2017年10月20日 (金)

あの絵本は復活するまで17年かかったそうです

別に珍しくもないことなのですが、先日こんな放送事故?があったと報じられていました。 小林旭が「放送禁止用語」、フジテレビが謝罪 ネットでは「正しい表現なんだから謝る必要ない」の声(2017年10月7日J-CASTニュース)  昭和の大スター、小林旭さん(78)がフジテレビ系情報番組「バイキング」にコメンテーターとして登場し、アメリカのラスベガスで起きた銃乱射事件に関し「キ×××」という言葉を発したためアナウンサーが神妙な面持ちで謝罪した。  ネット上では小林さん批判が相次いだが、「言葉狩りだ!」「ほかに思いつく言葉はない」などと小林さんを擁護し、「放送禁止用語」に首を傾げる人が結構多い。 ■「無抵抗の人間だけを狙う奴は、バカかキ×××しかいない」  番組では現地時間1日に起きたラスベガスでの銃乱射事件を取り上げた。犯人はホテルの32階から窓ガラスを割り、2万人が集まったコンサート会場に9分から11分間ほど改造銃で乱射、58人が死亡し489人の負傷者を出した。「米史上最悪」とされるこの事件の感想を聞かれた小林さんは、   「酷いよね、そりゃぁ赤ん坊をこう捻ってやるのと同じことで、無抵抗の人間だけを狙ってああゆうことをする奴ってのは、バカかキ×××しかいない」 とコメントした。犯人は狩りをする感覚で撃っていて、頭の中には人間としての意識が無い。人間としての意識があったら躊躇して撃てない、とし、自身が撮影の時に本物の銃を使った時のエピソードを話した。そしてCM明けに榎並大二郎アナ(32)が、神妙な面持ちで、   「先ほどの議論の中で、ですね、精神障害の方に対する差別を助長する発言がございました。お詫びして取り消させていただきます」 と深く頭を下げた。  この言葉はテレビ側が自主規制している「放送禁止用語」の一つだ。かつては自由に使われていたのだが、現在は当時のドラマやアニメがDVDなどで発売される場合など、その音声部分はカットされている。小林さんの発言にネット上では当初、「小林旭が放送事故!」「老人に発言させるな!」などと激しい批判が出たのだが、途中から議論は一変する。   「TV事業者が独自の倫理規定で自主規制しているだけなのに、視聴者がここまで『守らなければならないルール』と認識しているとは、TVは見事なまでの洗脳マシーンだと思った」 などといった意見が出て、「何が悪...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

いい加減医師も労働者であることくらい理解しましょう

9月21日に医師の働き方改革に関する検討会の第2回会合が開かれたそうですが、しぶとく医師は労働者ではないと主張する委員が一蹴されるなど、医師にも法規に基づいた労働管理を求める動きが主導的であるようです。 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし(2017年10月13日日経メディカル) (略)  医師の働き方の議論ではこれまで、「医師は労働者か否か」が論点となることがあった。こうした議論を踏まえて厚労省の検討会事務局は検討会の冒頭、労働基準法上の労働者性として、第9条「この法律で、『労働者』とは、職業の種類を問わず、事業又は事務所(以下、『事業』という。)に使用される者で、賃金を支払われる者をいう」という法律上の定義を紹介。実務での判断基準として、「基本的には、事業に使用され、その対償として賃金が支払われている者であるか否かによって判断される」と説明した。指揮監督下の労働にあるかどうかが最も重要な判断基準となる。 (略)  なお、医師・歯科医師・薬剤師調査に基づく医師の分類とその割合として、以下の図が示され、事務局は「青色部分の医師は一般的に労働者に該当すると考えられる」と説明した。  続いて、今年1月20日に策定された「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」から、労働時間とは「使用者の指揮命令下に置かれている時間のこと」と定義。判断基準として(1)使用者の指示により、就業を命じられた業務に必要な準備行為(着用を義務付けられた所定の服装への着替えなど)や業務終了後の業務に関連した後始末(清掃など)を事業場内において行った時間(2)使用者の指示があった場合には即時に業務に従事することを求められており、労働から離れることが保障されていない状態で待機などしている時間(いわゆる「手持ち時間」)(3)参加することが業務上義務付けられている研修・教育訓練の受講や、使用者の指示により業務に必要な学習などを行っていた時間――の3点を例示した。  これに関連して「医師の宿直」についても、「一般的に外来診療を行っていない時間帯に、医師などが入院患者の病状の変化に対処するため医療機関内に拘束され待機している状態をいい、このような待機時間も一般的には労働基本法上の労働時間となる」と説明した。 (略) ...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

病院内での自殺が話題に

どのように解釈するかはかなり余地に幅がありそうなのですが、先日こんなニュースが報じられ話題になっていました。 一般病院の2割で自殺者、半数はがん患者(2017年10月14日読売新聞)  精神科病床がない一般病院の約2割で入院患者が過去3年間に自殺していたことが、日本医療機能評価機構(東京)の調査でわかった。  一般病院でも自殺が少なくない実態が浮き彫りになったことから、同機構は精神面の不調のチェックやケア、自殺が起きやすい設備の改修などを病院に呼びかける自殺予防の提言を公表した。  同機構は2015年秋、全国の1376病院を対象に調査票を郵送で送り、12~14年度の自殺の発生状況などを質問した。38%の529病院が回答した。  その結果、432の精神科のベッドがない一般病院のうち、19%にあたる83病院で計107人が自殺していた。主な病気別ではがんが52人で半数を占め、消化器や脳神経の病気がともに8人で続いた。自殺した患者のうち、46人でがんの痛みなど身体症状の悪化などがみられ、31人で「死にたい」など自殺に関連する発言があった。 病院 2割で自殺発生、半数ががん患者(2017年9月5日毎日新聞)  精神科病床のない一般病院の2割で入院患者の自殺が発生し、約半数ががん患者だったことが、日本医療機能評価機構(東京)の認定病院患者安全推進協議会の調査で分かった。協議会は「入院患者の自殺は病院内の主要な医療事故の一つ」とし、自殺が起こりやすい場所の施錠や研修の実施など、予防や対応の提言を公表した。  調査は2015年、同協議会の会員約1380病院を対象に行い、約40%から回答があった。同年3月までの過去3年間に自殺が発生したのは精神科病床のない一般病院では19%。計107人が自殺し、うち52人ががん患者だった。また精神科病床のある一般病院の67%、精神科病院の79%で、それぞれ74人、81人が自殺していた。  自殺の場所は、一般病院では病棟内が半数以上を占め、病室や高所のほか、トイレなどの人目のつきにくいところでも多く起こっていた。また、自殺の直前に、痛みや呼吸のしにくさが増したり、抑うつや興奮、不安などの精神症状が悪化したりしていた。  精神科病床のない一般病院で、自殺予防対策を実施しているのは半数にとどまり、自殺予防対策を学ぶ講習会を開いているのは約1割だった。  提...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

今日のぐり:「朱華楼 東深津店」

今年はクマ被害が目立つようですが、先日また新たな被害があったと報じられていました。 死んだはずのクマが反撃…ハンターがケガ(2017年10月6日NEWS24) 北海道の白糠町の山林で6日午前、ハンターが出くわしたクマを射殺した。クマの反撃にあい、ハンターもケガをしたという。  地面に横たえられた1頭のクマ。男性ハンターを襲ったクマで、体重は100キロ以上とみられる。 6日午前8時頃、白糠町の山林でシカ猟をしていた男性ハンター2人が、親グマと子グマ2頭に遭遇した。銃を発砲したところ命中し、親グマは倒れたという。ところが時間をおき、2人がクマを確認しに近づいたところ、そのクマが襲いかかって来たのだ。   居合わせたハンター「(発砲後)しばらくたってから見に来たときに、ぐったりしていたので、車から降りて様子を見ていたら、(クマが)わっと起き上がってきて、ガイドハンターさんがケガされた。引きずられていたので私が撃った」  襲われたハンターは手と足にかみつかれ、病院で手当てを受けた。軽傷だという。   現場は白糠町の市街地から約20キロほど山林に入った付近。4日には6日の現場から10キロほど離れた同じ白糠町内の山林でクマに襲われた男性が遺体で見つかるなど、近辺ではクマの出没が相次いでいた。  警察や役場では、今回のクマとこれまで目撃されたクマとの関連などを調べている。 しかしクマに出会ったら死んだふりなどと俗に言いますが、クマの方でこの手を使ってくるとは恐らくハンター氏も考えていなかったでしょうね。 本日はクマに引きずられかけたハンター氏に哀悼の意を表して、世界中から動物に絡んで不幸な目に遭ったと言うニュースを紹介してみましょう。 犬連れ戻そうと踏切へ…男性が電車にはねられ死亡、岐阜(2017年6月25日産経新聞)  25日午後2時半ごろ、岐阜市上川手の名鉄名古屋線の踏切で、犬の散歩中だった大学准教授、羽賀新世さん(52)=同市上川手=が須ケ口発名鉄岐阜行き普通電車(2両編成)にはねられ、頭などを強く打って死亡した。  岐阜南署によると、羽賀さんは遮断機が下りた踏切内に入り込んだ犬を連れ戻そうとしていた。運転士が犬のリードを引っ張っている羽賀さんに気付き、急ブレーキをかけたが間に合わなかったという。犬も死んだ。乗客4人と乗員2人にけがはなかった。  犬は体長約1メートルで首輪...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

労基署が当たり前に医療機関の不法行為を追及する時代に

政府の方針を反映してか、このところ労基署が仕事をするようになったともっぱらの評判ですが、先日こんなニュースが出ていました。 医師らの残業代1億2千万未払い 国内最大級の小児病院(2017年10月7日共同通信)  国内最大級の小児病院、東京都立小児総合医療センター(東京都府中市)が、医師らの夜間や休日の勤務に適切な賃金を支払っていなかったことが7日、センターへの取材で分かった。センターは昨年3月、立川労働基準監督署から是正勧告を受け、今年6月までに未払い残業代計約1億2千万円の全額を支払った。  未払いだったのは約80人の医師を含む職員計約130人に対する2014年3月から2年間の残業代。  全国各地の病院でも同様の問題が潜んでいる可能性がある。政府も「働き方改革」を推進するが、医師への適用は5年猶予する方針で、医療現場の長時間労働対策の加速が求められそうだ。 都立病院、職員の残業代未払いで是正勧告 1.2億円分(2017年10月8日朝日新聞)  東京都立小児総合医療センター(府中市、病床数561床)が、医師ら職員約130人の休日や深夜の勤務に十分な残業代を支払っていなかったとして、立川労働基準監督署から是正勧告を受けたことが分かった。同センターは6月までに未払い分約1億2千万円を支払った。  都によると、勧告を受けたのは2014年度と15年度の職員の残業代。同センターは午後5時15分から翌午前8時半までの夜間や休日の勤務に原則として超過勤務分の賃金より安い宿直手当を充て、救急措置などがあった場合のみ賃金を割り増ししていた。だが、夜間や休日勤務が通常より負担が少ないとはいえないとして、労基署から超過勤務分の賃金支払いを求められ、従ったという。  同センターの医師の夜間勤務は月平均4~5回。都によると、厚生労働省は病院での夜間や休日勤務の一部に宿直手当を充てる運用を認めており、他の都立病院でもそれに基づいているという。都の担当者は「個々の病院によって事情は異なるが、労基署などからの指摘があれば、それに応じて対応していく」とした。 今のご時世に賃金未払いなどは全く同情の余地なしと言うべきですが、ここで注目すべきは夜間休日の勤務を宿直扱いしていたものを、これを超過勤務扱いとして賃金支払いを求められたと言う点で、病院側の認識が否定された格好です。 この実質的には勤務状態である...

» 続きを読む

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

高いが効果が不確実な治療に対する一つの対案が登場

医療とは当然ながら結果の不確実なものですが、一方でどのような治療であれ副作用や合併症のリスクはあることを考えると、効果の証明されていない治療法は有害無益な可能性があると言うことになります。 もちろんプラセボ的効果を期待した乳糖処方など効果がないものでも実臨床では役に立つと言う場合はあるわけですが、それが法外な価格と深刻な副作用をもたらすものであれば問題の方が大きいと判断されやすいのは当然と言えるでしょう。 EMA、効果立証不十分ながん治療薬認可 患者に不必要な毒性も 研究(2017年10月5日AFP) 【10月5日 AFP】欧州医薬品庁(EMA)が2009~2013年に認可したがん治療新薬で、効果が立証されておらず、患者が不必要に毒性にさらされた可能性のあるものが39あったとする研究論文が5日、発表された。  英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)に論文を掲載した公衆衛生の研究チームは、39という数は、欧州で同期間にがんの治療薬68種のうちの半数以上が患者にとって入手可能になったことを示しており、「薬剤規制の現行の基準について深刻な問題が生じている」と主張。高価なことが多いがん治療薬をEMAが認可していることにも懸念を示した。  研究チームは、「臨床的にみて意義のある効果を欠いた高価な薬剤が認可され、公的資金による医療制度内で購入されると、個々の患者に害が及び、大切な社会的資源が浪費され、公平で経済的な負担の少ない治療の提供がおろそかになる可能性がある」と指摘している。  こうした薬剤の多くは、患者に対して実際に効果があるかどうか予測できるまでには至らない初期段階の不十分な臨床試験結果に基づいて認可されていた。  2015年に発表された別の論文では、2008~2012年の間に米食品医薬品局(FDA)によって認可されたがん治療薬の大半が、同じく患者の生存率の向上や生活の質の改善が証明されないまま認可されていたことが明らかになった。  論文の執筆者の1人、米オレゴン健康科学大学(Oregon Health and Science University)のビナイ・プラサド(Vinay Prasad)氏は、米国の平均的ながん治療薬は、患者1人当たり年間10万ドル(約1100万円)以上かかると指摘。  がん治療薬の有毒性や高価格であることを考慮すれば、患者に...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

今日のぐり:「地魚料理 恵比寿」

肝心なところでやらかしてしまった経験と言えば誰しもあるものですが、先日日本3アニキとも呼ばれるあの方に関係したこんな事件があったと話題になっていました。 霊長類最強女子・吉田沙保里がニホンザルに負ける波乱「鍛え直してきます」(2017年8月27日スポーツ報知)  女子レスリングで五輪3大会連続金メダルで“霊長類最強女子”の異名を持つ吉田沙保里(34)=至学館大職=が、26日深夜に放送された日本テレビ系「24時間テレビ40 愛は地球を救う」内で放送された「嵐にしやがれ」のコーナーに登場した。  吉田が挑戦したのは、全長8メートルの雲梯(うんてい)早渡り。他に嵐の相葉雅紀(34)、ボルダリングで過去4度W杯総合優勝の日本のエース・野口啓代(あきよ、27)=茨城県連盟=、ニホンザルが挑んだ。  まず1番手の相葉が15秒でクリア。そして吉田は12秒で渡りきって貫禄を見せつけた。レスリングでは使わない筋肉を使っての動きに「手がちぎれそう」と感想を口にしていた。  しかし、その直後に五輪3連覇女王も驚く展開が舞っていた。なんとニホンザルが、たった7秒で渡りきってしまった。足を使っていたことを吉田が“抗議”するも認められず。“霊長類最強女子”が、ニホンザルに負けた瞬間だった。予想していなかった黒星に吉田は「サルに勝てなかったことが残念なので、鍛え直してきます」とリベンジを誓い、笑いを誘っていた。  ボルダリングの野口は12秒で渡りきり、“人類代表”として吉田とともに世界の第一線で戦う女子アスリートの実力の高さを見せつけていた。 しかし霊長類と言えば身体能力的にはゴリラなどよほど人間より強そうですけれども、どんな勝負であれ負けてしまったのは残念だったでしょうね。 本日は思わぬ敗北に失意だとも伝え聞く吉田アニキに哀悼の意を表して、世界中からそれをやらかしてしまったのはいささかどうよ?と言う残念なニュースの数々を紹介しましょう。 海釣り中に海中転落し死亡 大船渡、81歳の男性(2017年9月25日岩手日報)  24日午後5時45分ごろ、大船渡市三陸町越喜来の浪板海水浴場付近のテトラポットで釣りをしていた同市三陸町の若林稔さん(81)が海に転落した。若林さんは同市の県立大船渡病院に搬送されたが、約4時間後に急性硬膜下血腫のため死亡した。  大船渡署と大船渡消防署によると、若林さんがテトラ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

国が保育士に対する露骨な依怙贔屓を推進

一般的に職業的な地位に基づいて何らかの利益を得る行為と言えばあまり良い印象がないもので、政治家などがそんなことをやれば進歩的メディアの方々が大変な騒ぎになりかねません。 そんな中で先日非常に露骨な特権的待遇が報じられていて、しかも公的な制度としてそれをやると言うのですから注目されるのも当然ですが、まずは記事から紹介してみましょう 保育士子供を優先し保育園へ(2017年10月03日TBSニュース)  働くことのできる保育士を増やすため、政府は、保育士の子どもを優先的に保育園に入れるよう全国の自治体に通知しました。  厚生労働省によりますと、保育士の資格を持っていても働いていない保育士は、全国におよそ80万人いると推計されています。一方で、新たな保育士は7万7000人必要と見込まれていて、政府は、3日までに保育士の子どもを優先的に保育園に入れるよう自治体に通知を出しました。  保育士の住居や勤務地に関係なく各地の自治体で受け入れること、保育士が実際に勤めている保育園でも優先的に受け入れること、などとしています。(03日11:27) 保育士の子ども、優先して保育園へ 待機児童対策(2017年10月03日ハフポスト) 政府は、保育士の子どもが2018年度から最優先で認可保育施設に入れるようにすることを全国の自治体に要請した。内閣府と厚生労働省、文部科学省が9月29日付で都道府県などに通知し、管内の自治体への周知を求めた。朝日新聞デジタルなどが報じた。 保育士不足が待機児童問題の要因のひとつとなる一方、資格がありながら保育所で働いていない「潜在保育士」は約80万人いるとされる。この人たちの現場復帰を促し、出産や子育てによる保育士の離職を防ぐ狙い。 共同通信によると、親が働いている保育所への入所も認めるよう自治体に通知したという。多くの自治体では、親の勤務する保育園への入所を制限している。 待機児童が増え続ける都市部を中心に、保育士不足は深刻化している。政府は20年度末までに、新たに7万7000人の保育士を確保する必要があると見込んでいる。 ■「保育園に入りたい」待機児童問題 4月1日時点での待機児童数は2万6081人。前年に比べて2528人増えている。 10月4日には、保活を経験した有志たちによって「みんな #保育園に入りたい 」を題したイベントが衆議院第1議員会館で開催され...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

免疫療法、思わぬ拡がりを見せていることが判明

どう受け止めるべきかは人それぞれだと思うのですが、先日NHKがこんなニュースを出したことが話題になっています。 効果未確認の免疫療法 12のがん拠点病院が実施(2017年10月2日NHK) 厚生労働省が地域のがん治療の中核に指定している拠点病院のうち全国の少なくとも12の病院が、がん治療の効果が国よって確認されておらず保険診療が適用されていない免疫療法をおととし実施していたことが、NHKの取材でわかりました。厚生労働省は「拠点病院の治療としてふさわしいかどうか議論を始めたい」としています。 免疫療法は、患者自身の体の免疫の働きを高めることでがん細胞を減らそうという治療です。 このうち、患者の血液の細胞から作ったワクチンをその患者に投与する治療法などは、国が医学的な効果や安全性を確認しておらず、保険診療が適用されないため、治療費は患者が全額自己負担となります。 この、効果が確認されていない免疫療法について、厚生労働省が地域のがん治療の中核に指定している拠点病院のうち、全国の少なくとも12の病院がおととし実施していたことが、NHKの取材でわかりました。 がん診療の拠点病院は、質の高い診断や治療を行う医療機関として厚生労働省が全国434の病院を指定し、治療の診療報酬が加算されたり国や都道府県から補助金を受けたりしています。 免疫療法を実施していた医療機関にNHKがアンケート調査をした結果、その理由について「患者が希望しているから」や「患者によっては効果があると考えられるため」などと回答しています。 一方、がん拠点病院の指定を議論する厚生労働省の検討会のメンバーで国立がん研究センターの若尾文彦医師は「拠点病院は有効性や安全性が確認された標準治療を提供するところで、科学的な根拠のない免疫療法は、臨床研究以外では実施すべきではない」と指摘しています。 厚生労働省はこうした実態を把握しているとし、「拠点病院の治療としてふさわしいかどうか議論を始めたい」としています。 (略) 鹿児島市にあるがん診療の拠点病院、国立病院機構鹿児島医療センターでは、平成21年からワクチンを使った免疫療法を100人余りの患者に実施してきました。 このワクチンは「樹状細胞ワクチン」と呼ばれるものです。 がん患者の血液から特定の細胞を取り出したあと薬剤を加えるなどして作った「樹状細胞」が成分で、同じ患者に投...

» 続きを読む

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

NHKの集金って人件費の方が高いのでは?といつも思うのですが

世の中には何かと面倒な問題があって、その解決に様々な対策やアイデアも出てくるものですが、理屈はどうあれ実効性に優れ確かな効果がありそうだと言う対策は現場にとってありがたいもので、先日こんなささやかなニュースが出てました。 <給食費>自治体が徴収…教員の負担軽減狙い 文科省方針(2017年8月6日毎日新聞)  文部科学省は現在、全国の4分の3の市区町村で学校がしている給食費の徴収業務を自治体が直接するよう求める方針を決めた。未納の保護者への督促や多額の現金を扱うことが教職員の心理的負担と長時間勤務の一因になっており、業務を移すことで負担を軽減する狙いがある。  文科省が昨年実施した調査では、全市区町村のうち74%で学校が給食費を徴収し、自治体が直接行うケースは23%にとどまった。学校では担任が児童・生徒から現金を受け取り、事務職員や教頭に手渡すことが多い。100人に1人とされる未納者の保護者には電話などで督促し、必要があれば家庭訪問する。  全国公立小中学校事務職員研究会が一昨年にまとめた報告書によると、給食費の徴収業務を負担に感じる教員は小学校で64.2%、中学校で64.3%。一方、文科省が昨年、1週間あたりの教員の平均勤務時間を調べたところ、中学校63時間、小学校57時間で、それぞれ6割と3割が「過労死ライン」を超えた。  こうしたデータを受け、文科省は「給食費の徴収は、自治体が自らの業務として責任を負うことが望ましい」と判断し、来年度の概算要求に徴収方法のガイドラインを策定するための経費(4700万円)を計上した。  直接徴収している自治体は税金に関する業務の一環として、口座引き落としや振り込み、児童手当からの天引きで対応している。引き落としや天引きは保護者の同意が必要となる。  政令市では横浜、大阪、福岡の3市が既に移管し、千葉市は来年4月から始める。同市は1校あたり年間190時間の負担が軽減できると試算している。  給食費を巡っては、無料にする自治体も増えており、文科省の調べでは、昨年時点で人口の少ない自治体を中心に全国61市町村に上っている。【伊澤拓也】 しかし医療なども近年同様にメディカルクラークの導入など、委託出来る業務は委託して本来業務に専念させることで医師の士気を高めるやり方が導入されていますが、高くない経費負担で現場での苦労が大きく改善されるのな...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今日のぐり:「バーミヤン 和歌山打田店」