2016年7月25日 (月)

高すぎると話題の新薬が医療現場に意外な影響を及ぼす

最近高価な新薬の登場が医療財政を破綻させると一般向けにも盛んに喧伝されていますが、その対策として厚労省がこんなことを打ち出してきています。 高額治療薬の適切な使用 ガイドライン作成へ(2016年7月21日NHK) 抗がん剤や高脂血症の薬など高額で効果の高い新薬の開発が相次ぐなか、厚生労働省はこうした薬の適切な使い方をまとめたガイドラインを作る方針を決めました。 効果があまり見込めない患者が使用した場合などは医療保険を適用しない方針で、厚生労働省は増え続ける医療費の抑制につなげたいとしています。 厚生労働省によりますと、ガイドラインの対象となるのは、肺がんなどの治療薬の「オプジーボ」や、高脂血症の薬の「レパーサ」など4つの新薬で、いずれもほかの薬が効かない患者にも効果が期待されています。 その一方で、価格が高く「オプジーボ」では、60歳の肺がんの男性患者に1年間使用すると、およそ3500万円かかると試算されています。 これらの薬は効果のあまり見込めない患者に使用されることがあり、重い副作用が起きるケースも相次いで報告されています。 このため、薬ごとに作るガイドラインでは、使用する医師に一定の専門性があることや、医療機関にも緊急時には対応できる態勢を確保することなどを求めるとしています。 また、高い確率で治療の効果が見込める患者に使用を限るとして、ガイドラインに沿わない場合は医療保険を適用しない方針です。 厚生労働省はガイドラインの導入で、増え続ける医療費の抑制につなげたいとしていますが、患者が希望する薬の使用が制限されかねないとして、今月27日に開かれる中医協=中央社会保険医療協議会で案を示したうえで、 有識者などによる委員会で慎重に議論を行い、年度内にガイドラインをまとめる方針です。 この高い確率で治療の効果が見込める患者に使用を限ると言う文言をどう解釈するかで非常に運用の幅が広そうな話になるかと思いますが、使用前の遺伝子学的検索など様々な縛りがつけられることになるのかどうかもさることながら、そもそも何をもって高い低いと言う指針とするのかと言うことが問題になりそうですよね。 一つの目安として既存治療法よりも高い効果を期待出来るかどうかと言うことが挙げられるかと思いますが、日本同様皆保険制度であるイギリスでは膵癌に対して日本でもよく用いられるアブラキサンを掛かるコスト...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

今日のぐり:「四季紅 玉島店」

先日は七夕でしたが、こんなもの悲しいニュースが出ていました。 なにがあった?東京理科大に飾られてる「七夕の願い事」が鬱すぎる(2016年7月1日MAG2ニュース) もうすぐ七夕。 東京理科大学の生協に、学生の短冊が飾られている。 どんな願い事をしているのかと思ったら、闇が深かった・・・。 その内容は、 「研究生をやめたい みつを」 「ウエイが消えますように 理科大のクズ」 「じっけんがなくなりますように」 「彼女を造りたい」(字が違う) 「たんいほしい」 「やすみくれ」 「内定ほしい」となっている。 一体、理科大の学生はどうなってしまったのか? いや天下の理科大だけに彼女を造りたいはまさに本音なのかもですけれども、それにしても日本科学界の将来に若干の不安を感じるのは自分だけでしょうか? 今日は悩み多き理科大生を励ます意味を込めて、世界中からちょっとかわいそうな話題を拾い上げてみることにしましょう。 朝から何やってんの! 洋式トイレのフタにはさまっちゃった猫(2016年6月8日ねとらば)  TwitterユーザーのReu_すもりばさんさんのお宅のねこちゃんが、洋式トイレのフタにはさまった状態で発見されました。  写真が投稿されたのは7時45分。「お前は朝から何をしてるんだよ」とそえられたストレートなツッコミが冴えています。ねこ発見時の複雑な気持ちが伝わってきます。  Reu_すもりばさんさんいわく、「トイレ行こうと思ってドア開けたらこれ」だったそうで、どうしてはさまったのか経緯も分からないようです。ねこがいつから頑張っていたのかと思うと切なくなっちゃう……ともあれ、助かってよかったです! 写真を見る限りではネコにとっては大変な状況で、早い段階で?見つかって良かったと思うのですが、しかし何故…と言う疑問は残りますね。 同じくネコ絡みで海外からこんな悲報が飛び込んできたと話題になっていたニュースを取り上げてみましょう。 肉球マニアに悲報「ネコと自撮り」禁止…サウジの宗教指導者が仰天宣言、過去にはポケモンもやり玉に(2016年7月3日産経新聞)  「ネコノミクス」とも称される空前のネコブームに水を差す残念なできごとが、サウジアラビアであった。イスラム教の著名な宗教指導者が、ネコとの“自撮り”を禁じると宣言したのだ。現状は個人的な見解の域は出ないとの見方がある一方、サウジでは...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

歩きスマホを誘発するゲームは社会の害悪と言うばかりではない

ようやく日本でも配信されたことが話題になっているあのゲームが、一足早く公開された海外で妙なことでニュースとなっています。 ポケモンGO 海外でトラブル続出(2016年7月21日毎日新聞)  「ポケモンGO」が先行配信された米国では、ゲームで遊んでいて交通事故を起こすなどのトラブルが相次いでいる。  米運輸省などによると、東部ニューヨーク州で7月中旬、運転中に珍しいポケモンを見つけた28歳の男性が、自動車を道路際の樹木に衝突させて重傷を負った。米メディアはポケモンを探していて崖から転落したり、歩行中や自転車で転んだりして、けがをする事故が多発していると報じている。10代の3人が原発の敷地に迷い込み、警備員に追い出されたほか、「ゲームのアイテムがある」とプレーヤーを誘い、強盗にひょう変する集団も現れているという。  東欧のボスニア・ヘルツェゴビナでは19日、プレーヤーが地雷が埋まっている可能性のある地域に立ち入ったとして、地雷除去に取り組むNGO「ポサビナ・ベズ・ミナ」が「ポケモン探しを中止してほしい」と声明を出した。  一方、日本ではNISCが20日にポケモンGOで遊ぶ際の注意点をまとめた。ゲームに登録する際に個人が特定されないよう本名を使わずにニックネームを使うほか、危険な場所に立ち入らないよう呼びかけている。また、ポケモンGOは全地球測位システム(GPS)を常に使うのでスマホ電池の消費が早いとして、「予備の電池を持とう」「予備の連絡手段を準備しよう」と注意している。【小川祐希、ワシントン清水憲司】 グアテマラでは少年が不法侵入として射殺されこのゲームによる初の犠牲者だと話題になっていますが、記事にもあるように原発など立ち入り禁止区域への不法侵入や、高速道路に入り込んだ日本人旅行者のケースなどが報じられていて、ユーザーは現実世界を認識しろと呼びかけられるような騒ぎになっているようです。 こうした状況での本家日本での公開ですから各方面から危惧する声が上がるのも当然で、JR西社長が駅のホームでの操作など事故への注意を呼びかけたり、大阪の学校では終業式で歩きスマホ禁止が通達されるなど各方面からメッセージが発せられていますが、このゲームに限らず歩きスマホの危険性は以前から言われていたのですから注意喚起のいい機会であるとも言えるかも知れませんね。 このように何故か思わぬネガテ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月22日 (金)

高齢者への給付抑制が当たり前のように議論される時代に

当然とみるべきか意外とみるべきか微妙なところなのですが、先日こんな記事が出ていました。 高齢者の保険診療に制限、過半数の医師が支持(2016年7月18日医療維新)  人口の高齢化と医療技術の進展への対応が求められ、医療制度改革が進む日本。医療の質向上だけでなく、医療費抑制の観点から、フリーアクセスの制限、終末期医療の在り方、さらには先進医療をどこまで保険でカバーすべきかなど、さまざまな問題が浮上している。  2016年5月27日から5月30日にかけて、m3.com医師会員509人(勤務医253人、開業医256人)に、日本の「医療の在るべき姿」と患者の立場から望まれる医療について尋ねた。その結果を紹介する。 Q. 高齢者への保険診療の給付範囲について、医療経済的観点から見直しが必要だとの意見があります。例えば、人工透析の開始年齢や 臓器移植の対象年齢に上限を設けるなどの制限は必要だと思いますか。  2015年の厚生労働省の発表によると、2013年度の医療費は、史上初めて40兆円を突破し、40兆610億円で確定した。1人当たりの医療費は31万4700円で、前年度より2.3%増えている。右肩上がりの高齢者人口と医療技術の高度化がその背景にある。  増え続ける現役世代の負担に対して、高齢者との不平等感があるとの指摘も出ている。一部では、人工透析の開始年齢や、臓器移植の対象年齢に上限を設けるなど、医療費の保険給付費の範囲を年齢によって、制限すべきだとの意見もある。現場の医師はどう考えるのかを尋ねた。  勤務医は55.3%が「年齢である程度制限すべき」と回答し、年齢による制限に賛成する意見が多数派で、制限に否定的な39.1%を大きく上回った。一方で、開業医は制限に否定的な意見が48.0%で、賛成の49.6%とほぼ拮抗している。開業医と勤務医の年齢差のほか、経営する立場にある開業医と被雇用者という立場の違いなどが関係していると見られる。  年齢によって保険給付の範囲を制限する考えは、反対する意見も多いものの、医師の間で、ある程度支持を得ていると言えそうだ。 勤務医と開業医で大きく意見が分かれると言うのは納得出来る結果なのですが、例えば療養型病床で行える医療に制限があるように、高齢者に対する医療を全て若い人と同じようにやらなければならないと言うわけではないことは多くの人が承知してい...

» 続きを読む

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2016年7月21日 (木)

この時期多くなるあの病気が今年も猛威

毎年この時期は高校野球の盛んな奇説ですが、三年生部員にとってあまりに切ない最後の試合になったと話題だったのがこちらのニュースです。 部員9人、選手1人倒れ没収試合に 念願の単独出場だった行徳 主将「感謝しかない」<高校野球千葉大会>(2016年7月15日千葉日報)  第98回全国高校野球選手権千葉大会第4日は14日、県総合SC野球場など10会場で2回戦27試合が行われた。  部員9人で試合に臨んだ行徳だったが、二回裏の守備中に3年生選手1人が熱中症で倒れ病院に緊急搬送。8人となり試合の続行が不可能になった。公認野球規則により没収試合となり、敗退が決まった。  秋、春と連合チームで戦っており、念願の単独出場だった。芳賀大雅主将は「(搬送された選手は)昨秋から入部してくれた助っ人。彼が来てくれたから単独で出られた。ここまで支えてくれた方々にも感謝でしかない」と話した。 もともと部員数も不足して公式戦に出ること自体無理があったのではないかとも言うのですが、それにしても二回の守備中と言うことは試合開始直後と言ってもいい時間帯だったはずで、幾ら何でも早すぎるダウンの背景には体調管理の問題などもあったのでしょうか、他方では今年はこの学校に限らず各地で熱中症による没収試合が相次いでいると話題になっているのだそうです。 高野連が「地方大会では自助努力するしかない」と完全に放置状態なのも批判を呼んでいますが、地方大会に限らず夏の甲子園大会も過酷な連戦スケジュールで選手が体を壊すと批判されているのですから、さすがに今どき「練習中は水を飲むな」などと指導するチームもないのでしょうが、そろそろ対策を講じていかないとますます野球が終わったスポーツ化してしまうのではないかと言う気がします。 ともかくも毎年この時期には熱中症の恐さと言うことがこれだけ各方面で喧伝され、それでも毎年多数の患者が出てしまうと言うことが問題なのですが、先日こんなニュースが出ていましたので参考までに紹介してみましょう。 水だけを飲んでいてもダメ?大塚製薬の熱中症解説が分かりやすい(2016年7月17日netgeek) 猛暑日が続き、熱中症が心配な季節に入った。熱中症対策に水分補給が必要という認識は広まっているが、実は水を飲むだけでは不十分。今、大塚製薬の熱中症解説が分かりやすいと注目を集めている。 どうして水を飲むだけで...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

高い薬が患者からも拒否される時代

薬の価格が年々高くなっていると言うことがこのところたびたび否定的なニュアンスで取り上げられていますが、一方でこんな記事も出ていました。 【千葉】患者の経済的理由で治療中断 医師37%経験(2016年7月8日読売新聞)  県保険医協会は、県内会員の医師や歯科医に受診実態調査を行い、結果を公表した。昨年秋までの半年間に患者側の経済的理由で治療を中断したことがあったのは医師が37%、歯科医が50%だった。  調査は2015年12月~16年2月、医師約1900人、歯科医約2100人を対象に実施し、医師247人、歯科医257人から回答を得た。患者からの未収金があったと答えたのは医師が47%、歯科医が36%だった。  75歳以上の患者の窓口負担は現在1割だが、調査では2割に引き上げた場合の影響も聞いた。選択肢から選んでもらったところ、「受診抑制につながる」は医師が66%、歯科医が69%に上る一方、「影響しない」を選んだのは医師が8%、歯科医が10%だった。  2割への引き上げに関する意見は、「国家財政を考えるとやむを得ない」などとする賛成派と、「絶対に阻止するべきだ」などの反対派で割れた。 45%の医師が値段で薬を変更した経験あり 医師3542人に聞いた「経済的な事情での処方変更は?」(2016年7月13日日経メディカル)  効果が高そうな新薬を使いたいが、薬代を安くしたいと患者に請われれば、処方を変更せざるを得ない。45%の医師はそうした経験をしているようだ(上図)。  さらに現在は、桁違いの価格の新薬が続々登場する状況。ほとんどの医師が医療保険制度の存続に危機感を覚え、対策が必要と考えている(下図)。高額薬剤による亡国を避けるすべはあるのか。 ●患者の施設入所に際して、新規経口抗凝固薬(NOAC)をワルファリンに泣く泣く切り替え。行く先がなくなって途方に暮れるよりはマシかと思い、諦めました。(30代一般内科、20~199床) ●当地では乳幼児の医療費は無料ですが、小学生になると3割負担になります。気管支喘息患児にフルチカゾンとモンテルカストのチュアブル錠で長期管理している場合、小学校に入学した4月からモンテルカストを中止することがあります。(40代小児科、300~499床) ●地方自治体病院に勤務時、同じ疾患でも、国保患者と社保患者では薬価の違う処方を行った。(60代整形外...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

増えた癌患者は社会に帰ってくる道理

人口の高齢化が進めば進むほど増えてくる病気と言うものがありますが、その結果先日はこんな記事が出ていました。 がん患者、初の100万人超=16年予測、死亡は37万人―がんセンター(2016年7月15日時事通信)  国立がん研究センターは15日、今年新たにがんと診断される患者は101万200人で、死亡する患者は37万4000人に上るとの予測を発表した。  発症は昨年より約2万8000人増え、初めて100万人を超える見通し。高齢者人口の増加が主な要因で、死亡も約3000人増加する。  同センターが過去の患者数や推計人口を基に予測した。発症は男性が57万6100人で、女性が43万4100人。部位別では大腸がんが14万7200人と最も多く、胃がんと肺がんが13万人台で続く。前立腺がん、乳がんもそれぞれ9万人を超えるとみられる。  死亡では肺がんが7万7300人と最多。男性が約7割を占め、喫煙者の割合が多い団塊の世代の高齢化が影響しているとみられる。次いで大腸がん、胃がん、膵臓(すいぞう)がん、肝臓がんが多くなりそうという。  片野田耕太がん登録センター室長は「がん検診の受診率が上がれば、一次的に患者数は増えるが死亡者は減らせる。積極的に受診してほしい」と話している。  この癌患者数と言うもの、必ずしも全てが一律に増えているわけではなくものによっては減っているものもあることが知られていて、有名なところではかつて日本の国民的疾患のような扱いだった胃癌は食生活の変化などもあって久しく以前から減少が続いていますし、増加傾向が続いていた他の癌についてもそろそろピークを越えたかと言う印象があります。 肝臓癌などは肝炎治療の進歩で今後長期的には次第に減少が期待される癌の一つと言えますし、婦人科癌なども予防接種などが普及すれば減っていく可能性がありますが、いずれにしても癌とひとくくりに言っても病期の進み具合で全く話は変わってくるのですから、癌検診の普及などで早期発見と早期治療が進めば死亡者数はさらに減らせるかも知れないと言うことですね。 その癌検診の受診率の低さが日本の医療における問題点の一つと指摘されて久しいところですが、先日自らも癌患者であることを告白している都知事選候補者が膏薬の一つとして癌検診受診率向上を挙げるなどしていましたが、それに絡んで世間でもこんな議論が盛んになっているようで...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年7月18日 (月)

今日のぐり:「福龍」

宴の後のさみしさを「おもしろうてやがてかなしき鵜舟かな」と詠んだのは芭蕉ですが、現代においても「おもしろうてやがてかなしき」こんな記事が出ていました。 「俺の会社ブラック…」電車内のオッサン2人の会話がツラすぎる(2016年6月21日MAG2ニュース) 電車に乗っていると、他の人が話している会話を耳にすることもあるであろう。 Twitterユーザー・紅音ゼバス(@_zebasu_)さんが、隣にいたおっさん2人の会話を紹介してくれている。 それがこちら。 「俺の会社ブラックなんだよな…」 「色があるだけいいじゃないか」 「ああ、お前はむしょくか」である。 この会話はシュールすぎて笑えない! 「お前はむしょくか」が切なすぎる。 (略) かつて過労死と言う言葉が日本独自の現象としてオックスフォード英和辞典に載ったなどと話題になりましたが、ブラック企業問題も現代日本を象徴する現象とも言えますね。 今日は色がついたり黒かったりで大変な世の労働者の方々を労い励ます意味で、世界中からその国らしいお国柄を示すニュースを取り上げてみましょう。 セレブの国アラブ、人工の山を作って水不足解決ってマジ?(2016年5月22日GIZMODOニュース) 節水なんてケチくさい、って感じなんでしょうか。 一瞬夏のトンデモSF映画かと思ったんですが、UAE(アラブ首長国連邦)の水不足対策が、なんというかさすがです。なにしろ、雨を降らせるために、山を作ることを検討しているようなんです。って、そんなの効果あるのかっていうと、一応ありそうではあるんです。ただその、供給される水の量を増やす手段に大金をはたくより、消費する量を減らす方が先じゃないかって話なんです。 山を作って雨を降らせるっていうのは、そこまでトンデモ科学じゃないようです。海からの湿った空気が人工の山にせき止められて、上空の冷たい大気で冷やされ、雲ができて、うまくいけば雨になって落ちてくるというわけです。こうして山の海側に雨が降り、反対側には雨が少なくなる現象は「雨陰(ういん)」と呼ばれています。 今は研究者たちがこの試みの実現可能性を判断しているところです。米国の大気研究大学連合と大気研究センターがこのプロジェクトのアドバイザーになって、「詳細なモデリング」をしているそうです。そこで検討した結果、やっぱり効率悪いからやめよう、となるかもしれま...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

今日のぐり:「一心太郎」

先日こんな記事が出ていましたが、世の中色々なものがあるものなのですね。 アイス買ったら、店員が「温めますか?」 「えっ?」「目が点」の客、今年も(2016年7月13日J-CASTニュース)    コンビニでアイスを買ったら、店員に「レンジで温めますか?」と聞かれた――。2016年も本格的な夏の到来を迎え、ネット上にはこんなシーンが報告されるようになった。「コントのようだ」と驚く人もいる。    電子レンジで数十秒温めてから食べるアイスは、ローソンが2011年から販売する「夏の定番商品」だ。今年で販売から6年目となるが、今もネット上には「レンジで温めるか聞かれてメチャクチャ驚いた」との声が出ている。こうした状況に、ローソンの広報担当者は「すでに十分周知できていると思っていた」と声を落とす。    ローソンが販売している「ウチカフェフラッペ」シリーズは、500ワットの電子レンジで30秒ほど温めてから食べる商品だ。カチカチに凍ったアイスを少しだけ温めることで、やわらかく食べやすい食感になる。    この商品をローソン店舗で購入するときには、レジの店員からも「温めますか?」と聞かれるようだ。実際、記者が7月12日に都内のローソンで買ってみたところ、店員から「レンジできますが、どうしますか?」と声をかけられた。    冷たいアイスを購入したにも関わらず、レンジでの「加熱」をオススメされることに面食らう客は、今もいるようだ。ツイッターで16年4月から7月までの投稿を調べると、「ビックリした」と報告するツイートが少なくとも100件以上は見つかる。なかには、     「カップアイスを買ったら店員さんが 『温めますか?』と言うから 『えっ?』ってなった」     「LAWSONのアイスをかったらなにも言わずレンジにかけられたんだけど、誰か説明して」 などと面白おかしく報告する投稿も目立った。    ただ、ローソンがレンジで温めて食べるアイスの販売を始めたのは11年6月のこと。今年で販売から6年目となる同社の「夏の定番商品」なのだが、先述したようにネット上には「知らなかった」というユーザーがまだまだ見つかる。   &#...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

自転車保険、義務化へ

最近報道も増えてきたこととして、こういうニュースが続いています。 自転車保険「義務化」の波、事故増加で高まるニーズ(2016年7月13日株探)  自転車に乗る全員に「自転車保険」の加入を義務化する動きが広がっている。昨年10月に兵庫県では全国で初めて自転車保険の加入を条例によって義務付けたが、これに続き大阪府でも今年4月に「大阪府自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」を施行、この条例に基づき、自転車保険の加入義務化が7月1日からスタートした。自転車による事故は都市部を中心に深刻化、今回の条例が契機となり自転車保険のニーズが全国的に高まりそうだ。 ●自転車が加害者となる交通事故が増加  自動車やバイクと異なり原動機が付かない自転車は、免許が不要で誰でも気軽に乗ることができるのが魅力。その半面、交通規則への意識が希薄になり、無謀運転による事故などが問題視されており、15年6月1日には一定の危険な違反行為をして2回以上摘発された自転車運転者(悪質自転車運転者)は、公安委員会の命令を受けてから3カ月以内の指定された期間内に講習を受けなければならない規則に改定された。近年では電動アシスト自転車の普及により、自転車自体のスピードが出やすくなっており、それによるケガの重症化も問題視されている。  そのようななかで、兵庫県に続き大阪府でも自転車保険の加入が義務化された。大阪府内では、15年の自転車事故の死者数は50人に達し、14年に比べて16人の大幅増となっている。死者数の約5割が高齢者で、死因の約8割が頭部損傷によるもの。自転車が加害者となる交通事故によって、死亡や後遺障害が生じ、高額な賠償請求事例も発生している。 (略) 「自転車保険」義務付け条例相次ぐ…「リスクヘッジの手段として必須」弁護士が指摘(2016年7月7日弁護士ドットコム) (略) 自転車保険を義務化に踏み切る自治体が相次いでいる背景には、どんな事情があるのか。自転車保険に加入しておくメリットはあるのか。交通事故と保険の問題に詳しい好川久治弁護士に聞いた。 「まず、自転車が関与する事故の件数が、依然として多いということがあげられます。 警察庁の調べによると、2015年の自転車が関与する交通事故件数は9万8700件で、交通事故全体の約18.38%を占めています。このうち、自転車の責任(過失)が大きい『第1当事者...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«末期癌患者の多くが癌専門病院以外で看取られている!と問題視する声