2014年12月20日 (土)

医療・介護の世界から有資格者が続々流出中?

先日こういう小さな記事が出ていたことを御覧になりましたでしょうか。 市民病院の看護師、無許可で宴席コンパニオン(2014年12月13日読売新聞)  愛知県豊橋市は12日、市民病院の女性看護師(21)と教育部の労務職男性主事(44)を同日付で懲戒処分にしたと発表した。  看護師は4月から9月までに4回、無許可で宴席のコンパニオンとして働き、計3万4000円のアルバイト収入を得ていた。また、このことを自分のツイッターに掲載し、市民から市民病院に苦情のメールが寄せられた。無許可アルバイトと、ツイッター掲載で公務員としての信用を失墜させたことが、地方公務員法に違反したとされた。処分は減給10分の1(1か月)。  男性主事は8月24日、休日にマイカーを運転して同市内の交差点に赤信号で進入。乗用車にぶつかり、相手の男性に1週間のけがをさせたとして、豊橋簡裁で罰金20万円の略式命令を受けた。処分は戒告。 まあ新聞沙汰になるほどのニュースなのか?と言えば微妙な気がしないでもないのですが、公務員の場合こうした処分は厳しめに扱われるのが世の常ではありますし、特に昨今うかつなつぶやきは大きな炎上騒動にもつながりかねないご時世ですから、きっちり処分をしたと公表していくことがその芽を摘むことになるのかも知れませんね。 とは言え、ここで注目いただきたいのはつぶやきがどうこうと言うよりも看護師が宴会のコンパニオンとして働いていたと言うことの方で、もちろん公務員は原則的に兼業禁止と言う一般的ルールがあるとは言え、過去にも看護師の夜の副業と言うものは何度も報じられているし、また実際にそうしたお店に行きますと現役とそうでないとを問わず看護師資格所持者と言うものが昔から案外に多いものですよね。 看護師の離職率がこれだけ高いことを見ても何かしら生活の糧を得る手段は必要だろうし、何かと手のかかる患者さんの看護が出来るくらいなら酔っ払いの相手くらい軽く出来そうだと言う意見もあるでしょうが、ただ現役看護師ですらこうした副業に手を染める背景として単純に給料が安いだとか、労働に対して十分報われていないと感じている人が多いと言う事情もありそうです。 全国的な看護師の離職傾向や例の7対1看護基準の導入なども関係する看護師不足傾向もあって、次第にこの辺りの労働環境改善も進んでいるとか環境のいい職場でないと人が集まらないと...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年12月19日 (金)

扱いの難しいものの扱い方についての話題

本日の本題に入る前に、先日こういう記事が出ていたことをご存知でしょうか。 銃許可の規制緩和=診断書、かかりつけ医も-佐世保乱射で限定・警察庁(2014年12月11日時事ドットコム)  銃所持の許可や更新を受ける際に提出する医師の診断書について、警察庁は11日、精神科医に限定している現行の規制を緩和し、かかりつけ医も認めることを決めた。2007年に長崎県佐世保市で8人が死傷した散弾銃乱射事件を受けた銃刀法の改正で強化された規制だが、鳥獣駆除に携わる人の負担軽減策として、大日本猟友会や自民党の議員連盟が緩和を求めていた。  警察庁は関連する規則の改正案を公表。12日から30日間、一般の意見を募集した上で来年3月に施行する予定だ。 薬物中毒かどうかなど医師の診断を必要とする資格は登録販売者や調理師など少なからずあって、資格を取った人にしても一体そんな診断書をどこで書いてもらうべきか?と悩ましいところなのでしょうが、書く側にしてもいきなり目の前にやってきた人に「問題ないと診断書を書いてください」等々と言われてもちょっとどうしたものかと迷わしいものがありますよね。 特に近年ではてんかん患者による交通事故多発などにより運転免許においても意識消失発作の可能性がある疾患について規制が強化されているわけですが、病気の管理が十分でない患者が事故を起こした場合担当医の責任が問われるかと言う問題が議論されていたように、医学的にお墨付きを与えると言う行為は何かあった場合に一定の責任をも覚悟する必要があると言えそうです。 この点でようやく利用現場も危機意識が芽生えてきているのか、この種の診断書作成に当たっては顧問弁護士と相談し病院独自の但し書きをつけている施設もあるようですが、特に銃刀法の場合精神科での診断書が必要なせいか、警視庁のHPにすら「依頼により必ず診断書を作成してくれるものではありません」「複数回通院して診断を受けなければ診断書を取得できない場合もあります」等と書かれている始末です。 この場合問題視される方々と言うのは日頃から親しく接しているかかりつけの方が承知していることだろうし、厳密な医学的診断よりも専門外であっても常識的判断が行われればそれでいいと言うことなのでしょうが、精神科の先生が医学的に厳密な対応をし過ぎるものだからかかりつけ医にしかるべき(あるいはまあ、なあなあと言って...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年12月18日 (木)

お役所的対応?によって生まれた混乱

臓器移植に関して言えば日本では公正中立を厳重に守って行われている建前で、ひと頃国内でも話題になった臓器売買のような行為は臓器移植法によって裁かれることになりますけれども、やはり必要数に対してドナーからの提供数が圧倒的に不足しているのは事実であり、また巨額のお金を支払って海外に臓器移植をしに行くのが臓器売買とどう違うのか?と言う根強い意見もありますよね。 そうではあってもとりあえず大多数の一般人に関してはきちんと医学的な優先順位のみに従って配分されていると言う信頼関係は非常に重要視されるべきなのは言うまでもありませんが、先日珍しくこの手順にミスがあったと言う報道がなされています。 脳死移植、臓器提供時に待機患者の選定でミス(2014年12月16日読売新聞)  日本臓器移植ネットワークは15日、今年11月中旬に行われた脳死判定後の臓器提供の際に、待機患者の選定作業にミスがあったと発表した。  ミスがあったのは、11月14日、東京都内の病院で脳死判定された30歳代男性のケース。男性は心臓、肺、肝臓、腎臓などを提供したが、膵臓(すいぞう)は医学的理由で提供できなかった。  発表によると、同ネットワークの担当者が待機者リストに基づき腎臓移植の希望者の意思確認をする際、膵臓と腎臓の同時移植の希望者にも腎臓のみの移植を受けるかどうか意思を確認すべきところを、同時移植の希望者は対象外と誤解し、リスト上では下位にある腎臓のみの移植希望者を優先させた。手術が始まった後に、別の担当者が選定手順のミスに気づいたという。  同ネットワークは、主治医を通じて意思確認の対象から外された患者に直ちに連絡し、今月上旬には、この患者に経緯を説明して謝罪したという。   脳死腎移植で手続きミス 希望聞かずに次の希望者に移植(2014年12月15日産経新聞)  日本臓器移植ネットワークは15日、11月中旬に行われた脳死腎移植で、本来なら腎移植を受けるか意思を確認すべきだった患者に確認せずに、次の希望者に移植を行ったと発表した。患者が膵(すい)臓(ぞう)との同時移植を希望しており、腎臓単独の移植の際は意思を確認する必要がないと担当者が誤解したため。患者は体調不良のため移植を受けられない状態で、結果的に移植が行われた患者の順序に影響はなかったという。  同ネットワークによると、ドナーは30代男性で、...

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年12月17日 (水)

ペヤング騒動 やや意外な?その後の経緯

先日も紹介しましたように某有名ブランドのカップ焼きそばに虫が混入していた事件で、最終的にメーカーは当該製品のみならず全商品の販売休止を決めたと言うことなんですが、面白いことにこうした事件が発生してからと言うもの逆に一部では商品としての価値が上がっているのだそうです。 やはり出た! ぺヤングの全商品販売休止を受けて「ヤフオク!」にぺヤングが続々登場 / 最高値は1個1万円(2014年12月12日ロケットニュース24) 以前の記事で、即席焼そば「ぺヤング」の製造販売を行うまるか食品株式会社が、全商品の販売休止を決定したことについてお伝えした。同社は品質管理の徹底を図る方針だ。 そんななかネットオークションサイト「ヤフオク!」に、想像通りぺヤングが出品されていることが判明した。やはりと言うかなんと言うか……。もっとも高い商品「ぺヤング超大盛ハーフ & ハーフ 特製 & カレーソース」は1個でなんと1万円の値がついている。来年2月には販売再開するというのに……。 ・市場からなくなる まるか食品は、2014年12月11日に社内検証を行った結果、製造過程で異物が混入した可能性を否定できないとして、当面の間、全工場の生産を自粛して全商品の販売を休止すると発表した。現在販売しているものがなくなり次第、市場から同社の商品はなくなることとなる。 ・1万円の強気出品 品薄のなることを見越したのか、ヤフオク! には同社商品の出品が相次いでいる。複数個をまとめて出品している人が多いなかで、ある出品者は1個の商品に対して1万円の値をつけているのである。何とも強気な出品ではないだろうか。 ・早くて来年2月ごろ再開 ちなみにNHKが報じるところでは、生産工場に新たな機器や設備を導入して、管理の徹底を図るとのことだ。再開は早くても2015年2月ごろになる見通しである。より健全な操業体制で再び商品の提供を行ってもらいたいと思う。その時までぺヤングは我慢しよう。1万円のぺヤングは落札されるのだろうか……。 まあさすがに1万円で売れるかどうかは何とも言えませんが、実際にネット通販などを見ても正価販売品はとっくに品切れ状態なのだそうで、定価よりも高くても出せば売れると言う状況だそうですから生産再開までにますます価格が高騰する可能性もありますけれども、こうしてみるとある程度固定客がついている定番商品にとって出...

» 続きを読む

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

介護と言うものに関わる問題

本日の本題に入る前に、先日こういう事件が報じられたのを御覧になりましたでしょうか。 「介護に疲れた」 72歳母親が長男の首絞める(2014年12月13日TBS)  東京・東大和市で54歳の寝たきりの長男の首を絞めて殺害しようとしたとして、72歳の母親が警視庁に逮捕されました。長男は、その後死亡しました。  殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、東大和市の無職・池田敬子容疑者(72)です。池田容疑者は12日午後11時ごろ、自宅で寝ていた長男で無職の英明さん(54)の首をスカーフで絞めて、殺害しようとした疑いが持たれています。英明さんは搬送先の病院で、まもなく死亡が確認されました。  警視庁によりますと、池田容疑者はこの家で英明さんと2人で暮らしていて、英明さんが3年前に脳出血で寝たきりの状態になってからは、池田容疑者が介護をしていたということです。  取り調べに対し池田容疑者は「介護に疲れた」と供述していて、警視庁は容疑を殺人に切り替え、事件に至ったいきさつを詳しく調べています。 以前にも100歳の実父を70台の娘が殺害すると言う悲劇的な事件があったことをお伝えしたことがありますが、日頃から身近で親しく介護をやっていた親族の方々ほどこういう結果になりがちであると言うことが極めて悲劇的であって、ともかくも追い詰められる前に各種の社会的サービスを利用していただくよう願いたいですよね。 ただ昨今話題の中高年ニート問題でもそうですが、社会保障のシステムが長年高齢者に偏って手厚く構築されてきた傾向があることは否めないところで、心身に重い障害があるような方々でも65歳以上であれば当たり前に医療・介護のおきまりのルートに乗って対応が出来る一方で、未だ若年の方々を老親が世話をすると言う構図は当事者に非常に大きな負担がかかりがちではあると感じます。 若年から寝たきりの方々などは当面病院で面倒を見るしかないと言うケースも多いと思いますが、病院側としても長期入院が確定している患者など診療報酬の仕組み上儲けにならないだけでなく平均在院日数を引き上げるばかりで、その結果ババ抜きのババのようにあちらこちらの病院を転々としている方々もいらっしゃると言うのは決して多数派ではなにしろ、憂慮すべきことではあるのでしょうね。 ひと頃に比べるとこの種の事件報道が減っているのが単なる世間の関心の低下ではなく、...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年12月15日 (月)

利益の最大化もなかなかに難しいもので

そもそも人それぞれに考え方の違いもあるのだから、他人がいくらそれは不利益な決断だと言ったところで最終的に本人にとって良かったか悪かったかは本人にしか判らないはずなんですが、そうは言ってもやはり大きな決断を下すべき瞬間に自ら望んで不利益な決定を下しているように見える人と言うのは、周囲から見ると「え?本当にそれでいいの?」と言いたくなるのも確かですよね。 ただある意味尺度が一次元の線上にあるとも言えるお金の話などとは違って、医療における利益、不利益はしばしば当の本人にすら判断が難しい問題で、それを少しでも確実で後悔のないものにするために専門家からの適切な情報提供が必要であることもまた明らかなのですが、本日まずは先日出ていたこういう記事を紹介してみましょう。 ◆新米副看護部長が行く!@杏林大病院 できていますか?倫理的問題の多職種共有(2014年12月10日日経メディカル) (略) 意識障害患者の治療方針に納得いかず  副看護部長になって、自分が担当する部署の師長から、患者や家族にまつわる様々な報告、相談を受けるようになり、倫理的な判断を伴う事例も多い。副看護部長として一歩踏み込んだアドバイスができるようになりたいと思うことも出てきた。先日も、師長からある患者の報告を受けた。詳細には紹介できないが、大筋はこんなことである。  意識障害のある患者さんに対して、医師は外科的な治療が必要であると判断し家族に説明した。家族は自ら希望して他院のセカンドオピニオンを受けた。結果は当院の診断、治療方針と同様であったが、最終的には家族(キーパーソンではない)の希望で保存的治療を選択することになった。師長からは「その治療方針は理解できない」と報告があり、私自身もその治療方針が患者にとって最善なのかどうか、納得がいかなかった。師長から報告を受けた時、私も師長と同意見であることを伝えたが、具体的なアドバイスができず、その後も副看護部長としてどのように関わったら良いかと考えていた。  先の研修で、臨床倫理について組織で取り組むためには、組織の構成員すべてがそれぞれの立場で患者・家族の最善を考える文化が必要だということを学んだ。今回の事例の治療方針決定のプロセスには医師と家族だけが関わっており、看護師やその他の医療従事者は関与しておらず、看護師に葛藤を生んでしまった。状況について関係者の理解が一致...

» 続きを読む

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

今日のぐり:「かつ将」

「カレーは飲み物」と言う名言?がありますが、我々の固定観念を打ち破ってくれる新しい飲み物が登場したそうです。 クッキーを飲み物にした「飲むカントリーマアム」爆誕 発売前にいち早く飲んでみました(2014年12月2日ねとらば) 不二家の人気お菓子「カントリーマアム」が飲み物になりました。「飲むカントリーマアム」はローソン限定商品で12月9日発売。価格は151円(税込)。  チョコレートや白あんなど食べるカントリーマアムと同じ原料を使い、風味をリアルに再現した新感覚ドリンクとのこと。クッキーを飲み物にするってなんだかあまり想像がつきませんが……。ローソンさんから「疲れたときにどうぞ」と編集部に差し入れをもらったので早速飲んでみました。  フタを開いた瞬間、あのよく知る甘い香りが漂ってきます。実際に口に含んでみると……なにこれほんとにカントリーマアムだ! チョコレートの甘さに白ねりあんのとろっとした舌ざわりが合わさり、飲み物なのにカントリーマアムを食べたときと同じような満足感が得られます。こうやって飲み物として飲んでみると、白あんがカントリーマアムの味を大きく支えているということがよく分かります。もともとしっとりしたクッキーだというのもあまり違和感なく飲める要因かも。  甘さは強いですが、飲み物全体としてはカントリーマアムのやさしい味わいが感じられるバランスにまとまっており、それほどしつこさは感じません。甘いものが欲しくなる午後のおやつがわりにもなりそうです。 まあ人の好みは様々ですし、クッキーよりもこちらの方が好みに合うと言う人も中にはいるのかも知れませんけれども、ねえ… 今日は新たな境地を開拓しつつある不二家さんに敬意を表して、世界各地からそれって一体誰得?と言いたくなるようなニュースを取り上げてみることにしましょう ヤクの売買で逮捕された18歳女子が「私の逮捕写真はカワイイ!」とツイート(2014年12月9日ロケットニュース24) メチャクチャ美人なのに「私ってブサイクだし~」と、確信的に謙遜する女性よりは、カワイイならカワイイとハッキリ認める女性の方が好印象な場合だってある。 そんな自分のルックスに自信満々な18歳女子が、ヤクの売買で逮捕されながらも「私の逮捕写真はカワイイ!」と豪語して、注目の的になっているのだ。だが、実際に彼女が本気でキュートだったため、ネット...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月13日 (土)

理念より実効性重視のクレーマー対策

最近ドラマ等でも話題のクロカンこと黒田如水は後継者である長政に家臣とのトラブルが続き苦慮していたそうで、亡くなる前にはわざと家臣達に嫌われるような振る舞いばかりをして息子に人望が向くようにしたそうですが、「それって単なる老人○○だったんじゃ?」と言う突っ込みはさておき、晩年になって人が変わったようなことをする人は少なくなく、如水の主君であったラスボスこと太閤秀吉などもその典型ですよね。 太閤の場合は田舎者が大出世して大喜びで美味珍味ばかり食べまくった結果脚気になったのでは?と言う説もあるそうですが、歴史上の人物に限らず同じような振る舞いをしても善意に解釈される人もいれば悪意に解釈される人もいて、死んだ後の評判なら知ったことではないと言う人でもそれが現世での利益不利益に直結するとなれば、やはり自分自身にとっても利益ある振る舞いをした方が得ですよね。 いささか余計な前置きが長くなりましたが、先日日本臨床整形外科学会がいわゆる問題患者の対応指針をまとめたと言うことで、その概要が日経メディカルにも紹介されているのですが、興味深いのはトラブルに遭遇した場合の基本的考え方で、より実践的なある種の割り切りとも言える考え方が見えるように思えるのが興味深いですよね。 リポート◎恐喝、暴力、セクハラ…急増する患者の迷惑行為 患者が「誤診」と騒ぎ金銭を要求、どうする?(2014年12月10日日経メディカル)より抜粋 (略)  こうした院内暴力・迷惑行為について、予防、発生時の対応の基本としてまとめられたのが表3や3ページ目表4の内容だ。「予防のための体制作りが大切だが、発生時は、まず医療機関側に非があるのか、そうでないのかを分けて対応するよう指針に記載した」と渋谷氏は話す。  予防策としては、患者が転倒したり、ドアに衝突するといった事故をなくすべく院内施設の整備を心掛け、職員一人ひとりに配慮した職場環境を整える。また「当院ではいかなる暴言・暴力・迷惑行為も許さない」「当院では職員を組織として守る」といった基本方針を院内掲示し、トラブル発生時の対応マニュアルを作成しておくことを勧めている。  トラブル発生時は、患者の話を聞いて事実関係をまず把握。患者が理不尽な要求をしているときは、納得させる努力をするより「いかに攻撃をかわすか」が重要とした上で、結論を出す必要はなく、「平行線で終わることを...

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年12月12日 (金)

特に女性には気になる?リスク

本日の本題に入る前に、以前に一部の方々がマタタビ(マタ旅=妊婦の旅行)なるものを妙にヨイショしていると言う話を取り上げたことがあって、ともかくも医学的リスク以外にも様々なリスクがあると言う自覚は必要だろうと思うのですが、先日日本でもおなじみの観光地であるハワイにおいてこんなショッキングな話があったと言います。 ミリオンダラーベイビー 保険適用されず(2014年11月20日ハワイニュース) 生後11か月のカナダ人の赤ちゃんは、昨年12月ホノルルにある、カピオラニ・メディカル・センターで誕生しましたが、両親の元には保険が適用されない、約95万ドルの請求が届いているということです。 カナダからマウイ島に旅行に来ていた夫妻は、滞在中に破水し、ホノルルにヘリコプターで運ばれた後、カピオラニ・メディカル・センターで6週間にわたる入院を余儀なくされ、結果、帝王切開にて9週早い出産となりました。 夫妻はブルークロスの旅行保険に加入していたものの、加入前に、膀胱感染症による少量の出血があったことを理由に保険金が支払われないことが判明しました。 これに対し夫妻は、カピオラニ・メディカル・センターのドクターからの説明では、膀胱感染症と破水にはっきりとした関連はないと伝えられたと話していますが、ブルークロスでは、今回の救急医療は加入前の既往症により保険適応外と判断され、また新生児への医療も保険適応外の旨が書かれた書類をカピオラニ・メディカル・センターに提出しているということです。 これに関して、ブルークロス・ブルーシールド系列のハワイの最大手保険会社HMSA、カピオラニ・メディカル・センター共にコメントは控える、と述べるにとどまっています。 ちょうど先日とある漫画で似たような話を聞いたことがあるなと思って見ていたのですが、旅行保険と言うものには出産と歯科は対象外と言うものが多いのだそうで改めて注意を要するのも確かだとしても、しかし実際にこうして億単位の請求なんて話が起こってみますとびっくりするのは確かですよね。 カナダの医療制度はイギリスにならったメディケアと言われる国民皆保険制度で、直接的な自己負担がない代わりにアクセスが悪い(家庭医から専門医への紹介待ち時間が平均9.5週)と言う欠点もそのまま受け継いでいるそうですけれども、日本人もそうですがこうした「安い医療」に慣れた人々は海外での医...

» 続きを読む

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年12月11日 (木)

「悪いのは高齢者」と言う時代が到来?

近づく総選挙の主要な争点の一つとして、消費税増税とも絡めて社会保障についてどのような改革を行っていくべきなのかと言う点は是非とも真剣な議論が必要だと思いますが、先日麻生財務相が社会保障費増大は(消費する側の)高齢者の増加よりも(支える側の)少子化が問題だと言う認識を示したところ、「子供を産まないことが悪いのか!」と妙な方向に延焼してしまいましたよね。 まあしかし自らを元気な高齢者と自認している麻生氏が「高齢者が悪いようなイメージを作っている人がいっぱいいる」と語ったように、興味深いのはこのところ特に一部マスコミで高齢者の「悪行」を報じる記事が盛んに出ているなと言う印象も受けるのですが、幾つか最近の記事を抜き出してみましょう。 「最近の老人たちは」と公共の場で若者が眉ひそめる例が増加(2014年12月1日NEWSポストセブン)  人生の手本であったはずの高齢者にどうも「異変」が見られる。金融機関に勤める30代会社員A氏は外回りの途中、東京を東西に貫く中央線で運よく座ることができた。次の取引先訪問に備えて資料をカバンから取り出して読み始めたが、その席が悪かった。 「60代後半か70代と思われる女性グループが、私の横や向かい側に点在して座っていて、大声で喋っていたんです。目の前の通路には立っている人も何人かいるのに、それを飛び越えるように話していて……。しかも会話の内容も嫁の悪口や近所の噂話で、聞くに堪えませんでした」  電車内で携帯電話を使って大声で話す、ドアの脇を占拠して人が乗り降りしようとしているのに一歩も動かない、そんなマナー違反を目撃することも増えたように感じる。  少し前は、公共の場で配慮ができない存在といえば「若者」が定番だった。「最近の若いもんは」とはいつの時代も年配者が若者の姿を憂えていう言葉だったが、いまは分別をわきまえているはずのシニア世代が「最近の老人たちは」と若者から眉をひそめられる。 「目撃談」が圧倒的に多いのは、冒頭のように公共交通機関でのマナー違反だ。20代の電子部品メーカー社員の男性は、朝のラッシュ時にこんな経験をした。 「駆け込み乗車してきたおじいさんが、電車のドアに挟まったんです。痛そうだったので最初は心配していたのですが、ドアが開いたとたんに、後ろにいた友達と思しきおじいさんに『今なら乗れるぞ!』と声をかけた。すると今度は2人目がド...

» 続きを読む

| | コメント (8) | トラックバック (0)

«子供にかかわる最近の話題二題