2018年1月22日 (月)

医師の働き方改革、当たり前のことを当たり前に推進

ここまで来ると逆に厳しいと言うべきでしょうか、このところ推進されている働き方改革に関連して、先日海外からこんなニュースが出ていました。 人が健康的に働けるのは週39時間まで(2018年01月19日GigaZiNE) オーストラリア国立大学の研究によって、人々が健康的に働けるのは週39時間が限界であると示されています。過労は日本だけではなく世界的に問題になっており、近年の科学研究によって、労働時間を削減することが重要であるという証拠の数々が示されています。 (略) 「働き過ぎ」の傾向は世界各国で起こっており、ドイツの金属労働組合であるIG Metallでは、1万5000人もの労働者がワーク・ライフ・バランスを向上させるため週28時間労働を求めてストライキを行いました。2017年2月にオーストラリア国立大学の研究チームは「健康的に働ける限界は週39時間だ」という研究結果を発表していますが、ドイツでストライキを行った労働者らも自分たちの要求について「怠惰ではなく自己防衛」だと説明しています。なお、シリコンバレーのコンサルタントであり起業家&スタンフォード大学客員研究員でもあるAlex Soojung-Kim Pang氏は、現代の労働者がクリエイティブでいられるのは1日4時間までであると主張しています。 さらに、スウェーデンで1日6時間労働を2年間取り入れた結果、労働者は自分たちがより健康的になったことを報告し、また仕事の生産性が組織全体で85%も向上しました。 ただし、これらの研究の多くは「労働時間」という数字的側面に着目したものであり、雇用条件について語るものではありません。例え1日数時間であってもストレスにあふれた労働環境であれば、労働者の自由や創造性は失われてしまう可能性もあります。市場調査会社YouGovの調べによると、イギリスでは全体の3分の1の労働者が自分の仕事は無意味だと考えているとのこと。労働時間とともに労働環境や従業員の士気の改善がなければ、労働時間削減の効果は少なくなってしまう可能性もあるわけです。 さすがに日本で直ちに6時間労働化も難しいのでしょうが、朝から夕方までずっと最善最良の仕事を続けられるかと言えば難しいでしょうから、人間創造的かつ効率的に働ける時間と言うのは案外短いものなのでしょうね。 記事にもあるスウェーデンの6時間労働化の社会実験では数...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

今日のぐり:「まちの駅周防大島」

人工知能の進歩は今や留まるところを知りませんが、それでも未だ限界はあるものだと言うことを知らせるこんなニュースが話題になっていました。 波紋を呼んだ「ゴリラ」誤認識、機械学習ではいまだ解決せず(2018年1月12日MITテクノロジーレビュー) 2015年、グーグルは大きな非難を受けた。グーグル・フォトの画像認識システムが黒人女性をゴリラと認識してしまったからだ。しかし、2年経った今でも、問題は適切に修正されていない。その代わり、グーグルは多くの霊長類に関連する画像タグを検閲して削除している。 ワイアード(Wired)は多くの動物の写真を使ってグーグル・フォトを再度テストした。確かに、パンダからプードルといった動物については簡単に認識できることは分かった。しかし、ゴリラやチンパンジー、それにヒト科に分類されるチンパンジー属の画像については、ラベル付けされていなかった。ワイアードがグーグルに確認したところ、それらの画像のタグは検閲して削除されていることがわかった。 その反面、たとえば、グーグルのクラウド・ビジョン(Cloud Vision)などの他のコンピューター・ビジョン・システムは、ゴリラの写真に正しくタグ付けしてユーザーに答えを提供できる。要するにグーグル・フォトでのタグの削除は、ばつが悪いPRなのだ。 検閲よりも大きな問題は、機械学習用のデータ・セットに潜む偏見である。機械が学ぶ必要のない、人間の一面を反映しているのではないだろうか。しかし、偏見を減らし無くしていくのは、単にラベルのブラックリストを作るより、もっと大変な仕事なのだ。 それは確かに大変な仕事ではあるのでしょうが、しかし人間の目には違いは明白に見えてもAIにはそうではないと言う問題、他にも色々とあるのかも知れませんね。 今日は世界中で日々進歩し続ける科学技術のさらなる発展を祈念して、世界中からこれはと思う最新最先端のテクノロジーを伝えるニュースを紹介してみましょう。 CPUの速度を上げるらしい謎技術「アクセラレーション・ブースト」にネットの反響続々(2018年1月18日インターネットウォッチ)  CPUの脆弱性についての解説記事でその存在が明らかになった謎の技術「アクセラレーション・ブースト」を巡って、ネット上で続々と反響が広がっている。  元記事によると、これはCPUの処理速度を上げるための手法の...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

労働を労働と認識出来ない人間がトップに居座る組織の悲劇

それはちょっとおかしいのでは?と思うことがまかり通る世の中ですが、先日こんなおかしなことが明らかになったと報じられていました。 過労死ラインの2倍 医師の残業、月200時間容認 日赤医療センター労使協定(2018年1月14日産経新聞)  日赤医療センター(東京都渋谷区)が医師の残業時間を「過労死ライン」の2倍に当たる月200時間まで容認する労使協定(三六協定)を結んでいることが13日、分かった。医師20人は平成27年9月からの1年間で月200時間の上限を超えて残業。渋谷労働基準監督署は昨年3月、センターに協定を順守するよう是正勧告した。  労災の過労死が認められる目安は月100時間の残業とされているが、現行では労使間合意があれば残業時間の上限に制限はない。日赤医療センターは日本初の赤十字病院で常勤医師約260人、約700床の大型総合病院。月200時間の上限を過重だったと認め協定を見直すとしている。 いくら協定を結んでいようが200時間はいささかどうよ?と思いますが、その200時間すら越えて働かせていたと言うのですから驚きで、どうも日赤と言う組織には遵法意識は存在しないと言うことなのでしょうか。 先日は岐阜市民病院が労使協定上限の100時間を越える残業を強いていたと指導を受け、新たに150時間まで残業を認める労使協定を結び直したことが話題になりましたが、医療の世界はとかく発想がユニークですよね。 どうして医療の世界ではこうも労働管理がいい加減なのか、その理由の一端を知る手がかりとして先日非常に興味深い意識調査が発表されていたので紹介してみましょう。 「医師の労働」とは何か?◆Vol.8「区別困難」や「区別必要なし」との意見も(2018年1月14日医療維新)  医師の一日は診療から事務作業、各種委員会や勉強会、自己研鑽など多岐にわたり、「労働時間」の議論に入る前に、そもそも「どこからどこまでが労働か」が問題になる。「医師の労働」とは何かを聞いた。 Q: 下記のうちどれが労働(対価として給与をもらう仕事)に該当するとお考えですか。(複数選択)  多くの項目で、理事長や院長など高い地位にある場合に「労働には該当しない」と考える傾向が見られた。診療やそれに伴う事務作業、当直、日直は多くの医師が「労働」と考えているが、いずれも1~2割程度は「労働に該当しない」と考える医師もいた...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

年々技術革新が進むあの装置がさらに進歩した結果

安楽死と言うと日本では癌末期などに限っての議論が主ですが、海外ではすでに高齢であると言った理由だけでも安楽死が認められる国も出てきているそうで、そんな需要に応えるべく?先日こんな記事が出ていました。 苦しまない安楽死マシンなら死を選びますか?(2017年12月13日ニューズウィーク) オーストラリアのフィリップ・ニチキ医師(70)は、「自殺幇助のイーロン・マスク」を自称する。自ら開発した自殺幇助装置「サルコ(Sarco)」も、マスクが開発した電気自動車、テスラの「モデルS」に匹敵する技術革新だと考えている。 オーストラリア南東部のビクトリア州が11月29日に安楽死を合法化する法案を可決したのを機に、本誌はニチキに話を聞いた。安楽死が合法化されたのはオーストラリア・ニュージーランドを通じてこれが初めてとして注目を集めたが、ニチキは以前にも自殺幇助をしたことがある。オーストラリア北部の準州ノーザンテリトリーが、1996年から翌年までの短期間、安楽死を合法化した時だ。 ニチキは若い頃から安楽死に興味を持ち、アメリカの有名な安楽死の推進者ジャック・ケボーキアン博士の研究に傾倒した。ケボーキアンが考案した「死の装置」に魅せられたニチキは、その進化版として「ザ・デリベランス」と名付けた自殺幇助装置を開発した。静脈注射のチューブとノートパソコンを接続しただけの原始的なものだったが、役目はちゃんと果たした。あらかじめパソコンに入れたプログラムを使って、患者本人の意思を確認したうえで、致死量の鎮静剤を投与する仕組みだった。ノーザンテリトリーで安楽死が再び非合法化される1997年までの1年間に、ニチキは4人の患者を安楽死させた。 非合法化された後も、「死にたいと言ってやって来る患者が後を絶たなかった」とニチキは言う。「ここ20年は、合法化に向けた戦いの日々を送ってきた。それが今、実を結んだ」 (略) 安楽死の仕組みはこうだ。利用希望者は事前にオンラインで精神的に健康かどうかを調べるテストを受ける。合格すると、24時間有効なアクセスコードが送られてくる。カプセル内のタッチパッドにそのコードを入力し、本当に死を希望するかという質問に回答すると、サルコのカプセルに窒素が充満し、酸素濃度が5%まで下がる。利用者は1分以内に意識を失い、数分後に死亡する。 サルコを使った死は他の方法と比べると無痛...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

今日のぐり:「よりしま多幸半(たこはん)田町店」

日本のみならず北米も大変な看破なのだそうですが、ナイアガラの滝が凍り付く以上にその寒さが判ると話題になったのがこちらのニュースです。 極寒のカナダ、ペンギンすらも屋内に避難(2018年1月2日AFP) 【1月2日 AFP】カナダはどれぐらい寒いのか知りたければ、カルガリー動物園(Calgary Zoo)のペンギンに聞いてみよう──同園では寒さのあまり、ペンギンたちでさえもが屋内への避難を強いられている。  同国西部アルバータ(Alberta)州にある同園のマル・チェリ(Malu Celli)園長によると、同園で飼育されているペンギン5種のうち、キングペンギン(オウサマペンギン)は、比較的温暖な気候を好むフンボルトペンギンなどに比べ、寒い気候に慣れているとされる。  だが、大みそかには寒波により気温が氷点下30度を下回る水準にまで低下。風を考慮した体感温度は氷点下40度に達した。同園では生後5か月のひなも1羽いることから、職員らは先月31日、ペンギンの耐寒限度を氷点下25度とすることを決めた。  10羽のキングペンギンは暖房の入った飼育場に移されたが、それでも動物園を訪れる果敢な人々の目に届く場所で展示されている。  カナダでは国内の大半の地域で1週間近くにわたって極寒注意報が出されており、一部の都市では大みそかの行事の会場が屋内に変更された。 ペンギンですら避難するとはどれだけ寒いのかですが、氷点下25度でも十二分に冷えているのではと言う気はします。 今日はペンギンたちの生活が平穏無事であることを祈念して、世界中からこの時期の気象を物語るニュースの数々を紹介してみましょう。 "寒さ"も"豪雪"も記録的 幌加内町 積雪197センチの別世界 「埋もれちゃう」(2017年12月21日北海道ニュース)  厳しい冷え込みで、川からは、まるで湯気のように水蒸気が立ち昇り、木々は凍りついています。  12月21日朝は、北海道陸別町で氷点下24.5℃とこの冬一番の冷え込みになり、北見市でも氷点下22.7度と、12月としては32年ぶりの冷え込みとなりました。  住民:「寒いです。きょうは特に手が冷たいです」  一方、こちらは上川地方の幌加内町です。  人の背丈をはるかに超える雪山がそびえたち、国道は車がすれ違うのもやっとです。  幌加内町では、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

認知症ではないとして免許を更新していた高齢者による重大事故発生

正月早々騒がしいニュースが続いているのですが、成人式の晴れ着騒動と並んでこちら若い人たちが犠牲になった痛ましい事件が起こっています。 逮捕の85歳男「気付いたら事故」 親族が目離した隙 車乗り出す 前橋の女子高生2人重体事故(2018年1月10日上毛新聞)  「気付いたら事故を起こしていた」。前橋市内で9日朝、登校途中だった自転車の女子高校生2人が同市下細井町、無職、川端清勝容疑者(85)の運転する車にはねられ、重体となった事故。前橋署によると、2人に相次ぎ衝突、けがを負わせたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで逮捕された川端容疑者はこう話し、容疑を認めている。川端容疑者の親族は「運転しないように普段から言っていた。申し訳ない」と語り、女子高生2人の親族は言葉を失った。  事故は9日午前8時25分ごろ発生。前橋市北代田町の群馬県道前橋赤城線で、自転車に乗っていた市立前橋高1年の太田さくらさん(16)=同市高井町=と、同校3年の大嶋実来さん(18)=同市元総社町=が川端容疑者の乗用車にはねられ、頭などを強く打って市内の病院に搬送された。前橋署は同日夜、川端容疑者を逮捕した。  川端容疑者は県道を南へ走行中、対向車線にはみ出し、路側帯を走っていた太田さんをはね、民家の塀に衝突した後、大嶋さんをはねた。さらに走行車線に戻り、渋滞で止まっていた同市の男性会社員(35)の軽乗用車に衝突した。川端容疑者は頭、男性は首にそれぞれ軽傷を負った。現場にブレーキ痕はなかった。同署は男性の負傷についても、同容疑で捜査を進める。  川端容疑者はこの事故の直前、約150メートル北の同県道交差点で、対向車線で右折待ちをしていた同市の女性(26)の乗用車と、右のドアミラー同士が接触する事故を起こしていた。市内の老人福祉センターに向かう途中だった。  県警によると、昨年、認知機能検査を経て免許が更新されていた。  川端容疑者の親族の50代女性によると、認知機能に不安があるなどしたため、普段から車を運転しないように伝えていたという。車で外出しようとしたのでいったんは止めたが、目を離した隙に出掛けてしまったといい、「あの時に鍵を取り上げていればよかった。(被害者が)大変心配」と涙ながらに話した。 (略)  事故現場には、前輪が大きく変形した自転車が路上に倒れ、事故に遭った女子高生のものとみ...

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

三六協定?結んでいませんが何か?な藤田保衛大がやはり労基署から是正勧告を受けていた件

先日は共同通信のアンケートで医師と三六協定など結んでいないと堂々と回答したことが注目された藤田保衛大ですが、案の定違法残業が蔓延していたとして是正勧告を受けていたそうです。 三六協定なく医師呼び出し 違法時間外労働で是正勧告 未払い残業も、愛知の病院(2017年12月27日共同通信)  藤田保健衛生大病院(愛知県豊明市)が、医師との間に時間外労働(残業)に関する労使協定(三六協定)を結ばず緊急呼び出しを繰り返し、割増賃金も支払っていなかったとして、名古屋東労働基準監督署から是正勧告を受けたことが26日、関係者への取材で分かった。勧告は11月22日付。  同病院は病床数が1400以上で、高度医療を提供する特定機能病院。各地の病院で三六協定の上限を超えた違法残業が明るみに出て医師の長時間労働が問題となる中、重症患者の救急受け入れなどを担う大規模病院で、協定なしの違法残業が放置されていた実態が明らかになった。  厚生労働省幹部は「この規模で協定が結ばれていないのは通常あり得ない。組織の在り方として問題だ」と批判。病院を運営する学校法人藤田学園は「医師は労働時間の正確な把握が難しく三六協定の対象に含めていなかったが、緊急呼び出しは時間外労働に当たると認識を改め、対象に加えて再締結し、労基署に提出した」としている。  関係者によると、労基署は同病院の少なくとも5人の医師が、休日や就業時間後に緊急呼び出しを受け、入院患者に対応していたことを確認。ある医師では週の所定労働時間が約39時間だったが、呼び出しによる業務は最長約9時間に及んでいた。同病院が締結している三六協定の対象に医師が含まれていないことから、違法な時間外労働に当たると認定した。  また、病院の就業規則に緊急呼び出しに対する割増賃金の規定がない上、医師らに支払われている緊急呼び出し手当などは、算定方法が時間単位になっておらず、実質的な割増賃金にも当たらないと判断した。  通常の勤務時間以降の居残り時間が、労働に当たるのか私的な研究に当たるのかの区別が付かなくなっているとして、労働時間の適正な把握に努めることも指導した。 (略) 事務部門でも違法残業 愛知の病院、昨年是正勧告(2017年12月28日共同通信)  医師との間で労使協定(三六協定)を結ばずに時間外労働をさせていた藤田保健衛生大病院(愛知県豊明市)が、協定を...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

今日のぐり:「さかりば」

先日報じられたこちらのニュースが、妙に世間の共感を得ているようです。 「トイレに急いで」高速を168キロで走行…千葉県立高の女性教諭を戒告(2017年12月21日産経新聞)  高速道路を168キロで走行して摘発されたとして、千葉県教委は21日、県立千葉工高の女性教諭(27)を戒告の懲戒処分にしたと発表した。教諭は県教委の聞き取りに対し「トイレを急いでいた」と話しているという。  県教委によると、教諭は7月8日朝、大学時代の友人の男女2人と日帰り旅行で新潟県内を運転中、同県小千谷市の関越自動車道下り線で制限時速100キロのところを、68キロ速度超過する168キロで走行したとしている。最寄りのインターチェンジまで残り約3キロの地点で、後日、道交法違反(速度超過)容疑で同県警に摘発された。  教諭は11月9日に同罪で千葉簡裁から罰金9万円の略式命令を受け、後日納付。10月2日に免許停止90日の行政処分を受けた。 そのような状況では致し方なかろうと言う声も多いこの一件、果たして女性がトイレに間に合ったかどうかが気になるところです。 今回は女性教諭が事故を起こさなかった幸いを祝って、世界中からそれはまあ仕方ないかな…と納得させられそうになるニュースの数々を紹介してみましょう。 ラマにほうき投げ…女性飼育員の“虐待”に批判殺到(2017年12月17日テレ朝news)  サファリパークで飼育員がラマに乱暴な行為していた問題で、施設には問い合わせが殺到して電話回線が一時、パンクする事態になった。  カメラが動物園職員の暴行の瞬間を捉えた。動物に近付く職員。すると、持っていたほうきを投げ付けた。そして、逃げる動物に後ろから蹴り掛かっている。その後も何度もほうきを投げ付ける様子がカメラに映っていた。動物への暴行を行ったのは、栃木県の那須サファリパークに3年以上勤める女性飼育員。被害に遭ったのはラクダの仲間のラマだ。これを受けて、インターネット上には批判の声が。  ツイッター:「飼育員やる資格ないよ」「許せない、虐待だと思う」  那須サファリパークは「追い払うためだった」と日常的な虐待は否定したものの、行き過ぎた行為と認めて謝罪している。ラマにけがはないという。女性飼育員は反省しており、現在、休職中。今後、自主退職するという。園は徹底した再発防止に努めたいとしている。 元記事の動画を見ま...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

ネトゲでのトラブルで全く無関係な人が射殺されると言う斜め上な事件発生

タイトルだけではちょっと何言っているのか判らない系のニュースなのですが、不幸な被害者のご冥福を思わず祈りたくなるのがこちらの事件です。 CoD:WWII: わずか1.5ドルの賭け試合でスワッティング、無関係の男性が射殺される最悪の事態に(2017年12月31日FPSニュース) アメリカの28日木曜日の夜に、カンザス州ウィチタの男性(28歳)が警察によって射殺されたという報道がありました。 これだけですとゲームとは全く関係ない一文なのですが、報道の直後に『CoD』のコミュニティが、これはアメリカの警察特殊部隊「SWAT」に人質事件といった偽の通報をし相手の家に送り込む「Swatting(スワッティング)」という悪質極まりない行為のせいだとの声が上がりました。 警察の調査の結果、SWATの出動は『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』の賭け試合に負けたプレイヤー2人が引き起こしたもので、被害者は完全に無関係な人物だという最悪な事態だったことが判明しました。 事件の経緯 CoD:WWII: わずか1.5ドルの賭け試合でスワッティング、無関係の男性が射殺される     アメリカの28日午後、UMGというサイトで掛け金1.50ドル(約169円)の試合が行われる。     敗北したチームの2人のプレイヤーM1ruhcleとBaperizerが激昂しお互いをTwitter上で挑発。     M1ruhcleが無関係の近所の住所を自分の住所だと伝える。     Baperizerが、12月上旬にもテキサス州ダラスのイベントでもスワッティングを行ったと目されている人物(Swatter)にその住所を伝える。     依頼を受けたSwatterが、カンザス州の地元警察に「父が銃を持ち家族を人質にして自殺を計っている」と嘘の通報。         12月31日追記: 警察が通報の記録を公開し、「通報者自身が父の頭を撃ち、家族を人質にしている。 家にガソリンを撒いた。火をつけるかもしれない」と通報者が発言していたことが判明しました。     SWATは通報を受けた無関係の住所に...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

今日のぐり:「いろり山賊 玖珂店」

新年あけましておめでとうございます。今年も当「ぐり研」をよろしくお願い申し上げます。 さて、毎年この時期になると風物詩的に取り上げられているあのニュースですが、先日その起源が報じられていました。 ああ!カピバラになりてぇ~(2017年12月22日NHK) 22日は冬至。きっと各地のNHKで冬至にちなんださまざまな話題を取材しているのだろう…。そう思った我々は驚きました。なんと、全国で9か所も、お風呂に入るカピバラの取材を予定していたのです。なぜこれほど話題になるの? 取材を進めると、あちこちでこんな心の声が聞こえてきました。「ああ!カピバラになりてぇ~」(ネットワーク報道部記者 飯田暁子 佐藤滋 野田綾) (略) そもそも、いつからカピバラはお風呂に入るようになったのか。私たちはその歴史から取材をはじめました。 「私たちがカピバラ風呂の元祖と名乗っています」 こう話すのは静岡県伊東市にある伊豆シャボテン動物公園の中村智昭園長。なんと35年も前からお風呂を楽しんでいると言います。 この公園は、日本が高度成長期に入り伊豆半島一帯がリゾート地として開発される中、昭和34年に世界中の珍しいサボテンや動物に親しむことができる観光施設として作られました。 世界最大のねずみの仲間カピバラの飼育もまもなく始まりました。 ところがカピバラは本来、ブラジルなどの南米の川や湖など水辺の草原に暮らしていて、水の中で泳ぐのは大好きですが、寒さは大の苦手です。 (略) そんな35年前のある日。 飼育員がお湯で展示場を掃除していたところ、小さなお湯だまりにカピバラたちが集まりました。そして、お湯に足やおしりをつけて気持ちよさそうにしていたのです。 「もしかして、お風呂を作ったら喜ぶかも?」 飼育員はさっそく池の冷たい水を抜き、お湯を入れてみました。するとカピバラたちが我先にと大喜びで入浴したのです。それ以降、お風呂に入るカピバラの姿は伊豆の冬の風物詩となりました。 (略) カピバラにすれば寒い日本の冬をやり過ごすための生活の知恵なのかも知れませんが、確かに何とはなしに癒される光景ではありますよね。 本日は全国でカピバラになりたいと願っている疲れた人々に一時の安らぎを与える意味で、あちらこちらから少しだけ微笑ましく感じるニュースを取り上げてみましょう。 「あなたのスーツの内ポケットからこんなものが...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今日のぐり:「ラーメン めん吉 博多一番街店」