2017年9月25日 (月)

「医師は労働者ではない」と言うトンデモ主張、全く相手にされず終了

先日紹介しましたように、今後の医師の労働環境を考えていく上でいわば叩き台を打ち出すことを期待されている厚労省の「医師の働き方改革に関する検討会」が開催されているのですが、なかなか興味深い流れになっているようです。 「医師は労働者」は自明、「高プロ」も対象外(2017年9月21日医療維新)  厚生労働省は9月21日、第2回「医師の働き方改革に関する検討会(座長:岩村正彦・東京大学大学院法学政治学研究科教授)」を開き、今後の議論の進め方や論点を整理した。10月~12月にかけて、「医師の勤務実態について」、「勤務環境改善策について」、「働き方と医療の質や安全性、健康との関係」などについて議論し、2018年1月に中間整理をまとめて「医療従事者の需給に関する検討会 医師需給分科会」の議論に反映。  以降は具体的な医師の働き方改革について検討し、2019年3月を目途に、最終的な報告書を取りまとめる予定(第1回会議は『医師の時間外労働の上限規制、年明けにも中間整理』、医師需給分科会は『勤務医・開業医の地域別の多寡、「指標」で見える化』を参照。資料は、厚労省のホームページ)。  21日の議論では、医師は労働者か、一部専門職を残業代支払いなど労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の対象かなどの質問が構成員から出た。これに対し、岩村座長は、「労働基準法上の労働者であることは争う余地がない」としたほか、「医師の仕事は『高度』で『プロフェッショナル』なもの」としたものの、勤務形態などから高プロには該当しないと回答した。今後、これらを前提に議論が進められる見通し。  厚労省が提示した主な論点は次の通り。 1.医師の勤務実態の正確な把握と労働時間の捉え方 ・医師の勤務実態の精緻な把握 ・労働時間への該当性 ・宿直業務の扱い ・自己研鑽(論文執筆や学会発表等)や研究活動の扱い 2.勤務環境改善策 (1)診療業務の効率化等 ・タスクシフティング(業務の移管)、タスクシェアリング(業務の共同化)の推進 ・AIやICT、IoTを活用した効率化 ・その他の勤務環境改善策(仕事と家庭の両立支援策等)の検討 (2)確保・推進策 ・医療機関の経営管理(労働時間管理等)の在り方 ・勤務環境改善支援センター等の機能強化 ・女性医師の活躍支援 ・その他勤務環境改善のための支援の在り方 3.関連...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

今日のぐり:「小谷食堂」

果たして本当なのか嘘なのかは何とも言えませんが、先日話題になっていたのがこちらの話です。 『高野山』は昔、猫の立ち入りが禁止されていた 理由が「分かる、分かりすぎる!」(2017年6月27日grape) (略) その昔、聖地とされた高野山に女性は足を踏み入れることができませんでした。 しかし、女性だけでなく、『ある生き物』も入山を禁止されていたのです。 2017年6月24日に放送された、日本テレビ『世界一受けたい授業』では、「世界遺産高野山の魅力ベスト7」が紹介されました。 その中で紹介された、『入山できない生き物』が視聴者を驚かせたのです! (略) 答えは…猫! 番組を観た人々は、Twitterなどで「知らなかった」とコメントを寄せます。     なんでだろう? 縁起が悪いとか?     仏教上の理由があるのかな。     肉食獣だからだろうか…。 ですが、番組で紹介された『理由』は、まったく違うものでした。 それは…。 可愛さで、修行僧の心を乱してしまうことが理由だったのです…! (略) わ、分かる…分かりすぎます。猫の可愛さは、いまも昔も変わらなかったのですね。 (略) ちなみに現在では女性もネコも自由に立ち入ることが出来るとのことですが、しかしネコがいない時代はネズミの駆除も大変だったのではないでしょうか。 今日は真言宗の僧侶の心すらも惑わせたと言うそのパワーに敬意を表して、世界中から猫にまつわる話題を紹介してみましょう。 動画:オフィスに「猫同伴通勤」、ニャンとも癒やされるIT会社(2017年5月18日AFP) 【5月18日 AFPBB News】(更新)出勤のため飼い猫を自宅に置き去りにしたくない──。仕事中も愛猫がそばにいてくれたら──。そんな猫好きの理想の働き方をかなえてくれる会社がある。ウェブサイト制作などを行う東京・新宿区のIT企業ファーレイ(FERRAY)では、飼い猫と通勤し、一日中職場で一緒に過ごせる「猫同伴通勤」制度を導入している。  社員14人中、約半数が猫を連れて出勤。9匹の猫が書類棚や作業デスクの上など、オフィス中を自由に歩き回る。パソコンに向かい仕事を始める飼い主を尻目に、モニターの前でのんびり昼寝をする猫の姿も。「仕事で行き詰まったときに、猫がすぐそばで寝ている。猫に顔を...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

妊娠、出産にまつわる最近のニュース

びっくりしたと言う人も納得すると言う人もいるのですが、先日こんなニュースが話題になっていました。 体外受精で誕生、19人に1人...2015年に過去最多5万1千人( 2017年09月19日読売新聞)  2015年に国内で行われた体外受精によって、過去最多の5万1001人が誕生したことが日本産科婦人科学会のまとめでわかった。  赤ちゃん全体の19人に1人が体外受精で生まれたことになる。治療件数も42万4151件となり、初めて40万件を超えた。  国内の体外受精児は、1983年に東北大で初めて生まれて以来、累計で48万2627人になった。  体外受精は卵子と精子を体外で受精させて子宮に戻す不妊治療。卵子に針を刺して精子を注入して受精卵を作る方法などが開発され、選択肢が増えた。  特に、いったん受精卵を冷凍保存し、時機を見計らって母親の子宮に移して妊娠させる方法が多用されている。体外受精で生まれた子の約8割にあたる4万599人がこの方法だった。  治療件数を年齢別でみると、40歳以上が18万4244件で全体の4割以上を占めた。ただ、出産に成功する確率は40歳で9・1%と1割を切っており、41歳6・5%、42歳4・5%と、年齢が上がるにつれ低下する実態も明らかになった。 元ニュースにあるグラフを見る限りでもその急増ぶりは驚くばかりですが、技術的進歩に関わらず必ずしも成功率として未だ高いとは言えないものの、全出産の19人に1人が体外受精で生まれていると言う現実には率直に驚くべきなのでしょうね。 その背景には平成23年に平均初産年齢が30歳を超えなお上昇を続けているなど、全般的に妊娠、出産の高齢化が進んできていることが否めないと思いますが、社会的にはこの対策として行政による結婚支援など出産年齢引き下げを優先させている様子です。 ただ実際に大学を出て働いていると30歳などすぐ来てしまいますから、現実的には出産年齢引き下げを試みるよりも高齢出産のリスク低減、生殖医療の技術的革新などの方が需要としては大きいのだろうと思うのですが、産科の先生も大変だろうとは思います。 一方で少子化が言われる時代に人口妊娠中絶が未だ20万人近くにも及ぶことへの対策も必要だと言う声もあるのですが、こちらに関しても当然ながら望まぬ妊娠問題など様々な課題もあり、女にばかり妊娠出産のリスクを押しつけるなと言う意...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

医師の働き方改革、急ぎたい人々と先送りしたい人々

先日ご紹介しました国立循環器病センターの時間外労働を月300時間まで認めると言う労使協定について、興味深いことに当事者よりも外の世界からの批判が強いようですが、特に2001年に同センター看護師が過労死している点に注目する方が多いようです。 2008年に過労死認定が行われ、そのわずか2年後の2010年に独法化を契機に300時間と言う非常識な時間外労働の協定が結ばれ現在に至ると言うのですが、時系列を考えても到底死者まで出した状況を真面目に受け止めているようには思えないのも当然ですよね。 働き方改革を推進する国策を反映してか、このところ医師の過労死について現場に近い筋ほど極めて深刻な危機感を感じていて、もはや労働規制強化を一刻も先送り出来ないと言う声が高まっているのですが、この点に関して先日興味深い記事が2つ出ていたので紹介してみましょう。 社会保障審議会 主要検討テーマは4項目、「医師の働き方改革」への懸念根強く(2017年9月15日医療維新)  厚生労働省の社会保障審議会医療部会(部会長;永井良三・自治医科大学学長)は9月15日、医療提供体制のあるべき姿(地域医療構想等)の推進、医師の働き方改革、特定機能病院のガバナンス強化など医療法等の一部改正の施行に関する事項、介護医療院の創設に伴う見直しという4点を、今後の主要な検討テーマとすることを確認した(資料は、厚労省のホームページ)。並行して今年末までに、2018年度診療報酬改定の基本方針の議論を進める。 (略)  15日の会議は総論的な議論に終わったが、特に委員の関心が高かったのは、「医師の働き方改革」。医療関係団体代表の委員からは、「救急や産科などに対し、医師の時間外労働の上限規制を厳しく適用すると、医療が成り立たなくなる懸念がある。医師の時間外労働の問題だけでなく、医療提供体制を守るという視点で検討してもらいたい」(全日本病院協会会長の猪口雄二氏)、「他の職種と同様に、医療の現場に杓子定規に労働基準法の基準を適用すれば、地域医療が崩壊するのは目に見えている。医療の質を落とすことはできないので、量を減らすことになると、地域医療は混乱する」(全国自治体病院協議会会長の邉見公雄氏)など、幅広い視点からの議論を求める声が相次いだ。  これに対し、患者代表の委員からは「医療崩壊につながりかねないというのも理解できるが、一方で...

» 続きを読む

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

今日のぐり:「奥祖谷いやしの温泉郷レストラン」

この夏大いに話題になったニュースに、こんなものがありました。 校則で『ポニテ禁止』に! その理由に、開いた口が塞がらない(2017年7月31日grape) (略) 「ポニーテール禁止の校則ができたよ」 ある日、お母さんからそんな言葉を聞いて目を丸くした、ゆういちろう(@yuuitirou528)さん。 『髪が長い人は結びなさい』という校則の学校はあるものの、『ポニーテールが禁止』という校則はあまり耳にしません。 疑問を抱き、お母さんに理由を聞いてみたところ、驚くべき言葉が返ってきたのです。 お母さんがいうには、若い先生たちが『うなじが男子の欲情をあおる可能性がある』と声を上げ、女子生徒のポニーテールが禁止になったのだとか。 理由を知り、ゆういちろうさんは「何をいっているのか分からない」と思ったそうです。 (略) そもそも、仮にポニーテールで欲情したとして、『原因』がある男子生徒ではなく、なぜ女子生徒の行動を制限するのでしょうか。 「欲情をあおるほうが悪い」という考えは、性犯罪の被害者を責める思考に近いものがあります。 信じられないことに、ゆういちろうさんの投稿を見て「自分の学校にも似た校則がありました」という声も上がっていました。 男子生徒たちは余計な疑いをかけられ、女子生徒たちは行動を制限され、どちらにもメリットがないように感じます。校則のありかたについて、考え直すべきなのかもしれません。 当然ながら世間でも賛否両論ある話なのですが、しかしここまで言い出すときりがないと言う気がするのも確かでしょうかね。 今日はこの不思議な?校則を生み出した学校の先生方の独創的な発想に敬意を表して、世界中から微妙な引っかかりを覚えてしまうニュースの数々を紹介してみましょう。 電柱なくそう団体の写真コンテスト 美しい電柱風景の作品投稿が殺到し論争(2017年9月9日J-CASTニュース)    見上げた先には、真っ青な空。立ち上がる大きな白い雲。そしてそれに交差するように伸びる、電柱と電線――。    何気ない一コマを切り取った写真だが、空の青と雲の白、そして電柱の黒のコントラストが、夏のまぶしさを感じさせる。撮影者の「ウイングバック」さんは、「電柱があるからこそ、日本の夏なのよ」という一言を、この写真に添えている。    ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

福岡県鞍手町唯一の病院で逃散事件が発生

またぞろ逃散の報告が届いていますが、先日報じられたこちらのニュースを御覧になったでしょうか。 くらて病院 医師6人が辞職表明 来年3月末/福岡(2017年9月13日毎日新聞)  鞍手町の地方独立行政法人「くらて病院」の内科医6人が来年3月末で辞職することを表明した。病院には「来年4月には診療に支障をきたす可能性が高く、近隣の病院、医院を紹介する」旨の張り紙が出され、深刻な事態となっている。  病院側は、背景として、徳島真次町長が人事に介入するなど逸脱した権限行使があるとして、「職員一同」名で徳島町長に要望書、町議会に嘆願書を提出した。11日の議会一般質問の答弁で、病院側の指摘について、徳島町長はすべて否定した。  同病院は17診療科、224床で、2013年度に町立から独法に移行した。8月に就任した河野(こうの)公俊理事長は「後任医師探しは難航しており、このままでは病院の存続も危ぶまれる」と話す。徳島町長は「患者に迷惑がかかるのが一番の問題で、設置者として地方独立行政法人法に基づき、病院に改善命令を出すことも考えている」としている。【武内靖広】 全内科常勤医退職を表明 くらて病院 「町長が逸脱した権限行使」 徳島町長は否定「無責任」 [福岡県] (2017年9月12日西日本新聞)  鞍手町の地方独立行政法人「くらて病院」の院長を含めた内科常勤医師6人全員が来年3月末までに退職を表明している問題が11日、町議会一般質問で取り上げられた。病院職員約270人は「町長独断の逸脱した権限行使で町への不信感が募った」と徳島真次町長への要求書、町議会議長への嘆願書を提出している。徳島町長は要求書の内容を全面的に否定した上で「6人の医師が辞めるのは無責任」と話している。  要求書などによると、徳島町長の「逸脱した権限行使」として(1)事務統括・新病院建設担当の副理事長を退職に追い込んだ(2)外部理事3人を含む役員構成を指示した―など6項目を挙げ、6人の医師の診療継続が困難と主張している。内科医の退職に伴い、産業医科大病院からの医師派遣も困難になるという。要求書などは病院職員約330人の大半の署名を添え、8月30日付で町と議会に提出された。  一般質問では、無所属の岡崎邦博議員が嘆願書の内容などをただした。徳島町長は6項目全てについて否定。取材に対して「6人の医師の退職はあるまじき行為...

» 続きを読む

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

個人と権利と責任の在り方のバランスとは

NHKで興味深いニュースが出ていたのですが、まずはこちらの記事から御覧いただきましょう。 梼原町が患者遺族に損害賠償(2017年9月12日NHKニュース) 梼原町にある町立梼原病院で6月、入院していた80代の男性が昼食をのどに詰まらせて死亡し、町は、当時介助する職員がそばにいなかった過失を認めて遺族に2500万円あまりを賠償することになりました。 梼原町などによりますと6月11日、町立梼原病院に入院していた80代の男性患者が昼食に出されていたおかゆなどをのどに詰まらせてまもなく死亡しました。 男性はその4日前に誤えん性肺炎のため入院していて食事などの時には看護師による介助が必要だったということです。 しかし町などによりますと、看護師は当時ほかの患者に対応するために男性のそばから離れていたということで当時、食堂には看護師は1人もいなかったということです。 町は看護師が目を離した間に男性が自分で昼食をとって詰まらせたと過失を認め、遺族に対して2544万円の損害賠償を行うことを11日開かれた議会で可決しました。 また病院は、患者が食事をとる際には食堂に看護師を少なくとも1人配置するなどの対策をとったということです。 町立梼原病院の池田幹彦院長は「注意不足から重大な事故を起こしご遺族におわびします。人員の配置を見直すなど再発防止に取り組みます」とコメントしています。 お亡くなりになった方はまことにお気の毒であったとお悔やみ申し上げるしかないのですが、先日紹介しました介護施設での誤嚥死亡事件以上にこれも様々な議論を呼びそうな事件ではあり、事実各方面に大きな反響を呼んでいるようです。 嚥下能力の低下し食事も自力で取れない高齢者への賠償金として2500万円と言う金額が妥当なのかどうかは議論が別れるところですが、これが裁判所の命じた判決であればいわゆる見舞金的賠償金ではなく、かなり重大な過失を認定した金額になるのだろうと思います。 町としてはそれに相当する過失があったと判断したと言うことなのかも知れませんが、こうした非常に小さな自治体では町民全員の関係性が非常に濃いのが普通ですから、単純に客観的基準だけではなく何らかの忖度が働いた結果である可能性もあるでしょうか。 いずれにせよ檮原町立病院では今後こうしたレベルの対応を行っていくと言う方針であるとして、こちらどのレベルの対応が妥当な...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

膀胱炎で一刻も早い専門病院での診察を求め病院を駆け巡る患者

良くも悪くもありがちなシチュエーションではあると言うのでしょうか、読売新聞に先日掲載されていたのがこちらの記事ですが、御覧になったでしょうか。 お粗末な受付対応 東京都葛飾区 主婦 59(2017年8月29日読売新聞)  84歳の義母がぼうこう炎の症状を訴えた。総合病院での診察を望んだので、付き添った。あいにくその日は休診。翌朝出直したが「診察は午後。急ぐなら系列の別病院を」と紹介され、30分車を飛ばした。診察券を作るなどして待っていたが、またも「診察は午後から」。受付が新人で「教えるのを忘れた」そうだ。  連日の猛暑。義母はつらそうだった。結局、別の専門病院を訪ねた。気さくで親切な医師に、義母は明るい表情になった。最初から、こちらにすればよかった。 まあしかし急ぐなら系列病院にとわざわざ案内するくらいですからそちらの診療時間を知っていてしかるべきだと思うのですが、この辺りはタイトルにあるようにお粗末な受付の対応であったなと言う気がしますね。 一方で多くの人が気になった様子なのが別に重症でも何でもなく、単に膀胱炎症状を訴え飛び込みで総合病院を受診する、そして特に急ぐようでもない症状であるのに病院のハシゴをしてでも専門病院に行きたがると言う、一市民の受診行動の是非でしょうか。 ただ多忙を極める医療現場から見ると「そんなものそこらの町医者にかかれば30分で終わっていたものを」とリソースの無駄遣いのように思ってしまう行動ではあるのですが、医療の中の人においてもこうした行動を是とする声が未だにあるようです。 日病会長、「医療続けられるのか」と危機感 診療報酬改定、機能転換など会員懸念(2017年8月29日医療維新)  日本病院会会長の相澤孝夫氏は8月28日の定例記者会見で、「2018年度は大きな曲がり角の同時改定といわれ、下手をすると病院を閉じなければいけない、あるいは大きく機能を変えなければいけないような事態になるのではないか、今までやってきた医療を続けていけるのかという意見が上がってきている」と述べ、診療報酬のマイナス改定や、地域医療構想をはじめとした病棟、病床機能の見直しなどによって経営や先行きへの不安を訴える会員が多くいるとして危機感を示した。  相澤氏は、そうした事情を抱えているところに「医師の働き方改革」の議論が加わり、さらに不安が大きくなっていると指摘。日本の...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

今日のぐり:「夜咄」

何とも悲劇的と言うしかないのが、先日報じられていたこちらの事件です。 エレベーターに高齢者の腐乱遺体、緊急通報も救助来ず(2017年8月12日CNN) (CNN) 米コロラド州デンバーの警察は12日までに、同市のアパートにある使用されていないエレベーター内で82歳男性の腐乱死体が発見されたと発表した。男性の姿が最後に確認されたのは今年7月5日だった。 地元警察が死去に至った経緯を調べているが、男性は7月6日の朝、少なくとも2回にわってエレベーターの緊急事態ボタンを押していたことが判明。ただ、この通報を受けた問題のエレベーター調査は実施されていなかったことが分かった。 エレベーターの管理企業からアパートの運営企業に連絡が寄せられ担当者は別のエレベーター2基を調べたものの、遺体があったエレベーターは除外していたという。男性の遺体は、改修工事中の駐車場付近からひどい悪臭がするとの入居者の連絡を受けて見付かっていた。 デンバーの消防署によると、問題のエレベーターの最後の通常検査は昨年12月に実施。この際には作動に問題がなかったという。次の通常検査は2018年の末に予定されていた。 このエレベーターは改装工事が進む駐車場区域にあったため使用されていなかった。 男性の遺体の検視を終え、詳しい死因などを調べている。 お年寄りと言うだけに色々と事情もあったのやもですが、しかしこの暑い時期に運用されていないエレベーターに閉じ込められるとは何とも想像を絶するような環境だったのでしょうね。 本日は亡くなられたご老人のご冥福を願って、世界中からいざと言う時の備えは大事だと改めて思い知らされるニュースの数々を取り上げてみましょう。 「突然ゾンビが現れても安全です」松戸駅広告 反響大きくスポンサー側が撤去(2017年8月24日Jタウンネット) 千葉県松戸市内の新京成電鉄・新京成線の松戸駅ホームに掲げられた広告が、奇抜でナゾめいているとツイッター上で話題になっている。これに対し、スポンサー側は、マイナスの反応もあったとして、広告を撤去した。 広告には、青か紫っぽい無地の背景に、黄色い字で大きくこうキャッチコピーが書かれていた。 警備員を募集するのが目的だった     「松戸駅のみなさん。もし突然ゾンビが現れても、イトーヨーカドーは安全です」 スポンサーは、イトーヨーカドーを展...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

国立循環器病センターの労使協定が斜め上過ぎると話題に

このところ働き方改革と盛んに喧伝される中で、先日は愛知労働局から月80時間を越える労働を強いていた運送会社が実名公表されましたが、国としてもこの問題に真剣に取り組むと言う意志の現れであると受け取れる話ですよね。 そんな中で先日報じられ幾ら何でも非常識すぎるだろうと話題になっていたのがこちらのニュースですが、まずは誤記載ではないかと多くの人が目を疑ったという記事をそのまま引用してみましょう。 国循「残業300時間まで」の労使協定 過労死基準3倍(2017年9月7日朝日新聞)  臓器移植や救急など高度医療を担う国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)が、勤務医や看護職員の時間外労働を「月300時間」まで可能にする労働基準法36条に基づく労使協定(36(サブロク)協定)を結んでいたことが、弁護士による情報公開請求でわかった。国の過労死認定基準(過労死ライン)の「月100時間」の3倍にあたる長さで、国循は今後協定内容を見直す方針という。  府内の主要病院が労働基準監督署に届け出た36協定の開示を、過労死問題に取り組む松丸正弁護士(大阪弁護士会)が国に請求。国循の36協定(2012年4月1日付)では、非常勤を含む勤務医や一部の看護師、研究職ら約700人について、特別な事情がある場合、「月300時間、年間2070時間」まで時間外の労働時間を延長できる(年6回まで)内容となっていた。  病院側と「労働者過半数」の代表とが取り交わしたもの。ほかの病院は上限100時間前後までの協定が多かった。  国循は取材に、実際の勤務は「(36協定の上限時間までに)十分余裕はある」と説明。長時間労働の場合は所属長に勤務の分担を求めたり、職員に産業医との面談を勧めたりしているとした上で、「国で議論されている(働き方改革の)内容を踏まえ協定内容を見直す予定だ」と明らかにした。 過労死の看護師の母「悲しみ再び誰かに…」国循労使協定(2017年9月7日朝日新聞)  国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)で月300時間までの時間外労働が許容される労使協定が結ばれていたことに、医療関係者から驚きの声が上がっている。患者に寄り添う医師や看護師の勤務時間は長くなりがち。負担軽減を訴える声が上がっている。  「娘の死の教訓が組織内できちんと共有されているのか疑問です」。国循の脳神経外科病棟に勤務してい...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

«司法の世界に関わる最近の興味深いニュース