2017年7月20日 (木)

乳癌で亡くなられた著名人が引き続き話題に

このところ著名人の訃報が単に流れると言うだけに留まらず、その亡くなられ方にまで言及される機会が増えてきていますが、その一因としてSNS等の発信手段の多様化もあって生前や死後に当事者サイドから多くの情報が出てくるようになったことが挙げられそうです。 ただこれらはしばしば当事者の肉声として貴重なものではあるものと、時として客観的な事実と整合性がないのではと指摘されることもあるようで、先日亡くなったこちらの著名人を巡っても最近こんなニュースが相次いでいます。 「あのとき信じなければ」小林麻央さんも後悔 がんを見落とす医者(2017年7月16日週間現代) 「心配いらないですよ」 乳がんで亡くなった小林麻央さんは、生前、ブログにこんな言葉を残している。 〈私も後悔していること、あります(中略)あのとき、/もうひとつ病院に行けばよかった/あのとき、/信じなければよかった〉('16年9月4日付) その言葉からは、病院や治療の選び方についての後悔が滲む。とりわけ彼女は、がん告知までの医師、病院の選択を深く悔いていた。なぜなら、その過程で医師が、がんを見落とした可能性があるからだ。 麻央さんが初めてがんを意識したのは、'14年2月。夫の市川海老蔵と人間ドックを受け、医師にこう告げられた。 「左乳房に腫瘤があります。これはしっかり検査して診てもらったほうがいいので、なるべく早く病院へ行ってください」 麻央さんが「がんの可能性もあるということですか」と尋ねると、 「五分五分です」 この段階で、がんのリスクはハッキリと麻央さんに提示されていた。 しかしその直後、麻央さんは都内の虎の門病院で、マンモグラフィ検査などを受け、がんを疑う状況ではないと告げられる。 麻央さんは重ねて、細胞を直接採取して調べる「生検」の必要はないかと確認したが、 医師は、「必要ないでしょう。心配いらないですよ。半年後くらいに、念のためまた診てみましょう」と答えた。 麻央さんはホッと息をついた。 ところが検査から8ヵ月経った同年10月、麻央さんは左乳房にパチンコ玉のようなしこりに気づき、不安を胸に、再診を受ける。しこりについて虎の門病院の医師に報告し、触診を受けた。 だがこの段階でも医師は、「大丈夫だと思います」と判断していたという。 しかし、エコー検査をすると医師の表情が曇る。腋にもしこりがあると分か...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

国が医療費抑制の成功報酬で自治体間の競争を煽る

都道府県が地域内の医療提供体制を計画的に整備していく地域医療計画の策定が原則的に昨年一杯が年限とされていましたが、今後はいよいよ計画に従って各地で独自の医療提供体制が整えられていくと言うことになります。 その結果これまで国民皆保険制度の建前であった、全国どこでも同じ医療を同じように受けられると言う非現実的な前提が制度上も崩壊することになる理屈ですが、当然ながら自治体間での差異と言うものも嫌でも目立ってくるようになるはずです。 特に医療費削減とも絡めて全国の平均的水準から各地域の医療コストが高いか低いかと言ったことが明らかになれば、それに従って国が何らかのペナルティーなりで是正してくると言う予想は以前からあったのですが、先日こんなニュースが出ていたことが注目されます。 医療費抑制で1千億円配分 国保支援、成果に応じ(2017年7月7日共同通信)  厚生労働省は6日までに、国民健康保険(国保)の運営主体が来年4月に市町村から都道府県へ移るのに合わせ、医療費抑制の成果などに応じて来年度、都道府県と市町村に500億円ずつ、計1千億円を配分して財政支援する方針を決めた。自治体側に5日付で通知した。  加入者1人当たりの医療費が低かったり、メタボリック症候群の該当者を減らしたりした自治体に報奨としてお金を配ることで、医療費抑制と住民の健康づくりを促す狙い。医療費の地域間格差の是正にもつなげる。  都道府県分の500億円の内訳は(1)年齢構成を調整した後の1人当たり医療費が全国平均よりも低い、または前年度より減らした場合に150億円(2)市町村への指導状況や糖尿病などの重症化予防の取り組みに応じて150億円(3)管内市町村のメタボ健診実施率や、ジェネリック医薬品(後発薬)の使用割合などにより200億円。これまでの成果や来年度の取り組み態勢などを考慮して傾斜配分する。  運営移管後も保険料収納や住民の保健事業を担う市町村分の500億円については、医療費抑制への取り組みに加え、保険料収納率なども評価し配分を決める。  運営移管に当たってはこの1千億円とは別に、急激な保険料上昇の緩和などに約800億円を交付する。  国保は低所得の加入者が多く2015年度の実質赤字総額は約2800億円に上る。保険給付費は約9兆5500億円、加入者は約3200万人。 国保と言うものは加入者の割合に地域差が...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

今日のぐり:「そうめん處 森正 (もりしょう)」

このところ何かと話題になる事の多いあの件に関して、動物の世界でも同様の問題が存在していると言う驚くべきニュースが報じられていました。 トイレに流される避妊薬のせいで川魚の20%が性転換! 完全な”草食系”になっていたことが判明(2017年07月05日ユルクヤル) 英エクセター大学の研究チームが国内50箇所の河川を調べたところ、オスの川魚のおよそ20%がオスとメスの特徴を両方持ち合わせていることが判りました。 これはトイレや下水に流された「避妊ピル」や「洗剤」が原因だと言います。 英紙テレグラフ(電子版)が報じたところによると、避妊薬や洗剤などが下水に流れることで、いま世界的にオスの川魚がトランスジェンダー化しているようです。 これらには女性ホルモン「エストロゲン」に似た効果を持つ化学物質が含まれており、5匹に1匹もの割合でオスの川魚が影響を受けているとか。具体的には精子が減少し、体内で卵子が作られ始めています。 同時にメスを惹きつけるための攻撃性や競争性を失いつつあるとのこと。交尾が難しくなっただけでなく、産まれてきた子孫は化学物質にさらに影響されやすい体質になっています。 (略) 化学物質の弊害についてはアメリカでも広く議論されています。 米NPO「ポトマック環境保護団体」が2010年に行った調査では、ポトマック川に生息するブラックバスの実に80%以上のオスがメスの特徴を備えていたのです。 これも原因は河川に流れ出た有害物質によるもので、オスの精巣の中に卵子が見つかるなどのケースが目立ったと言います。 (略) ソースがソースだけににわかに信じて良いものなのかどうかですが、しかし人間も同様な影響を受けているのだとしたら…等々色々と考えさせられますよね。 今日はエクセター大の成果に敬意を表して、世界中からちょっと直ちには信じがたいようなニュースの数々を取り上げてみましょう。 韓国が2000億円かけて進入することが出来ない高速道路を建設(2017年7月6日ゴゴ通信) 韓国に先月末に開通した尚州~永川(よんちゃん)の民間高速道路。この高速道路には大邱~浦項高速道路と交差する部分があり、大邱方面もしくは浦項方面に向かいたい人にとっては需要のある道路。 しかしこの高速道路に乗り入れることが出来ないことが発覚した。通常の高速道路であれば、ジャンクションを使いそのまま別の高速道路...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

過度な他人への攻撃性は匿名だからこそ発揮される?

ところ変われば何もかも違っている可能性があるとはついつい忘れてしまいがちなことですが、先日パキスタンでこうした判決が出たと話題になっていました。 ネット上の侮辱で死刑判決(2017年6月12日産経新聞)  ロイター通信などによると、パキスタン中部パンジャブ州バハワルプルの法廷は11日までに、フェイスブック上でイスラム教の預言者ムハンマドを侮辱したとして、冒涜罪に問われた男性(30)に死刑判決を言い渡した。検察当局が明らかにした。  パキスタン政府はソーシャルメディアの取り締まりを厳格化しており、検察当局はソーシャルメディア上での冒涜罪に対する初の死刑判決としている。判決は10日付。男性は上訴できるという。  冒涜罪は少数派弾圧の手段に使われているとして、人権団体が批判している。男性は同国で少数派のイスラム教シーア派に属しているという。 近年ではイスラム世界の法体系に関してどちらかと言えば批判的に取り上げられることが多く、一部の方々は熱心な反対運動までやっているとも聞くのですが、この件に関してはやり過ぎだと言う意見以外に「ネットなら何でもありではない」と一定の評価をする声も少なくないようです。 今回の場合は宗教的な権威に対するそれですが、個人や団体に対する誹謗中傷は何処の国でもありふれた話となっており、多くの場合ネットの匿名性を盾に好き放題言っていると言う反発が大きいせいか、韓国のようにネット実名性を取り入れたり中国のように人肉捜索などと言われる私的なつるし上げが行われる場合もあるようです。 日本においては匿名性の保持に関しては根強い支持があるものの、行き過ぎた個人攻撃や誹謗中傷などに対しては発信者の個人情報開示も行われるようになってきていて、大阪などは開示義務を示した条例まで作ったものの、必ずしも情報が明らかになるケースばかりでもないようですね。 いずれにせよ実社会で考えてみれば一方的に他人を集団で袋だたきにする行為と言うものは当事者はもちろん、周囲の第三者に取っても必ずしも楽しいものではない場合も多いのですが、先日こんなCMが登場したことが注目されているのもネット上ではこの種の行為が行き過ぎる嫌いがあると言うことへの問題提起と言うことでしょう。 「窃盗だろw」「桃の気持ち考えろ」…桃太郎で“ネット炎上”描く広告、狙いは? ACジャパンに聞く(2017年7月5日産経...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

幼児への延命治療中止を国が両親に強制

このところ話題になっていたのがこちらの成り行きですが、記事から紹介してみましょう。 <英国>乳児尊厳死に注目 トランプ氏ら治療継続を支援(2017年7月10日毎日新聞)  【ワシントン山本太一】深刻な難病で生命維持装置をつけている英国のチャーリー・ガード君(生後11カ月)の治療を続けるかどうかに世界の注目が集まっている。回復見込みがないとして地元の病院は安楽死を提案したが、両親は拒否し、米国で治療を継続することを模索。3~4日、トランプ米大統領やバチカンが両親への支援を表明したことで、さらに関心が高まっている。  英メディアなどによると、チャーリー君はロンドン在住のクリス・ガードさん(32)、コニー・イエーツさん(31)夫妻の長男として2016年8月に誕生。まもなく先天性の「ミトコンドリアDNA枯渇症候群」と診断された。細胞が正常に機能しないため内臓や筋肉の形成が難しく、脳にも深刻な損傷を負っているという。  16年10月から治療を続けている病院は「やるべき治療は全てやった」と強調し、両親に生命維持装置を外して安楽死を受け入れるように提案した。病院は裁判所に安楽死の許可を申請し、欧州人権裁判所は今年6月、治療継続は「さらなる苦しみを与える」として安楽死を認める決定をした。両親がチャーリー君を国外に渡航させることも禁じた。  これに対し、両親は「命が尽きるまであきらめないのが私たちができる唯一の務め」と安楽死を拒否。国外も含めた受け入れ先を探し、米国の医師を見つけた。医師は、治療としてチャーリー君の体内で生成できない物質を経口投与すると約束したという。両親は治療費や渡航費を募るため、ネットサイトを設置し、130万ポンド(1億9000万円)以上の寄付を集めた。  トランプ氏は今月3日、「もし私たちが助けることができるなら喜んでそうしよう」とツイート。ホワイトハウスは政府職員が両親と連絡を取っていると明らかにした。  さらに、フランシスコ・ローマ法王が、両親が最期まで子どもに寄り添い治療にあたることを認めるべきだと主張。バチカンが運営するローマの小児病院は4日、受け入れを表明した。しかし、ジョンソン英外相は裁判所の渡航禁止命令を理由に小児病院への転院は「できない」としており、当面は地元の病院での治療が続く見通しだ。 乳児尊厳死の是非、審理再開=医師団「回復不能」、両親は拒...

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

構造的に破綻が見えてきた介護業界のその後

人それぞれに思うところはあるのだろうと思うのですが、先日ちょっとした話題になっていたのがこちらのニュースです。 「介護ミスで母親が死亡」 遺族が特養老人ホーム提訴へ(2017年7月6日朝日新聞)  埼玉県ふじみ野市の特別養護老人ホームに入所していた高齢女性が介護ミスで死亡した、などとして、遺族が近く、施設の運営法人に約4千万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こす。遺族は「同様の事故を減らすため、裁判で原因や背景を明らかにしたい」としている。  亡くなったのは中野小夜子さん(当時86)。認知症を患い、2015年1月から特養「上野台の里」に入所。事故時は要介護度4で、座った状態を保つのも困難だった。原告となる中野さんの息子2人や代理人弁護士によると、事故は15年9月7日の夕飯時に起きた。中野さんは、食事を飲み込んだ後に吐き出す動作をくり返し、病院に救急搬送されたが、10月23日に死亡した。死因は食物が肺に入った場合に起きる「誤嚥(ごえん)性肺炎」と診断された。  施設側が県に出した事故報告書では、食事介助の際に上半身を起こすベッドの角度を過度に垂直に近づけたことや、食事を早く食べさせ過ぎたことを認めている。遺族によると、謝罪され和解金の提示も受けたというが、「入院中の見舞いにも葬儀にも来ず、誠意を感じなかった。命を扱う事業者として責任感を持ってほしい」と提訴を決めたという。  施設長は朝日新聞の取材に、「個人としても法人としても、取材は受けない」と回答。同市は取材に対し、救急搬送の直後に施設から報告があったことを認めたが「詳細な報告内容は言えない」としている。 当時の状況は記事からは何とも言いかねるものがあるにせよ、進歩的なメディアとして内外に知られる朝日新聞が大々的に取り上げていることからしても余程に事情があったのだろうと思うのですが、いずれにせよお亡くなりになった方のご冥福をお祈りするばかりですね。 この種の民事訴訟とは法律ではなく当事者の意志に基づいて起こされるものであり、その結果を度外視するならばどこの誰がどのような訴えを起こしても自由であるのですが、一般的に弁護士に相談が持ち込まれた段階である程度の専門的判断が働くのだそうです。 その意味でこうして裁判にまで持ち込まれたと言うことでそれなりに勝算があると言う判断が働いたと言うことなのでしょうが、関係者一同の...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

今日のぐり:「アビヤント」

人間思わずやってしまう大失敗はあるものですが、こちら何をどうやってそうなってしまったのかと話題になったニュースです。 歓送迎会で自分の腹刺す 埼玉・志木市職員「衝動的に上り詰めてしまった」(2017年7月4日産経新聞)  埼玉県志木市は4日、居酒屋でカッターナイフを使って自分の腹を刺すなどして迷惑をかけたなどとして、環境推進課の男性主任(53)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。  市によると、男性は4月、市内で開かれた同課の歓送迎会で、隣に座った男性課長(53)と話した後、近くのコンビニエンスストアでカッターナイフを購入して店に戻り、自分の腹を刺した。  主任は腹部に刺し傷を負って12日間入院したが、命に別条はないという。その後、心療内科を受診し、現在は自宅療養中。  市の調べでは、課長は主任に「仕事はきついところもあるかもしれないけど、自分もたくさん経験している」などと激励のつもりで声をかけたが、主任は叱責と受け止めたという。  主任は市の調べに対し、「パワハラに近いことはなかった」「衝動的に上り詰めてしまった」などと説明している。当時、酒を飲んでいたという。  志木市の相子知行企画部長は「公共の場で公務員としてふさわしくない迷惑行為を行い、市民の信頼を著しく損ねたことを深くおわびしたい」とコメントした。  朝霞署は、銃刀法違反にあたる可能性があるとみて捜査している。 どのような経緯でこういう結論に至ったのかは何とも想像し難いのですが、同年齢で上司と部下の関係と言うと何かと難しいこともあったのでしょうかね。 今日は衝動的に上り詰めてしまい思わぬ騒動を引き起こした男性主任氏の早い回復を祈念して、世界中からついついやらかしてしまった…と後悔しているかも知れない方々のニュースをお伝えしましょう。 パトカーに子どもが缶酎ハイ見せ、酒気帯び発覚(2017年6月6日読売新聞)     福岡県警八幡西署は5日、中間市松ヶ岡、自称パート店員の女(33)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。     同乗していた子どもがパトカーに向けて缶酎ハイを見せたため発覚したという。     発表によると、女は同日午後5時20分頃、北九州市八幡西区穴生3の市道で、酒気を帯びて軽乗用車を運転した疑い。容...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

子供を殴り倒す母親の暴力行為が話題に

全国的に体罰は絶対悪と言う価値観が正義とされて久しいですが、こちら一つの体罰動画が国内のみならず国内までも拡散し話題になっています。 自動車の前に飛び出した幼児を母親が激しくビンタ これは「教育」なのか?「体罰」なのか?大論争(2017年6月30日J-CASTニュース)    ツイッターにアップされた動画にある母親の行動がネット上で物議を醸している。3歳くらいの子供に対し、吹っ飛ぶほどの平手打ちをかましているのだ。    乗用車の車内カメラで撮影されたその動画は、乗用車が走行中、目の前に子供用自転車が突然現れて、あわやというシーンになる。乗用車の急ブレーキで難を逃れたが、子供の後を追っていた母親が追い付き激しい平手打ちをしたため、ネット上では「これは教育ではなく虐待だ!」「母親として当然の行為」といった論争が起きている。    問題の動画は2017年6月28日にアップされた。ツイートは、     「今日の会社帰り子供飛び出してきてほんと焦った、たまたま踏切の遮断機下がっててブレーキに足かけて減速しようとしてたから間に合ったって思った安全運転でこれからも行こうと思った。てかお母さんの平手打ちに強さにもびびった」(原文ママ) となっている。    動画は車内カメラで撮影されていて、乗用車が運行中に左側に駐車していたワゴン車の陰から3歳くらいの子供が子供用自転車で飛び出して来る。急ブレーキをかけた乗用車の前を自転車は通過する。後ろから走って追いかけてきた母親は運転席に、「申し訳ありません」といった表情を浮かべ頭を下げたあと、子供の顏のあたりを激しく平手打ちし、子供は吹っ飛ぶように尻もちをついた。この動画を見た人たちは、     「何はともあれ無事で良かった...」 などといった感想を漏らし安堵したのだが、母親の取った行動に「体罰ではないのか?」「虐待だ!」などといった批判が向けられることになり、     「こんなのは教育ではありません 暴力で子どもをしつけようとする人間は頭が悪い人です 貴方に子どもさんがいらっしゃいましたらこんなことはしないであげてください」     「子どもが真っ先に親の顔を見ている+あの母親の...

» 続きを読む

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

臨床も医療費の無駄遣いを考慮しながら行われる時代に

何も考えずに読み流せば当たり前の話と思う方も多いのでしょうが、先日こんなニュースが出ていたことをご存知でしょうか。 高い抗がん剤使いません 効果同じなら安い薬を 日赤医療センター決定(2017年7月3日共同通信)  日本赤十字社医療センター(東京)は30日までに、5月に保険適用が決まった抗がん剤「ザルトラップ」について、治療で原則使用しない方針を決めた。同じ効果で約半額の既存類似薬があり、割高な新薬を使うメリットはないと判断した。薬価が高いことを理由に医療機関が使用を差し控える決定をするのは異例。  がん治療薬「オプジーボ」など超高額新薬が保険財政に与える影響が問題化したことから、厚生労働省は薬価制度の見直しを進めている。同センターは医療費の抑制につなげる狙いで、今回の決定は国の制度見直し議論に一石を投じそうだ。  ザルトラップはフランスの製薬大手サノフィが開発した点滴薬で、国内販売は今春始まった。一部の大腸がんが対象。100ミリグラム約7万9千円で、日赤医療センターによると、体重60キロの人が半年間使うと約278万円かかる。同じタイプの抗がん剤では「アバスチン」が先に保険適用されており、効果も副作用も同様で費用は約150万円と約半額で済むという。  ザルトラップを巡っては2012年、米国のがん専門病院が「アバスチンより2倍以上高い」として使用しない方針をニューヨーク・タイムズ紙に寄稿し、話題を呼んだ。米国ではその後、ザルトラップの薬価は引き下げられた。  日本では公的医療保険に「高額療養費制度」があり、治療費が一定額を上回ると患者の自己負担が大幅に軽減される。  高額な新薬が次々に登場していることから、日赤医療センターは昨年、抗がん剤について「効果と副作用が同じなら薬価が安い方を使う」との院内方針を決めていた。 このザルトラップ(アフリベルセプト ベータ)は既存のアバスチン(ベバシズマブ)やサイラムザ(ラムシルマブ)などと同様腫瘍の血管の新生を抑えるタイプのVEGF阻害薬と言われるもので、類薬で有りながら価格が高いのであれば安いものを使うのが当然、と言う考え方もあるかと思います。 ただ薬の効果は類薬であっても全く同じではないのもまた事実で、「同じ成分同じ効き目」のはずのジェネリック(後発医薬品)も未だに効きが変わるからと変更を拒否する先生もいらっしゃるくらいで、厳...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

救急医療崩壊への抜本的解決策

千葉県と言えば以前に県東部地域での救急医療の連鎖的崩壊が話題になった地域で、東金病院→成東病院→銚子市立病院→成田赤十字病院と崩壊の連鎖が続き最後の砦であった旭中央病院も救急受け入れ制限開始と言う絶望的な状況を紹介したことがありますが、県西部地域においても先日こんなニュースが出ていました。 救急搬送必ず受け入れ 千葉市内3病院を指定 8月にも開始(2017年6月29日千葉日報)  千葉県議会は一般質問最終日の28日、自民党の阿井伸也(大網白里市)、坂下茂樹(市川市)、伊豆倉雄太(市原市)、今井勝(我孫子市)、阿部紘一(千葉市稲毛区)の5議員が登壇した。県は、全国ワースト2位の救急搬送時間の短縮に向け、搬送先が決まらない患者を必ず受け入れる病院を事前に定め、病床確保の費用も援助する制度を8月に始めると明らかにした。救急需要が多く、搬送時間も長い千葉医療圏(千葉市)の3病院で試行的に開始予定。坂下議員の質問に答えた。  消防庁が昨年12月に公表した調査(2015年分)によると、千葉県の平均救急搬送時間(119番通報から病院収容まで)は44・6分で、全国平均(39・4分)を大幅に超え、東京都に次いで長い。前年調査時(44・5分)より悪化した。  救急車が現場に到着するまでの時間は平均で9分と比較的短いが、そこから搬送先が1回で決まらずに別の病院を探して打診したり、その病院が遠いことで時間を要しているという。  15年の県の調査で、けが・病気の程度別の平均搬送時間は重症で44分、中等症は43・8分、軽症が43・2分と、重いほど長い傾向に。古元重和保健医療担当部長は「こうした状況を踏まえ、搬送時間短縮により救命率向上を図ることを目的に、患者を必ず受け入れる医療機関を定め、空床確保の経費を助成する」と説明。国の基金を原資に費用の3分の1を助成する方式で、提案中の補正予算案に約3千万円を計上した。  県によると、千葉医療圏は、病院数が豊富にもかかわらず、救急隊と病院との交渉回数が多い傾向にあり、県内九つの医療圏別で搬送時間が3番目に長い。  県や千葉市による調整の結果、公立と民間の計3病院が指定受け入れに合意しており、予算が成立後に同市消防局と改めて協定を結ぶという。専用病床は1~2を想定。搬送が決まれば即応するスタッフの人件費などが助成対象となる。  全国的にも実施例がまだ少な...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

«今日のぐり:「中華そば 浅月 本店」