2015年5月26日 (火)

最近妙なところで注目されることが多くなった?弁護士業界の話題

何気なく読んでいると何と言うことはないありふれた事件のようにも思えるのですが、冷静になって読み返してみると何かしら非常に不自然な印象を与えると言う、こんな小さな裁判の記事が大きな話題になっていました。 保険金目的で自宅放火の男判決(2015年5月22日NHK) 3年前、保険金をだまし取る目的で自宅に火をつけて全焼させたとして放火などの罪に問われた久留米市の55歳の男に対し、福岡地方裁判所は、「地域住民に不安を感じさせた危険な犯行だ」として懲役6年の判決を言い渡しました。 久留米市の無職、荒木英次被告(55)は3年前の8月、家財道具にかけていた火災保険の保険金をだまし取る目的で、当時自宅として借りていた木造2階建ての住宅に火をつけ、全焼させたとして、放火と詐欺未遂の罪に問われていました。 これまでの裁判員裁判で、検察は「危険な行為で動機も身勝手だ」として懲役8年を求刑した一方、弁護側は、火をつけた事実は認めたうえで「被告ではなく、ほかの第三者の放火によって火災が起きた可能性がある」として無罪を主張していました。 22日の判決で福岡地方裁判所の松藤和博裁判長は、「火災発生の前には被告が1人で家におり、被告のつけた火が消えて、その後に第三者が放火するというのは常識的にあり得ない」と指摘しました。 そのうえで「全焼という結果は重く地域住民に不安を感じさせた危険な犯行だ」として懲役6年の判決を言い渡しました。 いやまあ、確かに自分で火を付けたことは認めているのはいいとして、この状況で「でも実際に火事になったのは誰か知らない人も火を付けたからかもしれないよね?ね?」では無理があるにもほどがある弁護だと大いに話題になっているのですが、さすがに地裁判事ですら「それはないだろうjk」と思わず突っ込みを入れたくなったと言う、これは何とも無理筋な弁護であったと言うべきでしょうか。 こういう記事が出るたびに「弁護士ってどんだけw」とひどく評判が悪くなっていくようにも感じられるのですが、雇用主たる被告がやっていない、違うと言い張っている以上その線で弁護するしかないと言うのは多くの弁護士が指摘している通りでしょうし、この辺りは無理筋の弁護をして○○系を食らうのが得なのか、何とか罪一等を減じてもらえるよう法廷戦術を変えた方が得なのか、弁護士が事前にどれだけ被告に理解させられるかでしょうね。 ただ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月25日 (月)

この場合一番悪かったのは誰なのか?と言う素朴な疑問が

偽医者騒動と言うものが未だに発生するようで、先日はこんな記事が出ていました。 医師免許なく約300人診療か(2015年5月21日NHK) 仙台市の眼科診療所で医師の免許を持たない男性がおよそ300人の患者に対して診療行為を行っていた疑いがあることが分かり、この診療所を経営していた福岡市の医療法人は警察に通報するとともに患者に対して診療費を返還するとしています。 福岡市にある医療法人「しんあい会」によりますとおととし12月から去年4月にかけて仙台市青葉区の眼科診療所「ひまわりアイクリニック仙台」で休暇中の医師の代わりに医師紹介業者を通してのべ9日間にわたって男性医師の派遣を受けました。 しかし、ことし1月下旬にこの医療法人が税金の関係書類をこの男性に送ったところ別の医師に書類が届いたため、不審に思って警察に通報したところこの男性は医師免許証を持っていないことが分かったということです。 このためこの医療法人は仙台市の保健所に届け出るとともにこの男性が仙台市の診療所で診療行為を行った患者、およそ300人に文書を送付して診療費の返還を申し出ています。 この医療法人は全国で眼科診療所を経営していますがこの男性は仙台市以外でも4か所の眼科診療所で述べ62回にわたって診療行為をしていた疑いがあるということで患者の数は全国で合わせて2200人に上る恐れがあり、警察で捜査を進めています。 この医療法人は「医師免許証のコピーを持っていたので信じてしまった。2度と同じことが起きないよう医師免許証を原本で確認することを徹底している。多くの患者に迷惑をかけ大変申し訳ない」と話しています。 今どき医師免許の確認がコピーと言うのもどうなのか?とも思うのですが、しかし医師資格の確認が紙切れ一枚と言うのも今の時代おかしな話で、この辺りはもう少し時代に合わせた資格認証のシステムが必要になるんじゃないかと言う気がしますが、気になるのは本件のように業者経由での雇い入れでもこうした偽医師騒動が発生すると言うことですよね。 過去にも何件か同様の無資格診療を行っていたと言うことで、一番最初の段階でチェックがおろそかになったまま継続して契約されてきたと言うことなのでしょうが、興味深いのは本来医師と言う資格を偽って詐欺的行為を働いた偽医者が加害者であり、診療所や業者は被害者と言っていい立場であるにも関わらず、診療費...

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

今日のぐり:「あっぱれすし丸 中庄店」

先日は大勢の子供達の目の前で、あまりにあまりな事故が発生したと言う衝撃的ニュースが話題になっていました。 ドラえもんショーの途中でジャイアンの首がボロンと取れて子どもが号泣する事案が発生(2015年5月18日ねとらば)  子どもたちを笑顔にするはずのドラえもんショーでとんでもない悲劇が発生しました。事件はYouTubeに投稿された動画「ドラえもんショー ジャイアンの首が…」の4分ごろに起こります。  のび太たちに自分のミスを指摘され、「悪かったよ~」と珍しく素直に謝るジャイアン。ところがペコッと頭を下げた瞬間、ポロッと首がとれて地面に転がってしまいました。あまりにも衝撃的な光景に会場には悲鳴があがり、中には「うわーん!」と泣きだしてしまう子どもも。思わず着ぐるみたちも全員が地面に落ちたジャイアンの首を見つめてしまっていますが、予定通り流れたスネ夫のセリフ「もう気をつけなくちゃ~」がまさかの神ツッコミになっているのもシュールです。  ちなみに21分ごろにはドラえもんのために用意した誕生日ケーキのフタが開かないというハプニングも。一瞬動揺した様子は見せますが、すぐさま切り替えて演技に戻る役者さんたちのプロ魂はさすがです。 いや、泣き叫ぶ子供達の音声が妙にリアルなんですが、しかし現場で遭遇しますとこれは色々な意味できついでしょうね。 今日は子供達を励ましジャイアンの健康回復を願う意味も込めて、世界中からそれはちょっと遭遇したくはなかったなと言う類の悲劇的なニュースを取り上げてみることにしましょう。 劇場の舞台が陥没、合唱隊80人全員が落下して8人負傷―中国(2015年5月11日レコードチャイナ) 9日、中国貴州省畢節市の劇場で、合唱コンクールのリハーサル中に舞台が突然陥没。舞台上にいた合唱隊80人全員が落下し、8人が負傷した。 2015年5月10日、中国中央テレビによると、貴州省畢節市の劇場で9日午後、合唱コンクールのリハーサル中に舞台が突然陥没し、舞台上にいた合唱隊80人全員が落下した。 軽傷の6人とけがの程度が重い2人が病院に運ばれ、治療を受けている。 陥没の原因は調査中だという。(翻訳・編集/柳川) その思わず「ドリフかよ!」と突っ込みを入れたくなる状況はこちらから動画を参照いただきたいと思いますけれども、しかしそのまま指揮を続ける指揮者… 思わず笑ってしまいそうな...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

ゆとりバッシングに限らず若年者叩きはお年寄りとマスコミの伝統です

様々な意見がある中ですっかり言葉としては定着した感のある「ゆとり世代」と言うもの、過去にも年代毎に様々なものが登場したこの種のレッテル貼りの言葉と同様、当事者からは(ごく控えめに言っても)決して評判はよくないようですけれども、とかく高齢者による若年者への攻撃ははるか人類史の長きにわたって続いてきた共通の現象であると言いますね。 ただ批判されるべきなのかどうかは別としても、やはり年代によって考え方の違いと言うものは明確に存在しているようで、現代の若者気質を示すものとして本日の本題に入る前にまずは先日出ていたこういう記事を紹介してみましょう。 生活費は月3万―5万円 自作の小屋で暮らす若者たち(2015年4月11日朝日新聞)  自作の小屋で暮らす若者が千葉県内で相次いでいる。郊外の手頃な土地を購入し、量販店で仕入れた建材でインターネットを見ながら自らで建築。普段の生活は井戸水を使い、電気も最低限の電流を契約する「エコ」な暮らしぶりだ。ネットでその輪も広がりつつある。  九十九里浜にほど近い九十九里町作田。吉田克也さん(28)は一昨年11月に東京・世田谷から自転車でリヤカーを引いて移住してきた。  ネットで検索して見つけた140平方メートルの空き地を45万円で購入。業者に依頼して井戸を掘り、最低電流の電気も引いた。  テントで暮らしながら、近くのホームセンターで建材を買い、ネットに掲載された建築の方法を参考にして毎日少しずつ建設。約1カ月で4畳ワンルームの小屋を完成させた。ここまでの出費は計約90万円。  普段の生活も質素だ。水道代は無料だが、電気代は月約400円。日々かかるのは食費がほとんどだが、家庭菜園で野菜を作ったり、近所から食料品を分けてもらったりも。締めて月3万~5万円ほどの出費だ。「節約するつもりはないのだが」と吉田さん。 自作の家と言えばひと頃はログハウスを組み立てることがちょっとしたブームのようになったこともありましたが、記事の写真を見る限りではこれを自宅と言っていいのかどうか、もちろん家屋の要件としてどのようなものが必須であると言うルールもないわけですが、まあ控えめに言っても作りかけの掘っ立て小屋と言った趣ですよね。 興味深いのはこれが有りだと思ってしまうその価値観で、多くの世代の方々にとってはこんなホームレス紛いの生活は決して許容出来るmのではないと言...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月22日 (金)

するべき理由はないがするべきでない理由は多いことを人は普通しない

今日は一見どうでもいいような話とも、人類普遍の課題とも言える話とも取れるネタを取り上げてみたいと思いますが、まずは本題に先立って先日出ていたこちらの記事から紹介してみましょう。 なぜ女性は正論を主張したがるのか 論破したがる男性の行動は無意味(2015年5月9日産経ビズ) 「女の正論」に対抗手段はあるか  世の中には、妥協するしかないときもある。ところがそういうときに限って正論を持ち出して反対する学級委員タイプがいるものだ。そしてそういうタイプはなぜか女性に多い。  たとえばせっかく会議で結論が固まりつつあったのに、女性が正論を主張し始めたばかりに、議論が振り出しに戻ることがある。こんなとき男は女の正論を聞きながら思う。  「お説ごもっとも。でも今それを言ったからってどうなるの?」  なぜ女性はこんなとき口を閉じていられないのだろうか。それは男女の脳の違いと、「脳は快感がないと行動を起こさない」という原則と関係がある。  女性の脳は、言語をつかさどる左脳的思考を得意とする。だから女性は言葉を使って考えて、理屈で納得するのが快感なのだ。  逆に言えば女性は自分が心底納得してからでないと行動を起こしたくない。だから腑に落ちないことをさせられそうになると、理屈で納得したくて正論を主張し始める。  たとえそのせいで「場が読めない」と言われても、自分を納得させるという快感を優先させてしまうのである。一方、男性はおおざっぱで直感的な右脳思考。妥協すると決まれば何も考えず従える。 (略)  というわけで、女性が正論を主張し始めたら、周囲の人間がとるべき態度はただ1つ。「気がすむまで主張させる」ことだ。面倒くさいが、どこかでエネルギーを吐き出させておかないと、いずれ憤懣が爆発してしまう。  「なるほど、それはもっともだね」と同調してさえおけば、何も行動する必要はない。万が一、後から「あれはどうなっていますか」と追及されたらどうするかという問題はあるが、そんなときは、のらりくらりと逃げればいい。 もっともそこまで女性が持論に固執する心配はまずない。自分の主張の正しさが認められればそれで満足だからだ。  もっとはっきり言うと、女性は別に討論をしたいわけではなく、ただ言いたいだけ。自分が正しいと思う主張をすることが快感なのであって、主張が認められてそれが現実になることは別に快感ではない。...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

技術的進歩を続ける生殖医療、それでも怖いのはヒューマンエラーか

生殖医療の進歩は今さらですが、海外では商業ベースでかなりきわどいものまで実施されている場合もあるようで、先日はこんな記事が出ていました。 卵子の素で卵子若返り? 米企業、出産例発表 安全性に疑問も(2015年5圧11日朝日新聞)  加齢による不妊に悩む女性に対して、本人の卵巣から卵子の素(もと)になる細胞を取り出し、一部を卵子に移植して若返らせる方法で、初めての赤ちゃんが生まれた、と米国の企業が発表した。妊娠の可能性が高まるとしているが、効果や安全性について疑問視する声も上がっている。  発表したのは米国に本部を置き、世界の不妊治療クリニックに技術提供をしている「オバ・サイエンス社」。カナダの34歳の母親に試みて、男児が生まれたという。卵子の素になる細胞から、細胞に必要なエネルギーを作るミトコンドリアを取って発育不良の卵子に移植する方法で「卵子や受精卵の質が悪い人の妊娠率を上げられた」と説明している。  北海道大の石井哲也教授(生命倫理学)は、効果や安全性に関する科学的な裏付けが欠けていると指摘。「子どもへの長期的な影響も懸念され、認める場合でも臨床試験で慎重に行うべきだ。安易に取り入れるクリニックが日本でも出てくれば問題になるだろう」と話す。 記事を見ていて気になったこととして一例報告と言う形で発表されたようなんですが、ともかくこうして成功例が表に出てきた以上は自分もその技術を利用する権利があると言う人は出てくるのだろうし、それに対してお金も出すし説明を受け理解をした上で同意してやることであれば、今後も同様のケースが後に続く可能性はありそうに思います。 もちろん大前提として大抵のことが自己責任で行われる米国だからこそ出来ることで、このままの形で日本でも即導入と言うのはちょっと考えられないのだろうとは思いますけれども、方法論としては国内の法律に明らかに反して違法であると言うものでもなさそうなだけに、有効性が確認されれば学会から除名覚悟でもやってみようと言う方々が国内でも登場するかも知れませんよね。 仮に妊娠、出産がうまくいったとしてもその後の長い子供の人生の中で何かしらトラブルがあったとき、あのときのあれが原因ではなかったかと思い悩むことになる可能性もあるかと思うのですが、それでも子供を望んでいるのに得られない不幸に比べれば子供が持てただけマシだと言う考え方もあるで...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

払えないのか、払わないのか

本日の本題に入る前に、ベラルーシと言えばどこにあるのかよく判らないと言う日本人も多いんじゃないかと思いますが、そのベラルーシの名前が先日妙なことで話題になっていたのをご存知でしょうか? 半年無職だと「罰金3万円」を科せられる「ニート罰金法」 もし日本で制定されたら?(2015年5月12日弁護士ドットコム) 東ヨーロッパに位置する「ベラルーシ共和国」で5月上旬に可決された法案に、日本でも注目が集まっている。1年のうち半年間「無職」で納税しなかった国民や永住者に対して、罰金を科すという。日本のネット住民の間では「ニート罰金法」との呼び名がつけられた。 罰金の額は日本円にして約3万円。支払わない場合は拘束され、地域のボランティアをするよう命じられる。国民に健康な就労を促し、国家財政への貢献を義務付ける狙いだという。未成年者や身体に障害がある国民、55歳以上の女性と60歳以上の男性は対象外だ。 この法律は、国際人権連盟などからは「人権上問題がある」「奴隷制度と等しい」と大批判を浴びている。一方で、日本のネット掲示板を見ると「いいことだ」「是非日本でもやるべき」と肯定的な意見を述べている人が少なくない。 しかし、無職で所得のない人に「罰金」を科し、支払わなければ強制的に労働させるような法律を、日本で制定できるのか?憲法問題にくわしい村上英樹弁護士に聞いた。 ●「ニート罰金法は憲法違反の疑いが強い」 「ニート罰金法を日本で創設することは、憲法違反の疑いが強く、困難だと思います」 村上弁護士はこのように切り出した。 「たしかに、憲法の27条は『全て国民は、勤労の権利を有し、義務を負う』と定めています。勤労は国民の三大義務の一つであり、憲法の根底において、勤労の尊さの価値が認められているのは間違いありません。 しかし、だからといって、法律で国民に勤労を強制できるかといえば、別問題でしょう」 なぜだろうか? 「働くことが尊いとわかっていても、すぐには働くことができない人はたくさんいます。 健康上の理由だけでなく、人それぞれのいろいろな事情や経済・社会環境などの要因が、その背景にはあります。 また、就職して就労関係が成り立つのは、個人の努力によるところもありますが、それだけでは何ともならない『縁』のような部分もあります。刑罰を背景にして、働くことを強制するのは無理があるでしょう」 ●日...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

ウハウハに見えていた製薬業界も意外と安泰ではないらしい

医療費削減政策で医療現場の青息吐息ぶりが報じられてきた中で、こちらはちょっと儲けすぎなんじゃないか?とひと頃からMRさんの給料まで取り上げられて批判的に取り上げられることが多かった製薬業界ですけれども、必ずしもそうでもないらしいと言う決算結果が先日報じられていました。 製薬大手6社、営業損益悪化 安価な後発薬が影響 15年3月期決算(2015年5月16日朝日新聞)  製薬大手8社の2015年3月期決算が15日出そろい、営業損益は6社が前年より悪化した。国の後押しで、安い後発(ジェネリック)薬のシェアが伸びた影響が大きい。武田薬品工業は米国での訴訟和解金などで、純損益が上場以来初めて赤字になった。  アステラス製薬は北米などで前立腺がん薬が売れ、売上高が過去最高。第一三共はインドの後発薬事業からの撤退で現地企業の株を売却したことなどで、純利益が過去最高になった。  ■武田は純損益が上場以来初めて赤字に          売上高/営業損益/純損益  武田薬品工業  1兆7778(5.1)/▼1292(―)/▼1457(―)  アステラス製薬 1兆2472(9.4)/1856(59.0)/1358(49.5)  第一三共    9193(2.3)/744(▼34.1)/3221(428.6)  エーザイ    5484(▼8.5)/283(▼57.3)/432(13.1)  田辺三菱製薬  4151(0.6)/671(13.6)/395(▼13.0)  大日本住友製薬 3713(▼4.2)/232(▼44.8)/154(▼23.0)  大正製薬HD  2904(▼1.8)/319(▼23.3)/245(▼25.0)  塩野義製薬   2739(▼5.4)/503(▼18.6)/440(8.5)  ※億円。かっこ内は前年比の増減率%。▼はマイナスまたは赤字、―は比較できず。エーザイまでの上位4社は国際会計基準、ほかは日本基準 そう言えば最近製薬業界が医師への接待を自粛しますと業界を挙げて言い出していることが話題になっていましたが、ああしたものも利益が上げにくく儲けが減ってきたと言う現状を反映しているのでしょうか、製薬会社がスポンサーについてきた各種の勉強会の類も今後どんどん縮小廃止されていくと言うのであれば、今後は医師会なり学会なりがその代役を求められることにもなるのかも知...

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

最近目にした考えさせられる医療訴訟二題

医療訴訟でかなり高額の損害賠償が認められたケースが報じられていますが、これは様々な意味で教訓的な症例とも言えそうですよね。 低血糖見落とし女児に障害、4968万賠償命令(2015年05月13日読売新聞)  生後6か月の時に低血糖を見落とされ、治療が遅れて後遺障害が生じたとして、少女(13)と母親が中国中央病院(広島県福山市)を運営する公立学校共済組合(本部・東京)を相手取り、6700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、広島地裁であった。  龍見昇裁判長は「医師が注意義務に違反した」として、組合に4968万円の支払いを命じた。  判決によると、少女は2002年2月、けいれんの疑いなどで病院を計4回受診。医師はてんかんの可能性を考え、脳波検査を実施した。3月末の血液検査で低血糖症と診断されて治療を受けたが、06年に重度の知的障害と認定された。  龍見裁判長は「けいれんの原因がてんかん以外による可能性を疑った上で、医師は血液検査を実施し、全身疾患の有無を識別する注意義務を負う」と認定。ただ、病院側の注意義務違反が障害のすべての原因とまではいえない、とした。  組合は「判決内容を精査の上、今後の対応を検討する」とコメントした。 これはまた医療訴訟としても非常に議論を呼びそうな話で、下手をすると「正しく診断がつけられなければ罰金」的に受け取られかねない判決なんですが、ただ夜間当直帯でたまたま一度だけ見かけた症例と言うのではなく何度も同様の症状で受診し脳波検査(そうとう面倒な検査です)まで行っていると言うことで、そこまでやるのであれば先に採血等でも他原因によるけいれんの除外診断も行うべきだったと言う批判はあり得るのでしょう。 ただ鑑別診断の難しさと言うものは常に医療の現場においても問題になるところで、だからこそどんな名医でも見逃しや誤診はあると言いますが、結果が悪くなったからと懲罰の対象とするべきなのか?と言う議論は常に言われていて、いわゆる過剰診療や防衛医療的なものを誘発する原因にもなっているとはしばしば指摘されるところですよね。 ちょいとググってみただけでも「新小児科医のつぶやき」さんで福山地区の小児救急医療が崩壊しつつあると言う記事を紹介されていて、各種現地情報も交えて興味深く拝見したのですけれども、こうした低血糖性のけいれんでも例えば発熱で哺乳が落ちて発症するよう...

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

今日のぐり:「こだわりラーメン包(ぱお)」

障害物によって列車が止まるということは時にあることですが、先日何気なく出ていたこちらのニュースがちょっと信じがたいと話題になっていました。 巨大タケノコがJR架線接触 九電が伐採、ダイヤ乱れる(2015年5月8日47ニュース)  8日午前8時50分ごろ、宮崎市清武町の竹林で、九州電力(福岡市)の作業員が切り倒した高さ約11メートルのタケノコがJR日豊線の架線に接触し、南宮崎(宮崎市)―財部(鹿児島県曽於市)間で約50分間停電、ダイヤが乱れた。  タケノコは皮がはがれると若竹と呼ばれるようになる。九電によると、今回伐採したのは全体が茶色い皮に覆われていたといい、九電の担当者は「タケノコとしてはかなり大きめだ」と話した。  4、5月はタケノコが急成長する時期。九電が管理する送電線の近くまで伸びていたため、伐採することにしたが、作業員が誤って線路の方向に切り倒し、JRの架線に接触した。 いやまあ、確かに「タケノコとしてはかなり大きめ」ではあるのでしょうけれどもね… 今日は宮崎のちょっと大きめに育ってしまったタケノコに敬意を表して、世界中からちょっとそれはありえないのでは?と思ってしまう驚愕のニュースを紹介してみましょう。 スマホが止められない!試合中にスマホをいじるサッカー選手が大問題に(2015年1月25日Aolニュース) 最近、場所をわきまえずスマホを見る人や、歩行中の"歩きスマホ"が大きな社会問題となっているが、ウクライナリーグでついに試合中にスマホをする選手が登場し、大きな話題となっている。 ウクライナ2部エネルギア・ノヴァ・カホフカの選手が、ウクライナの1部オリンピック・ドネツクと試合していた時のこと。映像を見ると、ピッチの脇は雪だらけの中、相手選手をマークしながら、なんとも落ち着きの無いこの選手。試合中に何を血迷ったか、パンツに隠し持っていたスマホをチラチラ...。最後は相手へのマークを外して通話を始めたのだ。 この映像がネット上で一気に拡散され、大恥をかかされたキエフのサッカー協会もかなり怒った模様。チームをトーナメントから追放し、さらにこれを見逃した審判団も当分謹慎という、かなり厳しいペナルティーが課されたということだ。 その状況は動画を参照いただければと思いますけれども、まあしかしよほど暇な試合だったのでしょうかね。 ご存じブリからは...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«日本の水族館と動物園が村八分状態に?