原則カード提示を求めるようにすべきではないでしょうか。 海外ではクレジットカードによるデポジットが広く活用されていて、あらかじめ提示しておいたカードによる支払いでも現金払いでも精算時に選べるようになっています。現金払い文化が広く蔓延している...

» 続きを読む

| | コメント (5)

2020年1月18日 (土)

今日のぐり:「中華そば 一誠」

少し前に話題になっていたのがこちらのニュースです。 「どうせ将来はパソコンで書くから字は下手でいい?」小学生の質問にマツコが回答(2019年7月24日キャリコネニュース) マツコ・デラックスさんが7月22日放送の『5時に夢中!』(TOKYOMX)で、小学5年生の男の子の疑問に答えました。「先生には字をきれいに書きなさいと言われますが、お兄ちゃんには『どうせ将来はパソコンで書くから下手でいい』と言われます。どっちが正しいですか?」という問いかけです。これに株式トレーダーの若林史江さんは「(字を練習する意味は)あります」と断言。大人になって大事な場面でサインするとき「字が汚いと自分が落ち込む」などと説きましたが、マツコさんは、「自分が若林さんのようなタイプだと思うなら練習しておいたほうがいいと思う」として、「ただ、別に人から字が汚いと思われても屁でもないわと思うなら、正しいか正しくないかではなく、やる必要ないです」ときっぱり。自分自身がどうなりたいか選ぶことの大切さを強調しました。(文:篠原みつき) マツコさんは、本当に子どもからの相談なのかと冗談めかした後、「もし本当にお子さんからのメールなら、私は子どもだからといって子ども扱いはしません。ちゃんと大人として対応しますけど、それはもうあなたがどうなりたいかです」と語りかけ、「字も綺麗だねって言われる人間になりたいのか、別にいいわよ字なんか汚くたって、見てわかりゃいいじゃないの、って割り切れる人なのか。今から、子どもとはいえ自分で判断して生きていこう」と真剣にアドバイスしました。(略)2020年からの教育改革ではプログラミング教育が開始されますし、今でも地域によってはパソコンやタブレット学習が進んでおり、お兄さんの考えも完全に的外れとは言えないでしょう。もともとの得意・不得意はあり、そこからどう巻き返すか、あるいは別のことにエネルギーを注ぐかは、マツコさんの言うように本人の気持ち次第です。一方、この話題にネット上では、「キレイに書けるに越したことはない」をはじめ、履歴書や慶弔で自分の字の汚さに情けない思いをしている大人のつぶやきが散見されました。やはり、どちらが正しいなどと断言できない問題です。マツコさんが「自分で選びなさい」と答えたことは、とても誠実な態度に見えました。 字が綺麗で得をすることはあっても損をすること...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

応招義務があるからどんな患者も受け入れなければ、と言う間違った呪縛

上司としての在り方が職場の士気に大いに影響することは言うまでもないことですが、こちら職場のみならず全国的に称讚を集めた事例です。 店長になったのでクレーマーを全員出禁にしたら…(2019年12月17日ライブドアニュース) 飲食店やコンビニなどで声を荒げるお客と、平謝りの店員……。最近よく見かける光景ですよね。店員さんも困るし、他のお客さんも気分が悪い。それでも悪質なクレーマーが減らないのは、店の責任者が「お金を払ってくれるから」と黙認してしまうからでしょう。しかし、バイトから店長になったネヴァダ(@nevadan2)さんは、バイト時代から来店していたクレーマーを全員出入り禁止にしたそうです。その結果どうなったかというと……。 バイト時代に幅利かせてた頭おかしい客を店長になってから1人残らず出入り禁止にしたら、まともな客が三倍以上入ってきたのでクレーマーなんか追い出すに限るのだ。クソ客は他の客を遠ざけている。-ネヴァダ (@nevadan2) July 12, 2019 なんと、クレーマーを追い出したら、集客が3倍以上にもなったそうです! やっぱり悪影響だったのか…。この結果に称賛コメントが多く寄せられました。 出入り禁止のお客様は貧乏神だったんですね。- JADTI (@JADTI76) July 11, 2018 素晴らしい!正しいことして利益も増える理想のカタチだと思います。クレーマーを大事にするアホな企業も見習って欲しい。- Yuichi (@yuichi_support) July 12, 2018 勇気ありますね。素晴らしい接客だと思います。酷いお客様に時間を割くより、良いお客様に時間を割いた方がお店の雰囲気も良くなりますね- こけ (@kokekeoukoku) July 12, 2018 店員さんも、他のお客さんも、そして経営者も。度を越したクレーマーには毅然とした態度で接すると、みんなが幸せになれるかもしれません。 医療施設でも同じような立地、施設であっても問題患者ばかりが集まる施設や、見るからに客層の良い施設と様々ですが、少なくとも客層の悪い施設にまともな顧客が集まってくる可能性は低いでしょう。特にクリニックなどでは長期的な経営安定のためにも客層のコントロールとは非常に重要な課題ですが、しばしば応招義務と言うものを勘違いした医師ほど問題患者に誤...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

今日のぐり:「ラーメン みさと」

携帯電話等で活用されている絵文字は日本発祥なのだそうですが、先日世界のアップルが絵文字を活用したサービスを開始したことが報じられていました。 Apple、AirPodsで絵文字刻印を提供開始(2020年01月04日ITmedia)  Appleが、AirPodsシリーズのオンライン購入限定サービスとして、絵文字の刻印サービスを提供開始している。  AirPods Pro、AirPods with Wireless Charging Case、AirPods with Charging Caseを購入する場合のみ、十二支を含む31種類の絵文字の中から1つ選択可能だ。 テキストメッセージとの併用はできない。  なお、充電ケース「Wireless Charging Case for AirPods」単体購入時は刻印サービスを利用できない。 日本文化に敬意を表して干支はよろしいのですが、何故か31文字の中に妙なものが混じっていると話題になっています。本日はアップルの勇気ある選択に敬意を表して、世界中から思わずなんでやねん!と突っ込みたくなるニュースの数々を紹介してみましょう。 「牧場しぼり」はしぼっているからカロリーゼロ あらゆる食べ物をゼロカロリーと判断してくれる技術が誕生(2019年1月1日ねとらば)  テーブルに置いた食べ物が、なぜゼロカロリーであるかを説明してくれる技術が、ついに開発されました。「実質ゼロカロリー」の言い訳がしやすくなるやつ。  12月に開催された、24時間で作った作品をプレゼンするイベント「Yahoo! JAPAN Hack Day 2019」に登場した作品で、その名も「絶対ゼロカロリー領域」。データを活用して最も新しい体験を生み出した作品に贈られる「Data賞」を受賞しました。チーム「はなまるチャレンジャーズ」が制作したこの技術は、あらゆる食べ物がゼロカロリーであるという免罪符を与えてくれます。まあ、強引な理論なんですけどね。  この技術は、テーブルに置かれた食べ物を画像認識して料理の種類を判定した上で、ゼロカロリー理論をテーブルに表示してくれます。揚げ物を検出した場合は「カロリーは熱に弱いから」と表示され、カツカレーというハイカロリー同士を組み合わせた食事は「カロリーが喧嘩する」という理由からカロリーゼロであると表示されます。やったね、罪...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

高齢者の医療費負担増加はまだまだ序の口か

後期高齢者の医療費窓口負担がいよいよ2割に引き上げられそうだと言う話ですが、未だに対象者に関してきわめて限定的な条件をつけるべきだとか様々な反対意見があるようです。個人的には単に窓口負担割合を変えるのではなく、年代に応じた医療給付の差別化こそ必要かと思っているのですが、後期高齢者に限らず医療費削減策が打ち出されることについて記事が多く出ています。 医療費改革で75歳超の薬代大幅アップ 湿布80倍、ビタミン剤76倍(2019年12月31日マネーポストWEB)  政府は医療費を抑えるための制度改革を次々と打ち出そうとしている。その第一弾として、政府は2020年6月に自営業者や退職後の元サラリーマン(75歳未満)が加入する国民健康保険の保険料を値上げする方針だ。そして、第二弾として準備しているのが、75歳以上の窓口負担を現行の1割から2割に引き上げる案だ。 この保険料値上げ、窓口負担増に続く医療費改革が「薬代」の大幅アップだ。これはすべての世代に影響が及ぶ。  現行制度では、風邪を引いて病院にかかり、処方箋を書いてもらえば薬代にも保険が適用され、69歳以下は原則として薬価の3割、75歳以上は1割の負担となり、市販薬よりはるかに安く入手できる。どうしても薬の使用量が多くなる高齢者の強い味方だった。 しかし、「全世代型社会保障検討会議」では、ドラッグストアなどで購入できる市販薬と同じような効果の「市販品類似薬」を医療保険の対象から外し、全額自己負担で買わせることを検討している。 保険対象外となる薬の候補は、風邪薬(漢方の感冒薬)や花粉症治療薬、湿布薬、ビタミン剤、皮膚炎や乾燥肌などの痒みを取る皮膚保湿剤などが挙げられている。  この改革による薬代の負担増は想像以上に大きい。財務省は財政制度等審議会に提出した資料で医療用医薬品(保険薬)と同じ成分・分量の市販薬(OTC医薬品)の価格を比較している。 その資料をもとに作成した図を見ると、「全額自己負担」が現実のものとなった際に、どれだけ出費が増えるかに驚かされる。 湿布1袋の医療保険の薬価は320円で、窓口負担1割となる75歳以上の人は「32円」で購入できる。それに対して同成分の市販薬のメーカー希望小売価格は2551円なのだ。 腰痛や関節炎でつらい思いをして病院で医療用(保険薬)の「湿布」の処方を受けていた75歳以上の人が、湿布...

» 続きを読む

| | コメント (2)

2020年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます&今日のぐり:「うどん坊」

あけましておめでとうございます。本年も当「ぐり研」はのんびり継続中です。さて、日本では鼠小僧の伝説がありますが、先日アメリカでもこんな事件があったそうです。 「メリーXマス!」と現金まく 白ひげの銀行強盗逮捕―米(2019年12月25日時事ドットコム)  【ロサンゼルス時事】米西部コロラド州で23日、白いひげを生やした男(65)が銀行に押し入り、警察に逮捕された。地元テレビ局KKTVは目撃者の話として、男が奪った現金を路上でばらまき、「メリークリスマス!」と叫んでいたと報じた。  事件は23日昼ごろ、同州コロラドスプリングズの中心街で発生。男が武器を持っていると主張して窓口係を脅し、銀行から現金を奪った。しかし、店舗の外に出ると、かばんから現金を取り出して投げ散らかした。現金の一部は通りかかった人々によって回収されたという。 写真を見ますと確かにあのお方っぽいところもあるでしょうか、何にしろ銀行強盗はよろしくありませんでした。本日は白髭の男の更生を願って、世界中からなんとなくそこはかとないありがたみを感じるニュースの数々を取り上げてみましょう。 偶然を超えた奇跡のレベル 阪急電車大阪梅田駅のワンシーン(2019年11月13日神戸新聞)  <令和1年11月11日 大阪梅田駅11時11分発 ちょっとした偶然が>阪急電鉄公式アカウント(@hankyu_ex)の11月11日のツイートが話題です。(略) いつか起こるかもしれない次の奇跡。皆さん、信じて待ちましょう。(ネクスト編集部 金井かおる) 何がどう奇跡なのかは元記事の写真をじっくり拝見いただきたいのですが、これが完全な偶然だと言うのも大変なものですね。子供の頃から科学に対する教育が重要であるとは知られているところですが、こちら身を挺して学童教育を続けてきた熱血女教師が話題です。 奇抜なボディスーツで「人体の構造」を教えた小学校教師のアイデアに称賛の声(2019年12月25日テックインサイト) このほどスペインで、斬新なアイデアで児童に「人体の構造」の授業を行った女性教師が話題になっている。通常は人体模型などを使って教えるところだが、彼女は奇抜なボディスーツを着用し自ら人体模型となった。『Mirror』『New York Post』などが伝えている。 スペインのカスティーリャ・イ・レオン州バリャドリッドに住むヴ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

今日のぐり:「そばの館」

先日のクリスマスを前にして、こんな話があったようです。 「リア充爆発しろ!」クリスマス粉砕デモ、渋谷で2年ぶり実施 「今年も我々の勝利だ」と手応え感じる(2019年12月21日キャリコネニュース) “恋愛資本主義”の打倒を掲げる団体「革命的非モテ同盟」は12月21日、渋谷駅周辺で恒例の「クリスマス粉砕デモ」を実施した。ニコニコ生放送による中継が行われる中、参加者たちは約40分間にわたり、クリスマスの機運が高まる街中を練り歩いた。 同団体の代表、秋元貴之氏(36)は出発前に「私たちはモテない人たちの集まり。日本の商業主義的クリスマスを粉砕するため、きちんと訴えていきたい」と改めて趣旨を説明。13年前の同盟結成時から使い続けているという黄色の旗を高らかに掲げて街に繰り出した。(略)デモに毎回参加しているという30代男性は「晴れ晴れした気持ち。とてもすっきりした」と達成感を感じた様子。だが、「まだまだ世の中にはクリスマス至上主義が絶えない」と来年以降も引き続きデモに参加する意志をのぞかせた。 まあなんと言うべきなのでしょうか、当日にやらないあたりに微妙な節度を感じると言いますか、何にしろお疲れ様でしたとしか言いようがありませんね。今年最後の更新として、本日はリア充も非モテも幸せになれるよう祈念して、世界中からなんとなく微妙に切なくなるようなニュースを紹介してみましょう。 実践して切なくなった節約術「水シャワー」「ティッシュを半分にして使う」「スーパーで割引シールが貼られるのを待つ」(2019年12月23日キャリコネニュース) ライフネット生命保険は12月23日、「消費税増税による家計の見直し・節約に関する調査2019」の結果を発表した。調査は今年10月にネット上で実施し、ネットエイジアリサーチのモニター会員で20~59歳の男女1000人から回答を得た。 今年10月に消費税率引き上げが実施された。今回の増税で月々どれほど負担が増えたかを聞くと、平均5655円となった。月々に節約したいと思う額は平均6766円で、子どものいる家庭で平均8193円となる。(略)実践して切なくなった節約術を聞くと、1位は「食費の見直し・削減」(106件)。具体的には「昼食を抜きにする」(30代女性)、「肉や魚のない野菜だけの食卓」(30代女性)といった声が寄せられた。2位は「水道代を削減・節...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

立場が違えば見え方も異なるのは当然であり

医療費削減政策の一環として、さらに多くの医薬品を保険診療の対象から外そうと言う動きが報じられていますが、これに意外なところからクレームがついたようです。 生活保護の人々からなけなしの健康を奪う「医療券」のカラクリ(2019年12月13日ダイヤモンドオンライン)  来年度から「市販薬類似薬」を公的健康保険の対象外とする検討が、政府で行われている。同様の検討は、過去数回行われては立ち消えとなっている。今回も立ち消えになるかもしれないが、現実化する可能性もある。 もしも現実になると、生活保護で暮らす人々にとっては、特に大きな打撃だ。公的健康保険でカバーされなくなると、生活保護でもカバーされなくなる。街の薬局で医薬品を購入する費用は、健康で文化的な「最低限度」の生活費から捻出され、生活は「最低限度」以下になる。 費用が捻出できず購入できないと、病気の症状を放置することになる。いずれにしても、「最低限度」のはずの生活から何かが削られる。とはいえ、「医療が無料だから、不要な診察や検査や医薬品を欲しがる生活保護の人々」という俗説は根強い。一部に実在しているのも確かだ。  実際は、どうなのだろうか。生活保護のもとで暮らす2人のシングルマザーと、生活保護で暮らす人々の医療にあたる1人の開業医に尋ねてみた。 大都市に住むシングルマザーのリンコさん(50代)は、次のように語る。「そうなったら……ウチでは医薬品を買えなくなるでしょうね。病気を悪化させて、『どうしても、病院に行かなくては』というところまでガマンして、結果として医療費を増やすことになるだろうと思います」(略) 病気を悪化させず、医療コストを抑制するために有効な「早期発見早期治療」からリンコさんを遠ざけているものの1つは、様々な「生活保護差別」だ。  しかし、リンコさんとマミさんは今シーズン、すでにインフルエンザの予防接種を自費で終えている。生活保護の暮らしから、合計8000円以上の予防接種費用を負担する理由は何だろうか。「罹ってしまったら、医療を受けるための時間や手間や体力や気力が必要です。交通費が必要かもしれません。脱水を予防する必要もありますし、栄養のあるものを食べる必要もあります。そう考えれば、まだ予防接種の方が安くつくんです」(リンコさん) 極めて合理的な、素晴らしい危機管理だ。言い換えれば、リンコさん母娘の日常はそ...

» 続きを読む

| | コメント (3)

«今日のぐり:「いわ屋」