2017年1月16日 (月)

裏を返せば男性医師が患者を殺していると

アメリカにおける話なのですが、こんな論文がちょっとした話題になっているそうです。 「死にたくなければ女医を選べ」日本人の論文が米で大反響(2017年1月13日ダイヤモンドオンライン) 「女性医師(内科医)が担当した入院患者は男性医師が担当するよりも死亡率が低い」――。米国医師会の学会誌で発表された日本人研究者(米国在住)の論文が、現地のワシントンポスト紙、ウォール・ストリート・ジャーナルなどの有力一般紙がこぞって取り上げるほどの騒ぎとなった。『死にたくなければ女医を選べ!』という報道まであったという。果たして、女性医師に診てもらった方が安全なのだろうか。日本でも当てはまることなのだろうか。その論文を書いたハーバード公衆衛生大学院の津川友介氏に取材してみた。(医学ライター?井手ゆきえ) (略) 昨年12月、米国医師会の学会誌のJAMA Internal Medicineに「女性内科医が担当した入院患者は、死亡率や再入院率が低い」という調査結果が掲載された。 調査対象はメディケア(高齢者・障害者向けの公的保険)に加入している65歳以上の高齢者で、肺炎や心疾患、COPD(慢性閉塞性肺疾患)など日本でもおなじみの内科の病気で緊急入院した患者およそ130万人。 対象患者の入院後の経過と担当医の性別との関連を解析するため、メディケアに登録されたデータから病状や診療に関するデータを入手し、入院日から30日以内の死亡率(30日死亡率)と退院後の30日以内に再び入院する確率(30日再入院率)を女性医師と男性医師とで比較した。 この際、患者の重症度や年齢、入院の原因以外に持っている病気など患者の特性と、医師の特性(年齢、出身医学部など)、入院している施設をそろえるなど、結果に影響を与えそうな条件を補正したうえで比較を行っている。 条件を補正した後の30日死亡率をみると、女性医師の担当患者は11.1%、男性医師は11.5%、再入院率はそれぞれ15.0%と15.6%で、女性医師が担当した患者のほうが死亡率、再入院率ともに「統計学的に有意」に低いことが判明したのだ。 「どうせ、女性医師のほうが軽症患者を診ているんだろう?」という疑いの声が聞こえてきそうだが、同調査はこうした批判を事前に想定し、米国特有の職種である「ホスピタリスト」のデータも分析している。 ホスピタリストとは、入院患者の診療し...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

今日のぐり:「お食事処 さかゑや」

先日こんな話が話題になっていました。 「麺なしラーメン」って何だ 「ただのスープだろ」(2016年12月15日J-CASTニュース) 寿司のシャリを残して具だけ食べる客がいると最近話題になったが、今度は、ラーメン店で麺を残さないまでも「麺なしラーメン」を注文する客が増えていると、テレビなどが盛んに情報を流し、ネット上の話題を集めている。しかし、その「名前」を巡っては、賛否の論議も起きている。 フジテレビ系ワイドショー「とくダネ!」は、2016年12月12日の放送で、最近はダイエットを気にして、麺なしでラーメンを注文する人が増えているとして、豆腐や野菜などを麺の代わりに入れる店があることを紹介した。 東京都立川市のラーメン店「立川マシマシ」では、麺の代わりに豆腐を入れた「中ラーメン」を750円で出している。店側は、「うちは麺を豆腐に変更できる」と説明していた。 一方、長崎ちゃんぽんで知られる「リンガーハット」の東京・銀座店では、麺の代わりに野菜を大盛りにしていると番組が指摘したが、名前にラーメンは入れず、「野菜たっぷり食べるスープ」(680円)になっている。 このほか、つけ麺の代わりに「つけ肉」も出している「舎鈴」東京・八重洲店や、麺ではなくキャベツを切って入れて「ラーキャバ」名で出している東京・赤坂のラーメン店「秀ちゃん」も番組で取り上げられた。 「麺なしラーメン」について、番組が男女100人に聞いたところ、賛成が36人、反対が64人だったという。出演者の間でも議論となり、賛成派は「麺が食べきれないのでいい」「選択肢が増える」と主張したが、反対だとした司会の小倉智昭さんは「ラーメンじゃない」「メニューの名前を変えろ」と息巻いていた。 番組の放送後には、ツイッター上で「麺なしラーメン」がトレンド入りするほどの話題になった。 「麺なしラーメン」の賛否は、ネット上の掲示板などでも分かれている。 賛成の声としては、「残すを選ぶくらいなら全然有りだろう」「野菜ラーメンで麺抜きはやったことある」「ラーメンスープにご飯とかで最初から雑炊風もいいな」といった書き込みがあった。 一方、「なにこれ?麺よりスープの方がカロリークソ高いだろ」「ラーメンじゃないからな!店に失礼だぞ!」「ただの野菜スープだろ...」といった疑問や批判も多くなっている。 (略) 蕎麦にも台抜きと言うものがあるく...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

サッカー試合中の負傷に賠償金判決

先日こんな記事が出ていたことが話題になっています。 サッカーで接触の相手が重傷、賠償命令に賛否(2017年1月13日読売新聞)  社会人サッカーの試合で30歳代の男性選手の足を骨折させたとして、東京地裁(池田幸司裁判官)が昨年12月、相手選手に約247万円の賠償を命じた判決が波紋を呼んでいる。  男性は、足に着けていた防具が割れ、左すねが折れ曲がる重傷だったが、選手同士が接触するスポーツにけがはつきものともいえる。「危険なプレーなら仕方ない」「選手が萎縮してしまう」。判決に対する現場の賛否は割れている。  「今も痛みがあり、小学生から続けてきたサッカーができなくなった。あのプレーが認められれば、子供に勧められる競技でなくなってしまう。危険なプレーを減らしたい思いだった」。今月7日、東京都内で取材に応じた男性は、訴訟に踏み切った理由をそう語った。  判決によると、男性は2012年6月、千葉市で行われた東京都社会人4部リーグの試合に出場。センターライン付近でボールを右ももで受け、左足で蹴ろうとしたところ、走り込んできた相手の左足が男性の左足すね付近にぶつかった。  審判はファウルをとらなかったが、男性が倒れ込み、試合は一時中断。男性は左すねの手術などで計約1か月間入院し、15年5月、「スパイクの裏側で故意に蹴られた」などとして、相手選手らに計約689万円の支払いを求めて提訴した。  訴訟で相手選手側は「男性の足元から離れたボールに向けて左足を伸ばした。けがは予見できなかった」などと主張した。しかし、判決は「勢いを維持しながら左足の裏側を突き出しており、男性の負傷を十分予見できた」と指摘。「故意」は否定したが、「退場処分が科され得る行為だった」として過失責任を認定した。  相手選手側は既に控訴。相手選手と代理人弁護士はいずれも「裁判中なので答えられない」としている。  今回の判決は、現場や専門家の間でも注目されており、賛否両論が出ている。「選手生命を絶つほどのプレーなら仕方がない」(サッカー少年団の20歳代男性コーチ)、「サッカーは接触が当たり前。賠償を恐れれば、レベルが下がりかねない」(社会人チーム代表の40歳代男性)。  判例などでは、賠償責任が生じるか否かは、〈1〉プレーがルールや常識の範囲内か〈2〉重大なけがの発生を予見し、回避できたか〈3〉競技者の「危険の受け入...

» 続きを読む

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年1月12日 (木)

身近に存在する悪魔の誘惑、公式に否定される

先日以来話題になっているのがこちらのニュースですが、まずは記事から紹介してみましょう。 まじでやめよう耳掃除。米医学会が声を枯らして警告(2017年1月5日ギズモード・ジャパン) 「肘より小さいものを耳に入れるな」と英語の諺にもあるように、欧米で耳掃除は「やってはいけない禁断の快楽」です。やるときは「ママに怒られる~」とヒヤヒヤしながら喜んでいたりします。 それでもついついやってしまうのが耳掃除なわけですけれど、そんな罪人のためにアメリカ耳鼻咽喉科頭頸部外科学会が耳ケアの新ガイドラインを発表し、ゴルァア! 何度言ったらわかる! 耳掃除やり過ぎると「耳垢栓塞」になるってばよ!と再度注意を呼びかけました。 なんでも耳垢(earwax、cerumen)には耳垢なりに、耳の中を適度に湿らせ、チリやホコリが中に入るのをブロックし雑菌の繁殖を防ぐ大事な役目があるので、そんなにゴミ扱いしてとらんでもええわ!と言うことらしいですよ? しかも新しい皮膚細胞が生成されると古いほうから順繰りに出ていく自浄作用もあるのだと、新論文にはあります。余計なことして自浄のサイクルを断つと耳垢がたまって、詰まったり耳が遠くなる症状が出るらしく、そうした症状に悩まされている人は子どもの約10%、成人の約5%にのぼり、高齢者や発達障害を抱える人の間で高くなることがわかりました。 この耳垢栓塞の最新データとあわせて新しいガイドラインの発表に踏み切ったというわけですね。 発表の要点は次のとおりです。 ・耳掃除のやり過ぎには注意。 ・綿棒のような細いものを耳に入れないこと。耳垢を奥まで押し込んで、栓塞悪化や炎症を招いてしまうので。 ・痛み、難聴、耳が詰まる症状がある場合は、耳垢が原因とは限らないため、医師に診てもらうこと。 ・大体の人は耳掃除は不要。必要な体質の人は正しい手入れに個人差があるため、医師に相談すること。 ・ろうそくで耳掃除(イヤーキャンドル)は禁止。耳垢除去の効果はないうえ、外耳道と鼓膜を傷めてしまうため。 そういえば大昔に流行ったオトサンも、耳垢のように見えて全部ろうだったりしましたわねぇ…。 欧米でも耳かきは中世までありましたが、今は衛生上の理由で綿棒が主流です。元祖綿棒のベストセラー商品「Q-Tips」でさえも、箱には「耳かき用ではない」との医師の注意書きが書かれています。海外で赤ちゃんの...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

年々癌死亡者は増加している、と言うわけではなく

薬漬けの治療法に疑問を感じ、「薬を使わない薬剤師」を目指す過程で薬剤師業は辞めてしまったと言う宇多川久美子氏が、先日こんなおもしろい記事を書いていました。 がん医療が飛躍的に進歩でも、年々がん死亡者増加という不都合な真実…がんの定説が間違っている疑い(2017年1月7日ビジネスジャーナル)  現在、日本人の死因の1位はよく知られているとおり「がん」で、死亡者数のおよそ3割を占めています(2015年、厚生労働省人口動態調査)。  日本で、がんが初めて死因の1位になったのは1981年のこと。それ以来、がんの死亡者数は年々増え続け、現在にいたるまで死因1位の座を不動のものとしています。  この数字が物語るとおり、がんは多くの人の命を奪う恐ろしい病気です。がんと聞けば、誰もが深刻にならざるを得ないほど、その恐ろしさが周知されています。  それだけに、がん治療の研究は絶え間なく続けられており、その成果として新しい技術や新しい薬が次々に開発されています。 (略)  普通に考えるなら、がん治療の進展に伴い、医療環境が整った日本におけるがんの死亡者数は年を追うごとに圧倒的に減っていくはずです。  ところが実際には、この日本において、がんで亡くなる人の数は年々増えつづけています。がん治療の研究は継続的に行われているというのに、なぜ死亡者数は減少しないのでしょうか。 (略)  現代の西洋医学では、がんは無限に増殖するとされています。これは近代医学の祖といわれるドイツ人医師のルードルフ・ルートヴィヒ・カール・ウィルヒョウ(1821~1902)の「がん細胞増殖説」に基づくものです。ウィルヒョウは、「がん細胞は、ひとたび発生すると無限に増殖を続ける」と主張しました。  しかし、その説に沿うと、納得できない面があります。がんは、1回分裂すると2個になり、2回分裂すると4個……、40回で 1兆個に達します。この計算でいくと、46回目の分裂で64兆個となり人間の細胞の数とされる60兆個を超してしまいます。  ウィルヒョウの理論では、「正常な細胞の多くは、分裂を数十回くり返すと、それ以上の分裂能力を失うか、細胞がアポトーシスするように設計されている。しかし、DNAに異常のあるがん細胞は、アポトーシスすることなく分裂を続ける。そして分裂・増殖を繰り返し、ついには宿主(患者)を死に至らしめる」とされてい...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

今日のぐり:「そば商店 大隈(おおくま)」

食あたりと言うものはいつ誰にでも起こり得るものですが、こちらあまりにも起こって欲しくない食あたりが発生してしまったと報じられていました。 金正恩氏から贈られた鮮魚を食べた国境警備隊兵士が集団下痢(2016年12月27日レコードチャイナ) 2016年12月26日、マレーシア華字紙、光華日報は、北朝鮮の国境警備隊の兵士らが、最高指導者の金正恩(キム・ジョンウン)氏から贈られた鮮魚を食べた後、集団下痢に見舞われたと伝えた。 海外メディアの報道によると、国境警備隊の兵士らは、金正恩氏から贈られたスープの中に砂が入っているのを見つけたほか、ハタハタから変な臭いを感じたという。 金正恩氏は軍に対し、兵士らが中国の兵士をうらやまないように、より良い食事を与えるよう命じている。だが、新しい食糧を摂取した兵士らに下痢が広がり、騒動を起こしている。 しかしこうした場合にクレームを入れるわけにも行かないと思うのですが、独裁国家の末端公務員も何かと大変な事でしょうね。 今日は思わぬ不幸に見舞われた北朝鮮兵士の快癒を願って、世界中から悲劇的な結末を迎えた事故の数々をテーマに記事を紹介してみましょう。 「激辛の唐辛子」を食べて食道穿孔を起こした男性 唐辛子の大食い大会に出て23日間入院するはめに(2016年11月1日ヘルスディニュース)  激辛唐辛子の大食い大会に参加したサンフランシスコ在住の男性が、食道穿孔を生じたとの報告が、「The Journal of Emergency Medicine」オンライン版に9月29日掲載された。  米カリフォルニア大学サンフランシスコ校救急医学部のAnn Arens氏らの報告によると、この47歳の男性は、世界で最も辛い唐辛子の一種で、ハバネロの2倍以上の辛さをもつことで知られる「ブート・ジョロキア」を食べた後、激しい吐き気と嘔吐、さらには重度の腹痛と胸部痛が生じたため救急科を受診した。  CTおよび胸部X線検査の結果、食道の周囲に空気が認められ、特発性の食道穿孔が示唆された。挿管を行い、直ちに手術をしたところ、食道に2.5cmの裂傷が認められ、その周辺には液体や食物残渣がみつかった。最終的に、患者は13日間にわたり栄養チューブを必要とし、退院には23日間を要した。  Arens氏らは、「我々が知る限り、これはブート・ジョロキア摂取に関連する初めての症例報告...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

既存メディアとネットニュース、どちらも本当であり嘘でもある

日本でもありそうな話ですけれども、先日アメリカでこんな事件が報じられていました。 偽ニュース、ネットで拡散=ピザ店に脅迫や銃撃-大統領選にも影響か・米(2016年12月24日AFP) 【12月24日 時事通信社】米大統領選では、虚偽の情報を記事のように仕立てた「フェイク(偽)ニュース」がインターネット上に広がった。事実と異なる内容を平然と語るトランプ次期米大統領に、そうした偽ニュースが追い風を送ったとの見方もある。今月初めには、デマに基づく銃撃事件が起き、米社会に衝撃が広がった。  ◇デマ信じ「捜査」  事件が起きたのは首都ワシントン郊外のピザ店「コメット・ピンポン」。4日午後、半自動小銃と拳銃で武装した男が押し入って発砲した。死傷者は出ず、男はすぐに逮捕された。首都警察によると、男はネット上のデマ「ピザゲート疑惑」を信じ、「私的捜査のために来た」と供述した。  ピザゲートは、11月8日の大統領選直前から広がったデマだ。「コメットは児童売春組織の拠点であり、民主党候補ヒラリー・クリントン氏が関わっている」という妄想に基づく投稿が、ツイッターや匿名掲示板に拡散した。  もともとコメットは、クリントン陣営のポデスタ選対本部長らのなじみの店。選挙前に告発サイト「ウィキリークス」が続々と暴露したポデスタ氏のメールに、店名が記されていた。  10月28日、連邦捜査局(FBI)がクリントン氏のメール問題の再捜査を発表すると、ツイッターには「クリントン陣営が関わるコメットの児童売春が捜査される」とのデマが拡散した。「小児性愛の証拠」と称した画像や資料も次々に投稿され、極右サイト「インフォウォーズ」などがクリントン氏の「犯罪」を糾弾。コメットは脅迫にさらされた。  ◇トランプ氏側近も  この問題では、トランプ氏の側近らが偽ニュースをあおったことも表面化している。次期政権の大統領補佐官(国家安全保障担当)に就くフリン元国防情報局長官は11月2日、ツイッターに「警察が新たなヒラリーのメールを告発した。資金洗浄、小児性愛など。読むべきだ」と投稿。フリン氏の息子は銃撃事件後、「ピザゲートは、うそと証明されるまで存在し続ける」と書き込み、批判を浴びて政権移行チームを事実上解任された。フリン氏の投稿は既に削除されている。  米報道機関や警察はピザゲートをデマと認定したが、コメットの店員は、事件...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

同意もなければ全くあずかり知らないところからも子供は生まれる

元日に告知しました通り、本年より当ぐり研は不定期更新とさせていただいております。 不妊治療絡みでのトラブルが報じられることは決して珍しくありませんが、こちらあまり例を見ない形でのトラブルがニュースになっていました。 奈良の病院 夫に無断で受精卵移植 別居の妻出産(2017年1月4日毎日新聞)  不妊治療を手がける婦人科クリニック(奈良市)の男性院長が2014年、凍結保存された別居中の夫婦の受精卵について、夫の承諾を得ず妻に移植していたことが分かった。妻はこの体外受精で妊娠し、長女を出産。院長側は毎日新聞の取材に無断移植を認め、「軽率だった」と話した。日本産科婦人科学会(日産婦)には移植ごとに夫婦の同意を求める倫理規定があり、院長の行為はこの内規に抵触する恐れがある。  夫は昨年10月に妻と離婚し、長女と親子関係がないことの確認を求めて奈良家裁に提訴した。長女は戸籍上、今も夫の娘になっている。生殖補助医療の専門家によると、受精卵の無断移植が表面化するのは初めてとみられる。  夫婦関係にあったのは奈良県内に住む外国籍の男性(45)と、日本人女性(45)。男性の代理人を務める大阪の弁護士や訴状によると、2人は04年に結婚した。約7年前にクリニックで不妊治療を始め、体外受精で複数の受精卵を凍結保存した。女性は受精卵を順に移植し、11年に長男が生まれた。  2人は13年秋から、関係が悪化して別居。女性は14年春以降、クリニックに凍結保存された残りの受精卵を数回にわたって移植したという。妊娠後に男性に打ち明け、15年4月に長女が誕生した。クリニックは2人が治療を始めた10年に一度だけ移植への同意を確認する書面を作ったが、以降はこの手続きを省いた。  男性側は昨年12月、奈良家裁で開かれた第1回口頭弁論で「同意がない移植による出産を民法は想定しておらず、血縁を理由に親子関係を認めるべきではない」と主張。女性側は無断で移植したことを認める一方、「親子関係を否定する法律はない」として争う姿勢を示した。  男性は今後、院長と女性に損害賠償を求める訴えも奈良地裁に起こす。  体外受精を巡っては、国内に同意手続きを定めた法律はない。一方、日産婦は不妊治療を行う全医療機関に対し、倫理規定で移植ごとに夫婦の同意を確認するよう求めている。  元日産婦理事長の吉村泰典・慶応大名誉教授は、「受精卵は...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

少なくとも医療と介護は景気が悪いらしい

元日に告知しました通り、本年より当ぐり研は不定期更新とさせていただいております。 さて、景気が良いのだか悪いのだかよく判らない時代で、これだけ仕事の求人があるにも関わらずどうも好景気感がないと言うのもおかしなものですが、医療介護業界に関してはとても景気が良いとは言えない状況ではあるようです。 上場企業の倒産は「ゼロ」 倒産件数も7年連続で↓(2016年12月30日テレビ朝日)  2016年は上場企業の倒産がゼロとなる見通しです。  帝国データバンクによりますと、29日午後5時現在、今年は上場企業の倒産が発生しておらず、このままいけば2014年以来、2年ぶりにゼロとなる見通しです。2015年はスカイマークや第一中央汽船など3件でした。上場企業の倒産はリーマンショックの影響が広がった2008年の33件をピークに減少傾向が続いています。日銀による異次元緩和で資金調達の環境が安定しているほか、金融機関が積極的に返済条件の変更に応じていることなどが背景です。2016年は倒産件数全体でも7年連続の減少となる見込みです。 病院経営、全国上位50法人のうち19法人が最終赤字 厳しさ続く医療機関の経営(2016年12月25日医療維新)  一般病院の運営事業を主たる業種とする法人の2016年度決算の売上高をまとめた。データは調査会社「東京商工リサーチ」(TSR)の調査による。上位は、全国上位50法人のうち、19法人が最終赤字となっており、医療機関の経営が厳しい状況が見て取れた。  TSRの調査によると、2012年度決算では売上高上位50法人では3法人が最終赤字だった(『医療法人など売上トップ100、1位は日赤』を参照)。2016年度決算では50法人のうち19法人が最終赤字になった(※2012年度は学校法人を除外しているが、2016年度は11の学校法人がを含まれているむ)。  法人の所在地を見ると東京都が15法人、大阪府、神奈川県が4法人、埼玉県、千葉県、福岡県が3法人、北海道、静岡県、愛知県、兵庫県が2法人だった。 (略) ことし倒産した介護関連事業者 過去最多に(2016年12月30日NHK) ことし倒産した介護関連の事業者は先月末までですでに全国で97件と過去最多となったことがわかり、調査に当たった民間の信用調査会社は「介護報酬の引き下げや深刻な人手不足が影響しているのではないか」...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

管理人より年頭のお知らせ&今日のぐり「牡蠣屋」

あけましておめでとうございます。不肖の管理人でございます。 前身のぐり研HP開設からすでに10余年、当ぐり研ブログ開設も2008年7月21日と言いますから、かれこれ9年ほどにもなりますでしょうか。 以後お食事会系ブログを自称し地味に一日も欠かすことなく更新を続けてきましたが、総記事数にして3000余、延べ人数で数百万のお客様をお迎えしたことになります。 このようなマイナーサイトであるにも関わらず、かくも大勢の皆様より長年のお付き合いをいただきありがとうございました。 さて、このところ管理人の中の人もなかなか多忙になってきており、体重の増加が気になり…もとい、必ずしも健康的で文化的な生活を送っているとも言い切れない状態です。 以前のようには気楽にお食事会と言うわけにもいかなくなっているため、勝手ながら本年より当ぐり研も不定期更新とさせていただくこととなりました。 当面は気の向いたときにと言う形になるかと思いますが、ひとまずこうしたスタイルでやってみようかと考える次第です。 以上、勝手ながら年頭の御挨拶と共にお知らせとさせていただきます。本年も引き続きよろしくお願い申し上げます。 新年早々の前置きはそれとして、知る人ぞ知ると言えばこういうことを言うのでしょうか、世に名前を残した人物がまた一人亡くなったそうです。 窒息救命「ハイムリック法」の考案者死去、96歳(2016年12月18日AFP) 【12月18日 AFP】喉や口に詰まった食物などの異物を取り除く「ハイムリック法」(腹部突き上げ法)の考案者、ヘンリー・ハイムリック(Henry Heimlich)氏が死去した。96歳だった。米メディアが17日、報じた。  胸部外科医だったハイムリック氏は、米オハイオ(Ohio)州シンシナティ(Cincinnati)の老人ホームで、心臓発作を起こした後に死去した。  ハイムリック氏はレストランで喉を詰まらせた人々――中には死亡した人もいる――を見て1974年に「ハイムリック法」を考案。ハイムリック法は数多くの命を救ったと考えられている。  ロナルド・レーガン(Ronald Reagan)元米大統領、女優のマレーネ・ディートリッヒ(Marlene Dietrich)、エリザベス・テイラー(Elizabeth Taylor)らもハイムリック法で命を救われている。  ハイムリック法とは、喉...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ネット通販が業務拡大し宅配便サービスが破綻する日