2016年5月24日 (火)

高額な新薬を医療現場から排除すべきとの声

医療財政が緊迫する中で最近とみに話題になることの多い高額な新薬の問題ですが、先日こんな議論がなされていたそうです。 高額薬剤、「皆保険の危機要素」と支払側(2016年5月19日医療維新)  「医療費の約20%を占める薬剤費が国民皆保険の危機要素になる。薬価を総額的に統制する仕組みが必要ではないか」(健康保険組合連合会理事の幸野庄司氏)  「オプジーボの話題が、相変わらず医療界を席巻している。オプジーボの適応拡大について承認申請中、あるいは治験中のものがあり、これらが終了して薬事承認されると、薬剤費は増大し、医療費は到底もたなくなる」(日本医師会副会長の中川俊男氏)  5月18日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)。同総会では、新薬の薬価を承認したが、その関連で高額薬剤の問題が改めてクローズアップされた。抗体医薬のオプジーボ(ニボルブマブ)の適応が、悪性黒色腫から、手術不能または再発の非小細胞肺癌に2015年12月に拡大され、それに伴い市場規模も拡大しているのを機に、繰り返し議論になっている問題だ。 (略)  高額薬剤の問題について口火を切ったのは、健保連の幸野氏。2015年9月以降、調剤費が、対前年同期比で2ケタ増が続いている現状について、「異例の伸びが続いている」と問題視し、製薬企業の業績が好調なのも、この辺りに要因があるとした。「高薬価の医薬品の収載で、医療費の約20%を占める薬剤費が国民皆保険の危機要素になる。薬価を総額的に統制する仕組みが必要ではないか。効果が高いからいい、という論理は通じない」と幸野氏は述べ、新たな制度の検討を求めた。 (略)  他の中医協委員からも、高額薬剤の薬価について、イノベーションの視点を重視しつつ、検討すべきとの声が相次いだ。  日医副会長の松原謙二氏は、「適応拡大した時の国家財政がものすごい負担になっている」と指摘、適応拡大があり、かつ一定以上の売上の医薬品については、再算定などを検討すべきと主張した。  日本薬剤師会常務理事の安部義弘氏は、調剤医療費が二桁の伸びが続いているのは、薬価が高い薬の影響があると指摘し、「新薬は大切な財産であり、イノベーションの体力を削がないことは大事。一方で日本は国民皆保険で、高額療養費制度があるため、高額であっても、多くの患者が必要に応じてアクセスでき...

» 続きを読む

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年5月23日 (月)

医師偏在対策の強化が新たな既得権益を生む可能性

あるべき医療、可能な医療の将来像に対して議論が続いている中で、先日こんな話が出ていたと報じられています。 偏在対策「強力」に、「医師の働き方ビジョン」も策定(2016年5月20日医療維新)  厚生労働省の第3回「医療従事者の需給に関する検討会」(座長:森田朗・国立人口問題研究所長)と、第6回「医師需給分科会」(座長:片峰茂・長崎大学学長)は5月19日、医学部定員を2019年度までは現行の9262人を最低でも維持するほか、医師の偏在対策として、専攻医の募集定員枠の設定、保険医の配置・定数の設定、自由開業・自由標榜の在り方などを今年末に向けて検討することを骨子とした「中間取りまとめ」(案)を了承した(資料は、厚労省のホームページ)。 (略)  さらに医学部定員増によっても、地域における医師不足は解消しないとの認識から、医師偏在対策の実施に当たっての課題、法制的な課題などについて今後検討する。「医師が勤務地や診療科を自由に選択するという自主性を尊重した対策だけでなく、一定の規制を含めた対策を行っていく」との観点から、専攻医の募集定員枠の設定をはじめ、13の偏在対策を例示している。 (略)  「中間取りまとめ」(案)に対しては、構成員から基本的には反対意見は出ず、一部追加修正を条件に了承された。複数の構成員から挙がったのは、医師偏在対策を強力に進めるため、「検討する」ではなく、より踏み込んだ表現にすることを求める意見だ。これに対し、厚労省医政局地域医療計画課長の迫井正深氏は、他の審議会などとも関係する問題であり、本検討会で全てを決めることができないため「検討する」との表現にしたと説明、同医事課も「今後、医師の偏在対策を強力に行っていくことを予定している」と述べた。  医師偏在対策は、経済財政諮問会議でも議題になり、解消に向け規制的手法も検討するとしている(『医師偏在、「規制的手法」も検討へ』を参照)。2017年度から開始予定の新専門医制度については、地域医療への影響から専攻医の地域別の上限設定も検討課題になっており、医師偏在対策がさまざまな場で規制色を強めながら議論される見通しだ(『医師の“適正配置”の一歩か、新専門医制』を参照)。 (略)  医師偏在対策については、検討の柱として、(1)医学部、(2)臨床研修、(3)専門医、(4)医療計画による医師確保対策の強化、(5)医...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年5月22日 (日)

今日のぐり:「とんかつ椰子」

アメリカのメディアは自己主張がしっかりしていることで知られていますが、その結果時にこんなニュースが出てくることもあるようです。 ワシントン・ポスト紙記者、トランプ勝利を受け生放送で新聞を食べる(2016年05月16日スプートニク) ワシントンポストの政治評論員ダン・ミルバンク氏は、トランプ氏が共和党のライバル候補に勝ったら新聞を食べるという公約を果たした。 約束を守れという投書が多数寄せられたため履行を余儀なくされた形。当人は責任を忌避することはなかったが、ちょっとしたずるさを発揮し、ワシントンの任期レストランのシェフを招き、新聞を食材に使った料理9種類を作らせた。 試食にはワシントンポストのレストラン評論員トム・シチマ氏も参加。ミルバンク氏が約束を守っていることに疑いを持たせないよう、同紙はFacebookで模様を生中継した。 その昔イチロー選手のMLBデビューイヤーにも似たような話がありましたが、まあしかし自らの言論にきちんと責任を取ると言う姿勢は見習うべきだと思いますけれどもね。 今日は無事公約を果たしたというミルバンク氏に敬意を表して、世界中から予想外の結末に終わった意外性あるニュースの数々を紹介してみましょう。 「降りなしばくぞ!」300万円、ホンダCBX400F強奪 近畿自動車道で(2016年5月8日産経新聞)  8日午前2時25分ごろ、大阪府八尾市美園町の近畿自動車道で、兵庫県姫路市の男性会社員(22)がオートバイを運転中、黒い乗用車に幅寄せされて停車。車の助手席から降りてきた男が「降りな、しばくぞ」と脅してオートバイに乗り込むと、別の男が運転する車とともに逃走した。会社員にけがはなかった。大阪府警八尾署は強盗容疑で捜査している。  同署によると、オートバイは、現在は生産されていない「ホンダCBX400F」。中古市場で高額で取引されており、会社員は「今年2月に約300万円で購入した」と話しているという。逃げた男はいずれも20代ぐらいで、同署は人気車種を狙った犯行とみて捜査している。  会社員は、後部座席に友人男性(17)を乗せ、姫路市内に帰る途中だったという。 この型のバイク泥棒がこのところ多発しているとも聞くのですが、それにしてもこういう方法で来るとは予想外だったと言うしかないですね。 同じく高額商品が盗まれたと言うニュースなのですが、こちら何やら思...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月21日 (土)

「中絶=人殺し」論争が勃発

アメリカなどではしばしば非常に大きな議論となる一方で、我が国ではさほど大きな話題にならない問題に人口妊娠中絶の是非と言うものがあって、もちろんこの種の問題は人それぞれに考えがあってのことでいいのだろうと思いますが、一方でこれはどうなのかと先日話題になっていたのがこちらのニュースです。 「中絶は人殺し」なのか? とある女子校の“性教育方針”に賛否!(2016年5月6日ViRATES) 中絶とは「人殺し行為」なのか? 産婦人科医のTwitterユーザー・ドキ子@猫アカウントさん(@dokikoYAMAYOKO)のツイートをきっかけに、中絶に対する議論が巻き起こっている。 きっかけは、とある女子校の指導方針だった。     母校の性教育を頼まれてるんだけど、今年は断りたくなってきた。私はこの中絶に対する考え方には同意できない。「人殺し」みたいに言って脅せば、望まない妊娠した場合に中絶しにくくなるだけ。望まない妊娠を阻止する効果はないと思う。 pic.twitter.com/M6GJa09J3a     — ドキ子@猫アカウント (@dokikoYAMAYOKO) 2016年4月30日 この女子校の性教育において、中絶は「新しい命を殺す行為」という方針であった。 しかし、産婦人科医のドキ子さんは、この学校の方針に異論を唱えた。     私は避妊の話をこまかく説明してるし、「もし、高校で妊娠したら今の日本じゃ中退、大学進学も厳しい、子供いながら就職は難しいよ。だからきっちり避妊しよう。心も体も経済的にも準備ができてから妊娠しよう」って説明してる。そのうえで「中絶は緊急措置なの」と。その考えが気に入らないのかしら。     — ドキ子@猫アカウント (@dokikoYAMAYOKO) 2016年4月30日     話を聞いてる子のなかに、中絶経験者がいたら?その子はもともと自分を責めてるはずよ。それに私が追い打ちかけるの?私はそんなことしたくない。     — ドキ子@猫アカウント (@dokikoYAMAYOKO) 2016年4月30日     中絶って女の子の負担が大きいから、そりゃ私だってやらないほうがいいと思ってるさ。体も心も負担大...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月20日 (金)

労働に対する対価への不当感が高まっている時代

国民の中でも特に若年世代のワープア化が言われる中で、先日以来とある出来事が大きな話題となっているようです。 「30歳で年収500万しかないの!?」 バブルを経験した親の発言に現役世代が激怒!(2016年5月15日キャリコネ) 人間らしく生活するにはお金を稼ぐことが必要になる。そのために、みんな日々ヒィヒィ言いながら仕事をしているんだけど、現在は不景気なので、稼ごうにもなかなか上手くいかない人も多いだろう。 30年ほど前、日本は好景気に浮かれていた。テレビでは「24時間戦えますか」なんていう今思えば異様なCMが流行ったけど、それは頑張れば頑張った分見返りがあった時代だったこともある。(文:松本ミゾレ) ひるがえって現在。賃金はせいぜいスズメの涙。将来のための貯蓄もできない。バブルを経験した人と、今の若い世代では仕事や報酬に関する感覚が違うのも当然ではある。 親に甲斐性なしと責められ、スレ主怒りの仕送りストップ! 2ちゃんねるに、先日「親『30で年収500万しかないの!?』」というスレッドが立った。     「頭来たので、仕送りやめた 着信拒否した 今の住所は親戚誰も知らない 職場にかけても俺まで辿り着かない」 実の親からの言葉であっても、いやむしろ一番の理解者であってほしい親からの言葉だったからこそ許せなかったのだろう。対応は極端だけど、それぐらいしたくなる気は分かる。32年間専業主婦の「世間知らず」だという母親に言われたのも腹がたったようだ。 30歳と言えば、既に結婚して自分の家庭を持っていてもおかしくないし、当然年収500万では色々と切り詰めて生活する必要がある。独身だとしても、親に仕送りをしているとなると、自由に使える額は少ない。それなのに年収について文句を言われては、さすがに心も折れる。 そもそも、今の30代の平均的な年収はいくらなのだろうか。国税庁の「民間給与実態統計調査」(2014年度)を見てみると、30代前半の男性の平均年収は、446万円。30代後半では502万円となっている。 バブル期の感覚でアレコレ言われたら堪ったものではない! ちなみに、同調査によると1997年の30代前半の平均年収は513万円、後半で589万円となっている。この20年でも若い世代の所得が落ちていることが分かる。そんな状況下でスレ主のように500万円稼ぐというの...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

圧力団体としての日医の矛先

このところ衆参同時選挙などという声も根強くあるそうで、TPPなど各種課題も少なくない中でどのような投票行動を取るべきか迷わしいところなのですが、先日こんな記事が出ていたことを紹介してみましょう。 影響力確保へ集票競う TPPなど懸念材料も 「潮流2016参院選 団体を追う」(2016年5月16日共同通信)  自民党が2012年12月に政権を奪還して以降、業界団体は同党支持に回帰した。政権への影響力確保を狙い、参院選では自民党の比例代表で各団体の組織内候補が集票を競う。ただ環太平洋連携協定(TPP)や、安倍晋三首相が進める「岩盤規制改革」に対する反発など懸念材料を抱える団体は少なくない。会員の高齢化などで弱体化が止まらない組織もある。 (略)  日本医師会の政治団体である日本医師連盟(日医連)は、財政再建策の一つとして政府内で強まる医療費への削減圧力を警戒する。両組織のトップを兼ねる横倉義武氏は1月の日医連会合で、16年度の診療報酬改定を巡り全体の改定率が引き下げられる中で医師への報酬増を勝ち取ったとした上で「政府、与党にご理解いただいた結果だ」と強調した。  日医連幹部は「今後も政権と対話していく必要がある。まずは参院選でわれわれがどれだけ力を示せるかだ」と話す。票を背景に、政権に圧力をかける戦略だ。 (略) ここで日医が診療報酬が全体として引き下げられる中で、医師への報酬増を勝ち取ったと誇っている点に留意いただきたいと思いますが、日医としては医療全体のことなどどうでもいいが医師にとってどうかと言うことにだけ関心が向いていると言うことで、圧力団体としては珍しく真っ当な態度であると評価すべきですよね。 言うところの圧力団体各方面についてはJAなど農業系団体を中心にTPPへの対応が大きく取り上げられる機会が多いですが、こと医療の世界に関して言えばそれによる影響も全くなしとはしないものの、より大きな影響を与える因子として再び声が高まり始めた社会保障抑制政策にどう対処すべきかと言うことが挙げられるかと思います。 先日は安倍総理が経済財政諮問会議において「来年度予算での措置が新たな国民負担につながることは厳に抑制しなければならない」と医療費など社会保障コストの抑制を指示したと報じられていて、自然増も含めて30兆円を超える医療介護関連の支出の効率化、合理化が追及されることになる...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

困った患者さんへの「正しい」対処法

本日の本題に入る前に、どこの業界でもこのところモンスターと呼ばれるような困った顧客がいると話題になることが多いものですが、先日はこんな記事が出ていました。 現役看護師が語る「困った患者の言動」 強制退院の処置も…(2016年5月2日アメーバニュース) 病気になってしまったとき、患者にとって医師や看護師の存在は絶大だ。ときにすがる気持ちになることもある。だが中には、病気への不安のせいなのか自分の感情をさらけ出しすぎて、医師や看護師を困らせる患者もいるという。 しらべぇ編集部では、現役看護師の29歳女性に病院で実際に出会った困った患者について聞いてみた(認知症や不穏患者など、病気の症状での困った患者は除く)。 ①傲慢系 「生活保護を受けている人は、傲慢で文句を言う人が多い気がします。自分のやりたいことをやりたいように生きてきたから、生活保護を受けるようになったんだなってわかるような。 生活保護を受けている人達はもちろん入院費もかからないのですが、そういう人に限ってコンビニで大量にお菓子を買ってきたりだとか…」 ②お手伝いさん扱い系 「看護師をお手伝いさんとか、何でもしてくれる人と勘違いしている患者さんがいます。家族が帰った途端にナースコールを連打する方もいて、『寂しい。完全看護って言ってたじゃないか。そばにいてくれ』と言われたことも。 体はもう動けるはずなのに、『枕の位置を直して』とか、『カーテンが動かない』『テレビがつかない』などは日常茶飯事です。 日常生活で一番近い人が看護師なので仕方ないと思うこともあるのですが、あまりにもナースコールがしつこく、業務に支障をきたす場合は、その人のナースコールの元栓を抜いて対処せざるを得ない場合もあります」 ③自虐系 「『自分はどうなったっていいんだから』と言ってルールを守らず、勝手な行動をする患者さんがいます。 病気で入院しているはずなのに、安静度を守らず勝手にどこかへ行っちゃったり、食事制限があるのに自由に買っていろいろ食べてしまうとか。煙草を吸っちゃう人もいました。病気を悪化させる行為をして、指摘すると逆ギレっていう…。 しかもこっちは、それに対してインシデントレポート(患者に傷害を及ぼすことはなかったが、現場でひやりはっとした経験『インシデント』に関する報告書)を書かされるという仕打ちも。 こういう人を見ると、『じゃあ、病院...

» 続きを読む

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2016年5月17日 (火)

今も続く福島大野病院事件の余波

今も語り継がれる大野病院事件に関して、先日被告側を担当した弁護士がこんな講演をしたそうです。 「間違った鑑定書が冤罪を招く」◆大野病院事件、安福弁護人が警鐘(2016年5月8日医療維新) 「検察が暴走したのではなく、間違った鑑定書が暴走させた」  日本臨床医学リスクマネジメント学会の4月3日のシンポジウム「県立大野病院事件を振り返る」で、「大野病院における医療事故を刑事事件にしたもの」というテーマで講演した、同事件の弁護人を務めた安福謙二弁護士はこう訴え、医療事故が刑事事件に至る要因には、警察・検察側の問題だけでなく、医療側の問題も大きいと指摘した。医療事故など専門性が高い刑事裁判は、専門家が書いた報告書や鑑定書によって大きく左右される。安福氏は、「依頼する側も問題だが、もっと大事なのはそれを引き受ける側」と述べ、医師らが専門家としての自覚を持つ重要さを説いた。  大野病院事件、「病理医」の鑑定が左右  安福氏は、大野病院事件の2006年2月18日の産婦人科医の逮捕当時のエピソードから講演をスタート。同20日に電話で弁護の依頼を受けたが、「全前置癒着胎盤」との言葉を口頭で聞いても、「何が『全』、『前』かが分からなかった」(安福氏)。それでも次第に「何とも言えない雰囲気を感じた。あちこちから『全国の医師が、大野病院のことで怒り狂っている』という声が聞こえてきた」と振り返る。  大野病院事件では、2004年12月の事故後、翌2005年3月に福島県による「医療事故調査委員会報告書」が作成されていた。それが警察の捜査の端緒となったものの、裁判の証拠とはならなかった(『警察、事故報告書を機に捜査に着手』を参照)。代わりに鑑定書を引き受け、法廷で証言したのは、検察側の「産婦人科医」と「病理医」、弁護側の「産科医」と「病理医」だ。弁護側の依頼者の方が、より専門性が高く、的確な鑑定を行ったことが、業務上過失致死罪に問われた産婦人科医を無罪に導いた(『逮捕に導いた決定打は病理鑑定』を参照)。  本事件で死亡した患者は、経産婦で、全前置癒着胎盤だった。安福氏は、特に検察側の「病理医」の病理鑑定の経験やその手法を問題視した。それが検察側の「産婦人科医」などの誤った鑑定、ひいては起訴につながったと見るからだ。これに対して、弁護側の「病理医」は、胎盤病理の第一人者だった。胎盤組織の切片を顕微...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

いよいよ国が医師強制配置を推進する構え

最近その導入延期が伝えられているシンセ陰門に制度と言えば実質的な医師配置の管理にも使えると言うことが指摘されていましたが、最近国によってこの医師配置のコントロールと言う問題がさらに一歩進んだ形で画策されているようです。 医師の“適正配置”の一歩か、新専門医制(2016年5月11日医療維新) 専門医制度における各基本診療領域の学会を対象とした「卒後3年目から5年目までの常勤医師の在籍状況調査」がこの5月に行われている。内科、外科などの基本診療領域別、専門研修を行う施設別に、卒後3年目から5年目の常勤医師数の報告を求める内容だ。しかし、本調査に対しては、現場の医療者からは、作業負担を問題視したり、専門医の研修定員を都道府県単位で設定する意味を疑問視する声が挙がっている。  厚生労働省の社会保障審議会医療部会「専門医養成の在り方に関する専門委員会」で、2017年度開始予定の新専門医制度について、地域医療への影響を軽減するため、「当面、過去3年間の採用実績の1.1倍から1.2倍を全国の定数枠とした上で、都道府県別の定数を、都市部以外の道県に対して、より配慮して決める」という、同専門委員会委員長による“永井私案”が提出された。今回の調査は、その基礎データとするのが目的だ(『専門医制度、永井委員長が“私案”で改善提案』を参照)。 (略)  もっとも、本調査に対して、学会関係者や現場の医療者からは、戸惑いの声も聞かれる。そもそも調査期間は、ゴールデンウイークを挟んで、約2週間と短い。また専攻医数ではなく、基本診療領域に該当する診療科の常勤医師数であるため、各学会は基幹施設等に調査をしなければいけない。「ただでさえ、現場は疲弊しているのに、回答をしなければならず、ペーパーワークが増える。そもそも厚労省や機構が学会に対して調査を行う法的根拠はなく、“お願い”ベースでの調査にすぎない」と問う意見もある。  さらに調査対象が「卒後3年目から5年目」に限定されるため、(1)卒後2年間の臨床研修を終え、すぐに専門医研修に入るとは限らない、(2)新専門医制度では、3年間の研修による専門医取得が原則だが、現状では4年以上かけて取得する医師もいる――という意見のほか、(3)専門医の養成は、初期研修とは異なり、都道府県で完結するわけではなく、地域を超えた専門研修プログラムもある、(4)年間100人に...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年5月15日 (日)

今日のぐり:「ダイニングカフェ 3/f(スリーエフ)」

冗談のような本当の話と言うのでしょうか、先日こんなニュースが話題になっていました。 羽田に犬4匹侵入、10便着陸やり直し 捕獲方法検討中(2016年5月12日朝日新聞)  東京・羽田空港で11日、敷地内に犬4匹が入り込んでいるのが見つかり、計10便に着陸やり直しなどの影響が出た。1匹は同日夜に捕獲されたが、12日正午時点でも残り3匹は敷地内の草地にいて、国土交通省東京空港事務所が捕獲方法を検討している。この日の便への影響は出ていない。  事務所によると11日午後3時45分ごろ、A滑走路に近い誘導路付近に犬がいるのを、管制塔で勤務していた管制官が見つけた。このため、午後4時すぎに大分から着く日本航空の1便が着陸をやり直した。出発する9便には最大10分の遅れが出た。  その後、約1時間にわたり犬を見失ったが、午後7時半すぎうち1匹を捕獲。残り3匹は、12日正午時点でC滑走路脇の草地にいることが確認されている。事務所職員が監視しながら、捕獲方法を検討している。  羽田空港には高さ3メートルを超える赤外線センター付きのフェンスがあり、ゲートは警備員が24時間態勢で監視している。ただ、4匹については、どこから入り込んだのか分かっておらず、事務所はフェンスに切れ目がないか確認している。事務所担当者は「これまで犬の侵入は聞いたことがない」と話している。 各方面で報じられた通り本当に走り回っている様子が印象的ですが、しかしまさかこんなことで飛行機が遅れるとはダレも思わなかったでしょうね。 本日は警戒の目をかいくぐって侵入を果たしたイヌたちから教訓を得る意味で、様々な生き物絡みのハプニングを紹介してみたいと思います。 電車の上に「猫がいる」 遅れも「怒れない」(2016年4月13日毎日新聞)  広島市南区のJR広島駅で12日朝、山陽線の電車の上に猫が乗り、19分発車が遅れた。屋根の上で悠然とたたずむ猫の姿がツイッターに投稿されると、リツイート(転載)は1500件超に。「これは怒れない」「平和だなあって穏やかな気持ちになった」と話題を呼んだ。  「猫がいる」。12日午前8時35分ごろ、車掌から駅に連絡が入った。白市発岩国行き普通電車(8両)の4両目の屋根。駅職員が駆けつけると、猫は職員の目の前でいったん線路上に飛び降り、再びホームに上がって去っていった。  この間、車内に「車両の上に猫...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«記者クラブへの国連の批判を記者クラブ加盟各社は報じず