2018年5月23日 (水)

真面目に働く者ほど損をすると言う哀しい現実

飲食業界での人手不足は深刻なものがあるようですが、幾ら何でもそれはいささかどうよ?と話題になっていたのがこちらのニュースです。 「長時間労働で交通事故」元アルバイトがすき家提訴 鳥取地裁(2018年5月18日産経新聞)  人手不足の店舗を手伝うよう指示され、3店舗掛け持ちの長時間労働に伴う睡眠不足で交通事故を起こし精神的苦痛を受けたとして、鳥取県湯梨浜町の元アルバイトの男性と家族が18日までに、中国・四国地方で牛丼チェーンを運営する「中四国すき家」に、慰謝料など計約1240万円の支払いを求め、鳥取地裁に提訴した。4月19日付。  訴状によると、同県倉吉市の店舗に勤務していた男性は人手が足りない店舗を手伝うよう指示され、平成27年4月19日夜から20日朝にかけ岡山県津山市の店舗で約12時間半勤務。そのまま片道1時間以上かかる鳥取県境港市の店舗に直接、車で向かう途中、居眠り運転で追突事故を起こした。  原告側は「事故前の3日間、労働時間外に十分な休息や睡眠時間が確保できなかった。会社は安全配慮義務を怠った」と主張している。  すき家を展開するゼンショーホールディングスは「提訴案件のため、コメントは差し控える」としている。 ご存じない方のために申し上げれば岡山県津山市と鳥取県境港市は100km以上離れた遠隔地にありますが、しかしアルバイト店員をこんな遠距離店舗間で使い回すと言うことをやるものなのですね。 すき家と言えばかねて何かと労使問題で話題が多いとは言え、さすがにこれはやり過ぎな労働環境だろうとは思うのですが、そもそも何故アルバイトがこんな無茶な勤務体系を強いられていたのかと言うことですよね。 すき家では人手不足を補うため、早朝や深夜を中心に他の店舗に出張する「ヘルプ勤務」を頻繁に命じられるのだそうですが、原告氏は長距離移動を伴うヘルプ勤務を3日間で5回強いられ事故に至ったそうです。 この超売り手市場の中で何故そんな現場で働いていたのかと言う疑問もあるのですが、このところ連続時給引き上げで同業他社と比べトップクラスに時給は高いそうで、その辺りも理由の一つであったのでしょうか。 法外に厳しい労働環境はどうなのかですが、せめて厳しいのに見合った報酬は求められるだろうと言うことなのですが、こちら厳しい状況で頑張った結果給料がカットされたという笑い話のような実話が報じられてい...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

横浜市で保育士の逃散事例が発生し話題に

待機児童問題や保育園建設反対運動など、近年保育所の存在にフォーカスが当たる機会が増えていますが、先日横浜発のこんなニュースが話題になっていました。 横浜の保育士“一斉移籍”、保護者の涙と怒りとその顛末(2018年5月14日NEWS ポストセブン)  63人──これは神奈川県横浜市が2018年4月に発表した待機児童の数である。約1070世帯に1人の子供が保育園に入れない計算になる。同市は対応策として今年度は予算1462億円を投じ、約2800人分の児童受け入れ枠を拡大する計画を実施した。この4月から新たに認可保育園32園が新設され、「待機児童ゼロ」に向けて大きく舵を切った形となった。 しかし、その中の1つ「鶴見中央はなかご保育園」は前代未聞の形で誕生している。 「職員のかたがただけでなく、私たち親子も、この保育園にかかわる人みんなが裏切られた、その一言です」 涙ながらに語るのは、横浜市鶴見区にある認可保育園「寺谷にこにこ保育園」に子供を通わせていた保護者だ。 3月末、同園は、園長と主任を含む保育士11人が一気に退職した。その結果、4月からは認可保育園にもかかわらず、運営を縮小せざるを得ない状況に陥っている。新3~5才児クラスが廃止され、37人の園児たちは市内の別の保育園への転園を余儀なくされた。多くの被害者が生まれる中、思わぬ事実が発覚した。 「寺谷にこにこ保育園」を退職した11人のうち、園長と主任を含む7人は、前述した4月に新設されたばかりの「鶴見中央はなかご保育園」で働いているというのだ。 この問題を市議会で取り上げた横浜市議の古谷やすひこ氏が解説する。 「最初に辞職を申し出た園長に続いて、1か月もしないうちに主任も辞めると宣言し、その後、数名が同じように退職願を出しました。今回の問題は、単に保育士が辞めたから保育園を縮小するという単純な問題ではない。新しい保育園を開設するにあたって既存の保育園からごっそり職員を引き抜いたということが、騒動の発端だと聞いています」 ◆「子供に、『早く帰りたい。いつ元の保育園に戻れるの?』と聞かれて…」 園長をはじめとする保育士たちはなぜ子供たちを置いて新しい保育園に移ってしまったのか。「寺谷にこにこ保育園」の前園長で「鶴見中央はなかご保育園」の新園長を務めるA子さんは、本誌の取材に対し、頭を下げながらこう語った。 「途中で園を移って...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

今日のぐり:「長浜ラーメン あかり」

世の中にはた迷惑な人は少なくありませんが、こちら単なるはた迷惑ではすまななかったと話題になっていたニュースです。 最終電車に抱きつき男逮捕 駅員が羽交い絞めも離れず(2018年4月3日神戸新聞) 3日午前1時5分すぎ、神戸市中央区のJR三ノ宮駅で、出発のためドアが閉まった京都発西明石行き最終普通電車(7両編成)の車体に、男が体を密着させてしがみついた。駅員が羽交い締めにして離そうとしたが、男は抵抗。運転士は騒動に気づかずいったん電車を発車させたが、約7メートル進んだ後に緊急停止した。 通報を受けた兵庫県警機動パトロール隊は、威力業務妨害の疑いで、明石市の会社員の男(44)を現行犯逮捕。「この電車に乗らないと帰れないからやった」と容疑を認めているという。男は酒を飲んだ状態だった。 葺合署やJR西日本によると、最終電車には約700人が乗車。約20分遅れて同駅を出発したという。 700人からに影響が出たのですから困ったものですが、何しろ重大事故の危険もあっただけに許されない行為ですよね。 本日は季節柄増えているものなのかどうか、世界中からちょっとお騒がせな困ったちゃんの話題を取り上げてみることにしましょう。 元ラガーマン泌尿器科医 公衆の面前で18歳男性に口淫強要(2018年3月7日日刊ゲンダイ) 「くわえろ、しゃぶれ!」  おもむろに露出した局部を18歳男性に突き出し、口淫をさせようとした変態ドクターがパクられた。  強要未遂の疑いで3日、奈良県警に逮捕されたのは、同県大和高田市立病院の泌尿器科の医師、前阪郁賢容疑者(27)。  前阪容疑者は2日夜、飲食店で医療関係者らと酒を飲んだ後、橿原市内のカラオケボックスA店に移動。そこで18歳のCさんと知り合った。 「Cさんは未成年の友人10人ぐらいとA店に来たところだった。満室だったのか、入店を断られたそうです。それを見ていた前阪容疑者の仲間が、Cさんたちに『店に入られへんのやったら、ヨソ行ったらええやん』といったニュアンスのことを言ったようです。親切にも、わざわざCさんたちを数百メートル離れたB店まで案内した。『ここで歌っときいや』と声を掛けてA店に戻り、それぞれA店、B店という別々のカラオケボックスで歌うことになった。しばらくして前阪容疑者のグループはお開きになり、前阪容疑者ら4人がCさんたちがカラオケをしていた部屋になだ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

トラック業界では事業者に寝不足チェックを義務付け

ちょうど働き方改革関連法案の審議が進んでいる中で、興味深いニュースが報じられています。 睡眠不足は乗務禁止 トラックやバス、6月から義務化(2018年5月14日朝日新聞)  トラックやバスの運転手は6月から、乗務前に必ず睡眠状態のチェックを受け、不足の場合は乗務できなくなる。輸送業界は人手不足が深刻で、運転手が過酷な勤務を強いられ睡眠不足による事故も目立つことから、国土交通省が事業者への義務化を決めた。  貨物自動車運送事業法などに基づく省令を改め、事業者がドライバーを乗務させてはならない項目に「睡眠不足」を新たに盛り込む。「疾病」や「疲労」などはあったが、睡眠不足は明記されていなかった。  事業者は、乗務前に運転手の健康状態や飲酒の有無などを確認する「点呼」の際に睡眠が十分かを確認することが義務となる。睡眠時間には個人差があるため具体的な時間についての基準は定められていないが、睡眠不足のまま乗務を許可したと認定されれば運行停止など行政処分の対象となるため、事業者は厳しい対応を求められる。具体的には、運転手と対面などでやり取りし、睡眠不足による集中力低下など安全に支障がでる状態にないか丁寧に確認して結果を記録として残さなければならない。  ドライバー側に対しても、睡眠不足についての正直な申告を義務化する。 バス・トラックで「睡眠不足」は乗務禁止へ…“人手不足”と“明確な基準”が課題か(2018年5月14日IRORIO) バス・タクシー・トラック事業で6月1日から、「睡眠不足」状態の運転手を乗務させることが禁止される。 旅客自動車運送事業運輸規則などを改正し、「睡眠不足の乗務員を乗務させてはならない」ことを明確化。また、点呼簿の記録時刻に「睡眠不足」の状況を追加する。 事業主に対して、乗務員を乗務させてはならない事由等に「睡眠不足」を加え、乗務前などに行う点呼の確認事項に「睡眠不足で安全な運転をすることができないおそれの有無」を追加。点呼時の記録事項にも「睡眠不足の状況」を加える。 (略) 睡眠不足の運転手を乗務させてはならないと明確化することで、「睡眠不足による事故防止」と「働き方改革」に繋げる狙いだ。 国土交通省が2017年に行ったアンケートによると、バス運転手の4分の1は睡眠時間が1日5時間未満。 また、全日本トラック協会によると、トラックドライバーの年間労働時...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

医師原作の医療ドラマがあまりにデタラメすぎると話題に

本日の本題に入る前に、未だに時々発生する事故なのですが、先日長崎大でこんな一件が報じられていました。 体内にガーゼ置き忘れ 摘出し患者快方へ 長崎大病院(2018年5月11日毎日新聞)  長崎大病院(長崎市)は10日、3月にがんの摘出手術をした県内の60代男性患者の体内に、ガーゼ(縦30センチ、横40センチ)を置き忘れる医療ミスがあったと発表した。男性が腹痛を訴えたため発覚。4月に緊急手術で取り出し、快方に向かっているという。  同大病院によると、男性は3月上旬、肝臓とリンパ節の転移性がんの摘出手術を受けた。患部が深く当初の腹腔(ふくくう)鏡手術から開腹手術に切り替え、患部周辺を押さえるため追加で複数枚のガーゼを持ち込んだ。  同大病院では、手術で使用したガーゼの枚数と記録を点検し、複数の医師がレントゲン画像で体内に残っている物がないか確認した上で、手術を終えることを義務付けているが、見落としていた。4月上旬、男性が転院先の病院で腹痛を訴えたため、検査したところ、ガーゼが体内に残っていることが分かった。摘出した上で男性に謝罪した。  同大病院は「持ち込んだガーゼを数える際に枚数を誤った可能性が考えられる」とし、確認するレントゲン画像をより鮮明にするなどして再発防止を図るという。【浅野翔太郎】 長崎大学病院でガーゼを体内に置き忘れ(2018年05月10日長崎文化放送) 信じられないミスです。長崎大学病院が、がんの手術で、患者の体内にガーゼを残していたことがわかりました。 長崎大学病院によりますとミスがあったのは60代の男性の肝がんの手術です。今年3月、肝臓とリンパ節を摘出した際、患者の体内にガーゼ1枚を残したまま手術を終えました。約1ヵ月後、男性が転院先の医療機関で腹痛を訴えたことからミスがわかりました。 大学病院が手術をし、ガーゼを取り出しました。ガーゼは、30センチ×40センチの大きなものでした。この影響で男性は炎症を起こした小腸の一部を切除されました。現在は転院し治療中です。 長崎大学病院では2011年にもガーゼを残す医療ミスを起こしています。再発防止策としてX線に写るガーゼを使うようにしましたが、今回はX線で検査しながら見逃していました。 今後は、手術の間、ガーゼの一部を体の外に出しておくことや、3人以上で画像チェックするなど対策を徹底するということです。 年...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

今日のぐり:「創作ダイニングレストラン侑's」

先日見かけてびっくりしたのがこちらのニュースです。 道路を歩いていた女性 突如として空から犬が降ってきて頭にぶつかり首の骨を折る怪我 犬は逃走(2018年5月4日ゴゴ通信) 4月15日、中国の広州白雲区にてとんでもない事故が起きた。女性が道路を歩いていたところ、突如として上空から犬が降ってきて、女性の頭にぶつかってしまったのだ。 犬とぶつかった女性はその場で倒れ、犬は何事も無かったかのようにその現場から走り去って行った。 倒れて意識を失った女性は救急搬送はれ、しばらくして意識を取り戻した。女性は首の骨を骨折しており、現在治療中だが命に別状はないという。 問題の犬は何故建物の上から落下してきたのか調査中である。 その驚くべき事故の様子はこちらの動画を参照いただきたいのですが、しかし当事者ならずとも一体何が起きたのか訳がわからないと言うところでしょう。 本日はあまりに不幸な女性の快癒を願いつつ警鐘を鳴らす意味で、世界中から恐るべき生き物の脅威を伝えるニュースを紹介してみましょう。 ネットに巨大ニワトリの動画、「怖い」と話題に(2018年3月21日CNN) (CNN) 巨大なニワトリが鶏小屋から登場してのっしのっしと歩き回る動画がインターネットに投稿され、「怖い」「誰かウソだと言って」といった声が飛び交っている。 ツイッターは先の週末にかけて、このニワトリの話題で持ち切りになり、あるユーザーは「眠りにつこうとしたところで、あの巨大ニワトリが同じ地球上にいることを思い出して怖くなった」と書き込んだ。 偽物だと信じたいという思いから、「#FAKECHICKENNEWS(偽チキンニュース)」の話題も集中し、「ニワトリじゃない。ニワトリの着ぐるみをかぶった42歳の大人だ」という投稿も。 だがそうした声とは裏腹に、この動画は作り物ではないらしい。動画に登場するニワトリは、米国で育てられた大型種「ブラマ」の特徴をすべて兼ね備えている。 家畜保護団体によれば、ブラマは体重が8キロを超えることもある品種。 20世紀初めごろは食肉用としての需要が高く、1羽で4人家族を1週間支えることも可能だった。 しかし品種改良であまりに強くなりすぎて、地球滅亡小説の序章に登場しそうな姿になった。 最初元記事の動画を見ていて、これくらいなら別にそんな大したことないじゃない?と思っていたら想像したのと全然違...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

家族が継続を希望しても強制的に延命的処置終了となったケースが話題に

救急医療の逼迫は今に始まった話題ではありませんが、国際医療福祉大学の准教授で、同大三田病院の救急部長を務める志賀隆先生が、先日こんなことを書いていました。 救急車は無料でいいの?救急搬送の適正化と人材確保・定着に向けた方策を(2018年4月27日医療維新) (略)  前回までは、自己紹介も兼ねて救急医を目指そうと考えているような若手医師らを応援する気持ちで「誰でも救急医になれる!」という記事を書きました。内容に対して、みなさまが寄せてくださったコメントにもありましたが、一部の救急医療の現場が疲弊しているのは確かです。今回から計2回は、救急医療の現場に患者を搬送してくる「救急車」について考えてみたいと思います。結論から先に述べると、私は救急医療の需要・供給のバランス不均衡を解決する策として「救急車の有料化」が必要と考えています。以下に、その理由を幾つか示しながら考察していきたいと思います。  「救急車の有料化」が必要な理由としては大きく、  ・救急搬送の総数が増えるスピードにブレーキをかける  ・救急車の有料化で得られる収入分を救急医療の充実化や当直医のインセンティブに使う の2つが特に重要と考えています。  救急医療の疲弊の原因は、長時間労働の中で、深夜の受診、重症患者さんや難しい患者さんへの対応を限られた人員で行う必要があるからです。そんな中、救急搬送数は漸増しています。毎年、救急医を含めた医師は増えてはいますが、現在の体制だと、対応が難しくなってきています。地域の医療のために、多くの医療機関がギリギリの状態、あるいは既に限界は超えながらも救急医療を支えています。まずは利用者である患者さんに「お金を払ってでも救急車で運んでもらう必要があるか」を考えてもらうことで、救急搬送の適正化を図るべきです。副次的に、歩ける人には歩いて来院してもらい、不要不急の場合は夜間・休日の受診は避けてもらう効果も生じるはずです。  ただ「ブレーキ」をかけるだけでは足りません。有料化で得られる診療報酬を基に、人材確保・定着に向けた方策も同時に講じる“合わせ技”でなければ、救急医療の疲弊感解消に向けた効果は出にくいでしょう。現在の診療報酬は施設毎への支払いが基本ですが、救急担当の当直医自身にインセンティブが至る仕組みを検討していくことが、医師の行動変容につなげるためにミクロ経済学の視点から必...

» 続きを読む

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

生保受給者だけに我慢を強いると言うわけではなく、皆平等に

このところ国会内が混乱してなかなか議論の進まない問題もあれば、妙にサクサクと話が決まっている問題もありで背景事情を考えると興味深いのですが、先日こんなニュースが出ていました。 生活保護法改正案が可決 野党不在、議論深まらず 与党、働き方優先(2018年4月26日共同通信)  衆院厚生労働委員会は25日、生活困窮世帯の大学進学時の一時金支給などを盛り込んだ生活保護法などの改正案を自民、公明両党と日本維新の会の賛成多数で可決した。野党は辞任した福田淳一(ふくだ・じゅんいち)財務事務次官のセクハラ疑惑に関する政府対応や、過労死があった野村不動産に対する特別指導の経緯を巡り反発。維新を除く野党は欠席した。  働き方改革関連法案の審議入りを急ぐ与党は野党不在のまま採決。改正案は5月にも成立する見通しだが、専門家は「中身が全く検討されないままだ」と批判している。  改正案は、保護世帯の高校生が進学する際の一時金支給(親元を離れる場合は30万円、同居の場合は10万円)や、生活保護受給者は原則として価格が安いジェネリック医薬品(後発薬)を使用することを盛り込んだ。 (略)  生活保護費は低所得世帯の支出額とのバランスで支給額が決められ、政府は10月から一部世帯で最大5%引き下げる方針。維新を除く野党は「子育て世帯への影響が大きい」として3月末に対案を提出。保護基準の算定方法見直しや、児童扶養手当の月額1万円アップを盛り込んだものの、今月18日から審議を拒否していた。審議時間計約23時間のうち、野党に配分された約11時間は、政務三役が出席する中、何もせずに時間だけが過ぎる「空回し」で終わった。  「生活保護問題対策全国会議」代表幹事の尾藤広喜(びとう・ひろき)弁護士はジェネリックの原則使用を「お金のない人は我慢しろと言っているようなもの」と批判。「制度の根幹に関わる保護基準の算定方法も、国会できちんと議論するべきだ」と憤った。 しかし我慢と言う言い方にはジェネリックは質の劣った悪いものと言う考えが根底にあるように思えるのですが、国としてはジェネリックは同じ成分同じ効き目で売っている以上、これは間違った考えであると言うことになるのでしょうか。 自らも法案を出した問題で審議にも加わらなかった野党の振る舞いも注目されていたようですが、75歳以上の医療費2割負担への引き上げが与党内の反発で流...

» 続きを読む

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

今日のぐり:「権太呂 岡崎店」

先日亡くなった映画監督の作品が改めて注目される中で、こんなちょっとした新発見が話題になっています。 「火垂るの墓」ポスターに隠された意味 夜空の影は...「ほんとだ」「知らんかった」(2018年4月17日J-CASTニュース)  亡くなった高畑勲監督のアニメ映画「火垂(ほた)るの墓」(1988年)がテレビ放映されたのを機に、公開当時のポスターにネット上で関心が集まっている。  戦火で親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が、草むらの中に分け入り、束の間の蛍の乱舞を楽しんで...。  当時のポスターを見ると、こんな微笑ましい光景のようにも思える。  ところが、ツイッター上では、ポスターをよく見ると、背後に黒い影があるのが分かると、ここ数日大きな話題になっている。  その指摘によると、黒い影は、神戸大空襲にも参加した米軍のB29のような爆撃機の形をしていた。さらに、蛍の乱舞のように見えた光の玉は、その一部が米軍の落としていった焼夷弾らしいというのだ。実際、光の玉は、丸い形や流線型の形もあって、色も少し違っていた。  指摘したツイートは、13万件ほども「いいね」が押されており、大きな反響を呼んだ。ツイッター上では、「知らんかった」「うわほんとだ 上にいる」「そういうことだったなんて...」などと驚きの声が次々に上がっている。  それで、映画のタイトルに火が垂れるという表現をかけているのか、といった声も出た。ネット掲示板では、英語版のポスターの写真も投稿され、それを見ると爆撃機の姿が分かるとの指摘もあった。 (略) 何とも恐ろしいとも言えるその様子は元記事を参照いただきたいのですが、最初期のポスターはもっとそのものズバリだったと指摘する人もいるようです。 本日は高畑監督の生前のご活躍を想起しながら、世界中から考えようによっては何やら空恐ろしくも感じられるニュースの数々をご紹介してみましょう。 UFOが日本に飛来したら? 政府が答弁書を閣議決定(2018年2月27日朝日新聞)  UFO(未確認飛行物体)は安全保障上の警戒の対象外――。政府は27日の閣議で、UFOについて「存在を確認したことはない」「我が国に飛来した場合の対応について特段の検討を行っていない」との答弁書を決定した。立憲民主党の逢坂誠二氏の質問主意書に答えた。  逢坂氏は、米国防総省が秘密裏にUFO調査を2007~12...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

何をブロックしていいのかは誰がどうやって決めるべきなのか

このところ話題になる機会の多い海賊サイト問題について、先日こんな興味深い主張をする方々がいたと話題になっていました。 「日本の法体系ではあり得ない」 海賊版サイトブロッキング問題、弁護士がNTTコムを提訴(2018年04月27日ITmedia)  弁護士の中澤祐一さんが4月26日、NTTコミュニケーションズ(NTTコム)が予告している海賊版サイトのブロッキングの実施について「通信を妨害してはならない」として、同社を東京地方裁判所に提訴した。  中澤弁護士はインターネットや著作権に詳しく、普段は発信者の情報開示請求や権利侵害コンテンツの削除要請などを行うなど、海賊版サイト対策には前向きな姿勢だ。しかし、サイトブロッキングという手段を取るNTTコムに対しては「日本の法体系ではあり得ない」と切り捨てる。中澤弁護士がNTTコムを提訴した理由とは。  海賊版サイトを巡っては、政府がISPにサイトブロッキングを要請したという報道を受け、議論が過熱。日本国憲法第21条で定める「通信の秘密」や「表現の自由」を侵害する恐れがあるとして、複数の業界団体や法律関係者から反対の声が上がっていた。  そんな中、NTTコムを含むNTTグループ4社は4月23日、政府が指定した漫画海賊版サイト「漫画村」と、アニメ海賊版サイト「Anitube」「Miomio」に対し「短期的な緊急措置として」ブロッキングを行うと発表。これを受け、全国地域婦人団体連絡協議会と主婦連合会が4月25日、NTTらに対し「刑事告発も辞さない」と意見書を発表するなど、一部の団体からは大きな反発があった。 (略)  法改正なしのブロッキングは憲法第21条に規定される「通信の秘密」を侵害し、例外的に違法性を否定できる「違法性阻却事由」(いほうせいそきゃくじゆう)にも該当しないとする考え方が、これまで複数の弁護士や法学者から表明されてきた。  「恣意的な判断で通信を遮断するのは、日本の法体系ではありえない。なしくずしにブロッキングが始まる前に、ここで何かしておこう」――中澤弁護士はそう考え、NTTコムの提訴に踏み切ったという。 (略)  一方で、現在も児童ポルノサイトのDNSブロッキングは行われているという現状がある。回線契約者が接続しようとするドメインやURLはISPに見られていることから、「単に著作権侵害サイトのURLがブロックリ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今日のぐり:「華蔵寺」