2015年1月26日 (月)

部活中の事故が気付かせる深刻かつ根本的な課題

本日の本題に入る前に、こういうことは割合に珍しいと言うことなのでしょうが、先日こういう訴訟があったと記事が出ていたことが話題になっています。 「壊れたロレックスの修理代払え」 警官が容疑者訴える(2015年1月24日朝日新聞)  張り込み捜査中に逃走した男を確保する際、高級腕時計が壊されたなどとして、埼玉県警の50代の男性警察官が昨年8月、容疑者の男に時計の修理代や慰謝料など計約360万円の損害賠償を求めてさいたま地裁に提訴していたことが23日、わかった。県警は「個人の問題なのでコメントできない」としている。  訴状などによると、警察官は2013年11月、埼玉県蓮田市内で公然わいせつ事件の張り込み捜査中に、女性に下半身を露出した男を見つけ追跡。逃げようとした男の車のワイパーをつかんだところ、数十メートル引きずられて手やひざなどにけがを負ったほか、身につけていた高級腕時計「ロレックス」が壊れたとしている。男は公務執行妨害容疑で逮捕され、その後、傷害罪で略式起訴された。  訴えに対し、男の代理人は準備書面などで「被疑者との間で身体的接触を伴うトラブルが起こるのは想定できた。捜査中に高価なものを身につけていたのであれば原告にも落ち度はある」などとして、賠償額の減額を求めている。 もちろん民事ですからどのような内容であれ取りあえず訴えることは可能であるし、仕事中に顧客?とのトラブルで被った被害を損害賠償請求して悪いと言うことはないと思うのですが、しかしこの種の仕事をしているのですから壊れては困るものや高価なものを身につけていると言うのもちょっと思慮が足りなかった気がしますがどうでしょうか? 医療従事者の場合しばしば問題になるのが結婚指輪の扱いで、外科医など手を消毒する機会の多い方々は邪魔になる、無くすかも知れない等々の理由で最初から付けていないと言う場合も多いと思いますが、もちろん配偶者との約束で片時も外すことは出来ないんだ!と言う人もいておかしくないでしょうし、また逆に敢えて指輪の有無を明らかにしないと言う意味もあって意図的に外している先生もいるとかいないとかです。 ただ何かあったら自己責任だと言う覚悟は出来ているだろうし、医療上どうしてもそれが邪魔になると言う場合には躊躇なく外すことだろうと思うのですが、今回の裁判に関しては被告側である容疑者もかなり逮捕時に抵抗したよう...

» 続きを読む

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2015年1月25日 (日)

今日のぐり:「きゃべつ畑」

先日は英大衆紙サンが、近年では性差別だと批判を受けながらも続けてきた伝統あるヌード面をついに廃止?!と言う報道が出て話題を呼んだのですが、その続報としてこんな記事が出ています。 英大衆紙サン、再びトップレスモデル写真を掲載(2015年1月22日AFP) 【1月22日 AFP】英大衆紙サン(Sun)が、22日付紙面の第3面にトップレスでウィンクする女性モデルの写真を掲載した。同紙が1970年から続け、物議を醸していたこの伝統の特集ページが廃止されたとの報道を裏切った形だ。  サン紙と同じくメディア王ルパート・マードック(Rupert Murdoch)氏率いるニューズUK(News UK)傘下の英紙タイムズ(The Times)は20日、サン紙が第3面に掲載を続けてきたこの特集欄を廃止することを決めたと報道。閣僚らの間からは、これを歓迎する声が上がっていた。  しかし、サン紙は22日付の紙面にトップレスの金髪の女性の写真を載せ、その上に「説明と訂正」の文言を掲載。写真の説明書きとして「先ごろメディア各社の報道がありましたが、これが弊紙の第3面であり、この写真はボーンマス(Bournemouth)在住のニコールさん(22)です」、「この2日間、弊紙について報道してきた新聞雑誌記者や放送ジャーナリストを代表して、私たちが謝罪します」と付け加えた。 ああ、確かに紛れもなくブリだわこの切り返しはと言う話なんですが、まあ新聞社の謝罪の仕方にも色々とあると言うことなんでしょうね。 今日はあまりに日常的にネタが多すぎて一体どれを取り上げたらいいのか迷うと言うブリのごく一面を紹介すべく、限られたスペースながら最近の話題を幾つか取り上げてみましょう。 排泄物が混じった粗悪な偽造酒が販売。過去には偽造タバコからも。(2015年1月14日テックインサイト) 低所得者層を意識して偽造された嗜好品が、出回っては犯人も特定できないまま処分となることを繰り返すイギリス。このたびはアルコールから排泄物の成分が検出され、波紋を広げている。 「これらの酒は不純で衛生上もきわめて危険。エシェリヒア属大腸菌が検出された原因として、尿と大便が含まれていると考えられます」。こんな警告とともに多数のアルコールのボトルが撤収されたのは、イングランド北西部の沿岸の町ブラックプールにある成人向け総合レジャー施設の『Cor...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

結婚と言うものに対する京都新聞の深い?考察が話題に

今を去ること40年前に「よど号」乗っ取りで北朝鮮に渡り、その後の日本人拉致にも関わったとされ国際指名手配中の赤軍派メンバーが先日ツイッターアカウントを取得したのだそうで、拉致被害者家族などを中心に「あまりに脳天気すぎる」と批判の声が上がっているそうですが、最近はSNSも馬鹿発見器としてすっかり定着した感があります。 とある調査によれば今やSNSでのつぶやきの内容によって不採用を決めたことのある企業採用担当者は7割にも達するのだそうで、これだけ社会人やアルバイトの馬鹿発見器騒動が企業責任追及にまで及ぶ時代にあっては無理からぬこととは言え、後々まで記録が残るネットの性質を理解した上で利用しなければ一生ついてまわりかねません。 そんな中で先日は某地方紙が一連の奇妙なつぶやきで大いに世間を賑わせたのだそうですが、公式ツイートでないとしても何とも不可思議なつぶやきとその顛末を伝えるこちらの記事を紹介してみましょう。 「結婚してなければおっぱいは彼氏のものですよね」 京都新聞、「乳房ツイート」大ヒンシュクで謝罪、削除(2015年1月21日J-CASTニュース)   京都新聞社の公式ツイッターアカウントが2015年1月21日、不適切なツイートをしたとして謝罪した。    いつものように「ニュース記事へのリンク」と「記事見出し」のツイートを続けていたアカウントに21日午後4時ごろ、異変が起こる。    突如、「おっぱいは赤ちゃんのものですよね」とつぶやいたのだ。400を超えてリツイートされ、「どうした中の人wwwなにがあったw」「どうしたん京都新聞www」と驚きの声で受け止められた。 「それとも、おっぱいはお父さんのものなのでしょうか?」    アカウントは続けて「それとも、おっぱいはお父さんのものなのでしょうか?」とツイート、さすがに様子がおかしいと思ったのか、アカウントのハッキングを疑う声もチラホラ出始めた。しかし、次のツイートで謎は解ける。     「<参考資料>「おっぱい」は誰のものか...京都の研究会が「文化論」出版」    メッセージに続いて貼りつけられていた京都新聞の記事中で「乳房の文化論」(淡交社)という書籍と執筆に携わった乳房文化研究会(事務局・京都市南区...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年1月23日 (金)

議論の別れそうな現代の食事情

大阪の給食と言えばあまりに粗末で不味い、量も少ないと学童からは大いに不評なんだそうで、先日は少しでも食べ残しを減らすため給食にふりかけを使用することを認めるべきかどうか激論が交わされたと言いますが、もはやそんな次元ではないだろうと言う想像の斜め上を行く状況にあるようです。 <大阪市の学校給食>おかず冷たい 食べ残し7割(2015年1月19日毎日新聞)より抜粋  ◇橋下徹市長の肝煎り政策 不満噴出  大阪市で昨年4月から、市立中1年生を対象に仕出し弁当を配る方式での給食が始まった。全国最低だった大阪府内の公立中給食実施率を改善しようと、橋下徹市長が府知事時代から掲げていた肝煎り政策。しかし「おかずが冷たい」などと生徒から不満が上がっており、7割以上の生徒が食べ残している。2016年度から全学年を対象とするが、保護者からは家庭弁当との選択制に戻すべきだとの声も上がる。一方、食べ残しを出さないために「ふりかけ」を持参させるというアイデアを巡り、教育行政のあり方まで議論になっている。  大阪市は元々、家庭弁当が基本だったが、試行を経て13年度は給食(仕出し弁当)との選択制に。昨年、「栄養管理やカロリーコントロールがされた適切な昼食の提供は、一つの教育だ」との橋下市長の方針で、全員給食が導入された。  ◇おかず冷蔵保存  財政面から校内に調理室を設けることが難しいため、市教委が献立をつくり、民間業者が調理・配送するデリバリー方式を採用することとした。1食あたり約500円で、うち食材費300円が生徒負担としている。  ご飯とおかずはそれぞれ一つずつの容器に入れられて学校の配膳室に届く。しかし、学校によっては給食時間の数時間前に到着する。ご飯は温蔵庫(70度)で保管するものの、おかずは食中毒防止のため冷蔵庫(10度)に入れる。温め直す機器はないため、「煮こみハンバーグ」などのメニューでも冷えたまま生徒に提供される。  市教委が昨年6月に実施した調査では、給食を「全部食べている」と答えたのは10・8%。これに対し、「ほとんど食べていない」29・0%▽「少しだけ食べている」18・2%▽「半分くらい食べている」26・2%で、給食を食べ残しているのは計73・4%に上った。 ●手作り持参望む親 「おかずは冷たいし、ほとんど食べない」と漏らす1年女子の母親は「小学校の温かい給食になれているの...

» 続きを読む

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年1月22日 (木)

子供に向精神薬処方が増加中

本日の本題に入る前に、先日出ていたこちらの記事から紹介してみましょう。 あなたは、暴れる患者から身を守れるか(2015年1月13日日経メディカル)より抜粋 (略)  父親に付き添われて救急外来を受診した20歳代女性。救急外来での対応に不満を抱き、診察に当たった男性医師につかみかかろうとした。危険を感じた医師は、その場を離脱。看護師と救急隊員が制止しようとするも、患者は避難する医師を追いかけ、救急カートを倒そうとするなど暴れた。止めに入った看護師や救急隊員らに暴行を働いたあげく、医師が避難している部屋に押し入ろうと執拗にもがく。この間、1時間以上にわたってわめき散らし続けたという(写真1)。  これは川崎市立多摩病院(神奈川県川崎市)で発生した事例だ。最終的には、警察に通報することで対処した。 (略)  同院の医療安全対策を主導する副院長の長島梧郎氏は、「医療者は患者を助けるという業務を担うことから、患者の行動、言動、要求を受容しなければいけないとの思いが強い。そのため、暴力や暴言などに対しても、『自分の対応が悪かったのでは』『このくらいは我慢しなければ』といった感情抑制が働きがちだ」と指摘する。だからこそ「病院として毅然とした態度を示すことが何よりも大切」と話す。「暴力や暴言は犯罪行為なのだから、どんな場合であっても一人で抱え込むことなく、組織として対応し、改善していくことが重要となる。病院が組織として、一人ひとりの安全を守る必要がある」(長島氏)からだ。  職員研修オリエンテーションでは、「患者からのクレーム、暴力、暴言への対応」を必修項目と位置づけ、こうした病院の基本方針を伝えている。また、「被害にあった医療従事者の味方になってくれる法律」(表2)を提示し、院内暴力に対する職員の意識を改めるよう促してもいる。  2015年度内には、新たに、暴力などに対応する人的警備を担う警備員を2~3人配置する予定だ。現在の警察OBの1人から増員することで、一般患者はもとより医療従事者を守る体制を強化する。 (略) 危ないと思ったら、直ちに離脱せよ 慈恵大学渉外室顧問の横内昭光氏に聞く  個人として目の前の暴力患者にどのように対応すべきか。まず「怖いと思ったら110番」が基本となる。マニュアルはこれだけでいい。警察には暴力に対応する専門的なノウハウがある。強制力を持っているわけ...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水)

産科女医の増加は必ずしも歓迎されず?

元慶大産科教授で現在は内閣参与として少子化対策に関わっている吉村泰典氏が、久しくその危機が語られる産科医の現状について先日こんなことを語っています。 若手産婦人科医は6割超が女性 子を持つ女医の働き方を「標準」に(2015年1月20日日経メディカル)より抜粋 (略)  産婦人科医の男女比を見ると、40歳以下では既に6割以上が女性です。ですから都に対しては、とにかく都立病院を女性が働ける職場にしてほしい、当直なしの午前9時から午後5時までという働き方も認めてほしいと訴えて、週24時間勤務でも常勤と認める制度を作ってもらいました。それに加えて国の予算措置もあり、最悪の事態は脱することができました。  ただ、こうした対策の効果は一時的なものにすぎません。賃金を上げたり当直を免除したりといったことでは、永続的な医療はできないんですね。やはり分娩施設の集約化が必要です。年間300例のお産に3人の産婦人科医で対応するよりも、600例に6人で対応する方が圧倒的に楽ですから。医療の質を下げるわけにはいきませんので、患者さんの利便性が多少犠牲になったとしても、集約化を進めていかなければなりません。 ──分娩施設の集約化を図るにしても女性医師の戦力化は不可欠ですね。  もちろんです。これまで私たちは、当直の免除や短時間勤務の導入といった待遇の改善に取り組んできました。それは人的リソースとして女性医師が期待されるからです。ただ、ここで取り組みをやめてしまえば、再び産科医療の危機を招きかねません。さらに一歩進めて、主治医制を見直してチームで周産期医療を提供することなども考えていく必要があります。  今、独身の医師は男女を問わず、月に6~8回の当直をこなしています。それを子育て中の女性医師にやれと言っても無理ですよ。私は19年間にわたり慶應義塾大学の産婦人科教授を務めましたが、その間に入ってきた84人の女性医師のうち、今も常勤医として働いているのは4人だけです。80人はパートをしていても、第一線の戦力にはなっていないわけです。そういう女性医師に、自分が医師になった時のモチベーションを思い出してもらい、また働きたいと思ってもらえる体制を作っていかなければなりません。 (略) ──一方で、女性医師が働きやすい仕組みを充実させることが、その恩恵にあずかれない医師の不満を招いている例も少なくないよう...

» 続きを読む

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火)

大山鳴動して…では済みそうにない、19歳の少年が仕掛けた壮大な釣り

また妙な事件が起こったものだと思うのですが、まずは先日「またも馬鹿発見器発動か」と話題になったこちらの事件の第一報を紹介してみましょう。 菓子につまようじ刺す動画を投稿、警視庁が捜査(2015年1月14日TBSニュースi) 東京・調布市のスーパーで、スナック菓子の容器につまようじを突き刺すなどいたずらをする様子を撮影した動画がネット上に投稿され、警視庁が威力業務妨害の疑いで捜査を始めたことが分かりました。  「『店の商品にいたずらしてみた2』でございます」(投稿された映像より)  動画投稿サイト「YouTube」に投稿されたのは、何者かが調布市のスーパーでスナック菓子の容器につまようじを突き刺し、中に入れる様子を撮影した動画です。  また、武蔵野市のスーパーでも菓子パンの袋を開け商品棚に戻す様子を映した動画が同じIDから投稿されていて、警視庁は威力業務妨害の疑いで捜査を始めました。  このIDや撮影者の声が、おととし6月に「無差別で人を殺害する」と「YouTube」に投稿するなどして威力業務妨害の疑いで逮捕された当時17歳の少年のものと似ているということで、警視庁が関連を調べています。(14日01:50) 都内の19歳少年に逮捕状(2015年1月15日デイリー)  スーパーの菓子につまようじを突き刺す場面や、コンビニで万引する様子が動画サイトに相次いで投稿された問題で、東京都内に住む無職少年(19)が関与した疑いが強まったとして、窃盗容疑などで捜査している警視庁が逮捕状を取ったことが15日、捜査関係者への取材で分かった。  動画サイト「ユーチューブ」には、逃走していることをほのめかす少年の投稿とみられる動画もあり、警視庁が所在確認を進めている。  一連の動画では、少年とみられる撮影者が、都内のスーパーで、スナック菓子につまようじを刺して中に押し込んだり、コンビニで万引したりといった行為を繰り返している。 すでにこの事件で警察から追われることを予想していると見られる点に留意いただきたいと思いますが、同種の犯罪的行為を撮影した動画投稿を何度も繰り返しているとはすなわち、それだけ大きな反響を求めていると言うことでもあるわけです。 当然ながらネット上では早速祭りと呼ばれる状況になったわけですが、警視庁が逮捕状まで取って大々的に捜査している中で投稿者が新たな動画の投稿を繰り返...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

供給過剰で悪貨が増大?

これもネタのような本当の話と言うのでしょうか、こんなことがあったと大いに話題になっています。 強姦被告側弁護士:「示談なら暴行ビデオ処分」被害女性に(2015年1月17日毎日新聞)  宮崎市のオイルマッサージ店で女性客ら5人に性的暴行などを加えたとして強姦(ごうかん)罪などに問われている経営者の男(44)の宮崎地裁での16日の公判で、20代の被害女性が「被告側弁護士から『暴行の様子を撮影したビデオがある。告訴を取り下げれば処分する』と脅された」と証言した。被告側の男性弁護士は取材に対し「選択肢として提示した。脅されたと思われるなら仕方ない」と交渉の事実関係を認めた。  女性は証人尋問で、経営者逮捕後の2014年3月、自らの代理人弁護士を通じ、被告側弁護士から「『法廷でビデオが流されると分かっているのか。流されたくなかったら告訴取り下げをしろ。示談金はゼロ』と言われた」と述べた。さらに女性は「(ビデオが)流出したらどうしよう、なぜこんな思いをしなければいけないのか」と訴えた。  宮崎県弁護士会所属の被告側弁護士は閉廷後、取材に対し「『告訴を取り下げたら(ビデオを)処分するが、どうする』とは言った」と認めたが「法廷での被害者の不利益が大きいのではないかと考え、選択肢として示した」と脅しではなかったとした。ビデオの動画は示談交渉決裂後、捜査側に提出したという。  起訴状によると、経営者は10〜13年、店で20〜40代の女性客らに暴行したなどとして14年2〜7月、強姦と強姦未遂、強制わいせつ罪で起訴された。起訴内容を否認している。【菅野蘭】 ちなみにこの種の事件で確かに映像による証拠が法廷に提出されることがありますが、それを見るのは裁判官(と裁判員)だけであり、個人が特定されないよう画像を調節したり音声のみにしたりと言った配慮が成されるのだそうで、「法廷でビデオが流される」と言うのはかなり意図的に事実を曲解した言い方であると思われても仕方がありませんが、この種の誤解を元に告訴を取り下げるケースは事実多いのかも知れません。 聞くところではこの事件の被告は過去にも何度も強姦容疑で逮捕されながら一度として起訴されることなく終わっているのだそうで、あるいは毎回このような「裏取引」を行っていたのだとすれば私選だと言う弁護士の方との関係もどのようなものなのかですが、実際に全国各地で同種...

» 続きを読む

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

今日のぐり:「すし遊館 善通寺店」

ちょうど世間ではセンター試験の真っ最中と言うことなんですが、受験シーズンにあってはなかなか微妙な記事が出ていました。 豪快に滑りすぎてブレイクダンスを踊っているように見える写真10連発(2015年1月15日ロケットニュース24) 受験シーズンのため「滑る」という言葉が禁句になるこの季節。しかし、寒さで地面が凍り、ツルツルと滑ってしまうのも冬だからこそである。もちろん、路面の凍結には十分気をつけなければいけない。 そしてそれは世界共通なのだが、豪快に滑りすぎてブレイクダンスを踊っているかのように見える写真が海外サイトに投稿されていたので、いくつかご紹介したい。これなら滑っても恥ずかしい思いをしなくて済む!? 問題の写真を見てみると……おぉ……これは! 手のつき方がダンスっぽい感じで写っている人、アクロバティックに回転する「ウィンドミル」をしているように見える人と、なんだかカッコイイではないか! 実際は滑っているだけだが。 さらにはなんとシロクマも参戦。寒い地域に生息しているため、滑るというイメージがないものの、写真を見る限り、スッテンコロリンとなることもあるようだ。こちらはカッコイイというより、かわいい光景となっているぞ。 中にはついつい笑ってしまうような写真もあるが、豪快に滑ってしまうことは誰にでも起こりうる。寒い季節はあと少しなだけに、滑って怪我することなく、春を迎えたいものだ。 その瞠目すべき状況は元記事の写真を参照いただくとして、しかしどういう偶然がこんな写真を撮らせたものなんでしょうね? 今日は妙な験担ぎなど吹っ飛ばそうと言う気持ちを込めて、世界中から何かしらちょっとアンラッキーな感じのする微妙なニュースを取り上げてみましょう。 除霊には霊能者よりもアレが効く?(2015年1月13日おたくま経済新聞) (略) ■除霊には「ファブリーズが効果的」 ホラーゲーム『零~赤い蝶~』(2003年)の開発中、あるスタッフが心霊現象に悩まされる出来事があったそうです。しかしファブリーズ(P&Gが発売する消臭剤)を部屋に撒いた日に限りそれが止むことに気づき、スタッフコラムで紹介した事から、この話が一人歩きしはじめたよう。 ちなみにこのスタッフの方の後のコラムによると、ファブリーズを撒いても心霊現象は起こるようになり「どうにもファブリーズでも解決を見ない」状況になった...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

飲酒、てんかんに続いて今度は高齢者がターゲットに?

ひと頃飲酒運転事故が社会問題化した際には各地で悲惨な飲酒運転による犠牲が報じられ、またてんかん患者による事故の際にも相次いで同様のてんかん発作絡みと思われる事故が報じられたことは記憶に新しいところですが、いずれもその後厳罰化や運転免許更新の厳格化など法的対応に結びついたことは周知の通りですよね。 過去10年ほど交通事故件数は減少の一途を辿っていますが、それでも平成25年時点で年間70万人の負傷者が出ていると言いますから毎日2000人からの負傷者が出ている計算で、それだけ多数の中から取り上げられ全国的に報じられる事故と言うものにはそれなりに意味なり意図なりがあるのだろうと思うのですが、最近各方面で目立つ気がするのが高齢者の関わる事故です。 逆走軽乗用車がガードレール突き抜けコンクリ壁に激突 運転していた男性死亡 埼玉・三郷(2015年1月16日産経新聞)  15日午後11時5分ごろ、埼玉県三郷市鷹野の市道で、逆走していた田中弘さん(74)=同市高州=の軽乗用車が、ガードレールを突き抜けてコンクリートの壁に衝突した。田中さんは、搬送先の病院で死亡が確認された。吉川署が逆走した経緯などについて調べている。  同署によると、現場は県道と市道の交わる丁字路交差点。軽乗用車は片側2車線の県道を逆走し、市道の交差点にあるガードレールに正面からぶつかった。軽乗用車は衝突後、横転して車体の底部など一部が燃えた。  乗用車で通り掛かった男性(21)が逆走する軽乗用車に気付き110番通報した。少なくとも200メートルは逆走していたという。 集団登校の列に車突っ込む、女児2人大けが(2015年1月15日TBSニュースi)  15日朝、長崎県で、横断歩道を渡っていた集団登校中の小学生2人が軽自動車にはねられ、大けがをしました。  15日午前7時すぎ、長崎県波佐見町の県道の交差点で、横断歩道を青信号で渡っていた集団登校中の小学生の列に軽自動車が突っ込みました。この事故で、小学5年生の女の子が足の骨を折る大けが、3年生の女の子が頭を打つけがをしました。いずれも命に別状はないということです。  「(車が)全然、スピードを落としてなかった。(車が)信号無視で飛び込んだ」(目撃者)  警察は、車を運転していた川棚町の農業・松本洋子容疑者(75)を自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕しました。松本容疑者...

» 続きを読む

| | コメント (13) | トラックバック (0)

«「テロは悪」と言うのは簡単なんですが