2014年7月30日 (水)

生殖医療と当事者の意志

いわゆる生殖医療も技術的進歩に伴って色々と面倒な状況が起こり得るようになってきていますが、最近こういう動きがあると言うことが報じられていましたことを御覧になりましたでしょうか。 代理出産など容認 法案今秋提出へ 「親を知る権利」課題に 「当事者以外も考えて」(2014年07月26日西日本新聞) ■新訳男女 語り合おう■   代理出産や第三者からの精子・卵子提供による出産を認める生殖医療補助法案を自民党のプロジェクトチーム(PT)がまとめた。通常国会は見送ったが、秋の臨時国会への法案提出を目指している。ただ、医学的危険を伴う代理出産には反対論も根強く、子どもが遺伝上の親を知る権利をどう考えるかなど課題も残る。  「不妊治療の関係者だけでなく、すべての人に考えてほしい」。6月、東京都内で開かれた生殖医療技術の法制化を考えるシンポジウム。横浜市の医師で、第三者からの提供精子による人工授精(AID)で生まれた当事者の加藤英明さん(40)は、そう訴えた。  加藤さんは医学生だった2002年、血液検査の実習で父親と血縁がないことに気づき、母親から事実を聞いた。「突然、人生のはしごを外された感じ。自分は一体何者なんだろう」。以後、その空白を埋めようと遺伝上の父親を捜し始めた。精子提供者は匿名のため手がかりは少なく、今も見つかっていない。  シンポでは「生まれてくる子は治療に同意していないのに、一生背負っていく問題。提供者の情報管理やその後の告知ケアなど、少しでも納得できる対応が必要だ」と呼び掛けた。  AIDは、国内では戦後間もなく始まり、1万人以上が生まれたとされる。1990年代ごろからは、海外で卵子提供や代理出産を依頼する例も増えてきた。そこで厚生労働省の審議会は2003年、国に法整備を求める提言をまとめた。  しかし、議論が具体化しないまま10年が経過。現在は、第三者からの精子提供を条件付きで認め、代理出産を禁じるとした日本産科婦人科学会の倫理指針があるのみだ。加藤さんは「需要がある以上、生殖医療技術が広がるのは止められない。それなら、きちんと法律の枠組みをつくった方がいい」と指摘する。  同じくAIDで生まれ、当事者の会をつくった東京都の石塚幸子さん(35)も「60年たってようやく声を上げ始めた当事者に耳を傾けてほしい。このまま卵子提供、代理出産と進んでしまえば、私たちの...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

結局のところ大事なものは

本日の本題とはまた別の話ですが、先日報道されたこちらのニュースについてご存知でしょうか? 急病で入院の日本人男性、台湾の人々の温かい思いに支えられ帰国へ(2014年7月21日フォーカス台湾) (桃園 21日 中央社)今月初め台湾の病院に救急入院したまま、現在も回復の見込みが立たない日本人男性が、台湾の人々の寄付と温かい思いに支えられ、あさって23日、医療用専用機で帰国し日本で治療を続けることになった。 この男性(50)は今月5日、台湾での出張を終えて日本へ戻る際に乗った航空機内で意識不明に陥った。同機はただちに桃園国際空港に引き返し、男性を県内平鎮市の私立病院に搬送。脳幹出血による重度の昏睡状態で集中治療室での治療が続けられた。まもなく男性の妻と娘が日本から台湾に駆けつけたが、その後2週間経っても容態の回復は見られなかった。 何度も治療の継続を諦めようと考えていた家族は、台湾の人々に励まされ、また日本には高齢の両親もいることから、男性を日本に連れて帰って治療を続けることを決心、23日の帰国を計画した。去年保険を解約したばかりで、台湾での医療費と日本に連れて帰るための専用機の費用162万台湾元(約547万円)など重い負担がのしかかることを覚悟していたが、台湾の友人らの勧めもあって集められた寄付金を使うことになり、20日夜には台湾企業の代表からも寄付が届いた。 これまでの入院期間中には、地元の人が通訳を買って出たり、男性の世話にあたって病院で働くボランティアらが支援したり、病床で日本の歌を歌ってくれたりしたほか、台湾の友人たちが帰国費用の資金集めに奔走し、状況を知った他の入院患者の家族などから少しでも足しになればと数千元の寄付があったりしたという。 男性の妻と娘は、台湾の多くの人々の温かい心に感銘を受け、差し伸べてもらった温かい援助の手に感謝したいと取材陣に対し、何度も深々とお辞儀をしていた。 台湾人男性が日本に恩返し、日本人男性に治療費援助=台湾ネット「日本と台湾は相思相愛」「心温まるニュース」(2014年7月26日レコードチャイナ) 2014年7月24日、台湾出張中に脳幹出血で倒れた日本人男性を救うため、台湾人男性が治療費を援助したことを伝えた台湾メディアの記事に、台湾のネットユーザーからコメントが相次いだ。 この日本人男性は2日に台湾を訪れ、5日に帰国する予定だっ...

» 続きを読む

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

「血液型と性格は無関係」だとするとどうなる?

古来占いの類は世界各地でそれなりに信用され重用されていて、その方法論も土地や時代、様々な流儀で全く違っているものですが、面白いのは現代社会においても占いの類はそれなりに社会的信用を得ていると言うことなのか、テレビなど公の場においても堂々と本日の○○占いといったコーナーが放送されていたりもしますよね。 そんな中でも特に日本においては何故か相応に「科学的」なものだとして扱われているらしいのが血液型を用いた一連のものだと考えてよさそうなのですが、特にいわゆる血液型性格診断と言うものに関しては占い的なランダム要素が少ないと受け止められているのか、何かしらの統計的調査に基づいた科学的根拠のあるものであるかのようにも考えられているところがあるようです。 この血液型と性格を結びつけると言う考え方は今現在主に東アジア地域で受け入れられているもののようで、数年前に英BBCが日本におけるその実態を(かなり批判的に)取り上げた際には世界的に相当な反響を呼んだようですが、まあ逆に日本人にしても「人間の運命は産まれた時の星座によって決まっている」なんてことを言われれば「はあ?正気か?」と言いたくはなるかも知れません。 その血液型問題に関して最近注目すべき調査結果が出たと大いに話題になっているのですが、まずは一連の記事を紹介してみましょう。 血液型と性格「関連なし」…日米1万人超を調査(2014年7月19日読売新聞)  血液型と性格の関連性に科学的根拠はないとする統計学的な解析結果を、九州大の縄田健悟講師(社会心理学)が発表した。  日米の1万人以上を対象にした意識調査のデータを分析した。「A型の人は真面目」「B型は自己中心的」といった血液型による性格診断は、国内で広く信じられているが、就職や人事などで差別される「ブラッドタイプ(血液型)・ハラスメント」の問題も指摘されており、一石を投じそうだ。  研究成果は6月25日に発行された日本心理学会の機関誌「心理学研究」に掲載された。  縄田講師によると、血液型と性格を結びつける考え方は国内では流布しているが、海外ではほとんど知られていない。1970年代に出版された関連本がきっかけで、その後もテレビ番組などで紹介されたことで広がったという。  縄田講師は、経済学分野の研究チームが、2004~05年に日米の1万人以上を対象に、生活上の様々な好き嫌いなど...

» 続きを読む

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

今日のぐり:「焼肉きんぐ 岡山大供店」

先日は一部方面で絶大な反響を巻き起こしたと言うこちらのニュースをご存知でしょうか。 寝たきり72歳女性強姦未遂 タイ人ニューハーフ、脱糞され逃走(2014年7月17日ニュースクリップ) 【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ警察は15日、バンコク都トゥンクル区の民家に侵入し、住人の寝たきりの女性(72)を強姦しようとした容疑で、ニューハーフの男(26)を逮捕した。容疑者は犯行を認めている。  容疑者は都内のカラオケ店ホステス。調べによると、15日早朝、勤務先から帰宅する途中、民家に侵入し、寝ていた被害者に馬乗りになり、強姦しようとしたが、被害者が脱糞したため、逃走した。警察は目撃者の証言から容疑者を割り出し、自宅アパートで逮捕した。  容疑者は「普段は男と寝ているが、性欲が高まり、相手は誰でもよかった」などと供述した。 もうどこから突っ込んだらいいものやらと言う記事なんですが、結局は突っ込まずに退散したと言う一点でまだしも救いがある事件だったでしょうか? 今日はいろいろとハンパないタイのニューハーフの示した偉大なる男気?に敬意を表して、世界中からあまりに我が道を逝ってしまった人々の話題を取り上げてみましょう。 街中で突然全裸になって踊りだす謎の集団が話題に(2014年7月24日IRORIO) 街頭でゲリラ的に現れ、ダンスや演奏などのパフォーマンスをするフラッシュモブ。 日本でも新たなエンターテイメントの形として目にする機会が増えてきたが、フラッシュモブのふるさとアメリカでは、何と全裸でパフォーマンスする集団が登場した。 全裸のフラッシュモブとは衝撃的だが、まずは話題の動画を見てみよう。 ロサンゼルス内のダウンタウンに突如として現れた裸のダンサーたちに道行く人は興味津々。どのダンサーもカップルでのパフォーマンスが基本だ。 動画の最後には「Romance with No Pants(パンツを履かずにロマンスを)」と意味深なテロップが流れている。 この動画をアップしたのは、アメリカ・ニューヨークに本拠地を置くケーブルテレビ局のVH1。 街頭でフラッシュモブをする裸のダンサーたちは7月18日からスタートした「Dating Naked(全裸デート)」というリアリティ番組の企画の1つとして撮影された。 インターネットの普及で世界中の人とよりつながりやすくなったように見える一方で...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年7月26日 (土)

国民感情を反映したはずの裁判員裁判制度が司法のプロにより否定される?

すでに各方面で大きく報道されていますが、裁判員制度による結論を最高裁がひっくり返したとして話題になっています。 求刑1.5倍判決を破棄(2014年7月24日テレビ東京) 2010年に大阪府寝屋川市で1歳の三女に暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた夫婦について、最高裁は一審二審の判決を破棄し、父親の岸本憲被告に懲役10年、母親の美杏被告に懲役8年の判決を言い渡しました。この事件は一審で検察側の懲役10年の求刑に対し、懲役15年の判決が言い渡され、二審もその判断が支持されていました。 最高裁はきょうの判決で量刑判断の公平性をあげ、同じような事件に比べ、突出して刑を重くする場合「その判断が具体的に示されるべき」と指摘し、一審二審ではそれが示されていないと減刑した理由を述べました。最高裁が裁判員裁判の量刑について判断したのは初めてです。 最高裁:求刑超え判決破棄 裁判員経験者の意見は分かれ(2014年7月24日毎日新聞)  尊重されるべきは市民感覚か、それとも過去の量刑相場か。裁判員制度スタート当初からの議論に24日、最高裁が一つの答えを出した。「他の事件と比べて出した結論なら仕方がない」「被告にも会わず裁判員の判断を否定するのは納得できない」。求刑の1.5倍という裁判員裁判の判決を「不当」とした最高裁の結論に、裁判員経験者の意見は分かれた。【島田信幸、吉住遊、伊藤一郎】  昨年、知人女性に対する傷害致死罪などに問われた男の裁判で裁判員を務めた岐阜県可児市のアルバイト男性(65)は「他の事件とのバランスを考慮する裁判官の判断で見直されるのなら、仕方がない」と受け止めた。  男性が裁判員として加わった判決は、懲役15年の求刑を大きく上回る懲役20年。2審で「量刑は相当性を欠く」として懲役12年に減刑され、最高裁で確定した。「個人的意見として求刑を超える判決に迷いがあったので納得はできた。量刑に対する裁判員の意見にも幅があった。裁判員の判断が上級審で変更されるケースがあってもいいと思う」という。  「プロの裁判官にとっては数ある裁判の一つでも、裁判員にとっては唯一の裁判」。2011年に東京地裁が強盗殺人罪に問われた男に死刑判決を出した際に裁判員を務めた女性は、2審で無期懲役に減刑された際、「市民感情を反映した判断が否定されたことに反感を覚えた」という。今回の最高...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金)

児童誘拐監禁事件に絡んだ余波

先日岡山県で小学生女児が誘拐監禁されると言う騒ぎがあり、その後無事に保護されたものの全国的大々的に報道され改めて児童の安全確保と言うことについて議論を呼んだのは記憶に新しいところですよね。 この件に関しては当然ながら各方面から各人が様々な意見を出しているのですが、それに対して一部方面から少なからぬ反発の声が上がっていると言います。 女児監禁事件、部屋に美少女アニメポスターと報道 「事件と関係ないだろ」とネットで反発の声(2014年7月21日J-CASTニュース)   岡山県倉敷市で小学5年生の女児(11)が監禁され保護された事件で、逮捕された自称イラストレーターの男(49)の素性がわかってきた。    容疑者の自宅には美少女アニメのポスターが貼ってあったという証言も報じられたが、ネットでは監禁との関係あるのかと反発する声がでている。 イラスト仕事のためと、部屋を防音仕様に (略)    女児が発見されたのは容疑者の二階建ての一軒家の自宅。テレビアニメを見ているところを保護された。そこは2013年12月に防音のための改装工事を行った四畳半の部屋だった。外側から鍵をかけると内側からは開けられないようになっている。8月にリフォームの相談に乗った業者はフジテレビ系「とくダネ」の取材に対し、     「防音のリフォームをしたいというお話で、イラストの細かい仕事をしていて神経を使うから、音に気を取られたくない」 という要望だったと明かした。    また、二階にある部屋の一室にはアニメのポスターが貼られていたという。     「少女アニメのポスターを床と天井と壁にそれぞれまんべんなく貼っていました。普通に服を着たかわいらしい女の子という印象でした。これが私の描いた絵ですよと少女アニメの絵を見せてくれました。かなりうまいなという印象でした」 「アニメ見る奴は犯罪者っていうのを 定着させようとするな」    アニメポスターが貼られていたこと取り上げる報道に対して、ネットではアニメファンが多いだけに不満の声があがっている。     「監禁とアニメは関係ないだろ アニメ見る奴は犯罪者っていうのを 定着させようとするな」    「ア...

» 続きを読む

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2014年7月24日 (木)

マクドナルド騒動 顔が見えない相手を信用する難しさ

先日「やっぱり中国だなあ…」と思わせるこんなトンデモ記事が出ていました。 期限7カ月過ぎ、カビだらけの肉をファストフード店に供給=作業員「食べても死にはしない」―中国(2014年7月22日レコードチャイナ) 2014年7月21日、京華時報は、マクドナルドやケンタッキーフライドチキン、ピザハットなどの中国の店舗に、大量の変質した食肉加工品が供給されていた問題で、これらの加工品は中国で優先的に使用されていたと伝えている。 問題の供給元は、米OSIグループの子会社・上海福喜食品有限公司。同社は保存期限の切れた変質した肉類原料を大量に使用し、保存期限シールを貼り替えるなどの偽装工作をしていた。中には期限が7カ月過ぎ、カビが生えた冷凍品まで扱われていたという。同社の作業員は「期限切れだからと言って、食べても死にはしない」と話していた。 こうした肉で製造されたチキンナゲットやステーキ、ビーフパティなどは、主要なファストフードチェーンに販売されていた。特に鶏肉加工品は中国に優先的に供給されていたという。(翻訳・編集/北田) この時点では言ってみればまあ中国だから仕方ないか…と言うよくあるネタ扱いで終わっていた話なのですが、何しろその出荷先が全世界レベルで各方面に及んでいると言うことであっと言う間に日本でも大々的に炎上してしまったのはすでに各種報道でもご存知の通りですよね。 マクドナルドとファミリーマート、中国の期限切れ肉使用企業から輸入(2014年7月22日ハフィントンポスト) 中国の食品会社が消費期限切れの鶏肉や牛肉を使っていた問題で、日本マクドナルドは7月22日、国内で使用する「チキンマックナゲット」の約2割を該当の会社から輸入していたと発表した。マクドナルドは、21日に該当商品の販売を中止し、タイや中国の別の業者からの食肉調達に切り替えたという。 消費期限切れの食肉を販売していたのは、アメリカの食肉大手OSIグループの中国現地法人「上海福喜食品」。中国の経済紙「第一財経日報」によると、取引先は、マクドナルドのほか、ケンタッキーフライドチキン(KFC)、ピザハット、吉野家、スターバックス、セブン―イレブンなど多岐にわたるという。 マクドナルドとヤムが謝罪、取引先で床から食肉拾う姿報道(2014年7月22日ロイター) [上海 21日 ロイター] - 米マクドナルド<MCD.N>...

» 続きを読む

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

ペナルティの妥当性が議論に

理研・小保方氏に関わる一連の騒動に関連して、そもそも小保方氏の学位論文も盗用なのではないかと言う指摘があり早大で調査が進められていたわけですが、これに対して結局「学位取り消しはしない」と言う結論が出たことが注目されています。 博士号剥奪は「生活破壊」=小保方氏論文で回避理由説明―報告書の全文公開・早大(2014年7月19日時事通信)  理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが2011年に早稲田大大学院から博士号を取得した論文に疑義が指摘された問題で、早大は19日、調査委員会の報告書全文をホームページで公開した。博士号の取り消し要件に該当しないと判断した理由について「(博士号を前提とする就職など)生活および社会的関係の多くを基礎から破壊することになる」と指摘。要件に該当するかどうかは、この点に配慮し「厳格に行われなければならない」と説明している。  また報告書は、小保方氏を指導した常田聡教授について、指導教員としても博士論文の主任審査員としても義務違反があると認定。「非常に重い責任がある」と指摘しながら、「一般論として述べれば、解任を伴う懲戒処分をもたらすほどのものではない」と評価していた。  調査委員長の小林英明弁護士は17日に報告書を鎌田薫総長に提出したが、記者会見では概要しか公表していなかった。  報告書は、博士論文には文章や実験画像の盗用や、意味不明な記載など多くの問題箇所があると認定。「合格に値せず、小保方氏は博士学位を授与されるべき人物に値しない。早大の博士学位の価値を大きく毀損(きそん)する」と厳しく批判したが、「学位授与に重大な影響を与えたとは言えない」として、早大規則の学位取り消し要件に該当しないと判断した。  鎌田総長は17日の記者会見で、報告書は大学としての結論ではなく、小保方氏の博士論文の扱いや関係者の処分は今後検討すると説明した。小保方氏以外の博士号取得者の論文も調査しているが、結果の扱いは小保方氏の場合と整合性が取れるよう配慮すると述べた。 すでに各方面で指摘されている通り、そもそも早大の学位審査があまりに杜撰であったことが問題の根本にあったと言われればその通りで、その意味でそもそも学位認定に値しないレベルであった、学位授与そのものが間違いであったと言う点を認めたことはもっともなんですが、それでも学位を取り消さないのは現在の生活が学位...

» 続きを読む

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

日本では超過勤務が当たり前?

先日以来大きな反響を呼んでいるこちらのニュースをご存知でしょうか。 死亡しても会社の責任問わず フィリピン人採用で誓約書(2014年7月13日47ニュース)  関西地域の介護会社「寿寿」(大阪府東大阪市)が、フィリピン人女性を介護職員として採用する際に、本人が死亡しても会社の責任は問わず、「永久に権利放棄する」との誓約書を提出させていたことが12日、共同通信の取材で分かった。  フィリピン人の女性職員からは「労働条件が厳しい」との苦情が出ており、宿直勤務を月間13回させた書類も残っている。職員が死亡した場合に会社を免責する誓約書に署名させていた理由や、休日取得などの実態について、厚生労働省が調査に乗り出した。 介護会社、外国人から強制天引き(2014年7月14日デイリー)  外国人職員に死亡時の免責誓約書を提出させていた介護会社「寿寿」(大阪府東大阪市)が、フィリピン人職員から、法令に違反した積立金を毎月の給与から天引きしていたことが13日、分かった。  これまでにフィリピン人職員約30人を雇用しており、積立金は給与などとは別の口座で会社が管理していた。職員採用の契約書や覚書によると、フィリピン人職員に貸し付けた日本への渡航費などの返済が焦げ付いた場合に備え、天引きしていたとみられる。  厚生労働省の大阪労働局は、労働基準法で禁じられた強制的な預貯金に当たるとして、フィリピン人職員や元職員らへの返金を会社に命じた。 いったいいつの時代の話かと言うもので、そもそも死亡しても会社の責任を問わないと念書を書かせるなどどんなブラック企業かと言う話なんですが、興味深いのが当該会社の経営理念として「社会的に弱い立場の方々が泣かされる事の無い社会づくりを念頭に」云々と記載されていることで、なるほど同社の考える理想的社会とはどのようなものか判る気がします。 当然ながら司法畑の見解によればこうした公序良俗に反する契約はそもそも無効であると言うことなのですが、唯一の救いと言っていいのかどうか何とも言い難いのはこれが別に外国人差別だと言うわけでもなく日本人に対しても同様に使い捨てが横行していると言うことで、ネット上では自虐的にこれぞクールジャパンの実態だと言う声も上がっているようです。 先日は夫が自殺したのは職場での過労が原因だと言う妻の訴えが二審で退けられると言う逆転敗訴の判決が出てい...

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

今日のぐり:「永楽うどん」 & 「らくらくうどん倉敷店」

色々な意味ですごいと感心するべきかどうか微妙な方のニュースが先日出ていました。 英国新記録!運転免許筆記試験に110回落ちた女性(2014年7月16日日刊テラフォー) 普通乗用車の筆記試験は、一般的にはすぐに受かるものだ。だが中には、不思議なくらいに何度も落ちる人もいる。 それでも、イギリス・サウスイーストロンドンに住む女性の右に出る人はいないだろう。 彼女は昨夜受けた筆記試験で、通算110回目の不合格という前人未到の記録を打ち立てた! 110回も筆記試験に落ちるなんて不名誉ではあるが、ある意味スゴい。 もう自分は車の運転には向かないのだと、途中で諦めてしまいそうなものだが、彼女は決して諦めなかったのだろう。それ故の、110回の不合格記録だ。 しかし広く世間を見渡せば、幾度となく筆記試験を受けたのは、彼女だけではない。 ピーターバーグ出身の30歳の男性は、86回落ちた。バーミンガムの41歳の人物は、80回目の筆記試験でようやく合格した。受ければまだ良い方で、ハーバーフォードウェストの27歳の男性は64回挑戦し、まだ合格していない。 イギリスでは、筆記試験1回の料金は31ポンド(約5,400円)なので、何度も試験を受けたら、かなりの出費になる。 言うまでもないが、筆記試験に受かっただけでは免許は取得できない。一般的には、筆記試験よりも、この後にある実技試験の方が落ちる確率は高い。 110回の不合格を記録したこの女性が、いつか試験に合格して免許を取ったとしても、彼女の助手席には誰も乗らないかもしれない。 まあ一般的には一つのことに集中する、何かを成し遂げるまで努力すると言うのは称讚されるべき行為ではあるのでしょうけれども、ねえ… 今日は日々その記録を更新し続けるこれらの方々に敬意を表して、世界中から何かに集中する方々の話題を取り上げてみましょう。 【海外:インド】世界平和を訴え、25年間後ろ向きに歩く男(2014年6月11日日刊テラフォー) 1989年に、地元で暴力事件が相次いで起こったことがきっかけで、マニ・マニサンさんはずっと後ろ向きで歩いて、世界平和を訴えている。 25年経った今、マニさんは、もう普通に歩こうと思っても出来なくなってしまうほど、後ろ向きで歩くことにすっかり慣れた。 マニさんは、地元のアグラハラム村で携帯電話を販売して生活している。 後ろ向きで歩き始...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今日のぐり:「おふくろ亭 本店」 & 「ごはんや 岡山大元食堂」