2016年2月 8日 (月)

ドクターコールはもういらない?日医が飛行機搭乗前の医師登録制度を開始

本日の本題に入る前に、先日読んでいてこれはどうなんだと感じたのがこちらのニュースなのですが、検察審査会とは国民の間からくじ引きで選ばれたメンバーが検察菅が起訴しなかった案件について、不起訴が妥当なのかどうかを判断する場であると言うことを承知いただいた上で記事を一読いただきましょう。 患者転倒死で業過致死容疑 「不起訴不当」と議決 札幌検察審(2016年1月29日北海道新聞)  札幌市内の病院で女性患者が転倒して死亡した事故をめぐり、業務上過失致死容疑で書類送検され、札幌地検が不起訴処分とした男性准看護師について、札幌検察審査会が「不起訴不当」と議決したことが29日、分かった。議決は27日付。  議決によると、准看護師は2011年1月、くも膜下出血で入院中の患者=当時(79)=をトイレで介助していた際、患者が突然歩き出そうとして転倒。頭を打った患者は急性硬膜下血腫で2週間後に死亡した。  准看護師は「危険な行動をする患者だとは判断されていなかった。カーテンの隙間から数回個室をのぞいて監視していた」と主張し、地検は12年10月、不起訴処分とした。  しかし、議決書で検審は、同僚の看護師らの証言などから「患者が危険な行動をとる可能性を予測できた。十分な監視を怠った」と判断し、地検に再捜査を求めた。  札幌地検の片岡敏晃次席検事は「議決内容を精査し、再捜査をした上、適切に対応したい」とのコメントを出した。 当日の状況がどうであるかは全く判らないし、患者の状態も何とも言いがたいのですけれども、介助つきでトイレに行ける程度と言えば全く寝たきりではなかっただろうと想像されるところで、記事にある通りの状況であったとすればまことに残念かつ不幸な事故と言うしかなく、これが民事ならばまだしも刑事ですから非常に厳しい判断と言わざるを得ない気がします。 同僚の証言からすると普段から突発的に想定外の行動をする可能性のある患者だったと言うことなのでしょうが、トイレに行ける程度の患者を24時間一時も目を離さず監視していると言うのも現実的ではない話で、こうした状況で起こった事故に関しても(日本の裁判制度の慣行から考えれば事実上)刑事責任を問うべきだと言う意見が国民の間では多数派であったと言うことですよね。 こうした国民の目線を承知した上で医療現場も改めて医療事故防止に対して意識していかなければならな...

» 続きを読む

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日)

今日のぐり:「湊一や 岡山本町店」

先日は日本全国大変な大雪被害であったようですが、各地で実体験として苦労したせいでしょうか、2年前の大雪で撮影されたこんな動画が改めて話題になっています。 大雪の日に出現した軽自動車のヒーロー(2014年2月15日ヤフー映像トピックス) 関東で記録的な大雪となった日、スズキの軽自動車「ジムニー」の運転手さんがとった親切な行動が話題に。 小さな車体がけん引した意外なものとは……。困った時に助け合う気持ち、忘れずにいたいですね。 スズキはこの動画をCMに使うべきだと言う意見多数なんですが、実際にやりますと一発で車を傷める可能性もありますので、素人さんにはおすすめ出来ない諸刃の剣と言うものですね。 本日は小さなヒーローに敬意を表して、未だ寒さの続く季節にふさわしく冬真っ盛りと言う情緒を感じさせるニュースを紹介してみましょう。 スノーボードで男性大けが(2015年12月29日NHK) 29日午前、那須塩原市のスキー場でスノーボードをしていた男性がバランスを崩してコース脇の木に衝突し、膝の骨を折る大けがをしました。 29日午前11時15分ごろ、那須塩原市のスキー場「ハンターマウンテン塩原」で、スノーボードをしていた埼玉県川口市のアルバイトの26歳の男性がバランスを崩してコースを外れ、その先の木に衝突しました。この事故で、男性は右膝の骨を折るなどの大けがをしました。 警察によりますと男性は、29日朝から友人と一緒にスキー場を訪れ、事故が起きた上級者用のコースなどでスノーボードを楽しんでいたということです。 警察は、男性が傾斜のあるコースでかなりのスピードを出していてバランスを崩したのではないかとみて事故の状況を調べています。 割合にありがちな事故のニュースだと思うのですが、何故か世間では「ボーダーが上級者用のコースでバランスを崩して大けが」と言う部分が妙に受けているようですよね。 こちら最近某自動車会社が本格的にはじめたと言う運動ですが、確かに冬になるとそうした光景を目撃する機会が多い気がします。 日産が猫バンバンの呼びかけ本格化 猫の事故を防ぐ「#猫バンバン プロジェクト」特設サイトを公開(2016年1月26日BIGLOBEニュース) 日産自動車は、車のエンジンルームやタイヤでの猫の事故防止を目的にした「#猫バンバン プロジェクト」特設サイトを公開した。 猫は冬になると、寒さを...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

もはや人工無脳とは言わせない

この数年で将棋ソフトがプロ棋士を破ることも珍しくなくなってきて、人工知能の開発はかなり進歩したと実感している人も少なくないと思いますが、将棋と比べるとはるかに選択枝の広い囲碁ではまだまだ当分の間はコンピュータがプロレベルの人間に勝てることはないだろうと言うのが定説でした。 それが先日グーグル傘下の英企業が開発した人工知能が欧州でプロ棋士を破ったと報じられたことから世界中で衝撃が走っているのですが、何故グーグルにはそれが可能になったのかが非常に気になりますよね。 グーグル、囲碁で「人間超え」の衝撃(2016年1月29日日経ビジネス)  米グーグル傘下のディープマインド(英国)が開発した囲碁用のAI(人工知能)が、人間のプロ棋士を破ったというニュースが世界を駆け巡った。囲碁でコンピューターが人間のプロに勝つのは初めて。グーグルが1月28日発行の英科学雑誌「ネイチャー」に論文を発表した。 (略)  グーグルはどうやって、人工知能学者が予想していた「10年」の壁を一挙に飛び越えたのか。  従来の囲碁ソフトは、「モンテカルロ木探索」と呼ばれる手法をとっていた。まず、人間にはデタラメにも見える手をランダムにAIが考案し、ひたすら終局まで打ち切る作業を大量に繰り返す。そこから逆算して勝率が高かった手を選ぶという考え方だ。前述の通り、囲碁では形勢判断の数値化が困難だが、終局時点なら確実に優劣が分かることを利用したもので、「モンテカルロ法」と呼ばれている。ここに、シミュレーションの途中で発見された「良さそうな手」を、更に深く探索する「木探索」というアルゴリズムを加えて、着手の精度を高めた。  囲碁AIがアマ六段レベルに到達したのは、この手法が発見されたおかげと言ってよい。だが、モンテカルロ木探索による棋力向上は、ここ数年頭打ちになりつつあった。  グーグルは「ディープラーニング(深層学習)」と呼ばれる技術を、モンテカルロ木探索と組み合わせた。人間の頭脳を模してコンピューターを連結したネットワーク上で、コンピューター自らが学習する特徴を持つ。画像認識分野でコンピューターが自ら「猫」「人間」などを高精度に識別できるようになった成果により、一気に注目を集めた技術だ。昨年11月に、囲碁AI開発に参入することを表明した米フェイスブックも、同様のアプローチをとっている。  グーグルはAlphaG...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

仕事中に亡くなると言う選択枝が持てない不幸への対策

今ひとつ釈然としない判決と言うものは時々あるものですが、先日こんな記事が出ていたことに釈然としない思いを抱いた人は少なからずいたようです。 八戸の当直医死亡 母の労災請求、地裁も認めず /青森(2016年2月2日毎日新聞)  八戸市の病院で2010年、当直勤務で待機中の男性医師(当時52歳)が急死したのは労災だとして、母親(85)=新潟市=が、遺族補償給付を認めなかった八戸労働基準監督署の処分取り消しを求めた訴訟の判決で、青森地裁は1月29日、請求を棄却した。  田中一彦裁判長は判決理由で、医師は48時間の連続勤務中だったが「十分な睡眠時間が確保されていた」と指摘し、長時間労働が急性心筋梗塞(こうそく)を引き起こしたとする原告側の主張を退けた。男性は、持病の睡眠時無呼吸症候群の影響で低酸素血症になって嘔吐し、吐いた物を詰まらせ急性呼吸不全になったと認定した。原告側は控訴する方針。  判決によると、男性医師は10年10月、当直室で嘔吐した状態で死亡しているのが見つかった。 労災の認定の基本として業務を行ったことで悪化したかどうかと言うことが判断基準になるそうで、医師の間のアンケートでも当直明けに体調不良になったことがあるか?と言う問いに「はい」が圧倒的多数に登ったと言うくらいですから、例え睡眠時間が確保されていようが常時張り詰めた緊張感の中でそうそう安眠できるものではないはずです。 今回の場合も48時間の連続勤務中に睡眠時無呼吸症候群で亡くなったと言うのはいかにもありそうな経過なのですが、睡眠時無呼吸があるなら通常同様に睡眠時間を取っていたとしても疲労が抜けないと言うことは知られていることですし、いずれの死因で亡くなったにせよ過労が悪影響を与えていないと言う判断には結びつかないと思うのですけれどもね。 当然ながら遺族側としては承伏しがたい判決だろうだけに控訴するのはあり得るとして、この辺りは誰がどのような判断を下したのかと言うことが非常に気になるものですが、医師など専門家による判断のさじ加減一つで結果が大きく変わってしまうと言うことは、例えば先日取り上げました糖尿病患者の運転免許更新などでもあり得る話です。 逆に言えば医師などは患者の立ち位置について十分知った上で、自分達の判断の結果がどういう社会的影響を与えるのかも考えないと患者さんから恨まれるだろうと言う話にもなる...

» 続きを読む

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2016年2月 4日 (木)

入居権詐欺に改めて注意を

いわゆるオレオレ詐欺を筆頭に高齢者を狙った詐欺行為は枚挙にいとまがないもので、簡単に何百万何千万と言う大金を用意するところを見ると一体どれだけ金満なのかとも思うのですが、これら特殊詐欺と言われるものの中でも最近改めて注目されているのがこちらのタイプの詐欺です。 老人ホーム入居権巡り詐欺未遂 男3人逮捕(2016年1月29日日本テレビ)  老人ホームの入居権を巡るウソの話で、77歳の女性から現金をだまし取ろうとしたなどとして、警視庁は詐欺グループの拠点を摘発し、20代の男3人を逮捕した。  詐欺未遂の疑いで逮捕されたのは、無職・藤真道容疑者(29)や井上賢容疑者(27)ら男3人。警視庁によると、藤容疑者らは、東京・新宿区内の拠点から、千葉県の女性に対し、「老人ホームの入居権が当たりました」などのウソの電話をかけ、現金をだまし取ろうとした疑いが持たれている。警視庁が28日、この拠点を摘発したところ、多数の携帯電話や「世の中 金次第」と書かれた紙などが見つかったという。  調べに対し、3人はいずれも容疑を否認しているということだが、警視庁は、今月に入って15人から約5000万円をだまし取ったとみて調べている。 老人ホーム名義貸し詐欺未遂か(2016年1月28日NHK) 老人ホームに入居する権利をめぐるうその話で、高齢者から現金をだまし取ろうとしたとして男3人が逮捕され、警視庁はこのグループが1月に入っておよそ5000万円をだまし取っていたとみて捜査しています。 3人は容疑を否認しているということです。 逮捕されたのは、東京・板橋区の無職、藤真道容疑者(29)ら3人です。 警視庁の調べによりますと、3人は27日、千葉県内の77歳の女性の自宅に老人ホームを運営する会社の社員を装って電話をかけ「入居できる権利が当たったが、権利を譲って欲しい」とうそを言ったうえで、金融庁の職員を装って「名義貸しは禁止されていて、お金を払えば、解決できる」と言って、現金およそ600万円をだまし取ろうとしたとして、詐欺未遂の疑いが持たれています。 警視庁は27日、新宿区内のオフィスビルの拠点を摘発し、その場にいた3人を逮捕するとともに、携帯電話やパソコンなどを押収しました。 警視庁は、押収したメモなどからこのグループが1月に入って、少なくとも15人からおよそ5000万円をだまし取っていたとみて捜査し...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

厚労省も医療費削減に努力中

医療費抑制について各方面で様々な方法論が議論されているところですが、先日なかなかうまいことを考えたなと感心したのがこちらの記事です。 「減薬に成功」で新点数、入院・外来ともに評価(2016年1月29日医療維新)  中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は1月29日、2016年度の個別改定項目について議論、多剤投薬を適正化する観点から、入院患者の内服薬を減薬した場合の「薬剤総合評価調整加算」を新設する方針を了承した(資料は、厚生労働省のホームページ)。外来と在宅医療についても同様に、処方内容を調整して内服薬を減薬した場合の医療機関に対する「薬剤総合評価調整管理料」と、当該調整に際し、他の医療機関や薬局に照会した場合の「連携管理加算」を、それぞれ新設する。  医薬品の残薬管理に向け、処方せん様式も見直す。処方せんの欄に新たに、「保険薬局が調剤時に残薬を確認した場合の対応」の欄を設け、(1)医療機関へ疑義照会した上で調剤、(2)医療機関へ情報提供――のいずれかを指示する場合には、「レ」または「×」を記載する。  長期投薬にもメスを入れ、30日超の投薬を行う場合には、病状変化時の対応を患者に周知するという要件を課す。この要件を満たさない場合に長期投薬する場合には「30日以内に再診」「200床以上の病院の場合には、200床未満の病院、診療所に文書による紹介を行うことを申し出」「患者の病状は安定しているが、服薬管理が難しい場合には、分割指示処方せん交付」のいずれかの対応を行う。 (略) 過剰投薬や問題と言えば、ある程度医療機関を利用したことがある方で全く心当たりがないと言う方は珍しいのではないかと思いますが、ちょっとした風邪薬などでも残った場合に家族が使い回してトラブル発生と言うこともあり得ますし、まずは処方薬とはあくまでも処方された当の本人に対して処方されたものであると言う大原則はきちんと守っていただきたいと思いますね。 従来から患者宅に大量の残薬が放置され医療費高騰の一因にもなっていると言われてきたところですが、処方側にインセンティブを設定するのは医療費抑制と言う観点からみても当然悪い話ではないはずですが、問題は昨今何でも設定されつつあるガイドラインとの兼ね合いですよね。 異常を見つけガイドライン上それはこう治療すべしと書いてある以...

» 続きを読む

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

魔改造といえば男の浪漫を感じさせる言葉です

お隣中国と言えば昨今かなり「何でもあり」感満載なところがあって、先日はサルの頭部移植に成功した、さあ次は人間でやるぞと言うびっくりニュースが出ていましたけれども、話を聞けば頭を切り取って血管をつないだだけで神経などは全くつながれてはいないと言い、倫理的な理由から20時間後には処分されたと言ってもいやいや、この段階で人体に応用してはいかんでしょうと誰しも突っ込みたくなりますよね。 その中国で今やいつ行われてもおかしくないと目されているのが遺伝子的なレベルでの人体改造技術の応用なのですが、世界中で控えめに言っても極めて慎重に取り扱われているこの問題に関して、すでに実際に行われているのでは?と言う声も根強くあり、いずれにしてもいずれはやるだろうと各国がその対処に頭を悩ませているようです。 “人間改造”中国がタブーに踏み込んだ? 「ゲノム編集」世界の科学者らに波紋(2016年1月16日産経ビズ)  生物の遺伝情報である細胞のDNA配列を自由自在に改変し、病気を治療したり優れた品種を生み出すことができる-。夢物語のような「ゲノム編集」と呼ばれる技術がここ数年、科学研究や製薬の現場で急速に広がっている。従来の遺伝子組み換え技術より格段に精度が高く、生命科学に革命を起こしつつあり、その開発者はノーベル賞も確実といわれる。しかし、生まれてくる子供の能力や容姿をデザインする行為、いわば“人間の改造”につながりかねないことから倫理面でも議論が沸騰。実際に中国ではヒトの受精卵でDNAを改変したとの報告が出ている。中国がついに禁断の領域に踏み切ったことに、科学者たちが国際会議を開いて対応を協議したほか、米ホワイトハウスが懸念を表明するなど、全世界に波紋が広がっている。(前田武)  「現時点では、ヒトの生殖細胞にゲノム編集を加えて病気の予防や治療に使うことは無責任だ」  12月初旬、米ワシントンで開かれた科学者らの国際会議が現状に警鐘を鳴らす声明をまとめた-とのニュースは、関係者の大きな注目を集めた。ゲノム編集をめぐる今回の会議には、生命科学の研究者だけでなく法律や倫理などの専門家も集まった。  議長を務めたカリフォルニア工科大のデービッド・ボルティモア教授は、ゲノム編集について「難しい問題だが、どのように扱っていくか、よい方向性が出せた」とコメント。会議に参加した北海道大の石井哲也教授は「...

» 続きを読む

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

とにかく全部届け出なさい、と言う側は簡単なんですが

昨年秋から医療事故調が稼働し、また昨年最大の医療ニュースとして群馬大病院での腹腔鏡手術に関わる死亡事例が多発したことが取り上げられるなど、このところ医療事故という問題に再び世間の注目が集まってきていますが、先日こんなニュースが出ていたことを紹介してみましょう。 現場判断での報告漏れ防ぐ 医師の負担増に懸念も(2016年1月29日共同通信)  腹腔(ふくくう)鏡などによる肝臓手術で患者の死亡が相次いだ群馬大病院の医療事故では、病院側の問題把握が遅れたとの指摘が出ている。特定機能病院に、全死亡事例の院内報告を義務付けた厚生労働省は、その狙いを「医師個人の判断による報告漏れをなくすため」と説明。ただ医療現場からは死亡事例の多さを踏まえ、「医師への負担が大きい」との懸念も出ている。  同じ医師に肝臓手術を受けた患者の死亡が続出した群馬大病院については、院内で事態を把握できず、チーム医療も機能しない実情が浮き彫りになった。一方、東京女子医大病院でも禁忌の鎮静剤投与を受けた男児の死亡事故が表面化した。  国の承認を受け高度医療を提供する特定機能病院に対し、全死亡事例を院内の安全管理部門に報告するよう求めた厚労省。担当者は「制度がある病院でも報告の基準が不明確なのが現状。医師個人の判断で検証が必要な事例が漏れることがないよう、病院が全てを把握することが重要だ」。  ただ関係者によると、特定機能病院の大半を占める大学病院では、病死も含め各施設で1年間に数百人程度が死亡しているとされ、北海道大病院の南須原康行(なすはら・やすゆき)医療安全管理部長は「全死亡事例で報告を求めると、現場の医師の手間は相当増える」と話す。  北大病院では2015年に院内で約250人が亡くなったが、想定外の急変や合併症などによる死亡事例や事故として主治医から報告があったのは約10例。全死亡事例をチェックしている南須原部長が、カルテの確認や主治医への聞き取りを行ったのは他に5、6例だった。この計十数例の中で、問題のある事例はほとんどなかったという。  南須原部長は、病院が全死亡事例を把握する必要性を認めるものの「明らかな医療事故以外の場合、診療科からの報告は簡易な報告にとどめ、医療安全管理部門を中心に確認を徹底すればいい」と指摘する。 さてこの話、現場で判断する余地を少なくする方がいいと言う理念も判らないではな...

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年1月31日 (日)

今日のぐり:「とんこつ本舗 三十二匁 本店」

先日こういう記事が出ていたのですが、御覧になりましたでしょうか。 「自分とソックリな赤の他人」は本当に赤の他人なのか!? 念のためにDNA鑑定してみたら興味深い結果に(2015年1月22日ロケットニュース24) 「世の中には自分にソックリな人が3人いる」と科学的に証明されているというが、世界の人口が70億人以上いることを思えば、なんとなく納得できる説である。 以前、ネットで自分のドッペルゲンガーを探す ‟ツイン・ストレンジャー” というサイトについてお伝えしたことがある。そのサイト運営者が、自分にソックリな赤の他人は本当に赤の他人のなのか、念のためにDNA鑑定を行ったところ、興味深い結果が出たというので紹介したいと思う。 ・赤の他人は本当に赤の他人のなのか!? アイルランドのダブリンに住むニアミュ・ギアニーさんは、ツイン・ストレンジャーの運営者の一人だ。彼女は、今までにアイルランド人のカレン・ブラニガンさんとイレーネ・アダムスさん、イタリア人のルイサ・グイザーディさんという3人のドッペルゲンガーを見つけてきた。 ということは、‟世の中には自分にソックリな人が3人いる” との説を裏付けていることになる。さらにニアミュさんは、本当に彼女達が完全な赤の他人なのかどうか、一番最近見つけたドッペルゲンガーで近所に住むイレーネさんと、DNA鑑定をしてみることにしたのだ。 ・二人が家族である確率はほぼゼロという結果に こうして、二人が綿棒で採取した唾液をラボに送ったところ、二人が姉妹である確率は0.0006パーセントで、半分血がつながった姉妹である確率は1.1パーセントという結果に。二人が家族である確率は、ほぼゼロであることは最初から分かっていたことなので、当然の結果と言えるだろう。 ・2万年前までさかのぼっても血のつながりはナシ! だが、2万年前までさかのぼり、二人が同じ系統であるか調べる検査では、これだけ二人が似ていて近隣に住んでいるだけに、同じ家系にいた可能性は十分にあり得る。 ところが、過去2万年のどの時点でも全く血のつながりがなく、二人は違う系統だということが判明したのである! 自分にソックリな赤の他人は、やはり赤の他人だったという結果と相成ったのだ。 たまに、生き別れになった双子がお互いを見つけたというニュースを聞くが、そのようなケースを除くとほとんどの場合、自分に似...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月30日 (土)

もはや「死人が出るまでやめない」とまで言われるあの行事

今や全国各地で問題視されつつあるあの問題について、先日東京都で初会合が開催されたそうです。 組体操、「やめる勇気も必要」との声も - 無知と無理が招く事故(2016年1月16日マイナビニュース) 組体操などの事故を防ぐために東京都が設置した「体育的活動における安全対策検討委員会」。「東京都の組体操事故、小学校では1年で563件 - 安全対策の検討開始」と題した前編では、都内における組体操事故の実態や、初開催となった1月22日の協議のポイントについてご紹介した。今回は、委員からどのような意見や指摘があったのか、具体的な協議内容をお伝えする。 けがをしやすい子どもが増えている なぜこのような事故が多く起こってしまうのか。文教大学で主に小学校教諭の養成を行っているという米津光治教授は、「端的に言えば、けがをしやすい子どもたちが増えている」と指摘した。一方で、子どもたちの運動能力が低下しているにも関わらず、それに合わせた指導方法は、組織で共有されていないという。 「教員は自分の経験則の中で指導する場合が多い。しかし、子どもたちの運動能力は、自分たちがかつて組体操を教わった時代と変わっている。指導の仕方も変えなければいけないが、そうはなっていない」と問題提起した。 さらに、体育科目の授業研究を行っている江戸川区立西葛西小学校の山下靖雄校長は、「子どもの運動能力を考えると、技が実態にあっていない。教員が技の難易度を理解していないケースが見受けられる」と語った。「保護者の期待にこたえようと、自分もやったことがないような技の組み合わせを考えている場合も多い。効果的な指導方法が分からず、焦りもあるからけがにつながっているのだと思う」と指摘した。 山下校長によれば、保健・体育の指導要領で、組体操は扱われていない。体育の授業研究においても、組体操などの運動会で行われる活動は、情報交換をするにとどまり、研修が充実しているとは言えないという。 教員の指導、「基本中の基本ができていない」 「基本中の基本ができていない」と教員の指導力不足を嘆いたのは、中学校体育連盟の理事も務めた大田区立雪谷中学校の新宮領毅校長だ。「けがを防ぐ落下の仕方を教えていない」「周囲に教員を配置しても、何か起きたときに対応できるような構えができていない」「組み立てていく過程で声かけが必要なのに、全てアイコンタクトでやろう...

» 続きを読む

| | コメント (13) | トラックバック (0)

«てんかんが原因となったバス迷走事故、関係者の懸念を呼ぶ