2016年6月27日 (月)

意外な?結果となったイギリス国民投票が露わにしたもの

先日のイギリスにおける国民投票では事前の予想に反してEU離脱派が多数を占めたと言い、すでに全世界的にその影響が報じられるほど大きな波紋を呼んでいますが、現地においては投票を通じて別な問題が浮き彫りになってきているようです。 【EU離脱】高齢者に怒り、悲痛な声をあげる若者たち なぜ?(2016年6月25日BuzzFeed Japan) 6月23日(現地時間)の国民投票でEU離脱派が残留派を上回ったイギリス。そこで若者たちが悲痛な声を上げている。 「今日、私のような若者は、分断と孤立という不安な未来を突きつけられました」 ガーディアンの動画に登場する女性の言葉だ。 次々に声をあげる。 「16、17歳の声は聞いてもらえなかった。私たち自身より90歳の人の方が、私たちの残りの人生を決める力が強いなんて」 「なぜ、僕の将来は、二度と戻らないノスタルジーばかり追い求めて、実際に受け取っている福祉手当がわからないような世代に決められなきゃいけないんだ」 (略) 離脱派の勝利は複数の要因が指摘されている。英国民たちの移民への反感、主権を取り戻すという高揚感、EUに税金が吸い取られるという不公平感、英国外のEUの官僚によって政策が決められる剥奪感。それらが絡み合った。 だが、一定層の若者はすでに自由に移動ができ、進学先や仕事が選べるメリットを感じていた。 あるミレニアル世代(1980~2000年生まれ)の英国人女性のワシントン・ポストへの寄稿が端的に言い表している。「USBの使い方もわからないような世代によって混沌がもたらされた」。要旨はこうだ。 「戦後のベビーブーム世代の判断ミスによって金融危機が引き起こされ、若者に大きく影響する緊縮策がとられ、そして今度はEUを離れろと。しかも、もたらされる結果をほとんど見ることなく生涯を終えるのに」 「多くの若者は、英国籍をもつご老人たちより、スペインやオランダの若者との方が多くの共通点を持つ。職場やSNSでの経験から、国境を超えると信じてきた未来は奪われてしまった」 「次のベビーブーム世代が決めなきゃいけない大きな決断は、私たちの世代が沈み始めたイギリスという船を見捨てて旅立ったときに、どうやって年金を払うかってことになるんじゃないの」 若者は残留を希望 若者の大勢は残留派だった。YouGovの調査によると、18~24歳の75%は残留に投票し...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

今日のぐり:「すし遊館 新倉敷店」

今年はやたらと深刻なクマの被害が報じられていますが、今や人里においても安全ではなくなったと言うニュースがこちらです。 自宅前でクマに遭遇 83歳女性 頭にけが 岩手(2016年6月23日NHK) 23日午後、岩手県雫石町で83歳の女性が自宅の前でクマに遭遇しました。クマは、身を守ろうとしゃがんだ女性を乗り越えて逃げ、女性が頭に軽いけがをしました。 23日午後5時ごろ、岩手県雫石町沼返の山下ミヨさん(83)が、自宅前で花壇の手入れをしていたところ、クマが現れました。山下さんが身を守ろうとしゃがんだところ、クマは頭の上を乗り越えてそのまま逃げたということです。山下さんは、その際、クマの爪にひっかかれたとみられ、頭に1週間程度の軽いけがをしました。 現場はJR小岩井駅から西側におよそ1キロ離れた住宅地です。 山下さんは「物音がしたので前を向いたらクマがいました。驚いてしゃがみ込んだら、クマが頭の上を通り過ぎて逃げていきました」と話していました。 岩手県内では、クマの目撃件数がことし4月から今月19日までに1068件と、この5年間の同じ時期と比べて最も多くなっていて、県は23日、ツキノワグマの出没警報を発表し、警戒を呼びかけています。 しかし何故クマに遭遇してしゃがみ込むのかも謎ですが、しゃがみ込んだお婆さんの頭の上を通り過ぎていくクマの姿も想像しにくいものがありますね。 今日は絶体絶命のピンチを切り抜けたミヨさんを激励する意味で、世界中から本当にあった怖い話を紹介してみましょう。 「殺人カバ」の恐怖、おびえるセネガルの川漁師たち(2016年6月24日AFP) 【AFP=時事】両脚に重傷を負い、病院のベッドに横たわるセネガルの漁師アリ・フォールさん(25)は、地元の川で網を引いていたときにカバに殺されかけた瞬間を振り返る。「友人の漁師と一緒に仕掛けておいた網を引き揚げに行ったとき、カバに船をひっくり返された。友人は逃げたが、私は左脚、それから右脚をかまれた」とショックを受けた様子で語った。  セネガルの首都ダカール(Dakar)の東方500キロに位置するグルンボ(Gouloumbou)にあるガンビア(Gambia)川の支流流域やフォールさんの村では、しばしば漁師たちが血を流してきた。村の役人によると、この10年間で漁師25人がカバにかみ殺され、大勢が負傷したという。  グル...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

インド料理屋が増えたのには理由があった

ネタのような本当の話と言うことなのでしょうか、先日こんな記事が話題になっていました。 「皆さん助けて下さい」 インドカレー店の悲痛な呼びかけに心配の声 給与支払われずこのままではホームレスに(2016年6月16日ねとらば)  賃金も2年払われていません。皆さん助けて下さい――。  そんな張り紙を掲載するレストラン「シャンティ(shanti)」に、「本当だったらひどい」「事実なら大問題」と心配の声が寄せられています。  「シャンティ」は東京都豊島区内に5店舗を構えるインド料理レストランで、インド人など14、5人が働いています。支援を求める張り紙は各店舗の入口や店内など至るところに掲載されており、下部には比較的日本語が分かる従業員の連絡先も。  本店(豊島区駒込)で働くジョシさんに話を伺ったところ、同店の従業員は日本語に不慣れな人が多いため、日本人の協力を得て張り紙を書いたとのこと。ジョシさんによると、2015年3月ごろから給与支払いが遅れるようになり、金額も半分に。さらに2016年1月からは完全にもらえなくなってしまったそうです(張り紙には「賃金も2年払われていません」とありますが、正確には約1年3カ月)。  2016年5月末に労働基準監督署に行き、従業員全体で6200万円を超える未払いの給与があることが判明。社長と支払う方法について話し合ったものの、「本当に払ってくれるのか信用できない」というのが正直な意見のようです。現在は店の売り上げを会社に渡しておらず、社長側からは6月17日までに店舗から退去することを求める通告書が出されています。  現在、一部の従業員は住む部屋もなく、店で寝泊まりしている状態。以前は従業員13人でマンションの一室を借りて暮らしていましたが、2016年2月末ごろ、マンションが火災にあい、住む部屋だけでなく、私物もほとんどなくなってしまいました。ちなみに当時住んでいた部屋は会社の所有物で、家賃は1人あたり5~6万円ずつ毎月の給料から天引きされていた形。部屋の中は2段ベッドを5個ほど置くと、あとは歩くスペースくらいしか残らなかったそうです。  もしも通告書通りこのまま店舗を閉鎖した場合、金銭面、ビザなどを考慮すると日本でホームレスになるしかないそう。お金がないため電車にも乗れず、当然故郷に帰ることもできません。また、従業員全員が仕事を見つけ、新しい...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

権利を認めると言うことは基本的にはいいことなのでしょうが

人工知能の発達はめざましいものがありますが、その結果極めて人間らしいとも言えるこんな危惧が語られています。 徒党を組む〝野良ロボット〟が参政権要求、振り込め詐欺、人間に反乱…AIのリスク総務省研究所が報告(2016年6月20日産経ニュース)  ロボットが参政権付与を要求し、民主主義のリスクに-。総務省情報通信政策研究所は20日、人工知能(AI)を用いたネットワークシステムの社会・経済への影響、課題などを検討する会議の報告書をまとめた。  AIで動くロボットに起こり得るリスクについて、ハッキングや制御不能のほか、ロボットがAIにより自らの意志を持って動き出し、人間との関係が変わっていく可能性にも言及。リスクを管理するため、「人間に反乱するおそれのある人工知能の開発の事前の制限」の必要性も指摘した。  同研究所のAIネットワーク化検討会議(座長・須藤修東大大学院教授)の報告書は、想定できる複数のシナリオを検討することで迅速な対処が可能になるとして、20項目の具体的なリスクを列挙。「民主主義と統治機構に関するリスク」として、人間に投棄された「野良ロボット」が、権利付与を求めるケースを想定。起こる確率は「低」としたが、被害の規模は「大」に定めた。発生時期は最も遠い将来を示す「進展段階4」。野良ロボットが生じないように登録制を検討すべきだとした。  指摘されたリスクではこのほか、親しみのある見た目の人型ロボットが、振り込め詐欺などの犯罪に悪用されるケースも挙げた。 SFなどではすでに古典的とも言えるテーマではありますが、犯罪行為などに利用されるリスクもさることながら、ここで注目していただきたいのは「民主主義と統治機構に関するリスク」なるもので、ロボット自身が人権とも言える何らかに権利を求めるリスクがあると言う指摘です。 これに対する対策として人間の保護を外れた野良ロボットを生じさせないようにすると言う提言がなされていますが、しかし人間の所有下にあってもロボット自身が自分の権利が保護されていないと認識し要求する可能性を考えると、この対策は全く不完全であるとしか言い様がありませんよね。 話がロボットと言うとあまりに現実離れしすぎている、議論に値しないと考える方は例えば動物について同様な問題を考えてみると判りやすいかと思いますが、今現在でも鯨類などを巡って大きな騒動がたびたび発生し...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

効果と高価で有名な肝炎治療薬の転売が報じられた件

先日報じられて以来、起こるべくして起こった問題として話題になっているのがこちらのニュースですが、ルール上は同じような不正行為でもお爺ちゃんお婆ちゃんが余計にもらってきた湿布薬を近所に配って回ったと言った話とは、いささかコスト面でのスケールが異なるようです。 生活保護制度悪用、C型肝炎薬を詐取…3人逮捕(2016年06月21日読売新聞)  医療費が無料になる生活保護制度を悪用し、C型肝炎の新薬「ソバルディ」約80錠(約500万円相当)をだまし取ったとして、警視庁は21日、神奈川県藤沢市の会社役員(42)ら男女3人を詐欺容疑で逮捕した。  同庁は、会社役員らが高価なソバルディに目を付け、無料で入手した薬を転売して利益を得ていたとみて解明を進める。  捜査関係者によると、他に逮捕されたのは、東京都町田市の生活保護受給者の男(48)と、男と同居する無職の女(38)。  3人は今年1~3月、生活保護受給者の男がC型肝炎の治療のために1日1錠を服用すると偽り、相模原市の病院から3回にわたってソバルディ計約80錠をだまし取った疑い。男は実際にC型肝炎だったが、薬は自分で飲まずに会社役員に渡し、報酬として現金などを受け取ったという。 肝炎治療薬520万円相当を横流し 詐欺容疑で3人逮捕(2016年6月21日朝日新聞)  病院から処方されたC型肝炎の治療薬(1錠約6万円)を横流ししたとして、警視庁が21日、男女3人を詐欺容疑で逮捕したことが捜査関係者への取材でわかった。生活保護受給者は医療費負担がないことを悪用して入手し、不正に転売していたとみて調べている。  逮捕されたのは、東京都町田市に住む無職の男(48)と30代の女、神奈川県藤沢市に住む40代の男の計3人。相模原市内の病院で今年、服薬する目的がないのに、医師から3回にわたり、C型肝炎治療薬「ソバルディ」84錠(約520万円相当)の処方を受け、だまし取った疑いがある。  C型肝炎の患者だった無職の男は、生活保護受給者であることから、無料でソバルディの処方を受けていた。男は今年3月に覚醒剤取締法違反容疑で逮捕、起訴され、調べに「ソバルディを転売した」などと話しているという。警視庁は、ほかに逮捕した男女がこの男から薬を買い、さらに転売していたとみている。  ソバルディは昨年3月、国が新たに承認したC型肝炎治療薬。厚生労働省によると、...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

毎度毎度の麻生氏発言に意外な援護射撃

先日は麻生財務相がまた暴言を吐いた!と進歩的な方々が取り上げていたのですが、世間ではこの件に関して妙な方向で反応が出ているようです。 麻生氏「90歳で老後心配、いつまで生きてるつもりだ」(2016年6月18日朝日新聞)  自民党の麻生太郎副総理兼財務相が17日、北海道小樽市での講演で「90歳になって老後が心配とか、わけの分かんないこと言っている人がこないだテレビに出てた。オイいつまで生きてるつもりだよと思いながら見てました」と語った。麻生氏自身も75歳だが、高齢者への配慮に欠けた発言として批判が出ている。     麻生氏の発言詳細  麻生氏はこの日、参院選の立候補予定者の応援などで北海道を訪問。小樽市の党支部会合で経済政策について語り、「1700兆円を超える個人金融資産があるのに消費が伸びていない」などと指摘する中で「90歳の老後」に言及した。自らの祖母が91歳まで元気だったと紹介し、「カネは一切息子や孫が払うものと思って、使いたい放題使ってましたけど、ばあさんになったら、ああいう具合にやれるんだなと思いながら眺めてました」とも語った。貯蓄より消費が重要として「さらにためてどうするんです? 金は使って回さないとどうにもならない」とも述べた。  麻生氏の発言に対し、民進党の岡田克也代表は大分県由布市で「国は年金や医療、介護制度で、高齢者の不安に応えなければならない。私は非常に怒っている」と批判した。共産党の志位和夫委員長は東京都内で「人間の尊厳をどう考えているのか。血も涙もない」と述べた。 ちなみに冒頭に取り上げた記事と同じ朝日新聞が麻生氏発言の全体を掲載していて、これを読むと自虐を込めた笑い話的に消費の重要性を語った内容で会場は大受けだったそうですが、当の朝日の方でもどう取り上げるべきか迷ったのか何が言いたいのかよく判らない記事になっていますね。 高齢者が一番金を持っていると言うのは各種統計にもはっきり出ている単なる事実で、そのお金をどうやって社会に回していくかと言うことは以前からの課題として言われてきたことですが、「それは高齢者が生活に不安があるからだ。だからもっと高齢者にお金を支給しよう」では際限のない社会保障費の増大を招くだけですから、既存のシステムとは異なる方法でのアプローチが必要になるのは当然です。 そうした観点から今回の件で面白いなと...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

この場合は嘘も方便とは言いがたい

またやりきれない事件が起きたものですが、こちらの記事から紹介してみましょう。 自称祈祷師、殺人罪で起訴=糖尿病治療させず男児死亡―宇都宮地検(2016年6月17日時事通信)  糖尿病の男児に不可欠なインスリンを投与させず死亡させたとして自称祈祷(きとう)師の男が逮捕された事件で、宇都宮地検は17日、殺人罪で近藤弘治容疑者(61)を起訴した。  認否は明らかにしていない。  近藤容疑者は逮捕当時「自分にはどんな病気も治せる力がある」などと主張。地検は約半年間鑑定留置し、責任能力を調べていた。  起訴状によると、近藤容疑者は昨年4月、男児の両親がインスリンを投与しなくても治療できると信じていることに乗じ、死亡する恐れがあると知りながら投与させずに放置、男児を糖尿病による衰弱で死亡させたとされる。  栃木県警によると、男児の母親が、知人の近藤容疑者に病状を相談。近藤容疑者は「腹の中に死に神がいるからインスリンでは治療できない」などと言い、代わりに体を触ったり、呪文を唱えたりしていたという。  しかし馬鹿げたことをやって重大な結果になれば罪を裁かれるのは当然だと思いますが、あまりに壮大に馬鹿げていると責任能力なしとして罪を問われないと言うのも何か釈然としない話ですが、言っていることはまさしく祈祷師と言う感じで、子どもの年を考えればまだ若い親でしょうに今どきこんな台詞に引っかかる人もいるんだなと逆に新鮮さを感じますね。 この種の事故が起きるたびに親の責任はどうなるのかと言う声も上がるのですが、病気の子を抱えて不安に感じている親の心理に巧妙につけ込めるからこそこの種の手合いが商売として成り立つのであるし、食っていける程度には顧客がついていたと言うことでしょうから、大多数の場合これでも十分何とかなっていたとも言えます。 大事な治療の最中に横からこうした連中が介入してきた場合の担当医の苦労も察して余るものがありますが、別にそれは怪しい祈祷師の類ではなくても同じ医療従事者であっても同じことで、先日はこんな記事が出ていたことを取り上げてみましょう。 渡辺謙さんの“早期胃がん治療”は必要だったのか?<がんと診断されても信じるな>/近藤誠(2016年5月29日幻冬舎plus)  芸能人が胃がんで闘病したことがよく話題になります。最近では俳優の渡辺謙さんに人間ドックで早期胃がんが見つかり、内...

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

身体的拘束は悪いことだと言います

先日こういう記事が出ていたのをご存知でしょうか。 知的障害者3人の個室に鍵、20年拘束も 鳥取の施設(2016年6月13日朝日新聞)  鳥取県は15日、鳥取市鹿野町の障害者支援施設「県立鹿野かちみ園」で、知的障害のある40~60代の女性入所者3人が入所時から3~20年間にわたり、個室にいる間は扉に鍵を掛けられ、外に出られないようにされていたと発表した。同園は指定管理者の県厚生事業団が運営。県は鳥取市と共同で立ち入り調査し、虐待と判断した。  県障がい福祉課によると、3人のうち60代女性は他の入所者の個室に入って掲示物を止めるためのマグネットなど小物類を食べてしまう癖があるといい、施錠期間は約20年。他の2人は40代で、暴力を加えたり受けたりするとして、それぞれ約7年と約3年にわたり施錠されていたという。  食事や訓練作業などで支援員とともに個室の外にいる時間はあり、鍵を掛けられていた時間は最近で1日6時間半~14時間だった。いずれも家族の同意は得ていたという。5月10日、仕事で同園に出入りする人から県に「虐待ではないか」と通報があり、発覚した。  国の基準では、障害者の身体拘束をするのは他に手段がない「緊急やむを得ない場合」で、一時的でなければならないという。小林真司・障がい福祉課長は「職員に虐待という認識がなかった」とする一方、「小物類を食べてしまうなど問題があるなら分析し、必要な支援をしなければならないが、それをせず、漫然と施錠を続けていた」としている。  県と市が調査に入った5月19日以降、同園は施錠をとりやめ、日中は少なくとも職員2人が見守るようにしているという。 まあしかしこれらの方々それぞれに複数の職員が拘束されるわけですから、当然ながら他に目が行き届かない部分が多くでてくるのだと思いますが、時にこうした職員の偏在が新たな事故を誘発したり、保護者や家族との軋轢を生んだりと言うこともあるそうですね。 いわゆる拘束と言う行為に関しては近年規制が厳しくなってきていることもありますが、こうした行為はもちろん一般論として本人の意に沿わない拘束や虐待にも相当する可能性があるものの、ではそれに対してどういう対案があるのかと言う点について未だにはっきりした答えが出ていません。 もちろん漫然と習慣的にそうした行為を続けていくことは避けたいと言えば言えるのですが、突発的にい...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

今日のぐり:「山陽自動車道三木SA上りフードコート」

先日こういう記事が出ていたのですが、皆さんはどう感じられたでしょうか。 正直しんどい!子どもに付き合わされた辛い&意味不明な遊びたち(2016年5月6日ねたりか) 子どもにとっては楽しい遊びでも、大人から見れば「なにそれ?」というものもありますね。まったく楽しくない遊びに延々と付き合わされると、いいかげんにして!と叫びたくなります。今回は、100人のママたちに「面白さがまったく分からない、しんどい遊び」を聞いてみました! (略) エンドレス!?「ひたすら○○する遊び」 ・「ペットショップの前で、ただひたすら子犬の動きを真似すること。ほかのお客さんの目もあって恥ずかしかった。」 ・「4歳次男がいつもしたがる遊び。ジャンケンで何を出すか耳打ちされて、永遠に次男の言う通りに出して負け続けるジャンケン。お兄ちゃんに負けてばかりなので、私相手に勝ち続けて大喜びだが、こっちはめんどくさいし疲れる」 ・「何を聞かれても『ちくわ』と答えなくてはいけない遊びをさせられた。謎すぎ」 ・「延々と首を振り続けるという意味の分からない遊び。こどもは笑いながらやっていて、『ママもやって!』と言ってきた」 ジャンケンならまだしも、「ちくわ」と答え続けたり首を振り続けたり、もはやまったく意味が分からない行動を延々と繰り返すのは、苦行でしかありません(笑)。早く子どもの気が済むのを祈るばかりです。 子どもは遊びの天才。子ども同士で楽しく遊んでいてくれればいいけれど、大人も巻き込まれるとちょっとした悲劇が始まることも。しんどいながらもちゃんと付き合うステキなママたち、いつかきっといい思い出になる、はず!? いやまあ、色々と傍目には理解困難な行動であっても当事者にとっては大変楽しいものだと言うことはままあることですが、それにしても何故にちくわなのか…好きなものに囲まれていたいと言った心理でしょうかね? 今日は日々子供達との付き合いに疲れているママさんを激励し応援する意味で、世界中からそれは判る、同情の余地あると感じられるニュースの数々を紹介してみましょう。 男侵入でコンロ消さず逃げ出す 重過失失火容疑、富士の住人逮捕(2016年6月13日静岡新聞)      富士市で10日に住宅や借家など4棟を全焼、倉庫1棟を半焼した火災は、出火元の借家に暮らす住人が夕食を調理中、知人の男に家に押し...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

ピースボートではなかったと言うサクラさんの話

先日の東京都知事の電撃辞任で後任が誰かと話題になっているところですが、その裏でこんなニュースが話題になっています。 「次期都知事は誰がいい?」と街頭インタビューされた女性がTBSとテレ朝に立て続けに出演し波紋(2016年6月16日ロケットニュース24) 2016年6月15日、それまで続投の意向を表明していた舛添要一東京都知事が、突然の辞意を表明した。猪瀬前知事に続く金銭絡みの途中退場となったが、都民の関心は早くも次期都知事に向けられている。 そんな中、6月15日放送のTBS系列『Nスタ』と、テレビ朝日系列『スーパーJチャンネル』に出演していた「街頭インタビューを受けた女性」が、同一人物ではないかとネット上を中心に話題となっているのだ。 ・同じ女性が2つの番組に登場? 話題となっているのは、東京は新橋のSL広場前と思われる場所でインタビューを受けている女性。どちらの番組でも「次の都知事は誰がいいですか?」との質問に、「蓮舫さん」と答えている。 髪型や顔立ち、さらには服装まで同じように見えることから、ネット上では「テレビ局があらかじめ女性を準備していたのでは?」と話題になっているのだ。 ・「やらせ」なのかは現時点で不明 ただし、新橋のSL広場といえば街頭インタビューのメッカである。たまたま女性が通りがかかり、偶然にも両番組が同じ女性に話を聞いた可能性も高いだろう。ネット上では「やらせ」の声も挙がっているが、現段階でそう断じることは出来ない。 (略) 本当に同一人物かどうかはネット上で取り上げられている画像などから判断いただきたいところなんですが、この話題に関しては会社が違う番組であるにも関わらず同一人物を登場させて同じ答えを語らせていると言う点から、到底偶然取材した結果だとは思えないと言う声が出るのは当然ですよね。 一方でこの人物が実はピースボートのスタッフではないのかと言う声も上がっていて、先日の熊本地震においてTBSの番組取材で避難所の方々とトラブルになった際に、まさにテレビスタッフが現地ボランティアだとしてマイクを向けようとしていた人物と同一人物だと言う意見も広まっているようです。 通常こうしたケースではネットなどによる検証に対して当のマスコミがどう反応するのかと言う点が注目されるところで、多くの場合黙殺されるだとか否定されて終わりと言うのがパターンなのですが、今...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«当事者曰く圧力などと言うものはなかった