2014年4月24日 (木)

薬剤師の相場は崩壊せず軟着陸へ

ご存知のように東大と言えば世間的にも最高学府中の最高学府と言う認識で受け止められていると思いますが、それだけに東大生の動向と言うものは知的エリートの代表格として常に注目を集めるもので、先日は今春の東大生の入社がゼロだったことで某大手新聞社が「ついに東大からも見放されたか」と大いにショックを受けているなんて記事が出ていました。 実際に東大生に限らず最近の就職戦線のキーワードは「安定」と「反ブラック企業」だ、なんてことを言う人もいるようで、もちろん一定のリスクを取っても伸び盛りの新花形産業とも言えるIT系ベンチャーに挑む学生も決して少なくはないとは言え、全般的に見ると一流大学学生の就職先人気ランキングとしては大手銀行や商社など手堅い職場が並んでいると言います。 その意味で優秀な理系学生にとって将来の安定性と言う意味で鉄板とも言えるあの業界が近年大人気だと言うのも頷ける話なのですが、こちらの記事から引用してみましょう。 東大より医学部人気 予備校に1千万円の医学部用コースも(2014年4月19日dot.)  医学部入試の人気が過熱している。2013年度は、全国の医学部の総定員9041人に対し、のべ13万172人が志願した。1999年度の志願者数は7万7940人。この年以降、志願者はほぼ毎年上昇し、13年度までに7割近くも増えた。 「不況になると、就職に強い理系が人気になります。理系のなかでも成績上位層は、やりがいがあって、生活が安定する医師を目指す生徒が増えています」  こう話すのは、昨春、国公立大医学部に1905人の合格者を出した駿台予備学校の石原賢一情報センター長だ。  ここ数年、東京大学の合格者数ランキングの常連校で、「東大ではなく医学部」を目指す生徒が増えている。進学校では理系が人気で、例えば国公立大医学部に多数の合格者を出す東海高校(愛知)では、11クラス中9クラスが理系だ。  これは同校に限った現象ではなく、さらに成績トップ層は医学部を目指す傾向にある。以前なら東大や京大の工学部、理学部、農学部などに進んだ生徒たちが医学部に集中すると、人材が偏り、将来的には他分野の人材不足まで懸念されるとの見方もある。  駿台予備学校、河合塾、代々木ゼミナールなど大手予備校には、国公立大医学部受験者向けのコースや講座があるが、50以上ある「医学部専門予備校」のほとんどが私大医...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

高齢出産社会と障害児誕生のリスク

これも様々な解釈の余地がある記事だと思いますが、先日こんな話が出ていたことをご存知でしょうか。 ダウン症児の出生、過去15年で倍増 全国調査から推計(2014年4月19日朝日新聞) ダウン症で生まれる赤ちゃんの数が過去15年間で約2倍に増えているとする推計が、日本産婦人科医会の全国調査の分析をもとにまとまった。高齢妊娠の増加に伴い、ダウン症の子を妊娠する人が増えていることが背景にあるという。同医会が全国約330病院を対象に毎年実施している調査結果を、横浜市立大学国際先天異常モニタリングセンターが分析した。  ダウン症で生まれた赤ちゃんの報告数は1995年が1万人あたり6・3人で、2011年は13・6人と倍増していた。  また、ダウン症を理由に中絶をしたとみられる数も推計。95~99年の中絶数を基準とすると、05~09年は1・9倍に増えていたという。妊娠を継続していれば生まれていたとされるダウン症の赤ちゃんの数の推計では、11年は1万人あたり21・8人だった。調査では実数を出していないが、11年の人口動態統計の出生数に当てはめると、ダウン症の赤ちゃんは約2300人生まれるはずだったが、実際に生まれたのは約1500人となる。差の約800人の一部が中絶されたとみられる。  この15年間で超音波検査による出生前診断などが広がっている。昨年4月には、妊婦の血液から胎児の染色体異常を調べる新型出生前診断が導入された。半年間の集計では、異常が確定した56人のうち9割以上が中絶を選んでいた。センター長の平原史樹教授は「今後、中絶数がどう変化するか、注意深く見守っていく必要がある」と話す。結果は19日、東京都内で開かれる日本産科婦人科学会学術集会で発表される。(岡崎明子) ご存知のようにダウン症は出産年齢が高まるにつれて劇的にそのリスクが上がることが知られていて、20歳で約1700人に1人なのに対して40歳では100人に1人と言いますが、平均初産年齢が30歳を過ぎると言うほど出産年齢の高齢化が進んでいる時代にあってダウン症に限らずこうした先天異常が増加してくることは当然に予想されることだとは言えそうです。 そうした背景に基づいてか昨年から始まった妊婦の血液で先天異常の検査が出来ると言う新出生前診断の利用者が1年間で8000人近くにのぼり、うち141人が陽性と判断されたと言うことなんで...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

それは正しいのか間違っているのか

最近は価値観自体も多様化しているのでしょうが、一昔前のようにマスコミが「この考え方こそ正義!他は間違っている!」式の思想統制力を発揮出来るような時代でもなくなってきたためか何が世の常識非常識かと言うことも判りにくくなってきていますけれども、その結果と言うべきか先日からこんな微妙な話が大いに議論を呼んでいると話題になっています。 担任、息子の入学式へ…高校教諭勤務先を欠席、教育長が異例の注意(2014年4月11日埼玉新聞)  県西部の県立高校で50代の女性教諭が長男が通う別の高校の入学式に出席するため、担任を務める1年生の入学式(8日)を欠席していたことが分かった。新入生の保護者らは「今の教員は教え子より息子の入学式が大切なのか」と困惑している。  県教育局によると、県内の県立高校では、ほかに男女3人の担任教諭が子息の入学式出席を理由に休暇届を提出し、勤務先の入学式を欠席した。  関根郁夫県教育長は11日に開いた県立高校の校長会で「担任がいないことに気付いた新入生や保護者から心配、不安の声が上がった」と、この事実を報告した上で「生徒が安心して高校生活をスタートできる体制づくりと心配りに努めてほしい」と異例の“注意”を促した。  関係者によると、入学式の担任紹介の中で校長が女性教諭の欠席理由を説明。女性教諭は「入学式という大切な日に担任として皆さんに会うことができないことをおわびします」という文章を事前に作成し、当日、別の教諭が生徒らに配ったという。  来賓として入学式に出席した江野幸一県議(刷新の会)は「担任の自覚、教師の倫理観が欠如している。欠席理由を聞いた新入生たちの気持ちを考えないのか。校長の管理責任も問われる」と憤慨。  県教育局は「教員としての優先順位を考え行動するよう指導する」としている。 入学式欠席教諭批判の尾木ママ「僕が古くなっちゃったのか」(2014年4月21日NEWSポストセブン)  埼玉県の県立高校の女性教諭が、我が子の入学式を優先し、勤め先の入学式を欠席したことが大きな話題となったが、この行動に対し、世論は非難囂々ではなく、理解できるなどの容認論が続出している。埼玉県教育委員会に寄せられた意見では「女性教諭への理解」が44%で、「批判や苦情」の23%を大きく上回った。  かつて20年以上、中・高の教壇に立った経験を持つ“先輩教師”で、教育評論家...

» 続きを読む

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

自宅介護推進に伴い意外なリスクが増大?

超高齢化社会到来に伴い必然的に発生する可能性のあることですが、過去になかなか報道されることのなかった類の問題が発生していると言うニュースが出ていました。 認知症男性:仮名2年、身元不明のまま 大阪の路上で保護、届けなく(2014年04月19日毎日新聞)  2年前に大阪市の路上で警察に保護されたが、名前や住所など身元が全く不明のまま、仮の名前が付けられ介護施設で暮らす重い認知症の男性がいることが分かった。男性は自分の名前が分からず、該当する行方不明者届もない。専門家は「高齢化が進み、今後このような人が増えていくのでは」と危惧している。  大阪市は男性に対し、保護された場所にちなんだ名字に「太郎」という仮の氏名を付けた。福祉の保護を受ける手続きなどで必要なためだ。容姿などから70歳と推定して仮の生年月日も決めた。現在推定72歳になったが、入所する同市内の介護施設の職員には「実際はもう少し若いかもしれない」との見方もある。  記者は4月上旬、介護施設を訪ねた。「お元気ですか」と声をかけると、太郎さんは「ああ」とうなずき笑顔を見せた。判断能力が不十分な人を守る成年後見人に、市長申し立てで選任された山内鉄夫司法書士らによると、太郎さんの要介護度は3。言葉を発するのが難しくトイレも介助が必要だが、足腰は丈夫でひとりで歩くことができる。  2012年3月11日午前8時前、日曜の朝だった。同市西部にある住宅街の歩道でしゃがんでいたところを警察に保護された。水色のダウンジャケットにグレーのスエットズボン、黒の運動靴。身なりに汚れはなかった。お金や所持品はなく、名前を尋ねても「分からん」と答えた。  保護された際にはズボンの下に介護用の紙パンツをはいており、保護前に介護を受けていた可能性がある。介護施設の職員も「介護なしで生活ができるレベルではなかった」と話す。  その日のうちに大阪市による緊急一時保護の手続きが取られ、太郎さんは市内の保護施設に入所した。規定の保護期間(14日間)を過ぎても身元が分からず、同年3月末から現在の介護施設に入った。  介護施設は通常、本人の経歴や病歴、家族構成などを踏まえてケアにあたる。例えば夕方に歩き回る人がいれば「子供の夕食を作るため家に帰ろうとしているのか」と理由を推測し、不安を取り除くよう努める。だが、太郎さんには保護前の情報がない。山内さんによる...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

今日のぐり:「うどん処 あまからさん」

まあそれはその通りなんだろうけれども…と言うしかない、何とも微妙な結果が発表されたというニュースがこちらです。 【マジかよ】ミッキーマウスが子供に悪影響だって!? 研究者が「動物キャラは子供の頭を悪くする」と主張して物議(2014年3月29日ロケットニュース24) ディズニーの “ミッキー・マウス” に、『ピーターラビットのおはなし』の “ピーターラビット” 、ディック・ブルーナの “ミッフィーちゃん” 。これら動物が人間のように振舞うお話は小さな子供も大好き! パパママのなかには、好んで絵本やアニメをお子さんに見せている人も多いのではないだろうか? その「動物キャラクター」について、ある研究者が衝撃的な主張をして物議を醸している。なんと「動物キャラが登場する作品は子供に間違った知識を与える」、つまりおバカさんになるかもしれないというのだ。どういうこと!? ・カナダの心理学者が主張 こう主張しているのは、カナダのトロント大学の心理学者パトリシア・ガネア氏らである。ガネア氏らは、擬人化された動物は、5歳以下の子供に「事実でない知識」を植えつける恐れがあるとしている。 ・動物キャラがダメな理由 → 現実では動物は服を着たり言葉を話さないから 彼らは3歳~5歳の子供に対しある調査を行ったそうだ。子どもたちを2つのグループに分け、一方には現実の動物が描かれた本を、もう一方には擬人化された動物キャラの本を与えたそうだ。 その後、野生動物に関する知識のテストを行ったところ、動物キャラのお話を聞いた子供は「現実の動物も言葉を話す」と思う傾向にあったのだという。現実では動物は服を着たり言葉を話さないのに、子供がそれを「本物の知識」として認識する可能性があるということだ。 よってガネア氏らは、現実の動物を描いた本を読ませた方が、より正確な生物学的知識につながるというのである。確かにそれはそうだが……。 (略) ガネア氏の意見に多くの人から反発の声が出ているが、氏も動物キャラの作品を子供から取り上げろ、と言っているわけではない。「ただ、現実的な内容の本も擬人化された本同様に多く読んで欲しいと思っているのです」と、しているのだ。 私たちが知っているように、現実世界の動物は、洋服を着たり人間の言葉を話したりはしない。ガネア氏の指摘どおり絵本の世界と現実の世界をごっちゃに認識している子供もい...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年4月19日 (土)

ネット時代に求められるバランス感覚

いわゆる馬鹿発見器問題は日本だけの話ではないとは言いますが、こちらまたしてもやってしまったと言うオランダのニュースを紹介してみましょう。 アルカイダの爆破予告のツイートは冗談で通じない。オランダの14歳が逮捕(2014年4月15日GIZMODO)     @AmericanAirさん、こんにちわ。私はアフガニスタン出身のイブラヒム。アルカイダの一員です。6月1日に大仕事やります。バ~イ …と冗談でツイートした14歳のオランダの女の子が昨日、ロッテルダム警察に逮捕されました。 女の子(デミ・ロヴァートのファン)のアカウントは@queendemetriax_。アメリカン航空公式アカウントに面白半分で流したら、こんな返事がきて…     サラさん、当社はこの種の脅迫を真摯に受け止めています。あなたのIPアドレスと詳細は治安当局とFBIに転送します。 …本当に通報されてしまったようです。以下はロッテルダム警察の逮捕発表のツイートです。 ネットの冗談で逮捕された人は今回が初めてではありません。2010年には、雪で空港が閉鎖されたのに腹を立てた英国人金融アドバイザーが「1週間ちょいでなんとかしないと空港爆破しちゃうぞ!」とつぶやいて牢屋に入ってます。ネットは見られてると思わなきゃね…うん… 今回の女子は、爆破予告の後こんな喜びのツイートをしていたのですが…     3時間前はフォロワー11000人だったのに、今見たら24000人に増えてる     — demetria (@QueenDemetriax_) April 13, 2014 …アカウントは即停止になりました、ご~ん。 ま、冗談であるかどうかなど相手には判断しようがないことですから当然の対応なんですが、これに懲りて少しは人生の何たるかを学び成長していけるなら決して高すぎる授業料というわけではないと思いますけれどもね。 こういう記事が出ると「単なる冗談なのにその対応は厳しすぎるのでは?」と言う声ももちろん一部には出てくるのですが、航空会社の対応がどうこうと言うより記事を見て感じたことは冗談なら冗談でいいが全くシャレになっていないと言う点で、単に注目を集めたいだけの発言を冗談と言うのはさすがに違うんじゃないの?と言うことです。 それはともかく、...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

高齢者社会保障問題 敬老の精神は大事ですが

最近は何でも炎上騒動に発展しがちですが、先日こんなことがあったとニュースになっています。 池上彰の特番で炎上騒動、高齢者の医療費問題でグラドルの発言が物議(2014年4月10日メンズサイゾー)  グラビアアイドルの小柳歩(22)が9日、討論番組『テレビ未来遺産 緊急!池上彰と考える“借金大国ニッポン”消費税8%激論SP』(TBS系)に出演。高齢者の医療費問題について議論した際の発言が物議を醸し、Twitterが炎上・謝罪する事態が起こった。  番組では、俳優の小澤雅貴が「元気なおじいちゃん、おばあちゃんが話をしたいがために来院する時ってあると思うんですよ。そういうところの無駄は削減できないのかなと思う。井戸端会議は違いところでやればいい」と発言。増大する医療費・保険料は国民の大きな負担になっているが、病院が「井戸端会議の場」になっているためにムダが生まれているのではないかと疑問を呈した。これに対し、イギリス人俳優のイアン・ムーアが「じいちゃん、ばあちゃんが毎日病院行ってもいいじゃない。そこで友達に会って楽しければ、それでいいじゃない」と反論。若者の参加者から「それが負担になっているんです!」などという声が飛び交い、これをきっかけに議論がヒートアップした。  その中で小柳は「全然、見ず知らずのじいちゃん、ばあちゃんに払うのヤダ」と声を上げた。ムーアから「性格悪いっていわれるよ」と忠告された小柳だが、続けて「自分のお爺ちゃんやお婆ちゃんならお金払ってもいいなと思うけど、全然見ず知らずのじいちゃん、ばあちゃんが井戸端会議とかするために何で私たちがお金を払わなきゃならないの」と発言の真意を説明した。  この発言で議論が紛糾し、ウズベキスタン人の女性は「戦争の後、ボロボロの日本からこの素晴らしい国にしてきたのは今のおばあちゃんとおじいちゃんですよ! もっと尊敬してくださいよ!」と小柳を非難。さらにフィンランド人の女性は「福祉負担は何らかの形で自分に返ってくる」と諭した。  これらの批判について小柳は「本当に体調が悪くて病院に行ってるならいいんですよ。井戸端会議とかをしに行ってるおじいちゃんやおばあちゃんのために出したくないって言ってるだけ」と興奮気味に反論。司会の池上彰は「高齢者が気軽に医者にかかって医療を受けられるのは大事なことだけれども、井戸端会議をするための来院なら無駄...

» 続きを読む

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年4月17日 (木)

分娩時の脳性麻痺防止に求められる再発防止策

本日の本題に入る前に、先日出ていた海外からのこんな記事を紹介してみましょう。 保育器に勝るとも劣らない「カンガルーケア」 コロンビアから世界へ(2014年4月14日AFP) 【4月14日 AFP】南米コロンビアの首都ボゴタ(Bogota)にあるサン・イグナシオ(San Ignacio)病院の新生児集中治療室では、男性を含め新生児の親たちが生まれて間もないわが子を自分の素肌の胸でいとおしそうに抱きかかえている。繰り返しここへ通ってきては、この姿勢のまま5時間過ごすのだという。  親子が素肌を密着させるこのシンプルな手法は、「カンガルーケア」として知られている。雌親が子を成熟するまでおなかの袋の中で育てるカンガルーにちなんだ呼称だ。30年以上前、保育器が不足していたコロンビアで始まった。当初は懐疑的な見方もあったが、今では同国全土はもちろん、世界中に広がっている。 ■保育器と同程度の有効性  カンガルーケアは簡単そうだが、一定のルールがある。親は授乳とおむつ替えの時以外、姿勢を変えてはならない。さらに、乳児が直立姿勢を保ちなおかつ肌と肌が常に触れているよう、夜間でも親は横になれない。  周囲の環境も大事だ。サン・イグナシオ病院の看護師らは、子宮内に似た状態を再現するため、照明を落とし、騒音レベルが60デシベルを超えないよう注意を払っている。  カンガルーケアを標準化するよう1978年から推進してきたナタリー・シャルパック(Nathalie Charpak)医師は、「(カンガルーケアは)保育器と同じくらい有効」と述べている。カンガルーケアは今や同国外でも取り入れられており、同医師は、米国やスペイン、スウェーデンなど「30か国以上でトレーニングを実施してきた」という。さらにコロンビアの医師らは、その効果を伝えようとアジアやアフリカへも赴いている。  その努力は報われつつあり、国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)によると、ブラジルでは「カンガルーケア」を一部に取り入れた育児プログラムを開始して20年で、5歳未満の乳幼児の死亡率が3分の2に減少したという。 ■カンガルーケア採用を阻む文化の壁  初めは「貧困層のための(保育器の)代替手段」という位置付けだったカンガルーケアは、世界保健機関(World Health Organization、WHO)が2004年に母乳育児を推進...

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水)

調査捕鯨訴訟判決を受けて

オーストラリアによって提訴され国際司法裁判所で審議が続いてきた南極海における日本の調査捕鯨に関して、先日同裁判所から中止命令が出たことに意外性を覚えた方々も少なくなかったと思います。 日本としては少なくとも形式上調査捕鯨の正当性はきちんと調えられていると言う立場であったわけですが、この「思いがけない敗訴」と言う結果に関して戦略ミスによる日本のオウンゴールであったと言う声も出ているようです。 捕獲数を減らし自滅、調査捕鯨訴訟で完敗(2014年4月14日東洋経済オンライン)より抜粋 判決は日本にとって予想外に厳しいものだった。国際司法裁判所(ICJ)は3月31日、日本が南極海で行っている第2期調査捕鯨について、中止命令を下した。 日本は1987年に第1期の調査捕鯨を開始。今回の裁判は2005年度からの第2期調査が実質的な商業捕鯨であるとして、10年に反捕鯨国のオーストラリアが提訴。日本は国際捕鯨取締条約第8条で認められた調査捕鯨だと反論したが、ICJは同条が規定した科学的研究のため、とは認められないと判断した。 ICJは一審制で上訴できない。菅義偉官房長官は「国際法秩序および法の支配を重視する国家として、判決には従う」との談話を発表。水産庁は今年の年末に予定していた次の南極海での調査も取りやめる方針を示している。 主な敗因は、クジラの捕獲数を意図的に削減したことにある。日本は第2期調査で、南極海でのミンククジラの捕獲数を、それまでの440頭から850頭プラスマイナス10%(765~935頭)へ拡大し、ザトウクジラやナガスクジラも新たに捕獲対象に加えた。筆者は国際捕鯨委員会代表代理のときに、この計画策定の陣頭指揮を執った。 捕獲枠拡大の目的は3つ。①自然死亡率や妊娠率など生物学的な特性値の把握、②餌をめぐる鯨種間の競合関係の解明、③捕鯨の再開に必要なクジラの系統群情報の把握、だ。そのために必要な頭数を科学的に算出し、捕獲枠を決めた。 ところが実際の捕獲数は、06年度以降、捕獲枠に届いていない。ミンククジラは05年度こそ853頭と目標どおりだったが、06年度は505頭、12年度はわずか103頭にとどまっている。ザトウクジラはオーストラリアの反対に屈して一度も捕獲しておらず、ナガスクジラも捕獲枠50頭に対し、捕獲しているのは年1~2頭だ。環境保護団体による妨害の影響も一部ある...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年4月15日 (火)

やや明暗が分かれてきた?小児科と産科の現状

大学病院と言えば市中病院で診断もついた難病患者の治療を担当する場所と言う側面が強く、一昔前は救急などろくに診られないと言う施設も少なくない印象でしたが、昨今では救急部が独立するなど救急に力を入れている施設も増えてきているようで、地域によっては市中基幹病院と比べても同等以上に救急を受けていると言う場合もあるようです。 ただ理念先行に現実が追いついていないと言うのでしょうか、救急部=各科輪番でやむなくこなす義務的仕事と言う現状も一部には見られるようで、元々勤務する各科医師にしてみれば市中病院では出来ない高度な専門的治療に従事することを望んで大学病院に来ているのに、何でも屋的な救急部の仕事に駆り出されるというのではモチベーションも上がらないと言うことはあるでしょうね。 もちろん現実的に大学病院においてもそうそう医師が十分確保されていると言う状況でもなく、当然ながら救急をやっていても本来業務である難病の診療もやらなければならないわけですから大変なのですが、その大変さの結果救急から手を引いた大学病院のニュースがこちらです。 佐大病院 小児救急終了 時間外に影響深刻(2014年4月5日佐賀新聞)より抜粋  佐賀大学医学部附属病院は24時間365日対応してきた小児救急を3月いっぱいで事実上、終了した。財源だった国の基金が減額され、専門医を常駐させることが難しくなった。年間約4千件の小児救急を受け入れていただけに、「入院や手術が必要な子どもの時間外救急への影響が特に深刻だ」としている。  小児救急は2010年度からスタートし、ベテランの専門医と臨床研修を終えた若手医師の7人態勢で日勤と夜勤のシフトを組んできた。国の「地域医療再生基金」を活用した県の寄付講座の一環。外科的な応急措置ができる小児科医の育成を図りながら、手薄だった県内の小児救急を充実させる政策医療的な側面も色濃かった。  国の基金は13年度でいったん期限を迎えたが、2年間の延長が認められた。しかし、補助額が半減したため、小児救急事業は予定通り終了となった。  佐賀大病院は、13年度の事業期限までに多くの若手医師を育成し、県医療センター好生館などに人材を供給して県内の小児救急を整備する計画だった。4年間で14人(うち女性5人)の若手医師を育てて県内の病院に供給したが、「小児科の抱える問題として過重労働で離職者が止まらず、い...

» 続きを読む

| | コメント (8) | トラックバック (0)

«大病院の患者受け入れはますます渋く?