2014年9月22日 (月)

医師と製薬会社との関係も情報開示が進む

医療と製薬との癒着が言われる中で近年相次いでこれらの是正を図るべく業界自主規制と言ったものが改訂されている最中ですが、今年から講演料、原稿料と言った製薬会社から医師への金の流れが大幅に透明化されることになったのはすでに周知の通りですよね。 ただ当然ながらこのことによって医師と製薬会社との関係も従来から変化せずにはいられないと言うことなのですが、本日まずはこちらの記事を紹介してみましょう。 医師の原稿料、金額や個人名の開示で問題露呈(2014年9月18日日経メディカル)  製薬企業が医師に支払った講演料や原稿料などの金額が、今年から開示されるようになった。企業から医師への資金提供の流れを透明にすることを目的とした「透明性ガイドライン」に基づく情報開示の一環だ。だが、開示を嫌がる医師が講演や原稿の執筆を断るケースも出てきている。情報開示を進めるには、利益相反(COI)に対する世間の認識も変えていく必要がありそうだ。  製薬企業による情報開示は、日本製薬工業協会(製薬協)が2011年に策定した「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」(以下、透明性ガイドライン)に基づくもの。透明性ガイドラインは、製薬企業から医師や医療機関、大学などへの資金提供の流れを透明にすることを目的に作られた。製薬企業が医師や医療機関、大学などに支払った研究開発費や原稿執筆料をA~Eの5項目に分け、2012年度分から開示している(表1)。2013年度分から、C項目の「原稿執筆料等」については支払った医師の個人名に加えて金額も開示されるようになった。  情報開示は前年度分の決算終了後に行うことになっており、2013年度分については9月16日までに13社が開示した。医師1人への1社からの講師謝金が計1300万円を超えるケースも明らかになっている。 「産学連携の停滞招く」と開示内容の変更求める声も  こうした情報開示に対し、医師からは「金額まで開示する必要があるのか」「開示方法は適切か」――といった声が上がっている。 「COIの開示は製薬企業と医師の間に関係があることを明らかにするものであり、支払い額の開示までは必要ない」と話す川崎医大の加来浩平氏。  金額の開示については、マスコミがセンセーショナルに取り上げ、世間の好奇の目にさらされることが危惧されている。川崎医科大学総合内科学1特任教授の加来...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

今日のぐり:「活魚廻転寿司 いわ栄」

先日のiPhone6発売に合わせて旧モデルにおいてもiOSのアップデートが行われたのですが、それに関連してこんな奇妙な噂が流れているようです。 「iOS8にアップデートすると防水が付く」というデマが拡散中(2014年9月18日秒刊サンデー) 本日リリースされたiPhoneの新しいOSである「iOS8」ですが、こちらをインストールするとなんと防水機能がついているとの信じがたい情報が拡散しているようです。もちろんiOS8は単なるソフトウェアですので、ハードウェアが防水に対応することはまずありえないのですが、何故かネットで話題となってしまっているようです。 ーなぜこのようなデマが拡散したのか 元ネタとしては、以前アップルの開発者イベント「WWDC 2014」にて発表された「iOS8」のバナーが、水の中に浮いている様子となっていた。そのためiOS8もしくはiPhone6は防水なのか?という噂が一時的に広まった。それを踏まえ今になってOSがリリースされた途端誰かがネタでつぶやいたところ信じて広まってしまったというおそれがある。 もちろんiOS8にしたからといって防水になることはないのでくれぐれも水の中に入れないように。防水どころか最悪、全て水に流す形となるだろう。 同OSはiPhoneのシステム設定からインストール可能だ。 ーiOS8にするとどうなる? ではiOS8にするとどうなるのか。基本的にはほぼiOS7を踏襲した形になっているが、ヘルス機能や各種デバイスとの連携、キーボードの改善など細かい機能が改善されている。どちらかといえばiOS8はiPhone6向けの解像度対策やその他マイナーチェンジであるような印象だ。 (略) さすがにこれを信じてアップデート後全てを水に流してしまう人はいないと思いますが、しかしこれだけ拡散するところを見ると信じた人も相応にいると言うことなんでしょうかね? 今日は万一にもこうしたデマに乗っかってしまったうっかりさんに哀悼の意を表して、世界中から幾ら何でもそれはないだろう?と思わず突っ込みたくなるようなニュースを紹介してみましょう。 パケット料で破産必至!?あるユーザーの請求書にネット民も騒然(2014年9月17日Aolニュース) 最近では携帯各社とも実に様々な料金プランを提供しているが、その多くは複雑なもので、しばしば「わかりにくい」という批判が...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

一面において現代日本は世界有数のエロ大国なんだそうですが

昨今あちらこちらで盗撮事件に関する報道が出ていますけれども、最近は機材の方も超小型になっていてどんなものにも簡単に仕込めると言うことで、先日は京都府警が盗撮にしか使い道のなさそうな「カメラ付きシューズ」なるものの販売業者を摘発したと言う記事を紹介しましたが、その続報が出ているようです。 盗撮靴:京都府警が購入者を戸別訪問、任意提出求める(2014年9月17日毎日新聞)  京都府警が、カメラを仕込んだ“盗撮シューズ”をネット購入した同府内の客を戸別訪問し、靴の任意提出を求めていることが分かった。府警は今年7月、販売業者を盗撮ほう助容疑で逮捕しており、その際押収した名簿から顧客を割り出した。この種の靴の所有を禁じる法律はなく、異例の対応だが、府警幹部は「増え続ける盗撮の抑止には、道具を絶つしかない」と強調。これまでにほとんどの靴を回収したといい、他県警にも情報提供している。  問題の靴は、足の甲の部分にリモコンで操作できる小型カメラが仕込まれ、メッシュ状の布越しに盗撮できる仕組みで、1足3万円前後で販売されていた。女性のスカートの下などに靴を差し出し、下着などを撮影する目的が想定される。  府警は7月1日、この靴をインターネットサイトで販売したとして、神奈川県大和市のカメラ販売会社経営の男(26)=罰金50万円の略式命令=らを府迷惑行為防止条例違反(盗撮)ほう助容疑で逮捕した。だが7月20日、大阪市港区の水族館「海遊館」で、女児のスカート内に靴を差し入れ、撮影しようとした岡山県倉敷市職員の男が大阪府警に盗撮容疑で逮捕された。この男も同サイトで靴を購入していた。  京都府警によると、販売会社の男らは2012〜14年に靴約2500足を販売し、6000万円以上を売り上げたとみられている。府警は摘発の際、約1500人分の顧客名簿を押収しており、購入者が同様の盗撮を繰り返す可能性が非常に高いと判断し、8月中旬から府内の購入者約40人の戸別訪問を始めた。趣旨を説明して廃棄依頼書に記入してもらい、回収した靴は府警で廃棄する流れ。  その結果、「捨てた」などと答えた数人を除き、ほぼ全員が靴の提出に応じたという。現在も類似の靴を販売するサイトがあり、根絶は難しいが、府警は今回のような直接訪問が悪用の抑止力にもなると期待している。【土本匡孝、岡崎英遠】 その昔いわゆるアングラなアイテムを商...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

糖尿病に関連しての雑談

今日は糖尿病に関連してはいるがあまり直接的でもない話を少しばかり取り上げてみたいと思いますが、世界に冠たる肥満大国として知られるアメリカで、かねて知られていた食事内容の格差がさらに絶讚拡大中であると言う気になるニュースが出ていました。 米国、食事の質の格差が2倍に拡大(2014年9月2日ナショナルジオグラフィック)  過去10年間で米国における低所得層の食事の質が悪化した一方で、富裕層の食事は改善しているという新たな研究報告が発表された。しかし、米国全体では依然として貧しい食事情にあるようだ。  2005年から2010年にかけて食事の質が平均的に改善されたものの、貧困層では悪化する傾向にあり、富裕層と貧困層で食事の質の格差が2倍に開く結果となった。  研究者らは、便利で健康的な食品の価格が高くなったことや、貧困層が集まる地域に質の良いスパーマーケットが少ないことが原因であるとしている。  研究の著者でハーバード公衆衛生大学院の肥満疫学および防止プログラムの共同ディレクター、フランク・フー(Frank Hu)氏は、「全体的に改善されたことは朗報だが、まだ健全な状態とは言えない」と話している。  低所得層の健康促進を図る議員たちは、「補助的栄養支援プログラム(SNAP、フードスタンプとも呼ばれる)」を通して販売される食品の種類を制限することを提案している。また、ミシェル・オバマ大統領夫人は子供の肥満を減らすため、健康的な食習慣の促進をキャンペーンの中心に据えている。今日、全所得層の実に3分の2が体重超過あるいは肥満とされ、その割合は低所得者層になるほど高くなる。  米国の食事情が改善された主な理由は、トランス脂肪酸の消費が着実に減少したことや、甘味料が入った飲料水の消費減少にあると研究者らは述べる。一方で、果物や野菜、全粒穀物などの消費は相変わらず少ない状況だ。  昨秋、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、加工食品にトランス脂肪酸の使用を禁止する意向を発表した。加工食品の包装にトランス脂肪酸の有無を明確に表示する法律が定められてから実に10年後の動きである。また、果物や野菜、全粒穀物の消費を促す運動は、教育機関や公共サービスによる呼びかけに限られている。 「アメリカの食事情を変えるには、政策を変える必要がある」と、イェール大学のラッド食料政策・肥満対策センターの所長を務め...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

「職業選択の自由~あはは~ん♪」

とまあ古い話はともかくとして、ソースが今をときめく朝日新聞なのがいささかアレなのですが、先日こういう記事が出ていたのを御覧になったでしょうか? スポーツ推薦で挫折、算数からやり直し キャリアも分断(2014年9月6日朝日新聞)  「練習がある」と言って家を出たものの、中学時代の友人と遊ぶ日々。東京都の私立高校に野球のスポーツ推薦で入学した昨年、ユウヤ(仮名)は悩んでいた。  小学1年で始めた野球。甲子園を目指す高校の厳しい練習は覚悟していた。公立中時代も、ぬるい練習をしていたわけではない。だが、野球に関係ない理不尽さは受け入れがたかった。  5月に足を負傷し、練習では道具運びなどのサポート役をしていた。ある日、先輩から部室に呼び出された。上級生に囲まれ、「おまえ、ちゃんとやってねえんだよ」と、けがした足を竹刀で殴られた。理由のわからない「拷問」は、その後も続いた。  部をやめよう。先輩たちと会わないように退学しよう。自分の中での踏ん切りは早々についた。でも、親には言えなかった。「自分を応援し、期待してくれている。私学に行く経済面も準備してくれた。これ以上は迷惑をかけられない」。ユニホームが汚れていないのは、けがで説明できたが、うそをついて外出しても楽しくなかった。悩みを友人が心底から分かってくれたのが支えだった。  ある日、親同士のつながりから、ユウヤの練習不参加は親の知るところになった。実情を余すところなく話した。親は戸惑った様子だったが、時間をかけて話し込むと、「おまえの人生だ。自分たちはそれを支える」と言ってくれた。1学期で退学した。  2学期に都立高編入を目指したが、壁になったのが学力。英語は中学1年で学ぶbe動詞が使えなかった。小学校の算数で習う分数の計算も怪しかった。スポーツ推薦の進学を前提とし、勉強してこなかったつけが回ってきた。  高校中退の相談や、転校・編入の支援を東京都内で続けるNPO高卒支援会に相談した。そこで基礎から勉強を教えてもらい、学力を上げて今年4月、都立高に再入学し、1年生からやり直している。  支援を始めて30年目になる同会の杉浦孝宣代表は「スポーツ推薦で入った子は、指導者の暴力や先輩のいじめを受けても、自分の希望で入ったので親にSOSをなかなか出せない傾向がある」と語る。昨年度は面談を行った相談のうち、7%がスポーツ推薦で高校に進...

» 続きを読む

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2014年9月17日 (水)

またも起こった視覚障害者絡みの事件が思いがけず波紋を

単純明快な事件に見えたものが後々妙に複雑になっていくと言うことがしばしばあるものですが、先日報道されたこちらの事件も当初は単なる粗暴犯によるありふれたトラブルのように考えられていました。 全盲女子生徒:足蹴られケガ つえで転倒の腹いせか 川越(2014年09月09日毎日新聞)  埼玉県内の盲学校に通う全盲の女子生徒が8日朝、同県川越市のJR川越駅構内で何者かに足を蹴られてけがをしたとして、県警川越署に相談していたことが分かった。女子生徒のつえに引っかかって転倒した腹いせとみられ、同署は被害届を受理し次第、暴行または傷害事件として捜査する方針。  被害を訴えているのは同市笠幡の県立盲学校「塙保己一(はなわほきいち)学園」(荒井宏昌校長、児童生徒114人)の高等部専攻科に通う女子生徒。同校によると8日午前7時50分ごろ、同駅で電車からバスに乗り換えるため改札を出て点字ブロック上を歩いていたところ、正面から来た誰かが白杖(はくじょう)に接触し、転倒。直後に背後から右膝の裏を強く蹴られたという。  女子生徒は目撃者が「何やってるんだ」と相手を注意する声を聞いたが、蹴った本人は終始無言で、性別や年代は分からないという。毎日新聞の取材に、女子生徒は「何が起こったか分からず怖かった。これまで白杖に引っかかった人に文句を言われることはあったが、暴力を振るわれるなんて思わなかった」とおびえた様子で語った。医療機関を受診し、骨に異常はなかったが、全治3週間のけがで「膝を曲げると痛く(マッサージの訓練など)一部実習もできない」と訴えている。  荒井校長は「無防備の生徒を蹴るなんてショックで悲しい。身元が分からないようわざと声を出さなかったのならさらに卑劣だ」と話した。【大島英吾】 川越駅で蹴られた盲学校女生徒「いまも一人で歩くのが怖い。白杖のこと知って」(2014年9月11日J-CASTニュース)    埼玉県のJR川越駅構内で8日(2014年9月)午前7時50分ごろ、県立盲学校「塙保己一学園」の女生徒が白杖につまずいた何者かに背後から右足膝の裏側を蹴られた事件で、女生徒は「いまも一人で歩くのが怖い。白杖や点字ブロックを意識しないで歩いている人が多い。きちんと理解してほしい」と訴えている。 「たまたま見ていたご年配の方が『あんた、何やってんだ』と怒ってくださった」 &...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

自殺対策と医療現場

いつの頃からか自殺対策と言うことが言われるようになって久しいですが、先日はとうとうこんな学会まで設立されたと言うニュースが出ていました。 「日本自殺総合対策学会」を設立(2014年9月8日日テレニュース24)  日本では今も年間2万7000人を超える人が自殺で亡くなっている。こうした中、より自殺対策をすすめていくため、「日本自殺総合対策学会」が設立され、都内で、設立記念フォーラムが開催された。  「日本自殺総合対策学会」は、自殺対策に取り組む全国のNPO法人や医師、自治体のトップらが発起人となり設立され、7日に設立記念フォーラムが開かれた。  日本で自殺した人の数は、2010年から減少し、2012年には15年ぶりに年間3万人を下回ったものの、去年1年で2万7000人を超える人が亡くなっている。  学会の発起人 NPO法人ライフリンク・清水康之代表「ここ数年、より深刻化しているのが若年世代の自殺です。今、日本社会で亡くなっている20代、その約半数は自殺によって亡くなっています」  新たに設立された「学会」では、現場での実践的な取り組みを踏まえて、学問的立場から検証し、自殺に関する政策立案に活用するための枠組みをつくりたいとしている。 今の時代に周囲で自殺者が出た経験が全く無い人も少ないんじゃないかとは思いますが、しばしば取り上げられるデータとして厚労省統計では15歳から40歳までの病気が最も少ないとされる年代において死因の第一位が自殺であると言うことで、特に若年者にとっては決して遠い世界の出来事ではないと言うことが言えるかと思います。 マスコミの報道を聞いていますと日本という国は世界に冠たる自殺大国であるかのようにも思えてきますが、先日のWHOの発表でも世界中で年間80万人の自殺者があり「深刻な公衆衛生上の課題」と位置づけられているところで、興味深いのは世界的に見ると70歳以上の高齢者の自殺が目立つと言う点が何やら日本とは動向が異なっているようですし、いわゆる安楽死的な問題も絡んでいるのかも知れません。 その日本の自殺率は世界平均の1.6倍と言いますからもちろん高いには高いのですが、興味深いのはいわゆる先進国が上位に来るわけではないと言うことで「自殺は高度に発展しすぎた現代社会特有の病理だ」云々の解釈はどうなのかだし、必ずしも心身の健康に対する自己評価や自国に対する自...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

今日のぐり:「新鮮回転寿司 海賊とっと 総社店」

不肖管理人も時々拝見しているあの人気コーナーで、どうも存在意義すら問われかねないトンデモナイ事態は発生しているのでは?と話題になっているようです。 もこみちオリーブオイルと決別してた 魔技「追いオイル」も完全封印の苦悩(2014年9月4日もぐもぐニュース) 日本テレビ系、朝のニュース番組「ZIP!」内の企画「MOCO’S キッチン」は相変わらず、朝からガッツリした、速水もこみちの笑顔と料理で好評を博している。同企画をそもそも有名にしたのはオリーブオイル。“もこみちがとにかくオリーブオイルを使いまくる”というのがネタとなり、知名度をあげていった。だが、最近ではあんまりオリーブオイルを使っていないのをご存知だろうか? 伝説の「追いオリーブオイル」とは もこみちのオリーブオイルと言えば、どんな料理だろうと、さらに油をぶっかける「追いオリーブオイル」と言われる技。2012年2月3日回「もこみち流 大豆のコロッケ」では、揚げ物であるにもかかわらず、仕上げにオリーブオイルをぶっかけるという荒業中の荒業に、インターネット上も祭り状態になっていた。 そんなあまりの油の使用量に、実際に作って食べていた視聴者からはお肌がつるつるになった、お通じがよくなった、健康的な身体になったという反響もあったようだが。 魔技「追いオリーブオイル」を封印… しかし現在、番組の人気の秘訣だったオリーブオイルはかなり控え目な使用料となっているのだ。たとえば2014年8月期のメニューを調べてみても、8月25日、8月20日、8月19日、8月13日、8月12日、8月11日、8月7日、8月5日放送回とわずか8回だ。イタリアンなどの洋風メニューが多いので、オリーブオイルを使うのはこれでも少ないと言えなくもない。 また特筆すべきはその使用料だ。8月25日の「もこみち流 イタリア風イカのトマト煮」でのオリーブオイルの使用料はわずか大さじ1/2…ほかをみてもせいぜい大さじ3などであり、オリーブオイル王子と言われて時代に比べれば見る影もない。なぜ、もこみちはオリーブオイルを“封印”したのか。 オリーブオイル使用料にクレームも? 「十分に話題になったので、これ以上ネタとしてひっぱる必要はないという制作サイドの判断があったと言われています。やはり食を粗末にしているというようなクレームや、それをふまえた上からプレッシャーがあった...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

今日のぐり:「お好み焼・鉄板焼 月ちゃん」

いわゆる都市伝説というものは数あれど、これはどうやら本当に単なる伝説だったらしいと言うのがこちらの話題です。 マンボウがすぐ死ぬというのはネットのデマだった? 水族館の飼育員熱弁ツイートが話題に(2014年8月27日ガジェット通信) マンボウといえば飛び上がり着地した衝撃で死ぬ、また日向ぼっこしてたら鳥につつかれ過ぎて死ぬ、ちょっとしたことでショック死するなどの噂が浮上していおりネット上でもそのコピペが出回ったくらいである。 しかしそんなマンボウが弱いという説に対してマンボウの餌やりショーの間の説明で「最近ネットで、ジャンプして着地の衝撃で死ぬという話が出回っていますが嘘です。消化できない、びっくりして死ぬ話も嘘です。この水槽の前でカップルの彼氏の方が自慢気に話してますが嘘です」と語ったそうだ。これを聞いた方がこれをツイートしたところなんと10000リツイートもされ話題になっている。 マンボウが弱いと思っていただけに結構衝撃だった人も多いのではないだろうか。その説を信じてiOSアプリまで出来てしまったのに。では何が本当なのだろう。 ネット上で出回ったマンボウが弱いと決めつけられたの「マンボウ死因一覧」というのが次のものである。 ・まっすぐしか泳げないから岩に直撃して死亡 ・水中に潜って凍死 ・朝日が強過ぎて死亡 ・日にあたってたら鳥に突かれて死亡 ・寝てたら陸に打ち上げられて死亡 ・寄生虫殺すためにジャンプして水面に当たって死亡 ・食べた魚の骨が喉に詰まって死亡 ・食べたエビやカニの殻が内蔵に刺さって死亡 ・水中の泡が目に入ったストレスで死亡 ・海水の塩分が肌に染みたショックで死亡 ・前から来たウミガメとぶつかる事を予感したストレスで死亡 ・近くに居た仲間が死亡したショックで死亡 ・よく水面で横たわっていて、そこを漁師にみつかり捕獲されて死亡 ・皮膚が弱すぎて触っただけで痕が付く、さらにその傷が原因で死亡 ・小魚や甲殻類の骨が喉に詰まって死亡 ・一度に産む卵の数は3億個だが、卵は親に保護されることもなく海中を浮遊しながら発生するため、ほとんどが他の動物に食べられてしまうて死亡 ・食材としてのマンボウの消費は、特に日本と台湾は最大の市場であり、マンボウは定置網で捕獲され死亡 こうやってみると事実を確認しがたい物が多く含まれている。ただ全てがデマというわけではなく、最初...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

久しぶりに本分に立ち返って

近年コンビニ弁当と言うものの劣化が激しいと言いますか、ぶっちゃけまずいと言う声が周囲からも結構聞こえてくるのですが、価格競争が激しくなり原価を圧縮せざるを得なくなっていると言う事情も関係しているのでしょう、同じチェーンの商品でも高価格帯のプレミアム食品などはまともな味がすると言うケースも少なくないようです。 それでも安かろうまずかろうで済んでいるうちはまだしもで、そのうちどこかの国のように明らかに身体に悪そうなものを食べさせられるようになるんじゃないかと言う不安も出てくるのかも知れずですが、先日はこんな記事が出ていました。 添加物だらけのコンビニ弁当に厚労省が「健康印」のお墨付き?(2014年9月9日Business Journal)  厚生労働省は、2015年4月より、コンビニエンスストアの弁当やスーパーの総菜などの加熱調理ずみ食品に「健康な食事」の認証マークを導入すると発表した。検討会では、すでに成人1食分の栄養素量などの基準案が示されたという。  基準案は、国民の食事の実態や「日本人の食事摂取基準」を踏まえた分析を参考に作成された。主食は、1食あたりの炭水化物が50~70gで、玄米などの精製度の低い穀類が2割以上含まれること。魚や肉などによる主菜は、たんぱく質が12~17g、野菜やキノコなどの副菜は重量100~200gとなっている。1食のエネルギー量は650kcal未満、食塩は3g未満だ。  「健康な食事」の認証は1食単位で、健康増進に必要な栄養素やエネルギー、塩分量の基準を満たしたものに許可される。主食、主菜、副菜の1品ごとの認証もあり、消費者はこれらを組み合わせて食べることもできる仕組みだ。製造・販売元には認証商品の報告が義務づけられる。 ●基準を満たしているかは自己申告、添加物の含有には触れない「健康印」  しかし、基準を実際に満たしているかどうかは、それぞれの製造・販売元の申告による。認証商品の報告義務はあるものの、商品に対して厚労省などの検査が一切ないとすると、この認証はどこまで信頼に値するのかは、はなはだ怪しい。また、栄養素量は満たされているとしても、保存料や着色料などの添加物について、まったく触れていない点も大いに疑問が残る。  一方、「健康な食事」の認証基準の根拠にもなっている「日本人の食事摂取基準」は、2015年版からエネルギーの指標をこれま...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«医療の世界における理想と現実の乖離