2019年4月24日 (水)

働き方改革、素直に改革を進めた場合と進めない場合の格差

先日は医師の働き方改革に関する最終報告書が公表されましたが、改革を強いられる雇用者側の立場からは未だに不平不満の声が山積しているようです。医師の労働時間短縮と地域医療維持は両立するか(2019年4月15日日経メディカル)  3月28日、厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」が最終報告書を取りまとめた。これを受け、医療界は残業時間の削減など、働き方の改革にようやく動き出すことになる。医師の過重労働解消の一方で、地域医療の崩壊を懸念する声も根強い。(略) 1年8カ月の議論を経て、2019年3月28日に取りまとめられた報告書では、原則として勤務医の時間外労働の上限時間を年間960時間・月100時間(休日労働含む)とした。遵守できない場合は雇用する医療機関に対して6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられることになる。ここまでは一般の会社員の時間外労働の規定と同等だ。 ただし医師には一部例外が認められた。例外は(ⅰ)から(ⅲ)の3種類。(ⅰ)地域医療に影響があると認められる場合、(ⅱ)初期・後期研修中や(ⅲ)6年目以降の医師で高度技能習得など技能向上のための診療が必要な場合─については特例として、年間の時間外労働を1860時間(月155時間)以下と基準を緩めた。また、罰則を伴う働き方改革法案は、大企業では2019年4月から、中小企業では2020年4月から施行されるが、医師は2024年4月。医師だけが4~5年遅れで改革が進むことになる。(略) 今回の報告書に対して、現場の医師の反応はどうか。一部の例外の扱いとはいえ、労災認定される過労死ラインである「月80時間(複数月平均)」を大きく上回る「月155時間」が示されたことで、若手産婦人科医師を中心とした「医師の働き方を考える会」などが反対の署名活動を実施した。一方で、現場の医師からは「アルバイトの時間を入れると妥当な時間」「今よりは労働環境が間違いなく改善する」「今まで支払われていなかった残業代が支払われる」と好意的に捉える向きもある。 (略) 医療提供体制への影響も懸念される。時間外労働時間を960時間以内に抑えるために、夜間の救急対応を中止する病院が出てくると、「それだけで地域医療が崩壊する可能性がある」と相澤病院最高経営責任者で日本病院会会長の相澤孝夫氏は懸念を示す。救急対応を中止することで、特定の病院に...

» 続きを読む

| | コメント (3)

2019年4月22日 (月)

新しいことの導入はたいていがすぐには進まないものですが

胃癌発生に大きく関わるヘリコバクター・ピロリの除菌治療に関して、今年の初めに北海道医療大学学長の浅香正博先生がこんな興味深いコメントをしていました。 H. pyloriで消化性潰瘍制圧、胃癌も(2019年1月9日平成の医療史30年) (略)――除菌療法の普及にも尽力されてきました。  米国では1994年に国立衛生研究所(NIH)から、消化性潰瘍は初発でも再発でもH2ブロッカーなどの酸分泌抑制薬に加えてH. pylori除菌療法を行うよう勧告が出て、これに世界中が応じました。ところが日本で保険適用されたのは2000年。世界に遅れること約6年でした。日本では、製薬企業が臨床試験を行い、そのデータを提出してから保険の審査が始まるためです。 遅れた理由はそれだけではありません。1990年代後半にようやく、PPIとアモキシシリン、クラリスロマイシンによる大規模臨床試験が始まり、私は治験総括医師を務めました。ところが、結果を提出しても厚生労働省はなかなか許可してくれません。そのとき、厚労省の役人が「先生、(H. pylori除菌療法保険適用の話が進まないよう)圧力をかけているのはどこの団体だと思いますか? 日本内科学会でも、日本消化器病学会でも、全国医学部長病院長会議でもありません。日本医師会なのです。われわれ厚労官僚に圧力がかけられるのは自民党だけで、その自民党に圧力をかけられる医学団体はたった一つ、日本医師会しかありません。その日本医師会が今回の保険適用に賛成していないのです」と話してきました。 当時の日医では、H. pyloriの診断や除菌療法は専門的な難しい処置が必要なため、潰瘍患者の多くが大病院に流れてしまうのではないかと誤解していたのです。(略) ところが、保険適用後にもさらなる問題が発生しました。除菌療法の件数が伸びないのです。よくよく調べてみると、一部の開業医は自分と家族は除菌したものの、再発が減ると自分の患者が減ってしまうと考えたのか、患者には除菌療法を施していませんでした。そんな中で、沖縄県のある開業医が、除菌療法を積極的に行ったところ消化性潰瘍の再発がなくなり、消化性潰瘍患者の受診は減ったものの、「すごい名医がいる」と評判になって患者が大幅に増加したと専門誌に報告しました。このようなことにより、開業医の間でも不安なく除菌療法が普及していきました。 除菌療...

» 続きを読む

| | コメント (4)

2019年4月20日 (土)

今日のぐり:「コリアンダイニング凛 倉敷本店」

悲しいときと語り出すネタが流行ったことがありますが、これはちょっと悲しいと言うニュースが報じられていました。 涙なしには見られない コンビニの“悲し過ぎる忘れ物”に全目撃者が悲しみを抱く(2019年03月19日ねとらば)  コンビニで見つかったある忘れ物が、目撃者たちに深い悲しみを与えています。その忘れ物とは、カップラーメンの粉末スープと液体スープの袋。お湯だけ……お湯だけ入れて退店してしまった……持って帰ったのただのお湯と麺……。  この忘れ物を発見したのは、Six_Espressoさん(@2m4h8)。「なんつー忘れ物してるんだ。見たこっちがとても悲しい気持ちになる」というコメントともにTwitterに写真を投稿したところ、1万5000回以上のリツイートと3万回以上の「いいね」を集める人気となっています。 この写真にリプライ欄などでは、「やらかした経験者です」「味の無い麺を食べたんだなぁって…」「私も見たことあります」「かわいそうに。きっと近くの会社の方ですね」「忘れてはいけないものを忘れてる」「健康志向の意識高い系の人かな?」「あぁ……」と諸行無常あふれるコメントが寄せられていました。店内でお湯を入れて持って帰る際は、ご注意を……。 その状況は元記事の画像を参照いただきたいですが、これは確かに悲しい、見ているだけでこちらも悲しい気持ちになるような写真ですよね。本日はその3分後に何がどうなったのかに思いをはせながら、世界中からこれは悲しいとしか言いようが無い最近の悲劇的ニュースを取り上げてみましょう。 生配信で喉に赤飯詰まらせたYouTuber死去(2019年4月11日ナリナリドットコム) 生配信中に赤飯のおにぎりを喉に詰まらせ、救急搬送された女性YouTuberが、亡くなったことがわかった。   この一件は4月8日、女性YouTuberが自身のチャンネルで生配信中に、赤飯のおにぎりを一気に食べたところ、喉に詰まらせ昏倒。体が痙攣する様子や意識を失っている様子などがそのまま配信され、数十分後に視聴者が呼んだと思われる救急隊員が到着、配信は終了となった。その後、安否については情報がなく、ネットでは女性YouTuberを心配する声も多く上がっていたが、4月11日にTwitterを息子が代理更新し、「平成31年4月10日午後6時20分に病院で息を引き取りました。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

アメリカでは歯科医は高収入だそうです

他人の懐具合が気になる人も少なくないようですが、先日こんな記事が出ていました。 医師の年収、最も高いのは何科?(2019年4月9日ビジネスインサイダー) 医師は高収入。実際、診療科によって、どれくらい違うのだろうか。アメリカ合衆国労働省労働統計局の職業雇用統計(Occupational Employment Statistics)は、約800もの職業の給与と雇用数の年間指標を公表している。そのデータを使い、11の診療科の医師の平均年収を比較してみた。ランキングで見てみよう。平均年収と雇用数は2018年5月現在の最新データによる。 11位 足治療医、14万8220ドル(約1630万円)雇用数:950010位 歯科医、17万5840 ドル(約1934万円)雇用数:11万30009位 小児科医、18万3240ドル(約2016万円)雇用数:2万84908位 内科医、19万6490 ドル(約2161万円)雇用数:3万78207位 その他の専門医、20万3880 ドル(約2243万円)雇用数:38万9180※免疫科医、神経科医、病理医、放射線科医など。6位 家庭医・一般開業医、21万1780 ドル(約2330万円)雇用数:11万41305位 精神科医、22万380ドル(約2424万円)雇用数:2万56304位 産科医・婦人科医、23万8320ドル(約2622万円)雇用数:1万85903位 口腔顎顔面外科医、24万2370ドル(約2660万円)雇用数:48302位 外科医、25万5110ドル(約2806万円)雇用数:3万43901位 麻酔科医、26万7020ドル(約2937万円)雇用数: 3万1060 収入額を見るだけでも日本とはずいぶんと状況が違うのだろうなと思わせる数字なのですが、アメリカの場合ここから数千、数万ドル単位の保険料を差し引かれていると考えると、まあこんなものなのでしょうか。ドクターフィーのあるアメリカの場合、収入の多寡は需要と供給の関係に左右される部分が大きそうですが、その点で現時点でのトップが麻酔科医であると言うのは納得出来るものがあります。ただここで注目いただきたいのは、数としては相当に多い歯科医が高収入であることで、口腔外科も含めてランキング上位に顔を出している点が興味深いところですね。ひるがえって日本の場合、すでに歯科クリニックがコンビニよりも多いと...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

医療とネットに関わる最近のニュース2題

ネットなしでは生活出来ないと言う人も多い時代ですが、本日は医療とネットとの絡みで最近のニュース2題を取り上げてみましょう。 オンライン診療、保険適用後の実施過半数は自由診療「患者が希望、医師が適切と判断しても使えないケースが多い」(2019年4月11日医療維新)  オンライン診療料新設後に、自由診療のオンライン診療が急増した――。1000軒以上の医療機関にオンライン診療サービスを提供している株式会社MICINの調査によると、2018年4月に保険適用となったオンライン診療を巡ってそんな実態が明らかになった。  オンライン診療を巡っては、2018年度診療報酬改定において「オンライン診療料(70点)」と「オンライン医学管理料(100点)」が新設された。それ以前には保険診療としては「電話等再診料」を算定する形で実施されていた。 同社が提供するオンライン診療サービス「curon(クロン)」を使った医療機関でのオンライン診療の実施回数を調べたところ、2017年4~6月から2018年10~12月を比較すると4.3倍に伸びていたものの、2017年4~6月では95.7%が保険診療での実施だったが、2018年10~12月では保険診療が45.3%、自由診療が54.7%だった(直近の2019年3月時点では53.9%が自由診療、46.1%が保険診療での実施)。オンライン診療全体の実施回数が増えているため、保険診療での実施件数は同期間で約2倍に増えたものの、「当初の想定以上には伸びていない」(同社)。一方で、自由診療での実施が大きく伸びている。 この理由については、「アトピー性皮膚炎やスギ花粉症などオンライン診療と親和性がある疾患が、診療報酬の算定対象から外れたことが要因ではないか」(同社代表取締役CEOで医師の原聖吾氏)としている。  curonは佐賀県を除く46都道府県の医療機関に導入されているが、東京、神奈川、愛知、大阪の4府県が全体の6割を占め、比較的開業間もない診療所が競合と差別化のため導入するケースが多いという。オンライン診療利用患者の年齢は20~50歳代が全体の85%で、性別別では男性が全体の70.7%を占める。対象とする主な疾患は、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、うつ病、強迫性障害、高血圧症、慢性胃炎、肥満症など定期的な通院が必要な慢性疾患で多岐にわたるが、多くはオンライ...

» 続きを読む

| | コメント (2)

2019年4月13日 (土)

今日のぐり:「JUTARO」

傍目に見るとこれはまたたまらないのではないかと心配になるのが、先日話題になっていたこちらのニュースです。 「かまってーかまってー」 宿題中の女の子と猫とのほほえましい攻防戦(2019年3月15日おたくま経済新聞)  「かまってーかまってー」という声が聞こえてきそうな猫ちゃんと、宿題に集中している小学1年生になる女の子との攻防が話題です。  かまって攻撃をしかけているこの猫ちゃんは、猫の中では大型にあたるメインクーンという種類の猫。1歳になるトヨちゃんといいます。猫の1歳といえば、まだヤンチャなお年頃。そんな時期ともあり、女の子に遊んで欲しくてしかたない様子。対し女の子は、生まれた頃から猫のいるお家で育った、猫扱いの大ベテラン。 このためトヨちゃんにちょっかいをだされても、宿題から目をそらさず「片手でなでなで」できる余裕っぷり。とはいえ、かなり体が大きな猫ゆえに宿題の上にのられると……やはりはかどるものもはかどりません。 ちなみに、女の子が使う消しゴムは、通常サイズじゃなくて大きいサイズ。これは猫がイタズラして転がさない対策なんだそう。ほんと、あの手この手でかまって攻撃をしかけてくるみたいですね。(略) なお、人間家族はやしゅうさんご夫婦、長女ちゃん、3歳の長男くん、1歳の次男くんと5人家族。猫たちにとっては、きょうだい下二人は守るべき存在のようで、今のところかまって攻撃を仕掛けるのは長女ちゃんがもっぱら。どうやら、特に後から来た3匹には、自分たちにとっても「お姉ちゃん」という頼れる存在にうつっているようですね。 どうにも子供とのサイズ比がおかしいと思えばメインクーンだったとは納得ですが、しかし子供の冷静な対処ぶりはさすがベテランですね。本日はトヨちゃんの宿題が無事終わることを祈念して、世界中から巻き込まれてしまった方々のニュースを取り上げてみましょう。 深刻化するバンコクの大気汚染、進出日系企業に影響も(2019年02月01日ビジネス短信) タイ政府は、大気汚染が深刻化している現状を受け、1月31日からの2日間、バンコク市内および周辺部の幼稚園、学校、各種専門学校の臨時休校を決定した。テーラキアット教育相は「来週も臨時休校とするかどうかは今後判断する」と述べ、生徒の健康への影響を考慮しつつ、大気汚染の状況を注視する姿勢を示した。 バンコク都はPM2.5を低減さ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

史上最長のゴールデンウィークが到来間近

すでに大方の病院では4月末からの連休中の診療体制が確定しているものと思いますが、前代未聞空前絶後の大型連休に国も警戒感を募らせているようです。 10連休の医療態勢リスト化 政府、対処方針を更新(2019年3月26日共同通信) 政府は25日、皇位継承に伴う4月末からの10連休について、国民生活に支障が生じないようにするための対処方針を更新した。医療分野では、3月中に都道府県の各医療機関の救急対応や外来患者の受け入れなどの態勢をリスト化して公表し、4月末までに住民へ周知することを新たに盛り込んだ。  対処方針では、都道府県ごとに医療機関を交えた協議を実施し、連休中の医療態勢について整理。リストは各医療機関の所在地や連絡先のほか、いつ、どのような医療が提供可能かをまとめたものを想定している。(略) 何を以て国民生活に支障が生じないとするかも微妙なところですが、一般に連休中と言えば休日診療体制で挑むのが一般的なところ、今回に関しては日時を限定してでも外来を開くと言う施設も多いようです。無論誰でもと言うわけではなくかかりつけ患者限定など条件はあるのでしょうが、大型連休中の当直割り振りなども頭が痛いところですし、連休中に入院させた患者は休み明けまでどう扱うべきかなども悩ましいですね。特に当直と言うことに関してはせっかくの連休が実際上の連休になるかどうかの瀬戸際だけに重大な問題ですが、予想された通り年末年始の当直以上にアルバイトの相場が高騰しているそうです。 10連休中の医師争奪戦激化 「1日12万円」提示も 5月1日は最激戦(2019年4月6日産経新聞) 今年のゴールデンウイーク(GW)の10連休を控え、各地の医療機関で医師の争奪戦が激化している。  高額な報酬で臨時的に医師を雇おうとする医療機関がある一方で、休みを返上し自主的に出勤する勤務医も。3月、厚生労働省の有識者検討会がまとめた「医師の働き方改革」の報告書では一般労働者の2倍以上の残業時間を認めることになったが、連休中も医師に負担を押しつける形で、医療の現場が維持されている実態が浮き彫りになった。  「1日12万円」「歩合あり」「ゆったり日当直」。臨時に雇うための医師専門の求人サイト「Dr.アルなび」には、医療機関からの誘い文句が並ぶ。 年末年始の相場を考えるとどの程度が妥当な報酬なのか微妙なところなのですが、...

» 続きを読む

| | コメント (4)

2019年4月 8日 (月)

医師の働き方改革を巡る議論にひとまず結論、日医はドヤ顔ですが

先日以来医療現場から大変な悪評が立っている医師の働き方改革に関する厚労省の報告書に関して、日医がご満悦であると言う記事が出ていました。 働き方改革「皆が対等に協議する場が重要」、日医・今村副会長 厚労省検討会報告書「日医の主張が反映された」と評価(2019年4月4日医療維新)  日本医師会の今村聡副会長は4月3日の定例記者会見で、3月末に取りまとめられた、厚生労働省の医師の働き方改革の報告書について、「日医が主張してきた『医師の健康への配慮』と『地域医療の継続性』の両立という観点から取りまとめられたと理解している」との見解を示した。同時に、「中身について、現場の医療機関がご理解いただいていない部分がある」として、病院団体などと連携して説明会などを開催していく考えを示した(報告書の詳細は『医師の働き方報告書取りまとめ、「改革」スタートへ』を参照)。 「医師の働き方改革に関する検討会」には、日医からは今村氏ら2人が委員として参加したほか、2018年7月には日医が主導した「意見書」を提出するなどしていた(『松本・日医常任理事 、「過労死ライン超えた働き方も」』を参照)。  今村氏は報告書について、日医の見解が反映されたと評価し、「中でも勤務間インターバル、連続勤務時間規制の一部義務化という従来にない方法が取り入れられた。月々の労働時間管理だけに頼り、結果として休息が確保できないという事態を回避する手段として、極めて有効だと思う」と指摘した。 同時に医療機関に求められる36協定の締結や労働時間短縮計画の策定などのマネジメントシステムの構築については、「勤務医に長時間働いてもらうための必要条件であり、医療機関の責務である。皆が対等な立場で協議する場の設定が重要になることを医療機関の管理者は認識する必要がある」と述べた。  「地域医療確保暫定特例水準」(B水準)と「集中的技能向上水準」(C水準)で、年1860時間となった時間外労働上限時間については「実現の難しい低い上限目標を設定することで、隠れて残業を行うような事態を招いてはならない。1860時間は高い上限ではあるが、罰則適用で医療提供が過度に制限されたり、罰則適用で地域医療が崩壊したりすることのない制度設計になっている」と評価。B水準であっても2036年4月から960時間を目指すことになった点を「960時間という最終目標の...

» 続きを読む

| | コメント (6)

2019年4月 6日 (土)

今日のぐり:「須崎食料品店」

昨今炎上騒動には事欠かないご時世ですが、先日出ていたこちらのニュースを紹介してみましょう。 ヴィーガンの人気YouTuber、魚料理を食べていたことが発覚しSNS炎上(2019年3月26日テックインサイト)ベジタリアンのなかで卵や牛乳、動物性食品をいっさい口にしない「完全菜食主義者」をヴィーガンと呼ぶが、そんなヴィーガン生活を徹底して貫いていると主張していた人気YouTuberの女性が、あるものを食していたためSNSが炎上した。『New York Post』『Washington Post』などが伝えている。 米カリフォルニア州ニューポートビーチを拠点にしているヴィーガンとして大人気のYouTuber、ヨヴァナ・メンドーサ・アイレスさん(Yovana Mendoza Ayres、29)は、「Rawvana」という名前でYouTubeチャンネルのスペイン語版と英語版を運営している。ヨヴァナさんの徹底したヴィーガンによるダイエット法や食事管理法などが人気で、2つのチャンネルの登録数者数は244万人以上にもなる。また彼女は、自身の公式サイトでヴィーガンによるダイエットやデトックスなどの手法をまとめたテキストブックや動画などを有料でダウンロード販売しており、こちらも大人気商品となっている。 ところが最近、ヨヴァナさんが友人達と訪れたバリ島での動画に食事をしているシーンが数秒ほど映っているが、この動画に大きな問題があった。ヨヴァナさんの友人であるポーラ・ガリンドさん(Paula Galindo)が自身の食事風景を撮影したものだが、一瞬だけカメラがヨヴァナさんのいるテーブルを捉えた。するとヨヴァナさんの席に置かれた皿には、魚料理があったのだ。しかもヨヴァナさんは、魚料理をカメラに映らないように両手で隠そうとしているかのような仕草をしている。ほんの一瞬のことであったが、彼女のファンはこれを見逃さなかった。 SNSにヨヴァナさんへの批判が相次いだため、彼女は謝罪の動画をYouTubeにアップしたが、体調が思わしくなかったこと、生理が止まっていたことなどをこのように明かしている。「皆さんが私を信用して、私の言葉に耳を傾けてくれていたことも知っています。しかし今回のことで、たぶん皆さんは嘘をつかれて騙されたと感じることでしょう。そう感じるのも、全くもって無理もないことだと思っています...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2019年4月 4日 (木)

特養入居者の死亡事故、メディアの意外な?論調

医療訴訟で民事の裁判は数あれど、刑事裁判は比較的珍しいものだと思うのですが、その比較的稀な刑事裁判で先日有罪判決が出たと話題になっていました。 特養おやつ死亡事故で有罪、長野 介護現場の注意義務争点(2019年3月25日デイリー)  長野県安曇野市の特別養護老人ホームで2013年、おやつのドーナツを食べた直後に意識を失い、その後死亡した入居者女性=当時(85)=の注視などを怠ったとして業務上過失致死罪に問われた准看護師山口けさえ被告(58)に長野地裁松本支部(野沢晃一裁判長)は25日、求刑通り罰金20万円の有罪判決を言い渡した。  多くの入居者と接する介護現場でおやつの提供にどこまでの注意義務があるかが注目を集め、福祉や医療関係者を中心に、無罪を求めて約45万筆の署名が集まっていた。 入所者がおやつ詰まらせ死亡、介助の准看護師に有罪判決(2019年3月25日朝日新聞) (略)  起訴状などによると、山口被告は同年12月12日午後、同ホームの食堂で女性におやつのドーナツを配った。検察側は女性には口に食べ物を詰め込む癖があったのに、被告は他の利用者に気を取られ、女性への十分な注意を怠ったほか、窒息などに備えておやつがゼリーに変更されていたのに、その確認も怠ったなどと主張した。 一方、被告側は女性は脳梗塞で死亡したと考えるのが最も合理的で、ドーナツによる窒息が原因で死亡したとの検察側の主張を否定。その上で女性の食べ物を飲み込む力には問題がなく、食事の様子を注視しないといけない状況ではなかった▽ゼリーへの変更は女性が食べ物を吐いてしまうことが理由で窒息対策ではなく、確認の義務はなかった、などとして無罪を求めていた。  食事介助中の出来事を罪に問うことは介護現場での萎縮を招くとして、裁判は介護関係者の強い関心を呼んだ。無罪を求める約44万5500筆の署名が裁判所に提出された。弁護団も結成され、公判はこの日の判決も含めて23回に及んだ。(佐藤靖) 「事故は毎日のように起きている」介護現場、有罪に動揺(2019年3月26日朝日新聞) (略) 事件があったのは2013年12月。判決によると、女性は被告が配ったドーナツをのどに詰まらせて窒息し、約1カ月後に低酸素脳症で死亡した。  介護の現場に過度の責任を負わせるのは酷だとして、無罪を求める約44万5500筆の署名が裁判所に...

» 続きを読む

| | コメント (3)

«最近の医療ニュース二題