2015年7月 1日 (水)

少子化対策のために若者はもっと暴走すべき?

先日ちょっとした話題になっていたのですが、こんなサービスがあって一部の方々から熱烈な支持を得ているのだそうです。 「ひとりぼっち婚」で究極の花嫁に? 「ふっきれた」と女性〈2015年6月14日AERA〉  結婚したい。でもできない。世間からのプレッシャーや結婚願望との格闘の末、ついに解脱した勇者たち。「ひとりぼっちの結婚式」の先に見えた景色は──。 「ああ、女の子に生まれて良かった」  幼い頃から恋い焦がれたウェディングドレスに包まれて、思わず声が出た。その手が握りしめていたのは、これから夫婦になる愛するダーリン……ではなく、ファン歴29年になるシンガー・ソングライター角松敏生のパンフレットだったけれども。  杉山友子さん(仮名・49)が体験したのは、今話題の「ソロウェディング」だ。結婚の予定はないが、ウェディングドレスは着たい!というアラサー、アラフォー女子たちの願いを叶えてくれる夢のサービスで、主催するのは京都の旅行代理店・チェルカトラベルだ。1泊2日のプランは、京都駅にスタッフが迎えに来てくれるところから始まり、有名ブランドのドレス選び、フラワーデザイナーとのブーケ作り、ホテルで1泊。翌日、プロのヘアメイクとカメラマンによる写真撮影があり、写真はアルバムにして後日郵送される。料金は、平日32万円なり。昨年6月の開始以降、各地の写真館や結婚式場でも、類似のサービスが急増している。  埼玉県で医療関係の仕事に就く杉山さん。青春を過ごしたバブル期は、25歳を過ぎた独身女性は売れ残りのクリスマスケーキに例えられた時代だ。杉山さんも結婚願望が強く、専業主婦になって家庭に入るのが夢だった。恋愛は本人いわく「肉食系」。しかし20代後半、真剣に結婚を考えていた人に裏切られ、男性不信になったという。40歳を過ぎた頃から、結婚への憧れも年々なくなっていた。 「50歳の大台に乗る前にウェディングドレスだけでも着たいと思いました。だって結婚は、70歳でもできるでしょ」  ソロウェディング代32万円のほか、交通費、食費などを合わせて計35万円の出費も高くは感じなかった。 「今日のプリンセスです」  スタッフにそう紹介されることから始まるソロウェディングは、まるで夢のようだった。撮影では、追っかけをしている「カドさま」に徹底的にこだわった。松の屏風を背に、角松の置物を置き、手にはお気に入...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年6月30日 (火)

少子化の時代における生殖医療の位置づけの難しさ

いわゆる人工受精、体外受精と言うテクニックは不妊症治療の中でもかなり基本的なものなのだそうで、身体的な理由で妊娠がしにくいと言う方々にとっては非常に有益だとも聞くのですが、先日その有効性をさらに高める工夫を示すデータが出たと報じられていました。 神戸の医院、受精卵検査で流産少なく 559組の夫婦で実施(2015年6月27日日本経済新聞)  不妊治療専門の産婦人科医院「大谷(おおたに)レディスクリニック」(神戸市)は25日、受精卵の全ての染色体異常を調べ、正常な受精卵を選んで出産を試みる着床前スクリーニング(受精卵検査)を559組の夫婦に行った結果、流産率は約10%だったことを明らかにした。  生殖補助医療を受けた妊婦の流産率30~40%と比べて大幅に低下したという。26日に千葉市で開かれる日本遺伝カウンセリング学会で発表する。  同クリニックによると、受精卵検査を導入した2011年2月から14年7月まで、559人の妊婦が受検。このうち327人で正常な受精卵が得られ、246人が妊娠した。出産を確認したのは119人で、ほかに99人が調査時点で妊娠を継続していた。妊婦の平均年齢は40・4歳だった。  流産は24人で、妊娠したうちの9・8%。日本産科婦人科学会のデータでは、人工授精や体外受精を実施した平均年齢39歳の妊婦の流産率は約30%、同41歳では約40%だった。  大谷徹郎(おおたに・てつお)院長は「流産を繰り返すことは肉体的にも精神的にも大きな負担で、不妊に悩む妊婦にとっては福音になる。妊婦の利益を何より優先したい」と話した。  受精卵の遺伝検査について、同学会は、筋ジストロフィーなどの重篤な遺伝子異常と、習慣流産の原因となる染色体異常に限定しているが、全ての染色体異常を調べる受精卵検査が流産率低下につながるかどうかを検証する臨床研究を本年度にも始めることにしている。 受精卵自体の異常によって妊娠が妨げられると言うことも当然あるのでしょうし、多胎妊娠を避けるために産婦人科学会では一度に身体に戻す受精卵は一個だけと言うガイドラインを設けているそうですから、それなりに高額なコストもかかり心身の負担も大きい中で少しでも妊娠の成功率を上げる手段と言えば、誰しも大歓迎となりそうなものですよね。 一方で出生前遺伝子診断と言うことが非常に簡便に出来るようになってきた結果、それが生...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年6月29日 (月)

医療費はふたたび抑制政策にさらされそうです

財政再建と言うことはその必要性が久しく言われながら一向に手が着く気配がありませんが、消費税増税に伴い久方ぶりの税収増が見込まれる一方で支出面での抑制に関して、先日からこんなやり取りが繰り広げられています。 自民、骨太素案を了承 社会保障費抑制は「目安」(2015年6月25日日本経済新聞)  自民党は25日の政調全体会議で、2020年度に向けた財政健全化計画を含む政府の経済財政運営の基本方針(骨太の方針)の素案を了承した。党総務会での了承を経て、政府は30日に閣議決定する方向だ。  党内の厚生労働族に配慮し、社会保障費の抑制に関する素案の文言を修正した。13~15年度の社会保障費の伸びを実質で1.5兆円程度に抑えてきた実績をめぐり、当初は「その基調を18年度まで継続していく」としていた表現に「目安」との文字を書き加えた。社会保障費の具体的な抑制策の実施についても「予断を持たずに検討する」と記し、柔軟に対応する余地を残した。 日医「実質的に社会保障費にキャップ」- 骨太方針2015素案に見解(2015年6月25日CBニュース) 日本医師会(日医)の横倉義武会長は24日の記者会見で、政府が経済財政諮問会議に提示した「経済財政運営と改革の基本方針2015(骨太方針2015)」の素案についての日医の見解を示した。素案の中で、社会保障費の伸びが過去3年で1.5兆円程度だった基調を18年度まで継続していくなどと明記されたことについて、「実質的に社会保障費にキャップをはめている。かつて小泉政権下で社会保障費が毎年2200億円機械的に削減され、医療崩壊に導く深刻な影響をもたらした反省が見られない」と述べた。【君塚靖】 横倉会長は、素案に盛り込まれている財政健全化への取り組みは「次世代へのわれわれの責任である」と一定の理解を示す一方、「医療は社会的共通資本であり、社会保障は税よりも貧富の差を縮める所得再分配機能が大きくなっている。医療政策は財政主導で行うのではなく、社会保障が社会の安定に寄与していることを念頭に置いて実行すべき」との考え方を改めて示した。 いわゆる医療崩壊と言う現象が社会保障費抑制とほとんど同時期に発生したことによって両者は当然に関係があるかのように語られていますけれども、医師の側から見ると医療訴訟の急増や医療バッシングなど医療に対する期待値が際限なく上がり続けていった...

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年6月28日 (日)

今日のぐり:「大連香奥田店」

世に惜しまれつつも世を去ると言うのもそれはそれで難しいものがありますが、こちら世界中から惜しまれていると言う訃報をお伝えしましょう。 「たま駅長」逝く 世界的に愛された和歌山電鉄の三毛猫(2015年6月24日ハフィントンポスト) 和歌山電鉄の終着駅、貴志駅のマスコットとして人気を集めていたメスの三毛猫「たま駅長」が6月22日、急性心不全のため病院で死んだ。16歳。朝日新聞デジタルが伝えた。 葬儀は近親者で営んだという。28日に社葬を営む。 和歌山電鉄は、赤字を理由に2006年4月に南海電鉄から分離されたローカル線。「たま」は元々、無人駅の貴志駅の隣で、売店を委託されていた「小山商店」の小山利子さんが飼っていた。人なつっこい性格で、乗客ら訪れる人にかわいがられているのを、和歌山電鉄の小嶋光信社長が目をつけ、2007年1月5日に「駅長」に任命した。給料は長寿のお守りと1年分のキャットフードだった。 新聞やテレビで大きく取り上げられ、「たま」見たさに貴志駅を訪れる人が急増。減少を続けていた乗客数は上昇に転じ、DVDや写真集などのオリジナルグッズも人気となり、赤字経営の和歌山電鉄の経営改善に大きく貢献した。功績を認められ、2008年1月には「スーパー駅長」、2010年1月に執行役員、2013年1月に「社長代理」に就任。猫としては異例の出世を果たした。 2009年3月からは、車両にすべて猫をあしらった「たま電車」が運行開始。無人駅だった貴志駅は2010年8月、約1億円をかけて猫の顔をあしらった新駅舎に建て替えられ、「駅長室」も設けられた。2011年には大韓航空のCMにも登場し、2014年には和歌山市の外国人宿泊客が倍増するなど、世界的にも人気を集めていた。 4月29日に16歳の誕生日を祝うイベントが開かれたが、5月19日から鼻炎のため療養中だった。 元記事の動画も参照いただきたいと思いますが、しかし地方ローカル線の救世主とも言われ世界的知名度もあったとされるだけに、その逝去には惜しむ声が相次いでいるようですね。 今回は亡くなられたたま駅長の足跡に敬意を表して、世界中からネコに関わるニュースをお伝えしてみましょう。 活力高まり前向きに 猫ビデオの癒やし効果実証(2015年6月22日CNN) (CNN) 「猫ビデオ」を見ると活力が高まり、前向きな姿勢になれる――。米インディアナ大...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月27日 (土)

マスコミによって取捨選択される事実の二つの側面

メディアに限らず何であれ言説を弄する者、あるいは単に事実を取り上げるだけであってもその取捨選択によって何らかの主張が込められているものだと言うのは常識だと思いますが、先日その興味深い一例としてまずはこんな記事から紹介してみましょう。 「NHKよ、なぜ安倍首相への帰れコールを隠すんだ」 海外メディアの記者が疑問視【沖縄・慰霊の日】( 2015年06月24日ハフィントンポスト) 6月23日の慰霊の日、沖縄全戦没者追悼式に登壇した安倍晋三首相が、会場で「帰れ!」などと多くのヤジを受けたことを海外メディアが大きく報じている。AFP通信とロイターは、以下のように報じた。     沖縄の式典が最高潮に達したとき、安倍首相は「亜熱帯の島にはアメリカの存在が大きすぎる」と怒る地元の人々からヤジを受けた。彼が演台に立ったとき、数々の「帰れ!」という叫びが聞こえた。日本の首相は、公衆の場で嘲笑されることは、あまりない。     (「沖縄戦70周年で緊張が表面化」AFP通信 2015/06/24 13:02)     安倍首相は、黒い沖縄のシャツを着て、「鉄の暴風」作戦として知られているほぼ3ヶ月の戦いで命を失った人々を追悼する献花をした。数人が「帰れ!」と叫び、黒いベレー帽の老人は立ち上がって安倍首相を指さした。     (「日本の安倍首相、沖縄戦の式典でヤジを受ける」ロイター 2015/06/24 13:02) しかし、NHKは「首相 引き続き沖縄の基地負担軽減に全力」などと報じたものの、現地での激しいヤジについて放送した様子はない。このことにAFP東京支局の副支局長であるヒュー・グリフィスさんが苦言を呈している。 へい、NHK。なんで安倍首相に「帰れ!」と叫んでいる人々を映さないんだ? 琉球新報がYouTubeで公開している動画でも48分25秒ごろ、登壇した安倍首相に対する激しいヤジを確認できる。 詳細は元記事のリンク先を確認いただきたいとして、先日国会の場におけるヤジが品がないと話題になっていたばかりであり、まあこれも同様に公共の場における品がない行為であると批判されるべきものではあるのでしょうが、興味深いのは記事の書き手であるフリージャーナリストの安藤健二氏がどうやらこのヤジを取り上げないNHKはケ...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金)

顧客目線を知ることの意味

先日こんなアンケート調査の結果が出ていたのですが、まあ確かに誰しも一度は悩んだことがある話ばかりと言う気はしますよね。 「こんな薬がほしい!」1位は?(2015年6月24日NEWSポストセブン) 医療の進歩はめざましい。かつては不治の病とされていた難病も、新たな薬や治療法で次々と克服されてきた。一方で、素人としては、こう思ってしまうことがある。「科学が進歩したんだから、そろそろこんな薬が出てきてくれてもいいのに…」と。なかば夢のような話かもしれないが、皆さんはどんな「薬」を待ち望んでいるだろうか? 20~30代の社会人男性200人に、アンケート調査した(協力/アイ・リサーチ)。 〈科学が進歩したんだから、そろそろ出てきてくれよと思う薬TOP10〉 (上位3位まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptとして集計) 1位 視力が回復する薬 190pt 2位 花粉症が完治する薬 186pt 3位 寝なくても眠くならない薬 109pt 4位 毛生え薬 98pt 5位 認知症が治る薬 93pt 6位 老化を止める薬 80pt 7位 若返り薬 73pt 8位 身長が伸びる薬 71pt 9位 食品アレルギーが治る薬 64pt 10位 食べても太らない薬 61pt 各種調査によると、成人の約7割がメガネかコンタクトを使用しているといわれる日本。以下、花粉症や睡眠不足など、一種の「国民病」とも呼ばれる症状を解決してほしい…と待ち望む人が多数のようだ。それぞれに寄せられた期待の声を紹介しよう。 (略) 文字通り「夢のような話」もあるものの、すでに研究開発が進んでいる分野も。はたして最初に実現するのはどの薬なのか? 科学の力に期待して待ちましょう。 見ていますとなるほどなと納得するような効果効能を期待している薬が多いのですが、少なくともある程度はすでに同種効果がある薬も実用化されているように見えて、ここで期待されているのはやはり副作用が少なく安価で、なおかつ出来れば一度飲めばすっきりきれいに治ると言うキレの良さと言ったものなのでしょうね。 以前にネット界隈で花粉症シーズンのケ○コルト一発療法の是非と言うものがちょっとした議論になっていたことがあって、一方ではこんなによく効く薬はないしシーズン中に一回注射するだけでいいんだから楽だと言った絶讚の声もあれば、他に薬もあるのにそんなリスクを背...

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年6月25日 (木)

ネット上の書き込みが実社会に及ぼす波紋

昔からマスコミなどは個人攻撃が大好きで、どこの誰とも知れない匿名の識者だの事情通だのを登場させては根拠不明の「噂」をさも事実であるかのように吹聴してきたものですが、書かれる相手も基本的には著名人であることから言ってみれば人気商売なところがあって、好き放題のデタラメを書かれても対外的イメージを考慮して泣き寝入りと言うケースも多かったことでしょう。 今の時代はマスコミに限らず無名の素人がネット上で何でも書き込める時代で、そのことに伴う責任というものを自覚していないといわゆる馬鹿発見器騒動にもつながるわけですが、逆に匿名書き込みによって被害を受ける側はしばしば感じるところもあるのでしょうか、以前から続いていた裁判がついに控訴審の高裁判決まで出たと言います。 「食べログ」書き込み、削除請求認めず 札幌高裁(2015年6月23日北海道新聞)  インターネット上で飲食店の評判を投稿するサイト「食べログ」の否定的な書き込みで客が激減したとして、北広島市で飲食店を経営する札幌市の男性が、サイトを運営するカカクコム(東京)に書き込みの削除を求めた訴訟の控訴審判決で、札幌高裁(岡本岳裁判長)は23日、男性の控訴を棄却した。  判決理由で岡本裁判長は「社会的に相当性を有する口コミ投稿ならば、営業上の損失が生じたとしても甘受すべきだ」と述べた。 注意いただきたいのはこれはあくまでも運営元に記事を削除することを求めた訴訟の判決であって、例えば店主が書き込み主を名誉毀損なりで訴えただとか言うわけでもなければ、運営元に書き込みによる損害賠償を請求したわけでもないと言うことなんですが、一般論としてどのような商売であれ良い評価と悪い評価の双方があり得るのは当然であって、悪い評価であるから直ちに許容出来ないと言うわけではないはずです。 この種の投稿サイトにおいても一つだけぽつんと不当な評価をつける人間がいたとしても、閲覧者は他の書き込みも参照しながら総合的に判断するのが普通ですから、個人レベルでの書き込みを不都合だからとコントロールしようとするのは筋違いで、ただ集団として組織として恣意的な書き込みが続けられ、なおかつそれが明らかに事実に反していると言う場合に初めて問題視されるべきなんだろうと思いますね。 ではいわゆる誹謗中傷なども含め何らかの意図に基づいて組織だって恣意的な書き込みが継続され、しかも当...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年6月24日 (水)

永続性のある高齢者の看取り方

このところ孤独死と言うことがときおり世間でも話題になる中で、先日高齢者を対象にした孤独死の調査が発表されていました。 <高齢社会白書>孤独死身近に感じる45% 感じない52%(2015年6月12日毎日新聞)  1人暮らしの高齢者の45%が孤独死を身近に感じている--。内閣府が65歳以上の約1500人に聞いた意識調査で、こんな傾向が浮かんだ。12日に閣議決定された2015年版の高齢社会白書に盛り込まれた。  調査は内閣府が昨年12月に面接で実施。対象とした1人暮らしの65歳以上2624人のうち1480人から回答を得た。  「孤独死を身近に感じますか」と尋ねたところ、「感じる」は44・5%、「感じない」は52.1%だった。  会話の頻度ごとに「感じる」割合をみると、「毎日話す」(818人)の中では38.2%だったが、「1週間に1~3回」(477人)では49.9%、「1カ月に1、2回」(93人)では63.4%を占めた。ただ「ほとんど話をしない」(91人)は下がって53.8%。  子供の有無でみると、「いない人」(372人)の中で「感じる」は48.9%、「いる人」(1108人)では43.1%で、いない人の方の割合が比較的高かった。  年齢層ごとで、最も高かったのが「65~69歳」の48.7%。年齢が高くなるにつれて「感じる」割合は低くなり、「80歳以上」は38.0%。男女や収入による差はあまりなかった。  さらに、住宅の種類ごとの「感じる」割合は、最高が「賃貸の木造集合住宅」の54.2%で、最低は「持ち家の鉄筋集合住宅」の36.0%だった。  1人暮らしの高齢者は近年増えており、現在は推計600万人に上る。白書は1人暮らしの高齢者の生活を支えるために「地域活動を活性化させ、コミュニティーの再構築を促すべきだ」と報告している。【山田泰蔵】 もちろん今現在孤独である高齢者の方が高いのだろうなと思って見ますと、以外にも高年齢になるにつれてむしろ孤独死を感じる比率は下がっていると言うことで、もちろん80歳以上になれば完全に孤独な生活をしている人も少ないのでしょうし、そろそろ家族も現役を退く時期で親の介護を真剣に考え始めている時期でもあるのでしょう。 ただ核家族化どころか生涯未婚率がかつてないほど高まってきている今の世相を考えるに、今後はそもそも家族と言える者が誰もいないと言う高齢者...

» 続きを読む

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2015年6月23日 (火)

5月生まれは一番お得?

そもそも個人のプロフィール欄に血液型を掲載するのがデフォであると言うのも世界で日本だけと言う声もあるようなんですが、世の中には血液型占いと言うものを非常に好む人がいて何かと「あなたは何型?」と訊ねたがる、そしてその結果何かしらひとり納得して頷いていたりと言うことは割合に経験することですけれども、基本的には週刊誌等が商売上の理由で広めている話の一つなんじゃないかと言う気もします。 これもある種の馬鹿発見器的に作働しているんじゃないかと言う声もあって、何かしら宗教などにはまりやすいタイプを見分ける簡単な識別法だと言われればなるほどそうかと頷いてしまいそうなんですが、先日読売新聞と言う一応は真っ当と言われているメディアまでもが血液型云々と言い出したと話題になっています。 血液型 ハラスメント…性格判断で不快な思い(2015年5月28日 読売新聞)  「A型の人は○○」「B型の人は△△」。血液型性格判断を自分や友達、有名人などに当てはめて話題にした経験は多くの人があるはず。  だが、血液型だけを根拠にステレオタイプで性格を決めつけられることに不愉快な思いをすることも少なくない。これを「ブラッドタイプ(血液型)ハラスメント」として問題視する声が上がっている。  青山学院大3年の阿部啓祐さん(21)は「自分の部屋が汚いのは血液型とは関係ないだろう」と憤る。小学校時代から友人が自宅へ遊びに来るたび、「A型ならきれい好きなはずなのに……」と言われ続けているという。法政大3年の有賀壮吾さん(20)も「B型だけがだらしなかったり、忘れたりするとは限らない」と訴える。  聖徳大心理学科講師の山岡重行さんが1999、2005、09の3年で首都圏の5私立大生計3587人を対象に行った調査によると、血液型性格判断で「不快な経験をしたことがある」と答えた学生は3割の1107人。このうち具体的な事例を記述した1003人の内訳は「別の血液型に見える」など不快な言葉を受けた人が最も多い34%で、「差別された・いじめられた」が23%、「性格を決めつけられた」が17%だった。  山岡さんによると、血液型性格判断の源流は、20世紀初頭にドイツの研究者がヒトと動物の血液型を調べて提唱した説に遡る。その内容は「東洋人は白人よりもB型が多い。チンパンジー以外の動物にはB型が多い。東洋人は白人よりも動物に近い」とい...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

造影剤誤投与死亡事故に見る医療の危うさ

ご存知のようにいわゆる医療事故で刑事罰が問われると言うことは極めて珍しく、故意に犯罪的行為を行ったと言うような例外を除いて過失的なもので実際に処罰が下されたのは過去に数えるほどしかなかったし、捜査が始まったとしても起訴にまで至るのは年平均15件ほど、そしてその大多数は正式な裁判には至らず略式命令で罰金が科されて終わると言います。 この辺りは交通違反で実際に裁判になることがあまりないのと似たような事情なのだろうと思いますが、実際に裁判になっても非常に判断の難しいケースも多いため検察なども近ごろではあまり積極的に裁判に持ち込みたがらないと言う話もあって、実際に無罪判決が下された福島県・大野病院事件では「産婦人科医師としての基本的注意義務に著しく違反する過失を起こした」と自信満々だった福島地検が大いに面目を失ったと言います。 社会問題化したこの事件では判決前から警察庁長官がわざわざ「医療行為への捜査については判決を踏まえ、慎重かつ適切に対応していく必要がある」「刑事だけが突出してはおかしくなる。総合的に判断する必要がある」と異例のコメントを出すなど、一部からは検察の暴走だとも批判された経緯がありますが、ともあれ近く新たに医師への実刑判決があるかも知れないと注目されている裁判があります。 造影剤誤投与「過失は重大」、禁錮1年求刑(2015年6月8日医療維新)  国立国際医療研究センター病院(東京都新宿区)の造影剤の誤投与事故で、業務上過失致死罪に問われた整形外科医の第3回公判が6月8日、東京地裁裁(大野勝則裁判長)で開かれ、検察は禁錮1年を求刑した。本裁判は第3回公判で結審し、7月14日に判決が言い渡される予定。  本事故は、2014年4月16日に、腰部脊柱管狭窄症の再発疑いの78 歳女性に対し、脊髄造影検査には禁忌のウログラフイン60%注射液を誤投与し、患者が同日に急性呼吸不全で死亡した事故(『造影剤の誤投与、病院の安全管理にも問題』などを参照)。  検察は論告で、添付文書を確認して薬の誤投与を防止することは、「医師としての責務。基本的かつ重大な注意義務」と指摘。その上で、整形外科医が造影剤について不勉強であり、国立国際医療研究センター病院の医薬品情報管理室に問い合わせなかったことなどを問題視し、造影剤の誤投与がなければ患者の生命の安全が脅かされる可能性はほぼ皆無であった...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«今日のぐり:「小魚阿も珍(あもちん)神辺店」